Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

G.I.ジョーバック2リベンジ3D 13年6月に公開決定 


12月17日
映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』イ・ビョンホン、「スター・オブ・ザ・イヤー」を受賞
パラマウント ピクチャーズ配給『G.I.ジョー バック2リベンジ』(ジョン・チュウ監督/全米公開2013年3月29日)、日本公開は、2013年6月 TOHOシネマズ スカラ座他全国3D公開決定!

先日(12/13)、香港で行われた“2012シネアジア・アワード”にて、今や世界も認めるアジアのスター、イ・ビョンホンが、<スター・オブ・ザ・イヤー(今年のスター賞)>を受賞。香港のホテルで行われた授賞式には、世界の映画関係者約400人が出席し、世界で躍進を続けるイ・ビョンホンの功績と実績を盛大に称え、世界のスーパー・スターの一員であることを証明した。
イ・ビョンホンの受賞の喜びと、本作『G.I.ジョー バック2リベンジ』のジョン・チュウ監督からのお祝いのコメントが到着した。

イ・ビョンホン:私は常にチャレンジすることが好きです。新しい事を試みる事は好きなのですが、時に不安になったり孤独感に苛まれたりし、大海の中に方向もわからず泳いでいるような気分になる事もあります。今回このような賞を頂き新たな力を与えられました。これからも前進していかれるという気持ちで一杯です。ありがとうございました。
ジョン・チュウ監督:彼はその才能をハリウッド映画で世界に証明し、これからの世代に新たな門戸を開きました。物語を語るには出身、国籍、言語は関係ないということを示したのです。本作では冷酷な暗殺者を演じました。世界各地ロケでのアクションシーンを始め、彼が演じる敵役ストーム・シャドウの動き、その顔や目の表情によって世界の女性ファンを熱狂させることでしょう。今や、アジアのトム・クルーズ、世界のスーパー・スター、イ・ビョンホンになったのです。
本作は全世界で3億ドルの大ヒットを記録したハイパーアクション『G.I.ジョー』の続編。4年ぶりの公開で更にスケールアップし、迫力ある刺激的なバトルが3D映像でスクリーンに帰ってくる。



「G.I.ジョー2」イ・ビョンホン…謙遜を忘れないワールドスター
俳優のイ・ビョンホンが、自身に対するハリウッドの待遇について告白した。
今月12日の午後、香港・湾仔(ワンチャイ)のグランドハイアット香港ホテルでアクションSF映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」(監督:ジョン・チュウ)の3D映像初公開&アジアプレスデーが開かれた。
「G.I.ジョー」(監督:スティーヴン・ソマーズ)に続いて「G.I.ジョー バック2リベンジ」でより比重のあるストームシャドー役を熱演したイ・ビョンホンは「『G.I.ジョー』のときと変わった部分はスタッフと俳優の僕に対する認識」と話した。
彼は「『G.I.ジョー』で訪韓したとき、韓国と日本ファンがたくさん応援してくれて、制作会社のパラマウントピクチャーズのスタッフならびに監督、俳優たちがとても驚いた。そのような現場の雰囲気が彼らの間でうわさとなり、『G.I.ジョー バック2リベンジ』の新しいスタッフたちが僕についてより関心を持つようになった。僕を“アジアのエルヴィス・プレスリー”と呼んでいた。その話を聞くたび、当時どんな表情したらいいのか、分からなかった」と答えた。
続いて「特に待遇が変わったというのはなかったが、僕を見る目は変わった。一度はパラマウントピクチャーズのプロデューサーが映画について僕に助言を求めたこともある。『韓国の観客はこういう音楽どう思う?』『このシーンを韓国の観客は好きだろうか?』『君はこのシーンでどうしたい?』などの意見を聞いてきた。実際、このようなことは『G.I.ジョー』のときは想像もできなかった反応だ。質問を受けたとき、あまりにも驚いて言葉に詰まったこともある。また、プロデューサーにこっそり呼び出され、内緒で編集したものを見せてもらったりもした。ハリウッドではなかなか見られない行動だという」と説明した。
彼は特に、日本人の設定だったストームシャドーの役を韓国人の設定に変えようと説得した事例を取り上げた。イ・ビョンホンは「『G.I.ジョー バック2リベンジ』で韓国人のストームシャドーのために小物の刀に“ポップングリムジャ(嵐影という意味)”とハングルで彫ってくれた。ストームシャドーを直訳したものだった。その刀のため、韓国の観客が映画の途中に笑い出すのではないかと思い、字が書かれていない刀に変えたが、そのときはとても嬉しかった。“ここまで僕のことを気にかけてくれているんだ”と思った。とても嬉しく、誇らしい気持ちだった」とエピソードを公開した。
イ・ビョンホンは確実にワールドスターとして認められた。それでも彼は謙遜することを忘れなかった。“能のある鷹は爪を隠す”ということわざのように、イ・ビョンホンがそうだった。
イ・ビョンホンは「正直に言うと、周りの変わった待遇に慣れてきたところもある。『G.I.ジョー バック2リベンジ』のとき、“傲慢になってないか?”“楽になってきたな”とふと思うときがあった。『G.I.ジョー』のとき、ハングリー精神で孤独に戦ってきた心意気がなくなった。そんな怠惰で傲慢な姿がスクリーンにそのまま映ってはならないと思い、自分を立て直そうと努力した」と自分に鞭を打ったりもした。
ジョン・チュウ監督もイ・ビョンホンの話に口を添えた。彼は「イ・ビョンホンはとても謙遜して話している」とし、「イ・ビョンホンが『G.I.ジョー』に出演したことで映画が成功でき、ハリウッドでアジア俳優に対する全般的なプロセスが変わった。海外俳優やアジア俳優が進出する道を作ってくれた。可能性を示してくれた。ハリウッドの文化を完全に変えた」とし、「アジア系の俳優がハリウッドで認められ、スターになった。本当にすごいことを成し遂げた」と褒め称えた。
「G.I.ジョー バック2リベンジ」は世界最高の戦闘部隊であるG.I.ジョーがジャルタンの陰謀により危機にさらされ、そこで生き残った要員たちが世界を救うためにジャルタンを相手に巨大な戦争を繰り広げる過程を描いた映画だ。
マーブルコミックスで出版した「G.I. Joe」シリーズが原作で、イ・ビョンホンのほかに、ブルース・ウィリス、ドウェイン・ジョンソン、チャニング・テイタム、エイドリアンヌ・パリッキ、レイ・スティーヴンソン、レイ・パークなどが出演した。韓国で2013年3月末、日本では6月に公開される予定だ。





