Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧



いつの間にか、夜にはコオロギの声が聞こえて来るようになりました。

さて・・・

ビョンホンの分刻みのスケジュールです!(漏れてたり間違っていたら許してね^^;)
ポチしてみて下さいね~♪

9月 1日(土)  ネスカフェのCMが始まりました!

9月 3日(月)  「光海」メディア試写会出席

9月 4日(火)  インタビュー記事が沢山出て来ました! 
           試写会にサプライズ登場!

9月 5日(水)  シネマトーク@CGV汝矣島ツイッターに画像多数!
           KBS TV1生放送に出演

9月 6日(木)  2012光州ビエンナーレ開幕式出席

9月 7日(金)  VIP試写会

9月 8日(土)  6時成均館大新千年ホール トークコンサートを開催           
           KBS2演芸街中継出演

9月 9日(日)  MBCセクションTV芸能通信出演


9月10日(月)  カナダ モントリオールへ RED2続編出演のため出国          
           映画専門チャンネルCGVが10日と17日に2部作のスペシャル番組
          「Movie Talk:光海、王になった男スペシャル」を放送
          チャンネルCGVは映画 「光害:王になった男」のビハインドストーリー



9月13日(木)  史劇「光海:王になった男」 封切り日決定
           本日公開 

9月14日(金)  Masquerade The Film Independent at LACMA
           Los Angeles
           19:30 スクリーニング後のQ&A.

9月24日(月)  カナダから帰国(↓ニュースより)



a0073915_23444298.jpg

9月28日
映画の観客動員数が調子よく伸びていて、かなり気分がよくて、おまけに、ビョンホンが急に帰ってきたから律儀に映画の広報と釜山映画祭出席だけかと思っていたら。。;

そうだったね~。
わざとじゃないけど、すっかり宣言した彼女の存在を忘れていました!
今日はそんなだから、そっちのニュースから^^;
映画も、プライベートも忙しいね・・・。


第17回釜山国際映画祭に参加



9月27日
ゲリラ舞台挨拶で遭遇した方々は狂喜乱舞したよね~!裏山です^▽^))!


朝鮮日報さんより
イ・ビョンホン、観覧客と記念撮影=『光海』舞台あいさつ
イ・ビョンホンが26日午後、ソウルの映画館で舞台あいさつを行った。
カナダ・モントリオールで、映画『RED/レッド2』の撮影中だったイ・ビョンホンは、『光海(クァンヘ)、王になった男』(以下、『光海』)を応援してくれた観客に応えようと、24日に帰国。この日の舞台あいさつは、早く観客と触れ合いたいというイ・ビョンホンの提案で実現した。
この日、「観客へのサプライズプレゼント」という紹介に続き、イ・ビョンホンが登場すると、観客からは大歓声と拍手が沸き起こった。
イ・ビョンホンは「ハリウッド映画の撮影で海外に滞在していたので、『光海』が公開する瞬間をともにできなくて、すごく心残りだった。今まで出演した映画の中で、唯一舞台あいさつができない映画になりそうだったし、本当に不可能だと思ったけど、スケジュールを割いて、少しだが韓国に帰ってこられた。今もこのように皆さんの前に立っているのが信じられない。『光海』を愛してくださり、すごく感謝している」とコメントした。
また、イ・ビョンホンは「今この瞬間を残したい」とし、客席の中に入り、観客と一緒に写真撮影もした。
『RED/レッド2』の撮影中に帰国したイ・ビョンホンはソウル、京畿道で舞台あいさつを行ったあと、釜山国際映画祭にも出席する予定だ。




プラネットさんより
今日往十里CGVで開かれたゲリラ舞台挨拶現場^ ^

百度さんより
画像
ファンに感謝し出てくる最新の画像] "2012年9月26日"イ·ビョンホンの驚きは



9月26日追記
なんだか昨日、一時帰国したようですね~♪
そっか来月の釜山映画祭に出席するのね^~^♪
早速、ゲリラ舞台挨拶に出陣してる模様です!!嬉しいだろうね~♪

プラネットさんより
ゲリラ挨拶の画像です!
きゃっ光海見てきたがゲリラ舞台挨拶ㄷㄷㄷ大当たり - Twitter

twitterより
@newking_2012 の最近の画像
ビョンホンの笑顔を見てるだけで、こっちまで嬉しくなっちゃうじゃん!!


kstyleさんより
「光海」イ・ビョンホン、極秘裏に帰国…BIFFに参席
カナダで映画「RED/レッド2」の撮影を終えた俳優イ・ビョンホンが極秘裏に韓国に帰国し、来月4日に幕が開く「第17回釜山(プサン)国際映画祭(BIFF)」に参席する。
芸能界関係者は26日、「イ・ビョンホンが最近、カナダで『RED/レッド2』の撮影をすべて終えて帰国した」とし、「主演映画『光海、王になった男』(以下『光海』)が秋夕(チュソク:旧暦8月15日)連休の前後に観客動員数500万人を突破すると見られ、その頃に国内で『光海』の宣伝活動を行う予定だ」と話した。
イ・ビョンホンは今月10日、彼の3番目のハリウッド映画「RED/レッド2」の撮影のためにカナダに出国した。また、14日にはアメリカ・ロサンゼルスカウンティ美術館で韓国映画としては初めて行われた「光海」のレッドカーペットプレミア試写会に参席するなど、しばらく海外に滞在しながら海外活動に力を注ぐ予定だが、「RED/レッド2」のカナダでの出演分の撮影がすべて終わり、その後イギリス・ロンドンに渡って撮影に着手する予定だ。今回、イギリスに渡る前にスケジュールに空き時間ができ、韓国に帰国して「光海」の宣伝をすることになった。イ・ビョンホンは「光海」に対する愛情がとても深く、国内に滞在しながら「光海」を釜山国際映画祭で広報活動する計画だ。


プラネットさんより
イ·ビョンホン、急遽帰国、BIFF参加 ""光害 "1000万達成意志!"
'1000万達成のために来た。 " ハリウッドスターイ·ビョンホンが第17回釜山国際映画祭(以下BIFF)に出 ​​席するために帰国した。当初予定になかった日程だから、その背景に集中的な関心が集まっている。所属事務所の関係者はeNEWS側に"イ·ビョンホンが去る25日帰国した"としながら"来る10月4日、釜山で開かれる予定の釜山国際映画祭に参加する予定"とと伝えた。これに伴い、イ·ビョンホンは来る4日レッドカーペット行事を含めてAPANブルーカーペット、光害ブース、ファンとの出会いなど、釜山映画祭の行事を通じて、自身が主演を引き受けた'光海"の広報に積極的に乗り出す見込みだ。"光害"は去る13日封切り以後25日まで354万1714人の観客を集めるなど興行突風を起こしている。興行推移が最近1200万人の観客を達成した"泥棒たち"と大きな差がなく、1000万突破も見込まれている。今回のイ·ビョンホンのびっくり帰国は"光害"の1000万突破の意志と無関係ではないという分析だ。ある関係者は"イ·ビョンホンが映画にすばらしい愛着を見せている"としながら"カナダ現地で撮影中の"レッド"の制作陣に了解を求めながらも、帰国の途を選んだ"と伝えた。"光害"の現推移を見ると、今回の秋夕まで500万人突破が無難な状況。秋夕以後直ちにつながるイ·ビョンホンの17回BIFF参加が"光害"の1000万突破につながるか集中的な関心が集まっている。


kstyleさん
“帰国”イ・ビョンホン、ゲリラ舞台挨拶を開催予定
“電撃帰国”するイ・ビョンホンが、ゲリラ舞台挨拶を行う予定だ。
映画「光海、王になった男」(監督:チュ・チャンミン、以下「光海」)のイ・ビョンホンが、海外での撮影中に電撃帰国し、ファンの声援に応えるために、今週ソウルと京畿(キョンギ)地域で、ゲリラ舞台挨拶を行う予定だ。また、釜山(プサン)国際映画祭の期間中に、チュ・チャンミン監督、リュ・スンリョン、キム・イングォンと共に釜山を訪れ、観客と交流する。
「光海」が公開される前に、ハリウッドの映画「RED/レッド2」の撮影のために、海外へ行かざるを得なかったイ・ビョンホンは、カナダのモンドリオールでの撮影を終え、次の撮影地であるイギリスのロンドンへ移動する前に、観客の声援に応えるために帰国を決定した。海外撮影の忙しいスケジュールにも関わらず、韓国の観客に直接会いたい気持ちで、韓国行きを急遽決定したという。
海外に赴く前も、観客と共にできない残念さに、公開前の試写会でゲリラ舞台挨拶を直接提案し、観客を驚かせたことのあるイ・ビョンホンは、様々なイベントを通じて、観客と交流する予定だ。
「光海」は興行成績1位を記録し、観客動員数350万人を突破した。



イノライフにインタビューの日本語訳が出てましたので紹介します!
翻訳機だとイマイチだから^、^;ありがたいですね~♪
詳しくはこちらへ!
史劇「光海:王になった男」豊かな秋夕を送って下さい!

こちらも~♪
Masquerade



9月25日
今日は晴れたかと思うと雨が降り・・・の繰り返しです。こうやって冬がやってくるのね・・・。
さて、今日も観客動員数の記事からです!
こちらへ ↓ 
史劇「光海:王になった男」豊かな秋夕を送って下さい!

史劇「光海:王になった男」13日劇場公開!

movieweekはこちらに追記してます!
まだまだ出てくるインタビュー記事&ネタバレレビュー!




9月24日
なんか寒いです・・・。あの暑さはいったいどこに行ったのかしら?
それと反比例するように「光海」の興行成績はかなり熱いようで、嬉しいですね!
なんてったって~ビョンホン~♪ ^▽^)))
この調子で韓国の秋夕を驀進していって欲しいなぁ~!

追記中!
"光海"、11日ぶりに300万突破..日曜日の44万爆発!
イ·ビョンホンの力程度 "光海"の公開10日目1位、270万を突破!
記事はこちらへ ↓ 
史劇「光海:王になった男」13日劇場公開!

23日に放送されたMBC「セクションTV芸能通信」関連記事
Masquerade


まだまだ網羅しきれないほど膨大なインタビュー記事がありますが、kstyleさんでは日本語で紹介してくれるのでありがたいです!ネタバレではありますが、ついつい読んでしまいますね^~^
まだまだ出てくるインタビュー記事&ネタバレレビュー!




9月22日
急に急に・・・涼しくなってきました。

百度さんから
 
これって、ほんとうに出てるんですか゜▽゜?
"2012年9月22日"イ·ビョンホン - "インスタイル" 10月

プラネットさんより
イ·ビョンホン-インスタイル10月号、ポリスメガネ着用

元記事ブログ
[출처] 이병헌 - 인스타일 10월호 화보, 폴리스 안경 착용|작성자 유끼



凝ってる?ような微妙にクセのある髪型の雑紙^^;?
[写真] "2012年9月20日"イ·ビョンホン表紙雑誌ARENA Homme+ 10

[写真] "2012年9月22日"イ·ビョンホンCGVチャンネルシュート "、"ハイライト図(CF&対の話...

元記事関連blog.naver
独占!チャンネルCGVの新モデル!イ·ビョンホン広告撮影現場写真を公開しています!





9月20日
とっくに知っている話題ですが^^;これから行かれる方は堪能してきて下さいね~♪

JOFCからです!
「光海~王になった男」韓国で日本語字幕上映決定!

さて、プラネットさんより!
Z_ZIN Magazine No.9 Cover Model Lee Byung Hunメイキングフィルム





9月19日

詳しくはこちらへ
置き土産・・・インタビュー記事

チャンネルCGVは映画 「光害:王になった男」のビハインドストーリー



9月18日
追記中です!
それから核心に触れるような記事です・・・。
雑紙「Instyle」の10月号の別冊「釜山(プサン)国際映画祭特別版」の時・・・堂々と言ってのけました。

Masquerade





9月17日

Masquerade



その他CINE21の記事です
[カバースター][イ·ビョンホン、リュ·スンニョン、ハン·ヒョジュ] A Few Good Men
<光海、王になった男>の三人の俳優たち、イ·ビョンホンリュ·スンリョンハン·ヒョジュ

イ·ビョンホンが光海になるとしたとき、王の狂気を、リュ·スンリョンがホ·ギュンになるとしたときは怪しから文官を、ハン·ヒョジュが重なると​​したときは、エレガントな笑顔を期待したのかもしれない。しかし、<光海、王になった男>(以下<光海>)は、3つの期待を見捨てる。イ·ビョンホンは広大下船と光海君、1人2役を消化して笑いと狂気を漂流リュ·スンニョンは怪しからユーモアを捨てて冷静になった。ハン·ヒョジュやはり明るい笑顔の代わりに乾燥した表情で観客の前に立った。すべて自分の武器を捨てたわけだが、悲しみの代わりに笑いで、狂気の代わりに暖かさで、三人の俳優より強固になった自分の接続を取り出して見せる。リバースと党争に最も混乱したダン光海君8年、消えた15日の歴史を新たに満たす三人の俳優自分たちの話も、新しく建てられていたことが明らかである。

[カバースター][イ·ビョンホン]この人を、この俳優を知っていると?
光海と賎民ハソン、1人2役演技したイ·ビョンホン
一画面に3つのバージョンのイ·ビョンホンが共存する。光害を演じるイ·ビョンホン、光害と同じように似ている賎民下船を演じるイ·ビョンホン、そして光害の前に呼び出されと光害をまねる下船を演じるイ·ビョンホンだ。下船は光害と同じ顔、同じ話し方、同じジェスチャーをとる。そんな下船感心した鉱害が下船の​​顔を撫でる。さて、あなたの目の前に見えるのは非常に簡単なCG操作である。確かに簡単なトリックなのにインパクトは強大だ。イ·ビョンホンがイ·ビョンホンを見て、自分が演技したイ·ビョンホンを再度延期する瞬間は1人2役をベースにしたこのキャラクターの核である。17世紀の王の密室とは、仮想の空間、最高ジャンシクファされた非現実的な場所でイ·ビョンホンは近代演技の創始者スタニスルラプスキが見ても泣いて行く "非常にそうそうな"演技をもたらす。イ·ビョンホンは言う。"その場面は撮影序盤に撮った場面だ。その言葉は、非常に負担のない、難しくない場面という意味である。 "以上は"光害 "で最も難易度が低いシーンのプールがあった。だから<光害 "で見るイ·ビョンホンの演技は、だから何を想像してもそれ以上になる。

"私の中に私がとても多いが、今までそれを一人だけ知っていた。私は知っているので人々も当然知っているだろうという錯覚だった。そうしたら、実際の観客が知っている俳優イ·ビョンホンと私僕と思うイ·ビョンホンはいつのまにか別人になっていたよ。俳優が自分の姿をあまり現わすのはまた他の演技であり、新たに変身してみると、観客が感情移入して追いかけてくるのに邪魔になると思っていた。それ破ったかった。 "<光害>は<か。GIジョー2"の撮影中ニューオーリンズで受信した三つのシナリオのいずれかであった。パク·チャヌク、キム·ジウンの映画でよく見た、既存の暗いイメージの演技が複数、残りの一つはコミックを組み合わせた<光害 "のシナリオだった。<光海>は一種のイ·ビョンホンの演技論の換気になる選択だった。映画の一角である光海が<承政院日記 "に記録された乱暴な君主の姿で俳優のイ·ビョンホンから最近よく見演技なら、下船はイ·ビョンホンと大衆の間隙を狭めてくれる新たな挑戦の演技だった。頭をキュンと打ち込むスルレプスチクコメディーを平気者弱くすることも、おならを我慢がデチャゲ糞を包むきまり悪い演技をするのもすべて下船を演じるイ·ビョンホンの役目である。いわば、少なくとも私たちが知っているイ·ビョンホンなら当然してはならないこと水位のコメディーを "あえて"彼はすべて惜しげもなく見せてくれる。

映画を撮る4ヶ月の間イ·ビョンホンの軌跡は放物線を描くように変化した。<か。GIジョー2>のための筋肉が少し緩く解体され、史劇のための話し方が口についた。史劇演技をする多くの俳優たちがそうであるよう寒い季節に一重韓服を着る物理痛みを体感し、くすぐったいひげ扮装の痛みを我慢しなければした。これより厳しいのは初めて意識がなかった下船宮生活をして王座の権威に上がりながらますます変わって行って悟って、最終的に自分の意志を表にすることになるまでの微妙に示すものであった。場所のために台本と撮影の順番がいつも交錯したし、混乱した感情を整理して水位を合わせていく洗練された難しい計算が伴わなければした。"ところが、いざしてみると、このプロセスが本当におもしろかったよ。後日、休み時間にマネージャーラン史劇語り口をまねた。すっかりはまったのだ。しばらくは私もちょうど出て行ったんじゃないかたいモニターを見ながら躊躇して心配したのも、三月程度撮影してたら弾みがいたよ。私も遊んでいること秋チャンミン監督がかえって "少しだけ押してください"と注文をするほどだった。(笑) "

史劇の品格、コメディーの品格



事実<光害 "がイ·ビョンホンの演技の大きな飛躍や転換点になるだろうとは思わない。演技経歴20年、無数の彼の選択中つけておいて、コミカルな下船の演技は、今後も見ることができない、非常に異質ポイントに過ぎないこともある。<光害>でイ·ビョンホンが評価されるポイントは、それよりも彼が史劇という枠の中笑いと涙のコードを組み合わせた最も平易で大衆的なジャンルを格を落とさずに完璧にコントロールしているという点だ。ややもすると眉をひそめリールの状況の珍しい高品質の解釈である。"からトリムも水位がある。非常に壊れたコメディ、いわゆる "中川コメディー"になってもならなかったし、とてもおしゃれになって聞き取れなくてもならない適当な線を見つけることだった。既存のイメージを毀損する心配はしていなかった。明らかなのはそう、私は崩れ、地震ないだろうということを知った。私のギャグ本能を信じていた。 "全体のフィルモグラフィーを使用して計算された結果値というよりも、最終的にイ·ビョンホン本人が意図された<光害"の達成点は少し異なります。"イ·ビョンホンにこんな姿があったなんて、さらにこのような姿があった、それさえも感情移入確かにさせたお前の一定の成果があったことだ。例えばコミックだけだった俳優が正劇演技をするとき、 "いや、私の学習笑わせなければなら海"という状況が逆に私にも適用されるか心配するおそれがあった。この映画をする中わたしを信じる自信一方でそのような不安感が私を捕まえて結んでいた。 "







続きはMoreへ



More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-28 22:30 | 史劇 「光海:王になった男」
あんにょ~ん!

タイトルなんだけど、イヤミで言ってるわけなんですが、通じてますか~?(笑)
ここでは「プライベートビョンホン」の記事をお届けします・・・。

で、韓国語の記事は超パパラッチですね・・・。
画像付きでした^^;

↓に日本語の記事を載せてます。

[単独捕捉]イ·ビョンホン - イ·ミンジョン、007出会い。"配慮引き立って見えた"
トップスターカップルの出会いはそれこそ007作戦を彷彿させた。これらは去る8月に熱愛事実を公開したが、多忙なスケジュールと秘密恋愛で大衆にデート姿が公開されたことがない。この日もやはり時間差を置いて動く二つのトップスターの後を続き、長いなかなか手に余る仕事ではなかった。この日イ·ミンジョンが母親と一緒に6時30分頃、ソウル新沙洞にある高級和食家、まず訪れた。続いてイ·ビョンホンの母、続いてイ·ビョンホンが到着した。時間差を置いて入場したはず日本食のスタッフたちでさえも一緒に来たことを認識していなかった。また、この高度な日本食は10万ウォンから30万ウォンまで高価な料理を売る店で政財界人らと有名スターたちが常連客である。それだけプライバシーが徹底したところで分かった。特にほとんどの座席がルーム内に配置されて閉鎖的な構造であり、地下駐車場内外で守られています。イ·ビョンホンとイ·ミンジョンやはり地下駐車場を使ってルーム内位置し、他のお客さんに知られるように大変だった。以降、取材陣を意識したイ·ビョンホンはイ·ミンジョンとイ·ミンジョンの母が驚いないように最大限配慮した関係者の信念である。イ·ビョンホンはイ·ミンジョンとイ·ミンジョンの母をエスコートして、まず、エクスポートした後、自分が一番最後に席を離れる紳士らしい姿を見せた。ある関係者は"イ·ビョンホンがトップスターらしくない気さくな姿で家族に配慮した"と心遣いを賞賛した。





単独捕捉]イ・ビョンホン、イ・ミンジョン母誕生日出席...結婚秒読み
ワールドスターイ・ビョンホンが娘婿役割を正確にしながら恋人イ・ミンジョンと事実上結婚秒読みに入った。
28日放送されるTV組では(CH19) '演芸in TV'はイ・ビョンホンとガールフレンド イ・ミンジョンが家族らと一緒に集まった場面を単独捕らえた。 イ・ビョンホンは去る25日午後7時頃ソウル江南区(カンナムグ)、新寺洞(シンサドン)に位置した高級日本料理店に姿を表わした。
映画'鉱害、王になった男'(監督チュ・チャンミン)の広報を終えて去る10日米国に出国して米国でハリウッド ブロックバスター'レッド2'を撮影中のイ・ビョンホンがソウル 江南(カンナム)にびっくり登場したことは側近さえ分からなかったという程意外であった。
イ・ビョンホンは両手いっぱい花束と贈り物つつみ(束)を持って現れた。 イ・ビョンホンが探したところは新寺洞(シンサドン)の高級日本料理店でそちらには先に到着していたガールフレンド イ・ミンジョンと会って夕食を楽しんだ。 この席にはイ・ミンジョンのお母さんと兄さん、イ・ビョンホンのお母さんまで両家家族が一緒にした。 イ・ビョンホンはブラック ワイシャツとジャケット、角のメガネでカジュアルながらも格式を備えた姿であったし、イ・ミンジョンやはりひらひらするブラック ワンピースにちゃんと頭を縛った姿だった。

この日イ・ビョンホン-イ・ミンジョン カップルと家族はコース料理を楽しんで、3時間女医食事を継続した。 食事をする間イ・ビョンホンは愉快に雰囲気を主導したという関係者の話だ。

この席は27日誕生日を迎えるイ・ミンジョンのお母さんのために用意された。 イ・ビョンホンはイ・ミンジョンのお母さんの誕生日を祝うために忙しい海外撮影スケジュールを変えていって帰国を押し切った。 彼は去る24日秘密裏に帰国したしこの日家族集いに対しては所属会社にも知らせないまま極秘に参加した。
ある関係者は"イ・ビョンホンとイ・ミンジョンがトップスターにふさわしくない気さくな姿で家族らと一緒にした"として"すでに結婚を約束した広場とかだけに娘婿役割を正確にすることでないか"と伝えた。
イ・ビョンホンの所属会社側は"イ・ビョンホンの個人日程までは分からない"ながらも"イ・ビョンホンは単純にイ・ミンジョンのお母さん誕生日祝いのための家族集いに参加したこと"と伝えた。 引き続き'両家お母さんが一緒にしたことに対して結婚を議論する挨拶席ではないのか'という質問に"挨拶席は確かに違う。 イ・ミンジョン氏のお父さんが海外出張だと一緒にすることもできませんでしたが、何の挨拶か"として線を引いた。

イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは去る4月初めてふくらんだ熱愛説に対して極力否認して4ヶ月ぶりの先月交際事実を電撃公開した。 当時イ・ビョンホンは自身のホームページを通じて'イ・ミンジョンはもう私には最も大切な人だ。 この関係を落ち着いているように継続する。 永らく同僚として共に見てきた彼女は周辺までも明るくさせる心まで元気な良い人'と明らかにした。 イ・ミンジョンやはり報道資料を通じて'イ・ビョンホン先輩と恋人で真剣な出会いを持っていることを申し上げる'として熱愛を認めた。
だが、絶えず続く二人の結婚説と関連しては"依然として時期尚早"と否認した。 このためにこの日家族会は二人の結婚日程に関連した言及が行き来したつもりだといった点で格別の視線が傾いた。 イ・ビョンホン、イ・ミンジョン カップルの隠密な家族会現場を入れた単独映像は28日(金)夜8時40分TV組では'演芸in TV'で公開される。





[単独捕捉]イ·ビョンホン、イ·ミンジョン家族と "光害"の両方手に入れた
ワールドスターイ·ビョンホンが一度に仕事と愛と二匹のウサギを捕まえた。イ·ビョンホンが去る24日、所属事務所側のみ発表された極秘裏に帰国した。去る9月10日、米国に向けて出国したイ·ビョンホンはハリウッドアクションブロックバスター"レッド2" の撮影をしていた。ハリウッドのトップスター、ブルース·ウィリス、ジョン·マルコヴィッチ、キャサリンゼタジョーンズなどと一緒に出演するイ·ビョンホンはこれらと一緒に、今年の年末までに撮影に邁進することが分かった。しかし、イ·ビョンホンはカナダのモントリオールでびっくり帰国して、仕事と愛をすべて取りまとめて、一度に二匹のウサギをことになった。特にイ·ビョンホンは女友達であるイ·ミンジョン母の誕生日パーティーにぴったり合わせて24日に帰国し、翌日の25日、楽しい家族の集まりを持ったおかげでイ·ミンジョン家族たちから高い点数を取ることができた。帰国後イ·ビョンホンは所属事務所にも知らせず公式日程前の一日を完全にイ·ミンジョン家族のために割いたわけだ。この日イ·ビョンホンはイ·ミンジョン母のために腕一の花束と贈り物を準備した。またイ·ビョンホンは300万観客を突破して盛んに興行されている映画 "光害、王になった男"(監督秋チャンミン)の舞台あいさつと釜山(プサン)国際映画祭参加に"光害"の興行突風を継続していく計画だ。2010年"悪魔を見た'以後国内ファンたちと会う機会が少なかっただけに、今回の機会に、できるだけ多くのファンと会うつもりだ。イ·ビョンホンの所属事務所側は"モントリオールでの撮影に少し余裕ができて、当初の予想よりも早く帰国をした"としながら"まずは釜山国際映画祭に参加して映画広報をしているのが最大の目的だ"と帰国理由を明らかにした。結局、イ·ビョンホンはイ·ミンジョン家族愛映画"光害"を一挙に取りまとめて、仕事と愛をとる能力を披露した。イ·ビョンホンは釜山(プサン)国際映画祭に出席後、イギリスロンドンに移動して、映 ​​画"レッド2"の撮影を続けていく計画だ。イ·ビョンホン-イ·ミンジョンの家族会の単独捕捉現場は28日午後8時40分に放送されるTV朝鮮(CH19) "芸能in TV"で確認することができる。



日本語の記事

イノライフさん
イ・ビョンホンとイ・ミンジョン来年1月に結婚?”事実無根”
俳優イ・ビョンホンとイ・ミンジョン、双方が来年1月結婚説に事実無根と一蹴した。

28日、あるメディアはイ・ビョンホンとイ・ミンジョンが、来年1月ごろ結婚式を挙げると暫定的な結論を下したと報じた。

イ・ビョンホンの所属事務所の関係者はこの日、ジョイニュース24との通話で「イ・ビョンホンの結婚計画については聞いていない。来年上半期まで消化しなければならないスケジュールがある」とし「二人が結婚を前提に真剣な交際をしているが先走らないで欲しい」と頼んだ。イ・ミンジョン側の関係者も同日「まだ結婚については具体的に決まっていない」と1月結婚説を否認。
先立って同日午前中、あるメディアはイ・ビョンホンがイ・ミンジョンの母親の誕生日の家族会食に参加した様子を報道して話題にもなった。これに関連してBHエンターテイメントは「これだけで結婚の話を出すのは時期尚早」とし「両家挨拶の席ではなかったし、秋夕(韓国のお盆)でもあるので会食の席にちょっと参加しただけ。両家で交際を認めた状態と(熱愛事実を)公開したので、自然に何気なく参加しただけ」と説明。
イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは4月に初めて報道された熱愛記事を公式に否認したが、8月には交際の事実を認めた。映画『光海、王になった男』で観客を楽しませているイ・ビョンホンは10月4日から開かれる第17回釜山国際映画祭に参加して映画広報のスケジュールをこなす予定。イ・ミンジョンは最近KBS2のドラマ『ビッグ』を終えて次回作を選定中。



wowkoreaさん
イ・ビョンホン側「イ・ミンジョンとの1月結婚説は事実無根」と否定
イ・ビョンホン側がイ・ミンジョンとの来年1月結婚説について「事実無根」と否定した。イ・ビョンホンとイ・ミンジョンの結婚説は28日、あるメディアの報道を通じて伝えられた。
イ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテインメントの関係者は同日、聯合ニュースとの電話取材で「1月結婚の計画は事実無根だ。具体的に結婚の話が出たことはない」と明らかにした。同関係者はまた「2人が良い出会いを続けていけるよう見守ってほしい」と付け加えた。
イ・ビョンホンはハリウッド映画「RED2」の撮影のため、今月初めカナダに出国したが、すでに帰国し、近ごろ公開された映画「光海、王になった男」のプロモーション活動を行っている。



kstyleさん
イ・ビョンホン&イ・ミンジョン、1月結婚説に両側「事実無根…先走らないで」
俳優イ・ビョンホン(42)と女優イ・ミンジョン(30)の両サイドが、来年1月に結婚するという報道を強く否認した。イ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテインメントの高位関係者は28日午後、マイデイリーに「最近騒がれているイ・ビョンホンとイ・ミンジョンの結婚報道は、事実無根だ」と強く否定した。
この関係者は、「二人が結婚を前提に交際しているのは事実だが、来年1月に結婚すると言ったことはない。結婚は人生において重大なことなので、本人だけでなく両家の両親も知らないような事実を伝えるのは度が過ぎている。先走らないでほしい」と、強い語調で話した。
イ・ミンジョンの所属事務所もまた、結婚報道について「事実無根だ。イ・ミンジョンは新しい作品への出演を希望している状態で、結婚の準備ができる時期ではない」と話した。
あるメディアは先日、側近の言葉から二人が来年1月に結婚を予定していると報道した。




--------------------------------------------


中央日報
イ・ビョンホン-イ・ミンジョン、両家が一緒に食事…結婚間近?
俳優のイ・ビョンホンと女優のイ・ミンジョンがソウル江南(カンナム)のある日本料理屋で一緒に食事をし、この席にイ・ビョンホンの母親とイ・ミンジョンの母親と兄が同席していた事実が伝えられ、両家が正式なあいさつを交わしたのではないかという推測が出された。

これについてイ・ビョンホンの所属事務所であるBHエンターテインメント側は「イ・ミンジョンの母親の誕生日パーティーにイ・ビョンホンが出席したもので、両家のあいさつではない」と明かした。所属事務所の関係者は「カナダで映画『RED2』の撮影しているイ・ビョンホンが、最近、映画『光海、王になった男』の広報のため帰国した。折りしもイ・ミンジョンの母親の誕生日だったので一緒に食事をする席を設けたもの」と説明した。



イノライフさんより
イ・ビョンホン、イ・ミンジョンの母と相見礼?「計画して会ったのではない」
俳優イ・ビョンホン側が、彼と公認の恋人イ・ミンジョンの家族の集まりに参加したことについて「計画して会ったのではない」と、結婚説を否定した。
28日、あるメディアは、25日にイ・ビョンホンがイ・ミンジョンの母親の誕生日に行われた家族との食事会に参加した様子を報じた。この日、BHエンタテインメントは韓国メディア・JOYNEWS24に「今回のことで結婚の話が出るのはまだ早過ぎる」とし「相見礼(両家の親が初対面で挨拶を交わす席)ではなく、名節前の集まりに少し参加した」と説明した。
イ・ビョンホンは最近、映画『RED/レッド2』の撮影を終え、『光海、王になった男』のプロモーションを兼ねて帰国した。事務所は「イ・ビョンホンは帰国時、彼女の母親の誕生日食事会だと知らなかった」とし「プロモーションの日程を決め、即興的に参加した場だったが、報道員のカメラがレストランを見張っていた」と状況を伝えた。また「両家が交際を許し、(交際の事実を)公開したので、気兼ねなく食事会に参加しただけ」と付け加えた。
イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは、4月に報じられた熱愛説を否定したが、8月に交際を認めた。映画『光海、王になった男』のプロモーション中にあるイ・ビョンホンは、10月4日から行われる「第17回 釜山国際映画祭」に参加し、映画のプロモーションを行う予定。



kstyleさん
イ・ビョンホン&イ・ミンジョン、家族を交えた食事会開く…両家の顔合わせを“否認”
女優イ・ミンジョン側が、イ・ミンジョンの母親の誕生日を記念する食事会にイ・ビョンホンが同席したことについて、「両家の顔合わせではなく、恋人として祝いに来た」と説明した。
イ・ミンジョンの所属事務所の関係者は28日、マイデイリーの電話取材に対し「両家顔合わせの場ではなかった。両家の顔合わせであれば、当然互いの両親が全員参席しなければならないため、母親だけ参席したというのは有り得ないことだ。イ・ビョンホンが多忙な中でも祝いに来てくれると言って設けられた場だった」と明かした。
さらに「結婚が具体的になったら、公式に発表する。両家の顔合わせの場ではなく、恋人として祝いに来た」と加えた。
これに先立ち某メディアは、先日イ・ビョンホンとイ・ミンジョンが江南(カンナム)区にある某日本食レストランでイ・ビョンホンの母親、イ・ミンジョンの母親と兄が同席する食事をし、結婚が秒読み段階だと推測した。
イ・ミンジョンは最近、ファッションショーへの参加とグラビア撮影のために訪問していたアメリカから帰国し、CM撮影などで忙しい日々を送りながら次回作を検討中だ。
イ・ビョンホンは映画「RED/レッド2」のカナダ・モントリオールでの撮影を終え、極秘に帰国。来月4日に開幕する第17回釜山(プサン)国際映画祭に参席した後、映画の撮影を再開する予定だ。



結婚秒読み!? イ・ミンジョン母の誕生日を両家でお祝い
現在交際中のイ・ビョンホンとイ・ミンジョンが今月26日午後7時ごろ、互いの家族同席で食事をしていたことが分かった。
「芸能in TV」(テレビ朝鮮)は28日、イ・ビョンホンとイ・ミンジョン、イ・ビョンホンの母、イ・ミンジョンの母と兄が、ソウル市江南区新沙洞の高級日本料理店で楽しい時間を過ごしている様子を報じた。関係者の話によると、コース料理を楽しむ3時間、イ・ビョンホンは場を盛り上げ、和やかな雰囲気の会食だっととのことだ。
この日の会食は27日に誕生日を迎えたイ・ミンジョンの母の誕生日を祝う席とみられる。映画『RED/レッド2』撮影のため、今月10日に出国したイ・ビョンホンは、24日に極秘帰国。所属事務所も彼の帰国を把握していなかったという。イ・ビョンホンの帰国について、ある関係者は「結婚の約束もしていることだし、婚約者としての役割をしっかりとこなしているのではないか」とコメントした。
イ・ビョンホンの所属事務所は「イ・ビョンホンのプライベートの日程までは把握していない。イ・ビョンホンは単にイ・ミンジョンの母の誕生日を祝うため、会食に参加しただけだ」と説明した。両家の母が揃った点について、結婚について相談する結納の会食ではないかとの質問に対しては「絶対に違う。イ・ミンジョンさんの父は海外出張中で出席できなかった。結納だなんてとんでもない」とコメントした。




[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-28 16:09 | 이 병헌
あんにょ~ん

いよいよ公開ですね!大ヒットになりますように!!