12月14日
今日も昨日も飲み会続きで、全然追いつけてない^^;

で、プロモーションの合間にはたくさんのインタビューを受けた模様です^▽^))もちろん彼女のことも聞かれたみたいで・・・゜▽゜;あれやこれやたくさん記事になってましたが、日本語の記事を中心にいきますね~♪
香港入国時の記事も追記中


百度さんより
画像
最新の写真 "2012年12月12日"イ·ビョンホン "特殊部隊"アジア·メディア·セミナー



「G.I.ジョー2」ジョン・チュウ監督“PSYとカラオケで狂乱の夜を過ごした”
映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」(以下「G.I.ジョー2」)のジョン・チュウ監督(33)が、歌手PSY(サイ)(34)との特別な友情をアピールし、注目を集めた。
13日午後、香港・湾仔(ワンチャイ)のグランドハイアット香港ホテルでは「CineAsia 2012 Award Luncheon」の「今年のスター賞」受賞記念午餐が開かれた。
この日の午餐に出席したジョン・チュウ監督は、「イ・ビョンホン以外の韓国俳優には詳しくない。しかし、最近PSYと親しくなった」と伝えた。
ジョン・チュウ監督は「最近、PSYとカラオケに行った。PSYと一緒にジャーニーの『Don't Stop Believin』を歌った。クイーンの歌も歌い、もちろん『江南(カンナム)スタイル』も歌った。僕が歌を歌い、PSYがコーラスを担当した。狂乱の夜を過ごした」とジョークを飛ばした。

イ・ビョンホンの主演作「G.I.ジョー2」は世界最高の戦闘部隊であるG.I.ジョーがジャルタンの陰謀により危機にさらされ、そこで生き残った要員たちが世界を救うためにジャルタンを相手に巨大な戦争を繰り広げる過程を描いた映画だ。
マーベル・コミックから出版された「G.I. Joe」シリーズが原作で、イ・ビョンホンは前作「G.I.ジョー」に続き2度目の出演となる。イ・ビョンホンのほかに、ブルース・ウィリス、ドウェイン・ジョンソン、チャニング・テイタム、エイドリアンヌ・パリッキ、レイ・スティーヴンソン、レイ・パークなどが出演した。韓国で2013年3月末に、日本では6月に公開される予定だ。



3D版「G.I.ジョー バック2リベンジ」、来年6月公開へ
[映画.com ニュース] 3D化にともない、公開が延期されていた人気SFアクションの続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」が、2013年6月に公開されることが決定。公開に先駆け、今作に出演しているイ・ビョンホンとジョン・M・チュウ監督が12月12日、香港で行われたキックオフプレゼンテーションに出席した。
ハズブロ社のアクションフィギュアをもとに映画化した「G.I.ジョー」(2009)シリーズの第2作。米大統領の裏切りにより組織解体の危機にさらされた国際機密部隊「G.I.ジョー」が、伝説の初代司令官ジョーをリーダーに迎え、巨大テロ組織「コブラ」に立ち向かう。イ・ビョンホンをはじめチャニング・テイタムらが続投し、ブルース・ウィリスが初代司令官役で新たに参加する。
イ・ビョンホンは、前作に続きコブラの冷酷な殺し屋、ストームシャドーを演じる。4分間の3D版最新フッテージ映像を鑑賞し、「すごく興奮しています。もっと残酷でもっとダーティーに、スケールもパワーもアップしました。僕が鍛えた腹筋が、今回3Dですごく見えるようになっているしね(笑)」と自信をのぞかせる。ウィリスとの共演に「光栄としか言えません」と感激しきりで、「彼は自分のとっては『ダイ・ハード』をはじめとするアクション映画のヒーローだし、また『シックス・センス』のような作品にも出ている素晴らしい俳優ですから、その人と共演できた経験は本当に素晴らしい体験」と感慨深げだ。
メガホンをとったチュウ監督は、「アクションスターといってもそれぞれにスタイルがあって、ブルースもドウェイン(ジョンソン)も、それからビョンホンも全員スタイルが違う。この映画ではそれぞれみんな、自分の持ち味、個性があるアクションをしていて、そのこともまた素晴らしい」と俳優陣に称賛を送った。そして、「爆発や本物のアクションがあって、今回このような形ではじめてのアクション映画を3Dで撮ることができて、いまでもテンション高く興奮しっぱなし」と喜びを語った。


イ・ビョンホン「米国での人気実感、“アジアのプレスリー”と呼ばれて…」
俳優イ・ビョンホンが映画『G.I.ジョー2』の撮影を終え、前作の撮影当時に比べて立場が変わったと語った。
12日(現地時間)、香港島グランドハイアットホテルで開かれた『G.I.ジョー2』3D映像初公開アジアプレスデーに参加したイ・ビョンホンは「『G.Iジョー1』の時は、韓国と日本のファンがたくさん応援してくださった」とし「パラマウントスタジオ関係者や監督、シエナ・ミラー、チャニング・テイタムらの俳優陣もとても驚いていたのは事実」と話した。
彼は「当時の噂がどれだけ広がったのか、『あなたがアジアのエルビス・プレスリー?』という質問を受けたこともある。どんな顔をすればいいのか分からなかった」と笑った。続けて「周囲の人が特別に気を遣って待遇してくれたことを思い出す。それに慣れてはダメだと思った」と謙虚な姿勢を示した。
彼の人気を実感した映画関係者は、イ・ビョンホンを通してアジア市場について学ぼうと努力した。イ・ビョンホンは「スタジオ関係者やプロデューサーが私に『映画で最も重要な点は何か』と直接聞いてくることもあった」とし(『G.I.ジョー2』の撮影時は)「『韓国の観客は、この音楽を受け入れるだろうか?こんなシーンを気に入るだろうか?君はこのシーンでどう演じたい?』などと質問をしてきた。正直に言うと、前作を撮影している時は、そうなるとは夢にも思っていなかった」と当時を振り返った。



イ・ビョンホン、香港で厄落とし?エスカレーターが故障
「エスカレーターが故障するとは…」
映画「G.I.ジョーバック2リベンジ」(監督:ジョン・チュウ)のPRのために香港に訪れたイ・ビョンホンが、空港で厄落としをした。
11日、香港空港に着いたイ・ビョンホンは、空港職員の案内を受けながら駐車場に向った。空港には多くの取材陣が殺到し、取材競争を繰り広げた。
現場にいた記者は、イ・ビョンホンはサングラスをかけていたが、とても親切で、特有の笑顔を見せてくれたと伝えた。
しかし駐車場に行くためにエスカレーターの前についた時、突然エスカレーターが止まってしまった。イ・ビョンホンは少し慌てたように見えたが、笑顔のまま歩いて下りた。
イ・ビョンホンは12日午後、香港・湾仔(ワンチャイ)のグランドハイアット香港ホテルで開かれたアクションSF映画「G.I.ジョーバック2リベンジ」の3D映像初公開&アジアプレスデーに参加した。

故障の瞬間youtube
2012.12.11 Lee Byung Hun arriving in Hong Kong .

百度さんより
入国時の画像
最新のビデオ] "2012年12月12日"イ·ビョンホンは、11日に香港に到着した


12月12日
今日12日は香港のCineAsia 2012でG.I.ジョーバック2リベンジ3Dのプロモーションでした!

All G.I. Joe News
G. I. Joe: Retaliation Footage Shown At CineAsia 2012

gijoemovie

プラネットさんより
[YouTubeの] GI Joe Retaliation Official Trailer#3

G.I. Joe Retaliation Official Trailer #3 .