光海サイト
光害、王になった男

光海公式ツイッター
twitter

光海公式ブログ
ネイバーブログ 

劇場案内
cinecine

2012年 韓国の週末興行成績
cinemakorea

a0073915_2340898.jpg

9月28日
プラネットさんより
メイキング映像です!
[動画] <光海>こうして誕生した!メイキング映像公開!_tvN E News 1483話ほか

"光海"の熱い人気、映画関係者たちの考えは?
俳優イ·ビョンホンが恐ろしい勢いで興行勢力を運転してきている。映画 "光害、王になった男"(以下 "鉱害")が400万突破を目前に置いていること。
28日午前映画振興委員会統合コンピュータ·ネットワークによれば '光海 "は去る27日一日の間15万5千人の観客を動員、封切り2週ぶりに380万観客数を突破した。また、平均前売り占有率が50%に迫り、その威厳を誇示している。
その後、映画関係者は "光害"の興行をどこまで期待しているのか。ある映画関係者は最近記者と会った席で "来る29日から続く秋夕連休の間、約300万人の観客を動員することができるものと見られる。連休が経てば700万人は無難に突破することができるものと期待している"と伝えた。
この関係者によると、22日の一日間 "光害"を見るために劇場を訪れた観客は約49万人。これは、韓国映画興行1位を記録しているチェ·ドンフン監督の "泥棒たち"の一日最多観客数の50万人の記録に匹敵する数値だ。
このような "光害"の爆発的な人気を投資、配給を引き受けたCJエンターテイメントのノヘリョン常務は ""光害 "のしっかりしたストーリーとイ·ビョンホンの驚くべき演技力が加わって観客たちの爆発的な反応を得ている"と説明した。ため、映画興行の主要な要素であるうわさマーケティングの効果を正確に見ているのだ。
ノー常務は ""光害 "には涙腺を刺激する感動的な要素とわずかな笑いを与えるコミカルな要素が共存している。1200万人の観客を動員した"泥棒たち "の後を引き継いで2012年最高の商業映画になることができると確信したする "と付け加えた。
一方、 "光害"は王になることも、なってもいけない賎民が王になっていく姿を通じて、カタルシスと、様々な楽しさをプレゼントする史劇で全国800の管で上映中だ。






9月25日追記
"豊かな中秋送られ、今回の秋夕連休には、家族と一緒に"光害、王になった男"を一緒に会ってみてください"って挨拶する動画が出ました!
"光海、王になった男"主演俳優たちの秋夕の挨拶スペシャル映像



プラネットさんより
"光海"あっという間に350万肉薄 "高速興行"
(抜粋)
映画'光海、王になった男"が封切り11日ぶりに350万人を迫った。25日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークの集計によると、 "光海、王になった男"は去る24日一日全国784個スクリーンで15万4,901人を動員して累積観客数338万2,820人を記録し、ボックスオフィス1位を占めた。去る13日封切りした'光海、王になった男"は、11日ぶりに338万2,820人を集めた。あっという間に350万人に達した。
イ·ビョンホンリュ·スンニョンハン·ヒョジュなどが出演した"光害、王になった男"は、朝鮮光海君8年、毒の危機に瀕した王光海(イ·ビョンホン)の代わりに王の役をすることになっ賎民下船(イ·ビョンホン)が王の帯域を引き受けるようになっ起る話だ。"光害、王になった男"は、朝鮮王朝実録"光海君日記"の中で"非表示になることは早(朝报)にはいけない早い"は文句から始まったファクション史劇(フィクションとファクトの結合された史劇)だ。


ケーキや共演者達の画像あり!

みんなでお祝いしてますね!!
"光海"、300万人突破イベント "성은이 망극하옵니다"
光海"が300万を突破してイベントを進行した。去る22日、23日の両日、行われた"光害、王になった男(以下鉱害)"の舞台挨拶で、リアルタイムで300万人突破のニュースを聞い秋チャンミン監督と俳優リュ·スンニョン、ハン·ヒョジュ、キム·イングォンは観客たちと一緒にイベントを進行して熱い反応を呼び起こした。この日の監督と俳優たちが"軸300万人突破!観客の皆さん、性がマングクハオプニダ"という気の利いたフレーズが入った餅ケーキを持って観客たちとみんなで記念写真を撮影したもの。300万人突破のニュースを接した観客たちは、爆発的拍手洗礼と歓呼を送ってお祝いの挨拶を伝えた。これ俳優リュ·スンリョンは"天気の良い秋の日の貴重な時間をいただき感謝します。愉快な楽しみだけでなく、深い感動までの映画だ。楽しく楽しんでほしい"と話した。続いてハン·ヒョジュは"劇場を埋め尽くした観客の皆さんをブェニ、本当にぴりっと心地いい。映画おもしろく見て良い言葉をたくさんお願いします"と感謝の挨拶を伝えた。また、キム·イングォンは"いっぱい上映館を見て、本当に胸がいっぱいで気持ちいい。帰って行かれる道に直接号にしたい"と愉快な笑いをプレゼントした。一方、歴代9月封切り作の中で最高の興行速度で11日ぶりに320万観客を突破して今年の秋夕独歩興行勢を予告している"光害"は俳優らの舞台挨拶に一層熱い呼応を起こしているなか、秋夕シーズンを迎え、より一層激しい興行を続けるものと期待される。



9月24日
秋夕に向かってどんどん観客数を伸ばしていって欲しいです!!

観客動員数1千万人を目指して走る映画「光海」の力
真の政治は指導者ではなく、民が作る
映画「光海、王になった男」が一日に約25万人の観客を動員し、早いスピードで観客一千万人に近づいている。

このように観客が集まる理由は、同映画が熱い感動を与えているためだ。血も涙もなさそうに見える権威的な帝王、光海君の代わりに、本当に民のために王の役割をする賎民(最下層の身分とされた人々)、ハソンを通じて希望が消えてしまった今の時代にそのような指導者が出てほしいという希望と政治への熱望を反映したことが観客から共感を得ているのだ。

サウォルの家族が離れ離れになった理由が重い公納(税金)のためだということを聞き、徹夜しながら大同法(国に捧げる特産物を米に統一する法律)を勉強し、民の立場から政策を施行しようとする王。明に軍事を送らなければならないという大臣の言葉に「いったいこの国は誰の国ですか?」とし「あなたたちが語る事大の礼、私にとっては事大の礼より私の民の命が百倍、千倍も重要です」と言う王。幻滅を感じさせる現実の政治に比べ、このように心を尽くして行動する政治家を見て感激しない人が果たしているのだろうか。

妓生(キーセン:朝鮮時代の芸者)の店でわい談をすることで食いつないでいた低い身分の人が、真に民のための統治を行う姿を見せることで感動はさらに大きくなる。本当に自身たちのために働く王の変わりに毒を飲んで死ぬサウォルが「陛下、なにとぞ平穏無事でいられるように」と泣くとき、また護衛武士が「あなたたちには偽王かもしれないが、僕にとっては本物」と言いながらハソンを殺すために追いかけてきた軍事と戦ううちに刃物に刺されて死ぬとき、どうしても涙を流すしかないのだ。

この時点で監督は人々が持っている蟠りを映画という形でどういう風に表現するのかをよく知っており、特に言葉の持つ力を良く理解し、利用している。

実際の光海君は、王になって15年間国を統治したが、王という呼称を得られなかった波乱の多かった王だ。彼は、文禄のとき宣祖と大臣が倭軍を避けて逃げたとき、あたかも死に場所に追い込まれるように跡継ぎになり、国民と死の戦場を経験したが、戦争が終わるとすぐ庶子という理由で王になるまで厳しい時間を過ごさなければならなかった。

即位初期は、民の税金負担を減らすため大同法を実施するなどの改革を図ったが、時間が経つにつれ王としてのポストを確かにし、権威を立てるため宮殿を何度も建設する土木工事を行い、民を動員する誤った政策で怨まれた。しかし、戦争の経験を基にこれ以上朝鮮に戦争が起きないよう、二つの強大国であった明と金の間で中立的で自主的な実利外交を展開した唯一の朝鮮の王でもあった。

だが、反対勢力である西人(政治派閥の一つ)のクーデターで廃位され、仁祖が執権した朝鮮は再び滅亡した明の味方になり、清国の侵入でまた国民を死なせ、王は三田渡(サムジョンド)で頭を下げながら許しを求める屈辱を経験した。それで映画は、今まで暴君としてドラマに登場してきた光海君を大同法と自主的な実利外交を行った王として見直したことで、歴史的事実に対する新しい評価も入れた。

映画には、笑いを誘うシーンが多い。観客皆が大笑いする。宮廷の日常的な姿、つまりハソンが王としてご飯を食べて用を出すことを身に付けながら展開されるエピソードが面白い。政治的な暗闘にだけ焦点を合わせた従来の映画では見られなかった宮廷の日常生活は、新しい見どころとなっている。

監督は、音楽と効果音にもたくさん気を使った。クラシックと国楽を映画の流れに合わせ適切に配置し、緊張と感動をより効果的に伝える。特に、ハソンが大黒柱に頭をぶつけるときに出る誇張された効果音は、笑いを誘う。

ビジュアル的効果も良かった。特に、宮廷の衣装が美しかった。光海が纏った赤と青の薄いトゥルマギ(外出用の上着)や袞竜袍(王の普段着)、王妃の衣装が目立った。花が咲いてある、池のある、月の照らす宮廷の多彩な姿も良かった。

ここに映画全般に流れる緊張感が観客を最後まで集中させるものすごい力を発揮する。問題を起こしそうな光海の君主らしいの姿もそうだし、ハソンがひょっとしてばれるのではないかと緊張させるシーンもそうだ。ハソンが大臣と激しく対立しながら自身の政策を押しつける姿や、「民を天のように仕える王があなたが願う王であれば、その夢を私が叶えてあげる」としてハソンが王になるかと思ったら、いつのまにか光海が本来の席に戻っている意外な状況など、多様なプロットを配置し色々な楽しさを与える。もちろん、この映画をより面白くする背景には、監督の優れた演出力とイ・ビョンホンを始めとする俳優の立派な演技がある。

時代劇を公言するがフィクションで、笑いを誘うが単純なコメディではないこの映画は、朝鮮時代の残酷だった政争と民を疎外させた政治から今日の政治を連想させ、新しい政治を願うという軽くないメッセージを投げかけている。99%完璧なこの映画で一番大きい問題は、正しい政治指導者の姿を描くことに留まっていることだ。真の政治とは、指導者ではなく、民衆が作ることができるものではないだろうか。





プラネットさんより
"光海"、11日ぶりに300万突破..日曜日の44万爆発
映画''光海"が300万高地に上がった。24日映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ·ネットワークによれば、去る23日'光海、王になった男"(監督秋チャンミン、以下"鉱害")は、44万5925人の観客を集めて毎日のボックスオフィス1位を記録した。累積観客は322万7958人で、封切り11日ぶりに300万高地に上がった。映画"光害"は混乱が極に達した光海君8年、脅威を感じた王光海(イ·ビョンホン)の代わりに王の役割をすることにした賎民下船(イ·ビョンホン)の話を盛った史劇映画だ。イ·ビョンホンの初めての史劇挑戦と1人2役の演技、ハン·ヒョジュリュ·スンリョンキム·イングォン章光など演技派俳優たちの合流で今年の秋映画館通りの期待作として注目された。封切り2週差にも初週に次ぐ興行力を見せた"光害"は、封切り4日ぶりに100万観客を突破したのに続き、8日ぶりに200万、11日ぶりに300万観客を突破した。"光海"は去る20日'スパイ'の封切りも観客低下なしで着実に観客を集めて冷めない人気を立証した。"光害"は依然として高い前売り率を記録しており、3週目に無難に正常を保つと思われる。24日午前6時現在、 "光害"は57.3%の圧倒的なリアルタイム前売り率を記録している。



イ·ビョンホンの力程度 "光害"の公開10日目1位、270万を突破
誰がなんと言ってもイ·ビョンホンはイ·ビョンホンだ。イ·ビョンホン、初めての史劇映画"光海、王になった男"が劇場街を曲がって捉えて作り付けの1位を占めている。映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ·ネットワークによれば'光海、王になった男"は9月22日、一日49万600人を集め、累積観客数278万2,212人を記録した。これで"光海、王になった男"は、封切り10日目ボックスオフィス1位を占めているのはもちろんのこと、11日目の23日300万人の観客に無難に突破すると予想される。"光害、王になった男"は、朝鮮時代最もドラマチックな君主であり、悲運の王光海を照明したファクション史劇で、朝鮮光海君8年、毒の危機に置かれた王光海の代わりに王役をすることにした賎民下船が王の帯域を引き受けるようになって広がる話を扱う。歴史から消えた15日間の隠された内容の再照明するのに1次的に観客の関心を導いた"光海、王になった男"は、ふたが開いて後、他の映画では見られないイ·ビョンホンリュ·スンニョンの完璧な演技調和で好評受けてうわさに乗った。秋夕映画館通りまで手に負え"光海、王になった男"の興行記録がどこまで上がるのか成り行きが注目される。


イ・ビョンホンの、イ・ビョンホンによる、イ・ビョンホンのための映画『光海』
この映画を見た誰もが、このコラムの題名に納得するだろう。それほど『光海、王になった男』がイ・ビョンホンのための映画だといっても過言ではないのだ。

映画『光海、王になった男』に登場する“光海”という人物は歴史上“暴君”と呼ばれる王だった(当時の混乱と外部からの圧力を考慮すれば、彼は実利外交を追求した人物だとして最近は再評価されている傾向にある)そのため、実在人物を検証し複雑性を説得力をもたせて描くために演出家はさぞ苦労したことだろう。そういった面でイ・ビョンホンは演出家の負担を軽減させ、インパクトある光海を演じきった。(比較しては申し訳ないが)同じ時期に公開されたチュ・ジフン主演の映画『私は王だ』と似た設定だったので公開前は「まさか同じ映画じゃないのか?」と観客の誤解を招いたが、蓋を開ければ映画のパターンは全く違うと言える。

『光海』は常に暗殺計画に苦しめられた光海が、自身の身代わりとなる代役を立てるという設定。訳も分からず王の座に座らされた偽者の王“光海”(ハソン)。始めは失敗の連続だが、次第に自身の考えや信念を持ち、政治を行うようになる。複雑に絡まりあう政治を簡単にしよう!と、何が重要なのかを判断し行動に移す。心のこもった政治を実行していくハソン(偽者の王)を見た観客は心を打たれる。もちろん、映画の完成度も高い。素材やストーリーの流れが素晴らしく、俳優たちの演技が紡ぎ出すコメディがあちらこちらに散りばめられている。この映画の持つパワーが観客を引き付ける。ストーリーが多少単調な印象を受けるが、それでも最初から最後まで飽きることなく没頭できるのは、この作品に理想主義的なメッセージが強く込められているからだ。

イ・ビョンホンは視線一つにしても、相反する2人の人物を上手く演じ分けた。ここまでくれば魅力というより魔力といってもいいほどだ。観客たちは「誰とも比較することのできない一段階アップグレードした演技を見せてくれた」と口を揃える。彼がコメディ演技までできるとは!(笑)
王妃役のハン・ヒョジュの演技も素晴らしく、ホ・ギュンを演じたリュ・スンリョンも見事な演技を見せた。何より、意外な組み合わせだといわれたイ・ビョンホンとリュ・スンリョンのコンビプレーが良かった。二人の自然なコンビネーション演技が、あたかも以前にも共演したことがあるかのように見える。イ・ビョンホンが映画製作発表会で話した“この映画を通じてリュ・スンリョンという友人を得た”という言葉はどうやら口先だけの言葉ではないようだ。






9月17日
韓国や米国では大好評のようですね!ビョンホン!よかったね~♪

さて、ビョンホンは不在ですが、光海の舞台挨拶の動画が出てきてますよ!

プラネットさんより
光海、王になった男の舞台挨拶


今日は観客動員数の記事です!
イ・ビョンホンの「光海」公開から迎えた初の週末、観客動員数110万人
(抜粋)
俳優イ・ビョンホン主演の映画「光海、王になった男」(監督:チュ・チャンミン、以下「光海」)が公開から迎えた最初の週末で110万人の観客を動員した。
映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークの集計結果によると「光海」は、公開から初の週末(14~16日)に110万859人の観客を動員しながらボックスオフィスの1位になった。さらに16日を基準に、累積観客数128万1304人を記録しながら、公開から4日で100万人の観客を突破した。
イ・ビョンホン主演『光海』、週末1位…5日目で130万人目前
(抜粋)
週末、BOX OFFICEのトップを守った映画『光海(クァンヘ)、王になった男』(以下、『光海』)が、公開5日目で観客130万人を目前にしている。
17日午前、映画館入場券統合ネットワークによると、『光海』は16日、全国802カ所の劇場で41万7624人を動員し、通算観客128万1304人を記録した。15日は44万4072人、14日には23万9163人を動員し、週末、BOX OFFICEで1位を守った。映画は週末だけで100万人以上を動員した。


イ・ビョンホン、映画『光海』で800万人動員達成に期待(1)
俳優イ・ビョンホンが映画観覧客800万人動員に向け着実に進んでいる。

イ・ビョンホンが1人2役で活躍した映画『光海、王になった男』(チュ・チャンミン監督)が観客と評壇から好評を受け、興行記録が更新できるか関心が集まっている。映画とテレビを問わず最高のスターとして脚光を浴びているイ・ビョンホンは、これまで数多くの興行映画に出演した。作品性も逃さず「2匹のウサギ」を捕まえた俳優として認められた。
しかしイ・ビョンホンにはいわゆる「大ヒット」映画には恵まれなかった。観客500万~600万人を動員した「中ヒット」映画は数本あったが、韓国の映画興行で象徴的な数字となる「1000万人」には届かなかった。韓国映画で歴代興行順位10位に入るための最低の数字である800万人動員も残念ながらなかった。
イ・ビョンホンの最高興行記録は2008年の『グッド・バッド・ウィアード』だった。映画振興委員会の統計によると668万人の観客が集まった。歴代20位に入る成績だ。2000年には「JSA」で583万人の観客の呼応を味わった。十数年前の当時としては計り知れないヒットだった。
それでも800万、1000万人観客は達成できなかった。これまで米ハリウッドにも進出し、『アイリス』のようなビッグヒットの視聴率を出したドラマもやったが、イ・ビョンホンの名前の大きさに比べスクリーン記録はやや物足りなかった。
だが、13日に『光海』が公開されてから興行推移が800万人達成を予告している。
当初19日公開予定だったが評壇の好評に後押しされ1週間操り上げた。幸い初日のスコアは18万人余り。14日までの2日間で41万9616人を集め堂々とボックスオフィス1位に上った。このままなら最初の週末だけで100万人突破も可能とみられる。800万人達成に向けた雰囲気は作られている。


イ・ビョンホン、映画『光海』で800万人動員達成に期待(2)
その上、ネット上では映画を観覧した観客の熱い反応が続いている。デビュー後初めて挑戦したイ・ビョンホンの時代劇での演技にファンは惜しまぬ拍手を送っている。
評点10点満点をつけたあるネットユーザーは「評点を初めて付けた。愉快な中に感動が加わったようだ。何よりいまの政治家が団体観覧すれば良い」と記した。また別のネットユーザーは1000万人興行を超えた『泥棒たち』とともに「今年は1000万人を突破する映画が2つ出そうだ」と期待を高めた。
観客の評価通り、イ・ビョンホンは『光海』で久しぶりに愉快なコメディ演技を見せた。王が室内で用を足す演技のシーンではとぼけた演技と周辺状況まで加わり観客の腹を抱えさせた。『甘い人生』(2005)、『悪魔を見た』(2011)などで落ち着いたカリスマのある演技を見せたことと比較すると大幅な変身だった。韓流スターという面はしばし引っ込め、秘めていたコミカルな本能を遺憾なく発揮した。
それでもコミカルだけにとどまるのではない。最初は本物の光海君の代わりをし人形のようににせの王の役をしたハソン役のイ・ビョンホンが次第に国と民の現実に目を開くことになる姿も感動的だった。私利私欲を満たすために派閥争いを繰り返す重臣に厳しい忠告を与え、無力な女官を助けるために心から立ち向かう場面が印象深かった。近づく大統領選挙政局を控えあたかも国の指導者ならばこうすべきではないかと目覚めさせるようだった。
米国でハリウッド次期作『レッド2』を撮影中のイ・ビョンホンは、「初めは時代劇とコミカルを同時にしなければならず躊躇する部分があったが、ストーリーに惚れ込み、次第にはまっていった。いまは米国にいるがファンの反応が本当に気になる」と話している。




公開初日13日はMoreへ




More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-25 20:55 | 史劇 「光海:王になった男」
あんにょ~ん

どんだけ~話していったのか?ってくらいまだまだインタビュー記事が出て来てますよね!
ありがたや~ありがたや~♪(笑)

9月25日
今日はmovieweekです!
"光海、王になった男"イ·ビョンホン "私を見て笑ってくれたら本当にいいな"
すでに気づいた観客もいるが、実際のイ·ビョンホンは重量を引くより開口陣の人に近い。実に久しぶりにイ·ビョンホンは[光海、王になった男]でコミカルな演技を披露した。もしかしたら、 "オーバー"しているではないか悩みもしたが、彼 ​​が望むのは人々が俳優イ·ビョンホンから"新しいもの"を発見することである。
-すでに映画のクチコミがわかりました。気持ちがどうですか?

不思議なことに、突然[バンジージャンプをする](2001)時が思い出さね。その時キム·デスン監督も演出デビューだったし、出演俳優たちのほとんどが高校生だった。その時僕のキャリアが10年しかならない俳優だったが、まるで私がすべてのことを責任を負うべきだけのようなプレッシャーを感じました。また、映画の内容に少し議論の余地があった。記者試写会で映画を見るの記者たちが深刻な場面で幕笑うんです。"はっ、しまった"んです。私はその時からすごく緊張になったが、どのシーンでは、人々がさらに拍手まで打ちながら笑うんです。"いくらなんでもあそこまで映画をあざ笑うかのながら見?" 話まで出ました。ひどい気分になって映画が終わる前に途中でトイレに逃げを打ちました。ところがマネージャーに聞いたら映画が終わるやいなや記者らが拍手を打ったということです。嘲笑ではなく、本当に映画をおもしろく見たんですよ。今回もそんな感じをもう一度受けてみたい。(笑)-人々がこの映画で最も面白い部分が何でしたか?下船重(ハン·ヒョジュ)、東武章(キム·イングォン)、ホ·ギュン(リュ·スンリョン)、四月(シム·ウンギョン)など積んで行く関係を最も好きなんですよ。これは製作陣の予想が当たったよ。-そのような場合は、広大下船と光海君の初めての出会いが特に印象的でしたが、その場面を見て、 "なぜ人々がイ·ビョンホンイ·ビョンホンか"改めて悟りました。それもう知っていた?ウハハ。私もその場面はシナリオ見たときから好きだった。そしてメファトゥルシーン!これは必ず重ね重ね広く知られる名場面に残ると思いますよ。(笑)-映画のコメディーがかなり独特です。切除されているでしょうか?秋チャンミン監督はどんな方ですか?監督、本当に寒いですね(笑)ところで、撮影前に俳優たちに"私がコメディー呼吸は本当によく知っている。だから心配しないで"と声を出して打撃にちょっと怪しげました。ウハハ。ところで本当にコメディーの線をよく守りましたよ。そして私が感じたのは、監督はドラマを絶対離さない。これは本当に"大当たり感"だと考えている場面が出てきて、 "前、この場面が心配になります。全体ドラマをヘ映るだろうか見てただなくすかと考えてい"って言うんですよ。俳優としては一見もったいない気がしたりもしたが、ますます信頼が行くんですよ。ああ、この監督は果敢に場面を捨てるほど全体のドラマを見るんだ。

- [光海、王になった男]は、複数の部分から息もつけないほど船に乗って行く"境界に立つ映画"という気がします。

そうです。特にコメディがそうです。下手をすると"中川コメディー"になって、十分に多く笑わせることができる状況なのにテコ自制してしまうの選択することができましたよ。-下船に焦点が合わされた映画だと光害というキャラクターを推し量りは容易ではない。映画の最後、鉱害の心境はどうでしょう?鉱害は暴君でもあった、革新的な政治的マインドを持った王じゃないですか。だから最近特に見直されている人物でもあります。半月の間下船の行跡を記した記録を見る鉱害を演技する時、 "なぜ私はこれほどまでになったのか"という自責の念もついて出てきて、まだ王としての断固と保守的な姿を失ってはならないと考えました。"ジャークに座っていた下品なことを生かしておくことはできないでしょ牛"というセリフからも分かるよう鉱害が結果的に改過遷善したのではない。しかし、それは一国の王としては仕方のない選択あったでしょう。これまで王として民を考えていない卑怯な行動だったものは、明らかに反省していたんです。- [G·Iジョー]もあったが、[レッド2]は、本格的なハリウッド主演作でしょう。楽しみですね。私も楽しみです。"私住んでいつまたこんな俳優たちと演技することができるか"と思うほど光栄ですよ。-ところで、[G·Iジョー2]が、来年に公開が延期された理由は何ですか?噂をちょっと聞いたスタジオ側でチャニング·テイタム分量を増やそうとてるって。1編だけでもチャニング·テイタムが新人俳優に過ぎなかったが、今ハリウッドでチャニング·テイタムは誰とも比べることができないレベルだそうです。びっくりした。私と会う撮影現場でいたずらを打った子がそんなに人気があるの?(笑)今は誰も付いて来ることができないそうです。そしてスタジオ側で[アベンジャース]が世界的な興行を収めたことにびっくりしたようです。3D映画は限界があると考えていた記録をすべて乗り換え片付けてしまうから。[G·Iジョー2]も急に3Dに変換して追加撮影が必要だが、私の推測チャニング·テイタム中心に撮影しさだと思う。結果的に映画はもっと良くなると思います。



9月24日
で、今日は日本語になったインタビュー記事を紹介します!
ksyyleさんからなんですが、読んでくうちに超ネタバレだってことに気がつきました・・・。
なので、読むか読まないかはあなた次第です!(笑)
カバーストーリーはMoreです^^

イ・ビョンホン「僕が選ぶ道にファンたちもついてきてほしい」

人々はイ・ビョンホンに聞きたいことがたくさんあった。彼のプライベートを知りたがるゴシップが絶えなかったし、ニュースキャスターまでもが彼に彼女の名前を聞いた。しかし、イ・ビョンホンは映画について話したいことがたくさんあった。自分が選んで作り上げた人物に関して語る時、彼の目は今でも青年のように輝いていた。そして、映画のクライマックスを振り返りながら話す時は、まるでもう一度そのシーンに戻ったかのように、熱い声でその時の感情を再現した。ただ面白い映画が撮りたいと思って「光海、王になった男」(以下「光海」)を選択し、その映画に大満足したため、それについて細かく話したいと思っているこの男。今、彼の言葉に耳を傾ける時である。彼が話したいと思う言葉に。

―インタビューからニュースの出演まで、「光海」の公開を控えて短い間に多方面で映画の宣伝に参加した。

イ・ビョンホン:「RED/レッド2」の撮影のため、もうすぐ出国しなければならないが、主演俳優が撮影だけして外国に行ってしまうなんて、それはいけないと思った。でも、最近は本当にメディアの数が多いね(笑) 容易いことではなかった。




「依然としてバカと思えるほど天然っぽい姿をたくさん持っている」

―特に多かった質問は、イ・ビョンホンが時代劇を選んだという意外性に関するものだったと思うが。

イ・ビョンホン:実を言うと、僕は基本的に時代劇をよく見る人ではない。そのため、僕が出演しても面白いかなという疑問はあった。でも、時代劇に対して特に心理的な距離感を持っているわけではない。常に言っていることだけれど、僕にとってジャンルは問題にならない。ストーリーさえ面白くて完成度が高ければ、僕は出演する。「光海」の場合もシナリオが非常に面白いと思った。

―いざ映画を見たら、ジャンルに対する印象より映画が伝えようとするメッセージに対して驚いてしまう。「イ・ビョンホンがこんなに純粋なストーリーを選んだの?」というような驚きが(笑)

イ・ビョンホン:今までの僕がキム・ジウン監督の世界に凝り過ぎていたからかな(笑)

―2000年代以後、観客たちが見てきたイ・ビョンホンの映画は暗くて複雑な作品が多かったが、それに対する反作用で今回は明確な作品を選んだのではないのか。

イ・ビョンホン:そういう心理についてはよく分からない。僕はこれまでこういうことをしてきたから、今回はああいうことをしようみたいに、前後の状況を考えたり戦略を立てたりはしなかった。ジャンルにおいてもキャラクターにおいても、もし僕が演じたいと思うものを事前に考えていたら、それは純粋な気持ちでシナリオを読めなくする妨害要素になるだけだ。個人的に望みを持っていたら、シナリオに完全に集中することができないじゃないか。

―しかし、ここ10年間の選択が観客に及ぼす影響は確かに存在する。ハソンが道化師の遊びをしている姿を見せてくれるシーンは、王と似ている人を見つけるシーンであると同時に、意外なイ・ビョンホンに出会うシーンでもあるから。

イ・ビョンホン:なぜそう思うんだろう。僕は以前、SBS「Happy Together」のような作品で、バカと思えるほど天然っぽいキャラクターを演じたことがあるじゃないか。真面目で深刻な作品を続けてやってきたので、そういう姿が観客の頭の中に刻まれているだけであり、僕の中には依然として「Happy Together」のソ・テプンのような性格や姿がたくさんある。

―そのため、「光海」は90年代のイ・ビョンホンの姿を呼び起こす作品でもある。

イ・ビョンホン:同世代の記者たちから昔のことをたくさん思い出したという話を聞いた。実際、最近の若者たちにとって僕のイメージはKBS「IRIS -アイリス-」だったり、映画「甘い人生」であるだろう。でも、僕と同じ年頃の人々は久しぶりに見る僕の姿が良かったと、その姿を待っていたと言ってくれた。試写会が終わった後、同僚たちや後輩たちも僕のそんな姿が好きだったとか、見たいと思っていたから願いが叶ったと言ってくれた。それで、人々は僕の気軽な姿を見たいと思っていたことが分かった。

―そしたら、これからはシナリオの選択において人々のそんな要求が反映されるのか。

イ・ビョンホン:時によっては反映する必要があると思う。でも、俳優の仕事は自分の感情や感性に頼って選択したり決定したりすることが多い職業であるので、まずは自分の感性を信じる方が正しいと思う。基本的に僕は誰かに何かを求められても、それに合わせようと思うタイプではない。ファンたちの要求を分かっていても、むしろ僕が選ぶ道にファンたちがついてきてほしいと思うタイプである。ただ、今回の反応を見て、「あ、みんなはこう思っているんだ」ということが分かるようになったし、彼らの意見にある程度は耳を傾ける必要があると思うようになった。




「ラブストーリーが思ったより浮き彫りにされて驚いた」

―観客はイ・ビョンホンの気軽な姿を見ることが好きだったのかもしれないが、俳優にとっては一人二役という設定が撮影の時、演じやすい役ではなかったと思う。撮影の順番とは関係なく、ひたすら人物の変化を頭の中で計算していなければならなかったはずだから。

イ・ビョンホン:撮影はストーリーの順番通りに行うことができないが、シナリオを読む時は順番通りに読むので、撮影に入る前に、シーンごとに王の様子がどれぐらい出るのかを考えることができる。そのため、このシーンでは王の表情が少し表れるんだろうとか、ここではほぼ王のように演じてもいいだろうというように基準を作っておいた。その後は、演技をする時、監督が僕をコントロールしてほしいと思った。

―王の様子もそうだが、ラブストーリーの感情まで繊細に調整されていたが。

イ・ビョンホン:最初、制作会社も僕もこの映画でラブストーリーの部分は映画のストーリーを少し豊かにさせる程度にしようと思った。この映画はハソンを中心に、ホ・ギュン、ト・ブジャン、宦官、サウォルなど、色んな人と彼との関係に関する話であり、その関係から映画の面白みが増していくので、王妃もその中の一人という程度で思っていた。でも、撮影が終わった後、広報チームの女性職員たちのみんながラブストーリーの面が強いと、ラブストーリーとしても宣伝できると話していた。撮影が終わった後、思ってもいなかった部分が浮き彫りにされて、僕たちも驚いた。

―実際、「光海」は全体的にラブストーリーの感性が目立つ。要するに、15日間の短い間、ホ・ギュンとト・ブジャンまでハソンに惚れてしまうストーリーだから。

イ・ビョンホン:そう見ることもできる。友情か、愛情かの違いがあるだけで、両方とも情に関する話だから。

―そのため、ハソンがト・ブジャンやホ・ギュンと別れるシーンが特にドラマチックな力を持っている。

イ・ビョンホン:ホ・ギュンとハソンの関係は、シナリオを読む時から一番面白いと思った部分である。2人はトムとジェリーのような愛憎の関係であるが、最後に観客に感動を与える時は数多くの感情が重なり合っているじゃないか。そのため、最後の2人の姿から、映画「愛と青春の旅だち」で黒人の教官とリチャード・ギアが卒業式でお互いに敬礼をする時と同じような感動を出したかった。実は、シナリオでは最後のシーンにホ・ギュンと王妃が一緒に浦に出ることになっていた。でも、もしそのようにしたらラブストーリーは完成されるかもしれないが、ハソンが見つめる人がホ・ギュンではなく王妃になってしまうのが問題だと思った。また、ホ・ギュンとハソンの最後は正殿で話し合うシーンだったが、それで観客に伝えるメッセージをまとめることができるけど、2人の友情がどうなったか、その最後を見せることができなくなると思った。それで、そのシーンに関して監督とたくさん話し合った。ホ・ギュンとハソンはこれまで好きなところから憎たらしいところまで、すべての面で情が湧いているはずなのに、それを見せることができる印象深い何かがあった方がいいと思うと話した。仕事の話ではなく、もう少し個人的な感情を見せた方がいいと。

―そしたら、映画の本当のエンディングは誰のアイデアだったのか。

イ・ビョンホン:監督がホ・ギュンが一人で浦に立っていたらどうかというアイデアを先に出した。そのアイデアにみんなが同意し、そして僕がホ・ギュンが深くお辞儀をしたらどうかという意見を加えた。でも、撮影を行う時、お辞儀は少しやりすぎに思えて、丁寧に挨拶をすることで意見がまとまった。撮影の途中、作り上げた部分もたくさんある。

―ホ・ギュンのそういう態度に共感できる。死んでいくト・ブジャンに戻ってくる時からハソンは王でもなく、その上、道化師でもない人物だったから。

イ・ビョンホン:目上の人という感じとはまったく違うと思った。ト・ブジャンに戻ってきた時も、「なぜそうしたのか」と彼を恨む気持ちである。「僕も生きなければならないけれど、あなたも死んではいけないのに」というありがたい気持ちと恨みが混ざっており、「あなたがどうしてここまでする必要があったの?」という感情である。