[G.I.ジョーバック2リベンジ]13年6月に公開決定 イ・ビョンホンが喜び語る
米国と日本で公開が延期となっていた映画「G.I.ジョー」の続編となる3D映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」(ジョン・チュウ監督)が13年6月に全国で公開されることが決定し、12日に香港でキックオフイベントが開催された。前作に続いて殺し屋・ストームシャドーを演じる韓国人俳優のイ・ビョンホンさんがチュウ監督とともに登場し、「もっと残酷でもっとダーティーに、スケールもパワーもアップしました。だからみなさんにこの映画を楽しんでもらえると思います。僕が鍛えた腹筋が、今回3Dですごく見えるようになっているしね」とPRした。
映画「G.I.ジョー」は、人気玩具が登場するアニメをベースとした実写作品で、09年に公開。機密組織「G.I.ジョー」とテロ組織「コブラ」の激しい戦いが話題となった。続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」では、G.I.ジョーが米大統領の陰謀によって解体の危機に陥り、伝説の初代G.I.ジョーであるジョー司令官を新たなボスとして迎え、リベンジに挑む……というストーリー。ジョー司令官を演じるブルース・ウィリスさんやドウェイン・ジョンソンさんが新たに出演するほか、チャニング・テイタムさんらが前作から引き続き登場する。

ビョンホンさんは、ウィリスさんとの共演について「光栄としかいえません。彼は自分にとっては『ダイ・ハード』をはじめとするアクション映画のヒーローだし、また『シックスセンス』のような作品にも出ている素晴らしい俳優ですから。その人と共演できた経験は本当に素晴らしい体験でした」と喜びのコメント。チュウ監督も「アジアの俳優が、ハリウッドスターと共演して映画の中でものすごく活躍していることが素晴らしい。ただ、アクションスターといっても、ブルースもドウェインも、それからビョンホンも全員スタイルが違う。この映画ではそれぞれ皆、自分の持ち味、個性があるアクションをしていて、そのこともまた素晴らしい」と映画をPRしている。
映画は13年6月にTOHOシネマズ スカラ座(東京都千代田区)など全国で公開予定。(毎日新聞デジタル)


イ・ビョンホン「ブルースとの共演は光栄」-映画『G.I.ジョー』続編公開
2013年6月に公開が決まった映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』のキックオフプレゼンテーションが12日(現地時間)、香港で行われ、俳優のイ・ビョンホンとジョン・チュウ監督が登場した。
同作は、2009年に公開されたアクション大作『G.I.ジョー』の4年ぶりとなる続編で、全米公開の延期と共に、日本公開も延期となっていた作品。初代"G.I.ジョー"としてブルース・ウィリスが登場するほか3D映像で公開されることが決定している。

パキスタンで極秘任務中の機密組織G.I.ジョーは大統領の陰謀にはめられ、襲撃を受けてほぼ全滅してしまう。生き残ったメンバーはわずか数名。そんな中、テロ組織"コブラ"が再び勢力を広めはじめる。孤立無援、絶体絶命のG.I.ジョーのメンバーは伝説の初代"G.I.ジョー"であるジョー司令官(ブルース・ウィリス)に助けを求める。新生"G.I.ジョー"チームのリベンジが今はじまる。

同イベントに参加したイ・ビョンホンは、「今回初めて3Dで観てすごく興奮しています。キャラクターも前作に比べて増えましたし、ブルース(ブルース・ウィリス)やドゥウェイン(ドウェイン・ジョンソン)もいるし。もっと残酷でもっとダーティーに、スケールもパワーもアップしました。だからみなさんにこの映画を楽しんでもらえると思います。また、今回のブルースとの共演は光栄としか言えません。彼は自分のとっては『ダイ・ハード』を始めとするアクション映画のヒーローだし、また『シックスセンス』のような作品にも出ている、素晴らしい俳優ですから、その人共演できた経験は本当に素晴らしい体験でした」とコメント。一方、ジョン・チュウ監督は「アジアの俳優が、ハリウッドスターと共演して映画の中でものすごく活躍していることが素晴らしいと思う。ただ、アクションスターといってもそれぞれにスタイルがあって、ブルースもドゥウェインも、それからビョンホンも全員スタイルが違う。この映画ではそれぞれ皆、自分の持ち味、個性があるアクションをしていて、そのこともまた素晴らしい」と同作に出演した俳優たちを褒め称えた。

また、同作が3Dでも上映されることに関しては「僕が鍛えた腹筋が、今回3Dですごく見えるようになっているしね」とイ・ビョンホンが冗談交じりに語ると、ジョン・チュウ監督は、「今回、何カ月もかかって3D映像化したので、ぜひみなさんに楽しんでいただきたいです。爆発や本物のアクションがあって、今回このような形で初めてのアクション映画を3Dで撮ることができて、いまでもテンション高く興奮しっぱなしです」と満面の笑みで明かした。
映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』は、2013年6月よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開。







[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-12-17 19:20 | G.I. Joe /G.I. Joe2