「カメラの前に立つ時は、自分の答えが正しくても間違っていても、それに対する確信が必要だ」

―映画の後半のそういう感情を生かすためには、ハソンが「王になりたい」と言うことに説得力を持たなければならなかったと思う。事実上、映画が成功するか、失敗するかを決めるシーンでもあったが。

イ・ビョンホン:その頃のハソンは王の真似をする途中、自分も知らないうちに自分が王だと思っていたのである。ハソンはもともと道化師であり、俳優だったので、自分が演じる人物に非常に没頭してしまったと思う。自分が本当に王になったと意識を変えて、自分の中にある熱いものをすべて吐き出し、してはいけないことまでしながら命令を下し、憲法まで変えるその時点で、ハソンの心には直したいと思うことがたくさんあったのである。国民の立場で、国民のために本気で頭を絞るべき人々が、党派争いや勢力争いばかりやっていることを、実は本物の国民の一人であるハソンが見た。宮という所がこんなにもめちゃくちゃな所なのかと思え、ハソンはどれほど腹立たしかっただろうか。だから、ハソンはそんな怒りをもとに王になりたいと言っただけで、王という位置そのものを望んではいなかった。

―普通、他の映画では王位を狂気で描き出すことが多かったが、ハソンは欲望がない人物だ。

イ・ビョンホン:そうだ。こんなにめちゃくちゃなら、いっそのこと自分が王になりたいということである。映画に熱中した観客たちは、ハソンが本物の王になったらいいなと思ったかもしれない。でも、それはあまりにも非現実的で、歴史を歪曲することになる。それに、結局は現実の限界を見せてくれることで、「光海」がより良い映画になったと思う。ハソンが自分の居場所に戻り、光海がもう一度、王の座に座っているシーンから、どこか希望が感じられる。光海が承政院(スンジョンウォン)日記を通して賤民(センミン:最下層の階級の身分)ハソンが数日間やったことを読みながらカメラを凝視する時、彼から感じられるのは怒りだと思う。でも、その怒りの正体はこの賤民が僕をこんなにも恥ずかしくさせるのかという感情である。そして、光海はきっと何かを悟ったと思う。ハソンが去っていくことで観客たちは夢が壊れたような虚しさを感じるだろうが、それと同時に、今、もう一度戻ってきた光海は昔のその光海とは違うはずという希望も感じると思う。

―そういう微妙な変化の部分を細かく説明しない映画でもあった。そのため、表情だけで光海とハソンを分けて見せなければならなかったが。

イ・ビョンホン:実は、最後に正殿から出るシーンに関して監督と僕の意見が異なった。僕は光海らしく演じてもいいと思ったが、監督は映画的に少しトリックを使いたいと話した。それで、そのシーンを何回も撮ったが、僕はすべて光海のように演じた(笑) そして、監督はその中で一番ハソンらしく撮れたものを使ったと思う。

―解釈の余地がたくさんある映画であるため、主演俳優としてのこだわりが必要だったのか。

イ・ビョンホン:こだわりというより、カメラの前で最終的に表現をしなければならない俳優ならではの確信である。その確信がない時に出る、自信のない演技はきっと観客も感じ取ると思うので、いつも自分に確信を与えようとする。

―「光海」だけでなく、これまで選んできた人物は、ほとんどが内面に数多くの感情を持つ複雑な人物だったが、どうやって自分を確実に信頼することができたのか。

イ・ビョンホン:他の俳優たちも同じだと思うが、この人物がどうしてこんな風に行動して話すのかと、一番基本的なことを考えてみる。もちろん、僕がすべての人物を理解することはできないので、キャラクターと少し違うという感じがする時もある。そして、そういう時は監督や脚本家とたくさん話し合う。最終的に僕が説得されようが、相手を説得しようが、結論を出した後に自信を持ってカメラの前で表現することができるから。もし、意見の対立ばかりしている曖昧な状況なら、演技が上手くできない。間違ったとしても確信が必要なのだ。後から間違ったことを分かったら後悔するかもしれないが、それでも確信もなく曖昧に演技する方が嫌いである。

―もうすぐハリウッドで撮影が始まる。コミュニケーションが韓国ほど気楽ではないと思うが、確信を持つことがもう少し難しくなるのでは。

イ・ビョンホン:実は、非常に難しい(笑) みんなは僕が英語が上手いと思っているが、ただ日常会話ができる程度だ。でも、撮影現場で監督と俳優が交わす会話は、かなり深く抽象的な内容だ。そのため、質問の後に返ってくる返事がどんな意味なのかよく分からない時も非常に多い。そんなもどかしい状況の中で撮影を行うということは、かなり不便だ。だから、何度か質問をした後にまた聞きたいことがあっても聞かなくなったりする。ただ、僕一人で考えて、正しいだろうと思う答えを探していく。でも、とにかく、カメラの前に立つ時は自分の答えが正しくても間違っていても、それに対する確信や所信を持つ必要があると思う。そうじゃないと、本当に生きているような人物を演じることができないから。

―そしたら、本当に生きているイ・ビョンホンは確信を持って生きる人であるのか。

イ・ビョンホン:さあ。僕はそういう面で少し曖昧な方だ。そのため、僕自身の本当の人生は何かが一つ抜けている感じだ。仕事をする時、キャラクターや作品に対してもう少し確信を持ちたいと思い、悩んでいることが多いので、それ以外では僕も休む時間を作る必要がある。それが普段の僕の姿だが、ボーッとしたり、大雑把だったり、昨日したことを覚えていなかったりする(笑)

―デビュー初期の作品で見たイ・ビョンホンに近い姿なのか。

イ・ビョンホン:たぶん、そうだと思う。監督も最初は僕を「光海」にキャスティングしてもいいのかと疑っていたらしい。僕が演技をすべて計算して準備した後に見せるタイプだと思っていたようだ。それで、撮影の後半になってから意外だと、現場で瞬発力を発揮し同じシーンでもテイクごとに違う演技を見せる俳優とは思っていなかったと言われた。でも、これまで作られたイメージと現実の僕はかなり違う。カメラの外まで確信に満ちていたら、人生が息苦しいと思わないか。だから、仕事をしていない時の僕は……抽象的な単語を身体で表現するとしたら(椅子にだらっともたれて)こんな感じだ(笑)





「光海、王になった男」リュ・スンリョン“イ・ビョンホンの前で自惚れ、馬から落ちた”
(抜粋)
俳優のリュ・スンリョン(42)が撮影中に馬から落ちる落馬事故にあった。
映画「光海、王になった男」(監督:チュ・チャンミン、制作:リアライズピクチャーズ)で光海(イ・ビョンホン)の忠直な臣下であり、キングメーカーのホ・ギュンを演じたリュ・スンリョンは、18日に行ったTVレポートとのインタビューで笑えないエピソードとして“落馬事故”を選んだ。
リュ・スンリョンは「映画の中で馬に乗るシーンがあった。僕は『神弓 KAMIYUMI』(監督:キム・ハンミン)で馬の乗り方を学び、上手に乗れると自信を持っていた」と話した。
彼は「イ・ビョンホンとキム・イングォンが馬に乗ることをとても怖がっていた。なんだか自信が持てた。彼たちの前でカッコいいポーズで馬に乗って“全然怖くない”と思い上がっていた」と付け加えた。
続いて「問題は、撮影が始まった後だった。馬とひとつになって走っていけると思ったけれど、馬と呼吸が合わなくて馬から落ちる事故が起きた。イ・ビョンホンとキム・イングォンは落ちずに上手に乗っていた。あいにく落ちたところが排水溝のあるセメントの道だった。本当に痛かったが、顔に出すことができなかった」と告白した。
彼は「落馬事故で再び学んだ。人間は傲慢になってはいけない、いつも謙遜しなければならないということだ。幸い、大きなケガはしなかったが、腰が痛くて治療を受けている。いまだに痛いと言えなかった。あの時を思い出すと、今も恥ずかしい」と、苦笑いした。







カバーストーリー ネイバー映画はMoreへ





More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-25 12:35 | 史劇 「光海:王になった男」
あんにょ~ん

きっと米国大陸で元気でいると思う!

で・・・インタビュー!
9月19日

イ·ビョンホン "挑戦?マンネリズムに陥らないようにするだけ "(インタビュー)

いつからイ·ビョンホンは重く真摯なイメージがあった。過去数年の間繰り返し担ってきた要員キャラクター、そして韓流スターを越えてワールドスターに生まれ変わっているの歩みからだった。しかし、彼は戦略的にキャラクターを考えたり、演技する俳優ではなかった。自らも"このような状況が困惑する"という彼はただ俳優という職業に忠実に演技をしてきただけだ。おなじみの演技に抜けないこと。これが俳優イ·ビョンホンが20年以上確かな道を歩くことができる秘訣だった。#親しみやすいキャラクターで帰ってきた"光害、王になった男"ここ数年の間にイ·ビョンホンは、主に要員キャラクターで観客と視聴者に会った。"良い奴、悪い奴、変な奴"を皮切りに、ドラマ"アイリス"、ハリウッド映画"G.I.ジョー:戦争の序幕"は、センセーションを巻き起こした"悪魔を見た'まで彼はこの世のすべての悩みを自分で背負うようなキャラクターに重みをおろした。"光害、王になった男"(以下"鉱害")(監督秋チャンミン、製作リアライズピクチャーズ、CJエンターテイメント)が意外だったのは、彼の演技人生20年ぶりに選択した初めての史劇という点だった。ここで王と賎民という1人2役演技も期待感を持つようにした。しかし、時代劇と1人2役挑戦はイ·ビョンホンが"光害"を選択するに当たり、大きな悩みの種ではなかった。"ジャンルとキャラクターに関係なく、作品が与える楽しさと完成度"が常に作品を選択する基準であるためだった。むしろ最大の悩みはまさにコミカルな演技。悲壮な雰囲気でマーケティングがされたがベールを脱いだ映画は、既存のイメージを密かにとかしていくイ·ビョンホンのコミカルな演技が最も印象的だった。"コミカルな作品という点が良かったです。しかし、ややもすると一次元的なコメディーになることができるか心配になったん。スルレプスチクやおならクウィゴくそヌヌン非常に原始的なコメディーをどのように洗練されたタッチで入れることができるか悩んでした。 "イ·ビョンホンは"光害"で、既存のカリスマあふれる演技よりコミカルな演技でより一層人間的な魅力を発散した。多彩な色と華やかなミジャンセンに包装されたオープニングシーケンスの神経質な鉱害よりもホ·ギュンに連行頭を相次いでぶつかってメファトゥル(王が使ってい便器)の上で"軽ドリル"用事を見る下船大きな新鮮さと親近感で迫ってきた。

本来イ·ビョンホンに下船はむしろありのままの自分を見せてくれれば良い快適な演技だった。"長い間一緒に働いたスタッフたちは下船より光害がより魅力的だと言うんですよ。下船はいつも見る姿と特別なことがないですね(笑)。 "重要なのは、下船王の役割をする15日間示す変化を自然に消化し ​​て出すことだった。下船は両班たちからお金を受け取るためにわいせつな話もはばからないながらも心の片隅には、涙を流すことが分かる暖かい心を持っている人物。そんな下船"誰も信じられない"宮の中で、自分も知らないうちに王とも同じ威厳と決意を明らかに過程は多くの部分をイ·ビョンホンの幅広い演技力に頼っていた。映画を見た後少しの間で人間的な指導者に会った安堵感と癒しを得ることができるのは、イ·ビョンホンが創り出した下船の魅力であった。"を持てば一つを与えなければする"冷厳な政治の世界の中で何とかやろうとだけする下船はまるで理想的な人物のように見えるのも事実。しかし、人々は基本的にチャクハダゴ考えているイ·ビョンホンは"下船の姿もすぐに私たちの姿"だと思っていた。そのような面で"光害"は史劇だが、一種のファンタジーでもあった。"15日間下船偽王の役割をする姿はどのように見れば、理想的なリーダーの姿でもあります。しかし、私たちの映画は、結果的にそのような人間でばかりした地図がが理想的ではないと言う映画だと思います。一国の指導者が私的な感情のみチオチョソ決定をしてはならないのだから。 "普段政治には多くの関心はなかったイ·ビョンホンだが、今回の作品では、ささやかでは政治について悟ったことがあった。それは"リーダーは時によって大のために小を果敢に犠牲にすることができるデボムハムと冷徹さも身につけるべきだ"という事実だった。"もちろん、映画を撮影している間下船のような王があればどんなにいいかと思ったし、そんな気持ちで演技しました。しかし、映画を見たら、現実はそうではないということを知ることができるでしょんですよ。 "

#ハリウッド進出は"困惑" ...慣れ演技はしたく

"光害"で久しぶりに韓国の観客たちとの出会いを待っていたイ·ビョンホンはしかし封切り日より前にカナダのバンクーバーで去らなければならいた。まさにハリウッド映画"レッド2"の撮影に合流するためだった。退職した要員たちの話を描いた"レッド"の続編"レッド2"は"GIジョー"シリーズに続くイ·ビョンホンのハリウッド出演作。"GIジョー2"で呼吸を合わせたブルース·ウィリスはもちろん、ジョン·マルコヴィッチ、ヘレン·ミレンなど名優たちと肩を並べる作業であるだけにイ·ビョンホンは"直接会って演技すると思うと、とても緊張する"と不安とときめきを同時に表わした。ここ数年の間にイ·ビョンホンの歩みは、まるでじわじわ準備してきた計画のように見えた。韓流俳優としての名声を築いてきた彼は、ジョシュ·ハートネット、木村拓哉が一緒にしたグローバルプロジェクト'私は雨と共に行く"に続き、ハリウッドブロックバスター" G.I.ジョー"シリーズに出演して世界的な俳優としての地位を固めた。韓流スターはどの新しいワールドスターに進んでいた。しかし、このすべてのことは、計画どおりの結果ではなかった。イ·ビョンホン自らもこのすべてが"困惑する"だけだった。"私は韓流スターやハリウッド進出を計画したのも夢を見もない。ほんの数年前までハリウッドは現実性のない話とされたでしょう。ところが急にこんなことが起きたのです。人々は私が計画してそうなったと思うんだけど、私はただ困惑している。むしろ私の努力よりもこうして作られた状況の力がより大きくすごいと思います。 " 演技挑戦にも特別な思いを持ってはいなかった。"挑戦を楽しむには勇敢でなければして覇気があふれなければならないでしょう。しかし、私はそのようなことではないです。ただし、常に考えているのはマンネリズムに陥らないようにすることです。慣れたこと濡れたくないのです。 "シナリオを見てもイ·ビョンホンは似たようなキャラクター、おなじみの演技より何とかそのキャラクターに合った新しい演技をしようと努力した。"良い奴、悪い奴、変な奴"のような娯楽性を前面に出した映画から"悪魔は見た"のような極限の話、ドラマ"アイリス"のように普及したドラマまで多彩な作品と人物を消化することができたのは、演技に対する確固とした考えがあるので可能だった。毎作品ごとにそのキャラクターに合う演技をしようとする努力が20年を超えるイ·ビョンホンの演技生活をがっちり支えていた。

もちろんファンの立場では、活動領域がますます広がっているイ·ビョンホンのイメージが少し遠く感じられることもある。しかし、彼は今まで従来どおりの演技を介して自分自身を見せてあげたい気持ちが大きい。"その中に"光害"のような作品を作り続けてきたと私のイメージがそう遠く感じられなかったんです。90年代には、ドラマ"ハッピートゥゲザー"のように愉快な姿を見せてくれたのだから、私に密接に感じられたものでしたでしょう。キャラクターが与える距離感が確かにあると思います。どんな歌手たちの音楽活動のみを行うように各自のスタイルではないかと思います。 " スターという修飾語のため距離感が感じられたイ·ビョンホンは完璧に見える画像の中から人間すき間を発見することができる、身近な俳優だった。夢についての質問に、 "昔からの夢のようなことを考えてみたことがない。昔はそんなことのために自激之心もたくさん感じた"と答えたとき少しの間、彼の隠された人間的な姿を発見することができました。彼はスター以前に演技を本気で好きな人の俳優だった。


イ·ビョンホン"演技本座と?昔の作品と恥ずかしい"(インタビュー)
イ·ビョンホンが演技本座という言葉にきまり悪さを隠すことができなかった。大衆に'演技上手な俳優は誰? "という質問を投げかけた時イ·ビョンホンはしばしば言及される人物だ。ネチズンが指折り数える演技本座の一人としてデビュー序盤演技力を指摘受けたりしたが、彼 ​​は今、誰が何と言おうと、大韓民国を代表する俳優だ。"演技本座"言葉を聞くやいなや照れくさそうに頭をすっぽり下げた。

"過去の演劇をする時もそうだったが、映画を見ると、いつも物足りなさが残ります。演技が上手な部分も見えますが、"なぜあのようにしたの.. "と後悔もするんですよ。それは今も同じですよ。正直"演技を結構するんだな'感じる時もあるが家で、数年前の映画DVDを取り出したり、秋夕特集でくれる私の映画を見れば顔が熱くなる。私も詳しい理由は分からないがただ人見知り熱いですね(笑)私の演技に未熟さが見えてそう思います。した作品な作品を撮りながら"私よくあるんだ"それだけ感じます。 " 自分の演技に100%満足している学習だろうがイ·ビョンホンは現在劇場で上映されている"光害、王になった男"が最も自信のある演技とした。この次の作品の中演技が良くなるだろうという話も忘れなかった。韓国と米国を行き来しながら映画を撮影してそれさえも韓国に留まる時間はあれこれ押されたスケジュールを消化するのに忙しい。またイ·ビョンホンを見るためにあちこち呼ぶところも多い。とても忙しいせいか、むしろ余暇時間には、ただぼんやりとあるんだ。"ぼんやりしているときに他の人々は聞くいいと思索と言ってくれるけど、本当に何も考えずぼんやりと座っています。一見とても活動的で外向的であると思いますが、スノーボード、水上スキーそんな趣味はありません。もちろん、外向的な面もあるがぼんやりしていて、すべてのスケジュール悩みや心配を下ろしたんですよ。一番楽にできることが映画を見るのにそれがすべてだ。 " 余暇時間を利用して公開恋人イ·ミンジョンに会いたいの率直な心情だが、韓国の忙しいスケジュールはそれさえも許さなかった。イ·ビョンホンは去る8月19日、公式ホームページに自筆手紙にイ·ミンジョンとの熱愛説を認めたイ·ミンジョンもホームページを通じてイ·ビョンホンに対する愛情を表わした。大韓民国にもう一つのトップスターカップルが誕生した。"熱愛事実を発表する日が大変でした。"それでも公開するから涼しくでしょう? " 聞くのそのような部分もあるが、公開をしない時も大変で公開をしても難しい部分があります。熱愛事実を公開したのは、様々な理由があるが、すべてを申し上げるのは無理がある。最も決定的な理由は、心が不快だったからです。継続嘘をつくのも嫌だったんですよ。 " 熱愛関連の質問に軽く恥ずかしくしたらイ·ミンジョンに向けた愛"イ·ミンジョン弁当内助"という検索語まで誕生させたお弁当メニューもすらすらと打ち明けた。12歳の帯同い年の年の差が私はイ·ミンジョンとの結婚説についても言及した。"顔も当然きれいだが一応言葉でね。男と女戦士でも男と男社もその関係が長く維持するために最も大きな影響を及ぼすことは会話だと思います。話をしたときによく通じる人は珍しいず言葉が通じない場合は、ダイアログ自体がなくなるでしょう。民政これとは話ができますよ。弁当メニューは、マグロのサンドイッチとサーモンだったが、私はこれから民政がにたくさん返済でしょう。 " "年末まで映画撮影のため海外にいます。そして結婚の話はすでに公開した息長く何があるのよ。何か具体的に決まったらその時直接お話しますね。男女が出会う過程にはいくつかの段階があるが、周囲の人々がすでにいくつかの手順を超えたと思います。本当に関係がさらに発展されたときに最初にお知らせしますから生半可な推測はしないくれればいいですね。


9月18日
理想の女性に出会ってよかったね~♪ってことで、、、

kstyleさんの日本語で読めますよ!
イ・ビョンホン「イ・ミンジョンは僕の理想のタイプに近い。好きになったのも当然」

イ・ビョンホン「イ・ミンジョンさんは理想のタイプ」
俳優イ・ビョンホンがインタビューでイ・ミンジョンとの交際について語った。
18日、ファッションマガジン「InStyle」ではイ・ビョンホンのグラビアを公開した。グラビアでは興行成績ランキングで現在1位に立っている主演映画『光海(クァンヘ)、王になった男』のカリスマ性あふれる姿をそのままを再現し、見る人を引きつける。
グラビア撮影と同時に行われたインタビューでは、交際している女優イ・ミンジョンについて「聡明(そうめい)な女性。何よりも話がよく通じるし、一生楽しく語り合える気がします。イ・ミンジョンさんは僕が考えている理想のタイプに近い人。だから好きだという思いが自然と生まれました」と語った。
イ・ビョンホンのほかの写真やインタビュー内容は「InStyle」10月号別冊「InStyle釜山国際映画祭特別版」に掲載。

百度さんより画像
インスタイル10月別冊 - 釜山国際映画祭スペシャルエディション表紙イ·ビョンホン


10.asiaeの記事です
PEOPLE > NO.1 2012.09.18 イ·ビョンホン "私が選択することをファンがついてきてくれれば良いだろう"

イ·ビョンホン│イ·ビョンホン、メロがされた男



SBS「良い朝」のインタビュー記事です。
そういえば、ジュエリーのデザインも興味あるってサマンサの時言ってたような気がする・・・?

イ・ビョンホンの学生時代を担任教師が明かす「将来の夢は衣装デザイナーだった」
俳優イ・ビョンホンの学生時代が明らかになった。

韓国で18日午前に放送されたSBS「良い朝」で、俳優イ・ビョンホンの過去と現在の姿が公開された

この日の放送でイ・ビョンホンの高3時代の担任教師は、「イ・ビョンホンは、高校時代の将来の夢が衣装デザイナーだった」と明かした。

また、イ・ビョンホンの高校時代の友達であるイ・チュンソプさんも、「高校時代のイ・ビョンホンは、特に俳優を夢見て演劇部に入ったりはしなかった。でも、もともと積極的なタイプだったし、ある日俳優になったと聞いてちょっと驚いたけど、きっと上手くできるだろうなと思った」と語った。
イ・ビョンホンは以前公の場で、「母親の友達がテレビ局の願書を持ってきてくれた。入隊願書を出して、軍隊へ行こうと待っていた時だった」と語り、偶然なきっかけで俳優になったことを打ち明けたことがある。

イ・ビョンホンは1991年、KBS公式採用タレント試験に合格して俳優の道を歩むことになった。








9月17日
なんとなく、韓国版で読んだ記事も多数掲載してますが、きちんとした日本語で出てきたので紹介しますね!

インタビュー:新作映画で1人2役演じたイ・ビョンホン
「口汚い大道芸人も便器でしゃがむ王もイ・ビョンホンだ」
狂気の王とわい談する大道芸人の役

イ・ビョンホン(42)は少年と男の境界線に立っている俳優だ。体と頭の中はすっかり大人の男だが、その瞳だけはいつも子どものように揺れている。映画『悪魔を見た』(2010年)のように強く冷たい男の役でも、『我が心のオルガン』(1999年)のように恋に夢中の純粋な青年の役でも、いつもそうだった。そんなイ・ビョンホンがチュ・チャンミン監督の『光海(クァンヘ)、王になった男』(19日公開)で鋭く狂気に満ちた朝鮮の王「光海」と、純朴で正義感あふれる大道芸人「ハソン」の1人2役を演じることになったのは、ある意味自然なことなのかもしれない。

ソウル市竜山区のカフェで先日、イ・ビョンホンにインタビューした。今月中にブルース・ウィリス、ヘレン・ミレンらが出演する『RED 2』撮影のため韓国を離れる。イ・ビョンホンは「映画館に行ったら、自分が出ている映画とそれを見るお客さんを見るのがとても楽しみだったが、今回はそれができなくて残念。以前は自分が出ている映画を30回くらい見たこともある」と語った。

-わい談をする大道芸人の役というのは意外だ。特に「梅花器(朝鮮王朝時代の王の便器)」にしゃがむシーンは「イ・ビョンホン」だけに余計に面白い。

「意外だと思われることが意外です。俳優以外に歌手や司会などのほかの活動をしていれば、いろいろな面をお見せできますが、僕はそれを演技だけできちんとお見せしなければならない。演技をするときは、特定の姿だけを見せるようなことはしたくありません」

-この作品を選んだ理由は?

「小説の読者の気持ちになって台本を読みます。自分が演じる役を気にしながら読んでいたらきちんと読めません。『光海』は面白かった。『自分が一国のリーダーになったらどうなるだろう』とか『今、自分が置かれている環境は嫌だ。この国のリーダーになって変えたい』と誰しも一度は思ったことがあるのでは? 映画に自分を当てはめて痛快感や満足感を得るようになります。そして『梅花器』のシーン、あれがあるからこの映画を選んだのもあります」

-映画『G.I.ジョー』でハリウッド映画デビューを果たしたが。

「最初は台本を3ページ読むのに1時間かかりました。辞書を引きながら読んでも、意味が分からないせりふや部分が多かったです。そのときは原作が漫画だということを知らなかったため『こんな漫画みたいなストーリーで、覆面をかぶって二刀流で飛び回る役なんて』と考え、断ろうと思っていました」

-それでも演じたのはなぜ? ハリウッドでずっとアクションの演技をしていたが…。

「ハリウッドで知名度が全然ないのに『この役をやりたい』と言ったら、それは正気の沙汰ではありません。しかも僕は全くの新人。今は自分で作品を選べるほどの自力が付くまで、知名度を高めるための戦略的な選択をすべきです」

-ハリウッド進出のためさまざまな努力をしていたようだが。

「皆さん、そう思っているようですが、計画したこともないし、ハリウッド進出にも受け身でした。『地上満歌』(97年)を撮ったときは、こんなことがあろうとは想像もしていませんでした(イ・ビョンホンはこの映画でハリウッド進出を夢見る無名の俳優を演じた)。運がいいのでしょう」

-小憎らしい優等生が言いそうな言葉だ。

「本当です。僕は作品のたびに20キロも減量して演じるようなことはできません。もちろん努力はしますが、ほかの俳優たちもみんな一生懸命にやっているのだから、取り立てて話すほどではないし」

-本紙が昨年行った専門家アンケートでは「恋愛物の第一人者」と評価された。

「本当にうれしい言葉です。恋愛物の演技こそ、繊細な表情や言葉では説明できない感情を観客に伝えなければならないから。せりふを言わなくても思っていること、感じていることをお客さんが受け止めてくださるというのがいい」

-映画以外ではあまり表に出ない方では?

「俳優を始めたころ、先輩方に保守な姿勢を教わりました。先輩方は『俳優は普通の人としての面をたくさん見せてはいけない』と言っていました。観客が映画を見るとき、『人間イ・ビョンホン』から映画の役に入り込むまでの時間が短くなければならないから」

-最近は恋の話(女優イ・ミンジョンとの交際)が大きな話題を呼んでいる。刺激的な記事やインターネット上の書き込みも多い。

「自分自身と、周りの人たちが知っているイ・ビョンホンと、『俳優イ・ビョンホン』の距離はかなりあると思います。自分でも、自分の記事やその下に書き込まれたコメントを読むと、自分ではない『誰か』を思い描きます。台本を読みながら役を頭に描いていくときのように。ふとそれが自分のことだと思うと…(ため息)。あまり気にせずに暮らしてきたのですが…」

-それは今は気になるということ?

(しばらくの間、考え込んで)「人間ですから気にならないということはありません」



kstyleさんの日本語で読めますよ!
イ・ビョンホンの探求生活……彼は“梅雨の男”



続きはMoreへ



More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-19 08:05 | 史劇 「光海:王になった男」
あんにょん!

9月19日

[光海、王になった男]公開記念初公開する光海ビハインドストーリー1弾!



[光海、王になった男]公開記念初公開する鉱害ビハインドストーリー2弾!



9月12日
((゜▽゜))あれれ~?↓ ノーティカに変わってますね?!



本編じゃなくてCMね!
2012.09.10 ChCGV Campaign feat. Lee Byung Hun & Gwanghae


TimelessLBHさん いつもありがとうございます!


同様の動画

블록버스터TV 채널CGV 광고 - 이병헌의 새로운 모습

채널CGV 이병헌 ID - [광해] 영화의 한류를 이끌다!






9月9日
さて、10日17日と、ビョンホンが放送を通じて自分の映画人生ビハインドストーリーを公開するそうです!提供はチャンネルCGVです!
"王になった男"イ·ビョンホンが明らかにした映画人生最高の瞬間は?

来る13日封切りを控えている話題作 "光海、王になった男"の主人公イ·ビョンホン(42)が、自分の映画人生を直接言う。

ケーブルチャンネル、チャンネルCGVは映画 "光海、王になった男"のビハインドストーリーと主演を引き受けた映画俳優イ·ビョンホンの率直な話を盛り込んだ2部作スペシャルプログラム "ムービーフリック:光海、王になった男スペシャル"を来る10日と17日の夜9時50分、2週にわたり放送する。
"ムービーフリック"は、封切り映画に合わせて監督や俳優を招いて、映画の専門家と一緒に深い話を交わすスペシャルプログラムで、今回の "ムービーフリック:光海、王になった男スペシャル"編では、コラムニストキム·テフンと俳優イ·ビョンホンが出演して様々なトークを繰り広げる予定だ。


10日放送される1部では、イ·ビョンホンの初めての映画挑戦記とハリウッド俳優になるまでの紆余曲折のストーリー、 "光害、王になった男"渉外を受けてためらっていた逸話を打ち明ける。だけでなく、映画 "GIジョー"でハリウッドの距離にアジア俳優最初のハンドプリンティングをした所感とイ·ビョンホンの映画人生をパク·​​チュンフンが "ホンスファンの4戦5期"と呼んだ理由が公開される。
またイ·ビョンホンは "映画人生で忘れられない最高の瞬間"で "スクリーンデビュー作である"誰が私を及ぼすのか! " 製作発表会で初めて自分を映画俳優と紹介した瞬間 "と明らかにして人目を引く予定だ。

17日放送された "ムービーフリック:光海、王になった男スペシャル"第2部では、デビュー以来初の史劇挑戦であり、1人2役を消化して破格的な演技変身に挑戦したイ·ビョンホンが言う "光害、王になった男"の撮影ビハインドストーリーが公開される。同僚俳優リュ·スンニョンの反転エピソードと知られていない映画裏話が面白みを増す予定だ。
"光海、王になった男"は、権力争いと党争に混乱が極まった朝鮮光海君8年、毒の危機に置かれた王光海の代わりに王の役をすることになっ賎民下船が王の役割を​​代わりにして繰り広げられる物語を描いた映画だ。イ·ビョンホンリュ·スンニョンハン·ヒョジュキム·イングォンなどが出演し、来る13日封切りする

[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-19 07:57 | 史劇 「光海:王になった男」



9月7日は史劇「光海:王になった男」VIP試写会でした!

全編見られるようになりましたよ!
1時間12分ぐらい進めてから見るとちょうど良いよ!で、ビョンビョンは1時間20分ちょい前から~♪
公式ユーチューブチャンネルでお楽しみください

------------------------------------------------------
9月13日

公式ブログにレッドカーペットの動画が出てきてますよ~♪
<광해, 왕이 된 남자> 프리미어 레드카펫 영상
blog.naver




9月8日

とりこぼしたニュースや画像、関連記事いきます!

VIP試写会の後にまたまた楽しく飲んだようですね~♪
一瞬誰?って感じ^^; 前髪とメガネでこんなにも変わるのね・・・
Song Seung Heon (송승헌) 병헌형,이재한감독님과"광해"시사회서!^^




百度さんより

最新のビデオ]光海のVIPレッドカーペットショーのために "2012年9月8日"イビョンホン

[写真]光海のVIPレッドカーペットショーのために "2012年9月7日"イ·ビョンホンの新しいライブ. "光の海"とイ·ビョンホン

最新のニュース "2012年9月7日"トップスター、イ·ビョンホン、 "光海" VIPのストーリー

innolifeさんより
授賞式よりも多いスター総出動『光海、王になった男』レッドカーペット
7日午後ソウル汝矣島IFCモールでイ・ビョンホン、ハン・ヒョジュ、リュ・スンリョン主演の映画『光海、王になった男』レッドカーペット行事が行われた。
この日のレッドカーペット行事には映画『光海、王になった男』の主演俳優イ・ビョンホンが登場して始まった。イ・ビョンホンは車から降りてファン達に近寄ってサインをして、ファン達からたくさん花束を受け取ってファンと共に過ごした。彼の後に続いて共に熱演したリュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォンが登場してファン達の歓喜の声に応えた。
そして今回の映画のヒットを願って招待されたVIPスター達が続々と登場した。授賞式を思わせる2時間余りの行事が行われたが、チョン・ウソン、ソン・スンホン、コス、チソン、イ・ドンウク、パク・ハソン、イ・ハニ、リュ・スンス、オ・グァンロク、A-PINK、ソン・イニョン、チョ・ジョンソク、神話、ハ・ジョンウ、イ・ジョンヒョン、カン・へジョン、ユ・スンホ、ペ・スビン、パク・ソンウン、ナム・ジヒョン、パク・ジビン、アン・ソンギ、キム・ユジョンなど多くのスターが集まって、封切りを目の前にした映画『光海、王になった男』を応援した。

innolife.tv
レッドカーペットで王の姿を見せたイ・ビョンホン「『光海』の大ヒットお願いします」
7日午後、ソウル汝矣島IFCモールで映画『光海、王になった男』レッドカーペット行事が行われました。映画『光海』の主演俳優のイ・ビョンホン、ハン・ヒョジュ、リュ・スンリョン、キム・イングォン、チャン・グァンが参加して、現場に集まったファンと挨拶をしました。9月13日に公開される『光海』の熱情的なレッドカーペット。

朝鮮日報
【フォト】映画『光海』VIP試写会にスター大集合
7日午後、ソウル・汝矣島のIFCモールで映画『光海(クァンヘ)、王になった男』(チュ・チャンミン監督)のザ・スター・プレミア・レッドカーペットイベントとVIP試写会が行われた。
レッドカーペットイベントは室内外で大規模に行われ、イ・ビョンホン、ハン・ヒョジュ、リュ・スンリョンら出演者やトップスターたちが勢ぞろいし、会場をヒートアップさせた。
また、VIP試写会にはチャン・ドンゴン&コ・ソヨン夫妻、チソン、ソン・スンホン、ハ・ジョンウ、チョン・ウソン、パク・シフ、パク・ハソン、イ・ドンウク、SHINHWAイ・ミヌ&キム・ドンワン&チョンジン、キム・スミ、キム・ボムス、アン・ソンギ、パク・チビン、リュ・ヒョンギョン、キム・ユジョン、ペ・スビン、イ・ハヌィ、コ・チャンソク、リュ・スンス、ユン・ドヒョン、ユ・スンホ、A pink、ホ・ガク、ナム・ジヒョン、シン・ジス、パク・ソンウン、パク・ヒョジュ、オ・インヘ、チョ・ジョンソクらが姿を見せ、まるで映画祭や音楽祭の授賞式のような華やかさだった。





9月7日

プラネットさんより

"光海、王になった男"ザ·スター·プレミアレッドカーペット生中継


見ましたか~?

私は家事をしなが見てましたが、たまたま私が見た時は顔と名前が一致する人がいなかった^^;それに音楽がちとウルサイなぁ~って感じてたら、ダンナにも「ウルサイなぁ!」って言われちゃいました。(私が思うのは良いけど゜▽゜;ダンナには言われるたくないって、少しムッとしちゃいました!)
それに、レッドカーペットなんか見ちゃうと、何かの映画祭と錯覚しちゃいますね^~^

すごい気合いを感じました!

ぜひ大ヒットして欲しいですね!!!



画像

百度さんより
「光海」イ·ビョンホンのVIPレッドカーペットショーライブ

え~こんなに俳優さん達が来てくれてるのね!嬉しいわ!


どんな評価かな?




9月6日

[光海ツイッター] 9月7日午前18時、VIP試写会のレッドカーペット生中継ユーチューブで会ってみてください! 

「光海、王になった男」ザ·スター·プレミアレッドカーペット行事に参加できない方々のためのよいニュース!
鉱害の素敵な俳優たちとVIPスターたちがユーチューブを通じて生中継されます!




イ・ミンジョン、恋人イ・ビョンホンの映画「光海」のレッドカーペットイベント“不参加”

女優のイ・ミンジョンが、恋人のイ・ビョンホンの映画「光海、王になった男」(以下「光海」)のレッドカーペットイベントには参加しないことが明らかになった。
「光海」は7日午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島(ヨイド)にあるIFCモールとCGV汝矣島店で、主演俳優とVIPスターたちが出席するレッドカーペットを開催する。
この日のイベントは、熱愛事実を認めたイ・ビョンホンのレッドカーペットイベントということで、イ・ミンジョンの参加可否について注目を集めた。
イ・ビョンホン側の関係者は「(イ・ミンジョンを)招待はしたが、CMの撮影があるらしい。映画が公開したら見ると言っていた。映画に期待している」と明かした。
映画関係者も「イ・ミンジョンさんはレッドカーペットに参加しない。メディア向け試写会(3日)の夜、知人向けに試写会があった。イ・ビョンホンさんが、その日よりは7日に来れるのであれば来ないかと聞いたところ、イ・ミンジョンさんが他のスケジュールがあって参加が難しいと答えたという」と伝えた。
イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは先月19日熱愛事実を公式に認めた。イ・ミンジョンが自身のオフィシャルホームページに熱愛は事実であることを認める長文のコメントを掲載し、イ・ビョンホンもオフィシャルホームページに自筆の手紙を公開しながら二人が恋人の関係であることを明かした。
「光海」は朝鮮時代光海8年、毒殺危機に陥った王の代わりに偽王の役をすることになった賤民(センミン:最下層の階級の身分)のハソンが、王の代役になることから繰り広げられるストーリーを描いた映画である。イ・ビョンホンが王と賤民に扮し、一人二役を演じた。





[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-13 16:47 | 史劇 「光海:王になった男」

あんにょ~ん!

光海サイト
光害、王になった男

光海公式ツイッター
twitter
a0073915_2285613.jpg


--------------------------------------------------------
9月12日
小説「光海」販促のCMです!
ビョンホン自ら・・・お疲れ様です^^

動画
小説 "光害、王になった男"イ·ビョンホンインタビュー+映画の予告編

ネタバレ5分
映画の予告編 光海 ノーカット最初の5分のビデオ




9月9日

超ネタバレユーチューブです!
接続ムービーワールド カウントダウン光海、王になった男




9月8日
公開初日の変更は、ビョンホンがカナダモントリオール出発する日が10日だから恒例の舞台挨拶もできないし・・・だったら、いっそのこと評判に後押しされたかっこうで封切り日を前倒ししても大丈夫だろうって判断のようですね!

プラネットさんより
イ·ビョンホン、初めての史劇 "光害"公開初日の変更、爆発反応に一週間引き9月13日に確定
イ·ビョンホン、初めての史劇 "光害"公開初日の変更、爆発反応に一週間引き9月13日に確定

"光海"が封切り日を変更した。
イ·ビョンホンの初めての史劇作品映画"光海、王になった男"(監督追加チャンミン)が当初20日から一週間引き9月13日封切りを確定した。9月3日マスコミ試写会直後の楽しさと笑い、濃い感動を同時にプレゼントするメイド作品という評価を受けて好評があふれた。以後進行された各種試写会で映画の評価を接した観客たちは、 "映画を早く会いたい"という反応を伝えて前例のない熱いゲームの申し込みがされている。予備観客たちは、リアルタイムSNSに"鉱害て開封してください" "光海周辺でも完全面白いと大騒ぎとツイッター感想見ると、これ以上待つことができないようだ"" 9月19日が来る前に見ることができる方法は試写会当選しかないですか? " "光害試写会使い果たしてしまった。そのような運のない人のために早めに開封してくださればならないでしょう?" などの反応を現わした。68人が参加したポータルサイトの評価でも9.81点を記録して高い評価を維持している。映画の配給会社CJエンターテイメント側は9月7日"主演イ·ビョンホンがハリウッド映画"レッド2 "の撮影のため、10日、海外に出国しなければなら状況である。事実上の主演俳優ず広報マーケティングに乗り出すするスケジュールである点を考慮して、スペースを最小限に抑えながら、市場の反応に報いるために9月13日封切り日を最終確定した"と明らかにした。朝鮮時代最もドラマチックな君主であり、悲運の王光海を照明したファクション史劇'光海、王になった男"は、朝鮮光海君8年、毒危機に置かれた光海の代わりに偽の王の役割をすることにした賎民ハソンが王の帯域を引き受けるようになって広がる話で歴史から消えた15日間の隠された事件を描く。


innolifeさんより
イ・ビョンホン『光海(クァンヘ)~王になった男』開封日操り上げた理由は?
映画『光海(クァンヘ)~王になった男』(監督チュ・チャンミン)が開封日を1週間繰り上げた。

投資・配給会社CJエンターテインメント関係者は「公開日は13日と20日のうちいつがより良いか悩んできた。当初秋夕(チュソク)連休に合わせて20日に封切りしようとしたが、広報マーケティング日程上、13日に変更するのがより良いという判断を下した」と明らかにした。主演のイ・ビョンホンは、ハリウッド映画『RED2』(監督ディーン ペリソトゥ)の撮影のため、10日からカナダのモントリオールに行く。ハン・ヒョジュ(25)、リュ・スンニョン(42)も他の映画を撮影中だ。
「主演俳優不在の中、マーケティング、広報活動に10日ほど空白が発生する。これを甘受するより封切りを早めるほうがいいと判断した」と説明した。




9月5日
innolifeさんより
光海、王になった男(광해, 왕이 된 남자)
歴史に記録されなかったもう1人の光海

王位を巡る権力争いと党派争いにより混乱に陥った朝鮮光海君8年。自身の命を狙う者に対する怒りと恐れで次第に暴君になった光海は都承旨(トスンジ)のホ・ギュンに自分の身代わりとして影武者を立てることを命じる。ホ・ギュンは飲み屋で酔客たちを相手に漫談を披露し人気者であったハソンを見つける。王と瓜二つの容貌はもちろん、生まれ持った才能と巧みな話術で王の真似を完璧にこなすハソン。わけもわからないまま宮中に連れてこられたハソンは王の代役として不安な一晩を過ごすことになる。

王になってはいけない男、朝鮮の王になる!

ある日、光海が突然倒れるという事件が発生し、ホ・ギュンは光海が治療を受ける間に王の代役を務めるようハソンに命じる。一介の漫談屋から一晩にして朝鮮の王になった賤民ハソン。ホ・ギュンの指示のもと、口調や歩き方、国政まで注意しなければならない危険な宮中生活が始まる。

一方、これまでの気難しく乱暴だった光海とは違う人間味のある王の姿に宮廷がざわつき、次第に自身の言葉で語り始めるハソンにホ・ギュンは慌てるが…




9月4日
昨日はやっぱりイ・ミンジョン嬢のことを語ってますのね・・・゜▽゜;
(ちょっとだけにして欲しいですけど^^;どうなの?)
で、「嬉しそうに」自慢ですって!アッそう!ってかんじ!(笑)
夕方になったらかなりの数「おのろけ記事」が出て来てます。
紹介しようか、どうしようか?(笑)



イ・ビョンホン「イ・ミンジョンが、撮影現場に弁当を持ってきた」
俳優イ・ビョンホンに向けた、イ・ミンジョンの差し入れ弁当がファンを羨ましがらせた。
イ・ビョンホンは、3日にソウル鍾路(チョンノ)で開かれた映画「光海、王になった男」のマスコミ向けイベントに参加し、これまで話さなかったイ・ミンジョンとのエピソードを嬉しそうに話した。
彼はこの日、「(イ)ミンジョンが最近、撮影現場に私とスタッフのために直接作った弁当を持ってきた。皆がおいしいと言うほど、料理が上手だった」と話した。
イ・ビョンホンはさらにイ・ミンジョンについて「話がよく通じる女性」と自慢した。
映画「光海、王になった男」は、イ・ビョンホン初の時代劇であり、一人二役の挑戦作でもある。光海君に似ている賤民(センミン:最下層の階級の身分)のハソンが、王の代役になって繰り広げられる物語を描いた。19日に韓国で公開される。



ビョンホン「イ・ミンジョンの魅力はルックスより賢明さ」
俳優イ・ビョンホンは恋人イ・ミンジョンの魅力について語った。
3日午後、ソウル市鍾路区のレストランで主演映画『光海(クァンヘ)、王になった男』のメディアデー・イベントが行われた。この作品は秋の期待作として注目を浴びており、大勢の報道陣や映画関係者が集まった。
この日誰よりもお祝いされたのは当然のことながらイ・ビョンホンだった。イ・ミンジョンとの交際を発表したイ・ビョンホンは、映画のメディアデーでも恋人に関する質問を受けた。
イ・ミンジョンに関する質問には開口一番「(記者たちが)本性を現した」と冗談で返したが、その魅力について聞かれると「外見よりも賢明さ」と答えた。また、「話が通じる人。楽しい人なので僕を笑わせてくれる」と、いとおしさをにじませた。
また、交際発表後のエピソードでは、ダイエット中の自分のためにイ・ミンジョンが撮影現場に手作り弁当を持ってきてくれたことを告白、「おいしかった」と照れ笑い。イ・ミンジョンはこの時、イ・ビョンホンにだけでなくスタッフの分も両手いっぱいに抱え持ってきたとのことだ。
イ・ビョンホンは交際を発表した理由について「隠し続けていたら切りがない気がしました。憶測が憶測を生むようなことがあってはならないと思って。うそをつきたくなかった。隠したくありませんでした」と説明した。その一方でこれまで交際のうわさを否定していたことについては「そうするしかない理由がありました」と理解を求めた。


「光海」イ・ビョンホン“腹筋が無くなった?それは監督からの特別注文” 
俳優のイ・ビョンホンが映画「光海、王になった男」(監督:チュ・チャンミン)で、腹筋が見れなかった理由を説明した。イ・ビョンホンは3日午後、ソウルの城東(ソンドン)区往十里(ワンシムニ)CGVで行われた映画「光海、王になった男」のマスコミ向け試写会で、「映画を見たら普通のボディラインだったが、それには理由があったか?」という質問を受けた。
彼は「私の体が普通だと思いましたか。映画はちゃんと見ましたか」と冗談を言って、現場の雰囲気を和やかにした後、「実は、映画の撮影に入る前に、監督から『王のお腹に”王”の文字の筋肉を無くしてほしい』と言われた」と答えた。
また「筋肉質ではない王にしたかった。実は(監督から)そのように言われたかった。食事を調節しなくてもよかったので、楽だった」と付け加えた。
イ・ビョンホンは、映画の中で王として生きていくのが怖かった悲運の王である光海役と、光海に似ている外見から代役になり、王になったハソンの一人二役を熱演した。
映画「光海、王になった男」は、俳優イ・ビョンホンの初の時代劇出演であり、一人二役に挑戦する作品で、王の光海とそっくりの賎民(最下層の階級の身分)のハソンが、光海の代わりに王になることで繰り広げる話を描いた。韓国で今月19日に公開予定。




9月3日
今日はマスコミ試写会でした~!
で、エキサイトブログの一部の機能に不具合が生じていて、リンクができないのでアドレスがむき出しでちょっと見にくいかもしれないですが、我慢してね^^;

それからツイッターによると公開日が20日→19日に前倒しになったようです!
↑ 光海公式ツイッター 8月30日より
9월 19일로 개봉일이 확정되었답니다 ^^
( 9月19日封切り日が確定になったんです^^) ですって!

でもJOFCは20日のまんまなんですが・・・どうなんでしょうね?!



日本語の記事からいきますね~♪

http://news.infoseek.co.jp/article/kstarnews_photo1304496420
●イ・ビョンホン&ハン・ヒョジュ、映画『光海、王になった男』マスコミ試写会に出席

イ・ビョンホン、ハン・ヒョジュ、リュ・スンニョン、キム・イングォン、チュ・チャンミン監督が3日午後、ソウルの往十里(ワンシンニ)CGVで行われた映画『光海、王になった男』(原題)のマスコミ試写会に出席した。



http://www.kstarnews.jp/news/viewContents/entame/1304657117
●イ・ビョンホン「王様は誰にでもなれるものではない」 

イ・ビョンホンが、『光海、王になった男』(原題/以下、『光海』)で‘王’と‘王の代役’の2役を演じて感じたことを語った。
3日、ソウル・往十里(ワンシムリ)CGVで開催された、映画『光海』のマスコミ配給試写会に出席したイ・ビョンホンは、「最近‘本当に王様になったらどうするか’という質問を頻繁に受ける」とし、「この映画に出演して、王様は誰でもなれるものじゃないということを感じた」と告白した。
映画の中で、イ・ビョンホンは朝鮮時代の王‘光海’と、彼を真似て光海の空席を守る代役ハソンの2役を演じ切った。彼は「映画の中でチョ内官(チャン・グァン)が、‘本物の王は、全ての人を憐れむ心があったり、人情に厚くてはダメだ’と話す」とし、「ハソンは私的な感情で(人々を)憐れむ。僕たちから見たらそれが理想的に見えたが、それが全てではないことがわかった」と語った。続けて「光海とハソンがもつ両面が必要なのではないかと思った」と付け加えた。
この日イ・ビョンホンは、初めて時代劇に挑戦し、時代劇で使われる話し方に中毒性を感じたと語り笑いを提供した。彼は、「最初はどの位のトーンにしたら良いかと思って心配したが、後々には中毒性を感じた」とし、「普段もふざけて時代劇のトーンで話す時がある」と語った。
『光海』は、王位をめぐる権力争いと党派争いに巻き込まれた光海君8年を背景に描いた作品。自分の命を狙われ、怒りと恐れから乱暴なふるまいをしていた光海は、承政院の長で正三位の官職であるホ・ギュンに脅威にさらされる身代わりを探すよう指示する。生まれつきの口のうまさで、王の姿を真似ていた芸達者な賤民ハソンがわけもわからぬまま宮に連れてこられ、光海の身代わりになるという話を描いている。

イ・ビョンホンが光海とハソンの一人二役を演じ、リュ・スンニョンがホ・ギュン役を演じる。ハン・ヒョジュ、キム・イングォン、チャン・グァンも出演する。来る9月19日の公開予定。



innolifeさんより
↑同様の記事

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=6&ai_id=154808
●『光海』イ・ビョンホン、「王、誰もが務まるものではない」




動画

百度さんより
http://tieba.baidu.com/p/1838192961
●『光海』イ・ビョンホンメディア試写&記者会見





画像

百度さんより
http://tieba.baidu.com/p/1837837674
"2012年9月3日"映画のハイライト>メディア試写&記者会見(イビョンホン)

@@真っ先に目につく・・・。あの蛍光色っぽい黄色のソールはいったい・・・?
でも、それはおいといて(笑)
なんとも楽しそうなビョンホン達~♪
色んな表情があって飽きないですね~!

大ヒットしてくれればいいなぁ!!



innolifeさんより
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=8&ai_id=154803
●イ・ビョンホン、「時代劇で帰ってきた韓流スター」

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=8&ai_id=154804
●イ・ビョンホン、「水を飲む姿もカッコいいでしょ?」

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=8&ai_id=154806
●リュ・スンリョン、「僕の一言でイ・ビョンホン-ハン・ヒョジュがポンと弾けました」

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=8&ai_id=154807
●ここは映画『光海、王になった男』歓談会の現場


----------------------------------------------------------

百度さんより
http://tieba.baidu.com/p/1835827076
"光海"が正式に9月21日に北米で発売された



続きはMoreへ



More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-12 07:41 | 史劇 「光海:王になった男」
あんにょ~ん!
9月11日
セクションTVの動画を追記しました!


9月10日
演芸街中継やセクションTVはちょこちょこ追記中です。
しかし、何本インタビューを受けたのかしら?全然追いつけないんですけど^^;


9月9日
お疲れかと思いましたが、結構゜▽゜;アニ、かなり幸せそうで、何よりです!
で、昨日放送のKBS2演芸街中継は動画でも上がってきました。ちょっと抑え気味が大人の恋を感じさせます!(笑)
もう一つ、今日はMBCのセクションTVにも出演されて幸せぶりを披露してくれてますね^^

----------------------------------------------------
MBCセクションTV関係記事

12.09.09 섹션TV 이병헌




動画 
話題の1分


プラネットさんより
[動画]セクションTV芸能通信、イ·ビョンホン、イ·ミンジョンとの呼称で愛情誇示 "笑い満開"

イ·ビョンホン "イ·ミンジョンと熱愛公開後のデートよりできなくて、忙しくて申し訳ありません"
イ·ビョンホンがイ·ミンジョンと熱愛事実を公開した後、本音を明らかにした。イ·ビョンホンは9月9日放送されたMBC "セクションTV芸能通信"で、 "多くのファンに事実を申し上げるものであったため、検討して手書き手紙を書いた"と明らかにした。イ·ビョンホンはイ·ミンジョンとの熱愛事実を自筆の手紙を通じてファンたちに知らせ、これに多くのファンたちは、文字通り"メンタル崩壊"を経験しなければした。"イ·ミンジョン、男性ファンの方々に起きたより申し訳ない"と明らかにしたイ·ビョンホンは"私たちは特別な呼称なく、ただ名前を呼んだり、その友人は私にお兄さんとする"と平凡な普通の恋人と変わらないいきいきとした間であることを伝えた。しかし、イ·ビョンホンは"事実熱愛事実を公開した後、デートをすることができではないかと考えた。劇場やあるいは食堂でも一緒に行くことができないだろうかと思った私の映画広報スケジュールのためにとても時間がない、またはできなかった"とイ·ミンジョンに対する申し訳ない思いを吐露した。一方イ·ビョンホンは映画撮影にお弁当を包んで持ってきたイ·ミンジョンを話して広大爆発"とてもありがたかった"と大笑いを作って人目を引いた。

イ・ビョンホン韓国式ハリウッド呼称 “남자 형, 여자 오빠 “ 男兄、女兄さん教えた”

ビョン~ビョンって呼ばれることについて・・・

(抜粋)
"彼らは私の韓国の名前発音をできない。 病気~病~とだけするのに病気は.. 病気じゃないの"として"率直に何かちょっと変だ。 気持ちが妙になる"と伝えた。

イ·ビョンホンイ·ミンジョン呼称、 "ミンジョンア - お兄ちゃん"平凡な呼称も "うらやましい"
イ·ビョンホンが公開 恋人が民政との呼称を公開した。9日生放送に進行されたMBC芸能情報プログラム 'セクションTV芸能通信 "のライジングスターのコーナーでは、映画"光海-王になった男"の主人公イ·ビョンホンとのインタビューを進行した。
この日イ·ビョンホンは公開恋人を宣言したイ·ミンジョンの質問を受けた。彼は"まずイ·ミンジョンの男性ファンの方々には本当に申し訳ない"と話し始めた。続いて、お互いの呼称について尋ねると、イ·ビョンホンは"私は名前を呼んでイ·ミンジョンはオッパと呼ぶ。事実の公開恋愛を宣言すると、映画館やレストランに行くことができると思ったがスケジュールが忙しすぎてデートがほとんど不可能だった。ところがある日、イ·ミンジョンが撮影現場にお弁当を包んできた。本当にありがたかった"とエピソードを伝えた。イ·ビョンホンイ·ミンジョン呼称公開にネチズンたちは"本当にうらやましい" "平凡なのに、何か感じている""弁当大ヒット "などの反応を見せた。一方、この日イ·ビョンホンは映画試写会場をびっくり訪問してファンといちいち握手をするファンサービスで楽しい時間を過ごした。



ファンの皆さんはもう知ってると思いますが、この時期にまた語ってくれて嬉しいですね!
そうなんだよ!私達日本のファンのオ・カ・ゲ!(笑)
イ・ビョンホン、'ジーアイジョー'キャスティング秘話は? "日ファンミーティングおかげ"

俳優イ・ビョンホンが映画'ジーアイジョー'キャスティング秘話を公開した。
イ・ビョンホンは9日午前放送されたMBC 'セクションTV演芸通信'の'ライジング スター'コーナーに出演して率直な話し方を誇示した。
この日放送でイ・ビョンホンは'ジーアイジョー'出演がオーディションを通じたことだったのか尋ねた質問に"その間作品に出演した姿を現わした映像を5分程度で圧縮したDVDを送った"と話し始めた。
引き続き"DVDには日本、東京ドームに4万人余りが集まったファン ミーティング場面が入っていた。 その場面を見てスティーブ ソモズ監督がストーム シャドー役を指名した。 アジア チケットパワーを考慮したのではないのか考える"と答えて笑いをかもし出した。
一方この日イ・ビョンホンは熱愛を公開したイ・ミンジョンと公開デートと関連して忙しいスケジュールでデートをたびたびすることができないと伝えた。


イ·ビョンホン"美オーディション合格、私のチケットパワーを考慮..ちょっとがっかりした"

イ·ビョンホンがハリウッド作品のキャスティング秘話を伝えた。イ·ビョンホンは9月9日放送されたMBC "セクションTV芸能通信"で、韓国のトップスターとしてハリウッドの新人俳優に再起動するのに対して、 "適応するのに時間がかかった。困難なしたか"とし、"どこまで行くのか見ようという考えだった"と特別な挑戦意識を伝えた。自分のフィルモグラフィーを5分の映像に短く収めたDVDを介してオーディションを見たイ·ビョンホンは"実際に自分の演技を見て私をキャスティングしたのはないようだ"とびっくり告白した。
デビューの頃から着実に演技力一つだけ認められてきたイ·ビョンホンは'オールイン'、 'アイリス'などドラマと"良い奴、悪い奴、変な奴"、 "悪魔を見た"などの映画を通じてミョンブルホジョン最高の俳優の席に位置しています。イ·ビョンホンは"当時の映像を見ながら" GIジョー"監督が4万2,000人がぎっしり詰まった東京ドーム公演の場面を見て"あれ、この人がストームシャドウだ"と言った"と"少しがっかりした。アジア航空券パワーを考慮したようだ"と率直な本音を打ち明けて笑いをかもし出した。


"光海"イ·ビョンホン、 "同い年のリュ·スンニョンの顔を見る敬語出て"
イ·ビョンホンが同い年の映画俳優リュ·スンリョンとのエピソードを公開した。
イ·ビョンホンは9日午後放送されたMBC TV 'セクションTV芸能通信 "(以下セクション)に出演した。
この日の "セクション"は、映画 "光海、王になった男 'を通じてカリスマ王に変身したイ·ビョンホンに会った。イ·ビョンホンは "光海"で初めて史劇に挑戦した。
イ·ビョンホンは劇を出演して大変な点を挙げた。イ·ビョンホンは "トイレの問題は、ファスナーを解決した。製作陣が下着にジッパーを作成てくれてたくさん楽だった"とし、 "むしろひげ扮装が大変だった。くすぐったいも傷付くことがなくて"と明らかにした。
続いて "光海"に一緒に行ったリュ·スンニョンの話を聞かせてくれた。
イ·ビョンホンは "リュ·スンリョンと同い年なのに言葉を置いた。しかし、顔を見ればびっくりする。思わず"はい "と答える時がある"と冗談を言った。
一方イ·ビョンホンは恋人イ·ミンジョンが自分を "お兄ちゃん"と呼ぶという事実を打ち明けた。





イ·ビョンホン "イ·ミンジョンとの呼称は"ミンジョンア ' - 'オッパ '"
トップスターイ·ビョンホンが恋人イ·ミンジョンに対する愛情を誇示した。9日放送されたMBC "セクションTV芸能通信"でイ·ビョンホンは初めての史劇"光海:光になった男"の広報のためのインタビューを行った。最近イ·ミンジョンとの公開恋人を宣言したイ·ビョンホンは"手書きで表現するのが礼儀だと思っていた"とし、 "劇場でも一緒に行くことができないだろうかと考えたが、封切りを控えていてとても時間が出ない。一度イ·ミンジョンがお弁当を包んできた。スタッフ分け前まで安くてとてもありがたかった"と愛情を表わした。また、お互いの呼称は"ミンジョンア'、'オッパ'とはにかむように言った。初めての史劇挑戦にイ·ビョンホンは"ひげ扮装が大変だった"とし、 "ご飯食べる時ヒゲがついて口に入ることもした"と話した。1人2役を演じたイ·ビョンホンは"映画の8,90%を出演してみるとスタッフたちと一緒に出勤した"とビハインドストーリーを明らかにした。ワールドスターという呼称にイ·ビョンホンは"どんどんワールドスターとしないでくれ。ぎこちだ"と謙虚な反応を見せた。ドラマ"アイリス"でキム·テヒとのキャンディーキスシーンについて言及し、 "私も私の姿を見られない"とぎこちない姿を見せた。






-----------------------------------------------------
演芸街中継関係記事

プラネットさんより
動画が出てますよ!
[YouTubeの] 20120908演芸街中継イ·ビョンホン&リュ·スンリョン

演芸街中継Entertainment Weekly EP1441#005(0:30〜)
ショートカット:http://youtu.be/YmejE8DPB8s

演芸街中継Entertainment Weekly EP1441#006(〜4:00)
ショートカット:http://www.youtube.com/watch?v=kBe0xIv87pU

'演芸街中継'イ·ビョンホン、イ·ミンジョン弁当内助自慢 "満たされた"
イ·ビョンホンが恋人イ·ミンジョンに対して率直に打ち明けた。8日放送されたKBS 2TV '演芸街中継'では映画'光海、王になった男"の二つの主役、イ·ビョンホンとリュ·スンリョンとのインタビューが行われた。ギムセンミンは"強い質問を準備した"イ·ビョンホンに"幸せか"と尋ねたイ·ビョンホンははにかむように"そうだ"と答えた。イ·ビョンホンは"真剣に会いあって。とても膜関心を持ってくださるから感謝しかし、ちょっと前にはシニカ私達の間に少しぎこちないなったようだ。熱愛公開をすると快適に会うことができると思ったのですが、スケジュールが多く会う大変だ"と多忙なスケジュールについて吐露した。続いてイ·ビョンホンは"だからお互いに時間が気の毒ば直接サンドイッチを包んで持ってきた。どうしてそう料理も得るを参照し。本当に胸がいっぱいでした。スタッフたちにいちいち配り、 "このお弁当、誰がサジュンを知っている?"と言った"と口に笑みを隠せなかった。一方この日放送ではパク·ギウンが"ガクシタル'最後の撮影を終わっては、これまでの気苦労が記憶私はそう涙をこらえることができなかった。





日本語で読むとおかしい~♪
いじられてるんじゃない?ビョンホン!(笑)
kstyleさんより
イ・ビョンホン、恋人イ・ミンジョンの料理上手を自慢

イ・ビョンホンが恋人イ・ミンジョンの料理上手を自慢した。
8日に放送されたKBS 2TV「芸能界中継」では、映画「光海、王になった男」に出演した同い年のイ・ビョンホンとリュ・スンリョンのインタビューが放送された。
この日、イ・ビョンホンは恋人イ・ミンジョンについて聞かれると嬉しそうに笑っていた。特に、イ・ミンジョンの料理上手を自慢し、視線を惹きつけた。
彼は「映画『光海、王になった男』の広報のため、忙しくてあまり会えない。しかし、ある日イ・ミンジョンがサンドイッチを準備してくれた」とし、「どうしてそんなに料理も上手なのか」と付け加え、視線を集めた。

続いて「同僚たちに配りながら『誰が用意してくれたのか分かる?』と聞いてみた。みんな買ってきたものじゃないかと言っていた」と笑顔で話した。




'演芸家中継'イ・ビョンホン、愚か者登板"イ・ミンジョン、オオ料理もそんなに上手にするのか"
俳優イ·ビョンホンが恋人イ·ミンジョンの料理の実力を賞賛した。

8日放送されたKBS 2TV '演芸家中継'では映画'鉱害、王になった男'の主演俳優イ・ビョンホン、リュ・スンニョンのインタビューが電波に乗った。
イ・ビョンホンは最近イ・ミンジョンとの熱愛を認めたのと関連して"真剣によく会っている。 関心を持たれるのに感謝するけれども先んじるお話のために私どもの間がぎこちなくなる時もある"と用心深く暗示した。
引き続き"公開をすれば外でも会うことができるが'鉱害'広報を始めて米国に行く前までは明け方から夜までスケジュールがずっとある。 それでちょっと残念だ"としてスケジュールのためにデートをまともに出来ずにいることを打ち明けた。
また"そのように互いに時間がならないでみるから私が仕事をしているにつれ弁当を包んできた。
サンドイッチを包んで与えた。 オオ料理もそんなに上手にするのか。 かなり満たされた。スタッフたちに"これ誰がくれたのか知っている?" それとともに配った"とイ·ミンジョンのゴマ粒自慢をした。
一方、映画'鉱害、王になった男'は朝鮮時代光海君が自身と似ていた賎民を超役割をさせながら広がる話で来る9月13日封切りする予定だ。


イ・ビョンホン、イ・ミンジョン言及に光大爆発"公開的デートできなくて残念で"

俳優イ・ビョンホンが恋人イ・ミンジョンとの愛情を誇示した。
8日放送されたKBS2 '演芸家中継'では映画'鉱害、王になった男'(監督チュ・チャンミン)の主演俳優イ・ビョンホン、リュ・スンニョンとのインタビューが公開された。
この日イ・ビョンホンは恋人イ・ミンジョンに対して言及して目を引いた。 イ・ビョンホンは"真剣に会っている"として"関心を持って下さって有難いが先んじるお話のために私たちの間もぎこちない"と話した。
引き続きイ・ビョンホンは"公式発表をし終えれば外で会うことができることができたが私が映画広報のために朝から夜までずっとスケジュールがある"として"残念だ"と伝えた。
また、イ・ビョンホンは"私が時間にならないと見るとイ・ミンジョンが弁当を包んだ"として"サンドイッチだったがオオ料理もそんなに上手にするのか"と笑った。
特にイ・ビョンホンは"スタッフに分けながら'誰が包んだと思う?'と尋ねた"として"かなり驚いたよ"とほほえましさを表わした。


動画

演芸街中継_2012-09-08_(2)同い年のイ·ビョンホン&リュ·スンリョン1

演芸街中継_2012-09-08_(2)同い年のイ·ビョンホン&リュ·スンリョン2

演芸街中継_2012-09-08_(2)同い年のイ·ビョンホン&リュ·スンリョン3

演芸街中継_2012-09-08_(2)同い年のイ·ビョンホン&リュ·スンリョン4

---------------------------------------------------




イ・ビョンホン·イ・ミンジョン 7年ビハインドラブストーリーはMoreへ




More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-11 07:40 | 史劇 「光海:王になった男」
あんにょ~ん

9月7日
朝鮮日報さんより
【フォト】「ビョン様の恋人」イ・ミンジョンのすべて!
「韓国を代表する女神のような女優」という形容詞だけでなく、「ワールドスター、イ・ビョンホンの交際相手」という形容詞まで付けられることになった女優イ・ミンジョン。
イ・ビョンホンと熱愛中のイ・ミンジョンは1982年2月16日生まれ。成均館大学演技芸術学部で演出を学んでいたが、教授の目にとまり舞台俳優になるよう勧められ、演技を始めた。
チャン・ジン監督の舞台『タクシードライバー』『不器用な人々』などで演技経験を積んだ後、同監督の映画『小さな恋のステップ』(2004年)でイ・ナヨン演じるヒロインの友達役としてデビューした。
それ以降はドラマ『愛・共感』(05年)、『いるときに尽くして』(06年)、『カクテキ』(07年)、『どなたですか?~天国からのメッセージ~』(08年)や、映画『無道里』(06年)、『葡萄の木を切れ』(07年)などに出演したが、ほとんど注目されなかった。
しかし、アジアで大人気の日本の漫画をドラマ化した韓国版『花より男子』(『花より男子~Boys Over Flowers~』、09年)では主人公ク・ジュンピョ(道明寺司)の婚約者ハ・ジェギョン(大河原滋)を好演。率直でさっぱりとした役を演じきり、視聴者の胸に印象を残した。
『花男』のヒットでは、当時ほとんど無名ながらク・ジュンピョを演じたイ・ミンホが一気にトップスターの仲間入りしたのをはじめ、ほかのF4メンバーを演じた男優たちもブレークしたものの、共演した女優たちはそれほど話題になることもなく、忘れられていった。ところがイ・ミンジョンだけは女神のような美しさとハツラツとした魅力が認められ、この作品がきっかけで数々のドラマ・映画からオファーが寄せられるようになった。
このため「『花男』で一番恩恵を受けたのはイ・ミンホではなくイ・ミンジョンだった」という声も聞かれるほどだ。
『花男』終了直後に出演したドラマ『あなた、笑って』(09年)ではチョン・ギョンホとギクシャクしながらもほのぼのとしたカップルを熱演、キム・ソナ、キム・ジョンウン、パク・シネ、ユン・ウネ、ソン・イェジンに代表される「ロマンチック・コメディーの女王」の座を引き継ぐ女優として注目されるようになった。

そして3年ぶりのスクリーン・カムバックとなる映画『白夜行-白い闇の中を歩く』(09年)で第30回韓国映画評論家協会賞の女優新人賞を受賞、『ペントハウス エレファント』(同)では主演チャン・ヒョクとともにメーンキャストの1人として名を連ねた。
さらに2010年は女優イ・ミンジョンが韓国のトップ女優として位置付けられた年だった。
この年一番のロマンチック・コメディー映画と話題を呼び大ヒットした『シラノ恋愛操作団』では、高慢で冷たく見えるが、好きな人の前ではか弱くなる女性ヒジュンを演じ、第47回大鐘賞映画祭の新人女優賞と女優人気賞、第31回青龍映画賞の新人女優賞、第13回ディレクターズカット授賞式の今年の新人演技者賞をさらい、名実共に大韓民国最高の女優の座にのし上がった。
さらに、ドラマ『マイダス』(11年)、映画『ワンダフル・ラジオ』(同)に出演、このほど終了したドラマ『ビッグ~愛は奇跡<ミラクル>~』後はオフに入り、次回作を検討している。
イ・ビョンホンとの交際が明らかになってから浴びることになった周囲の注目や多大な関心、そして万が一別れが来るとしたら一生付きまとうことになるであろう「イ・ビョンホンの元彼女」という形容詞は心に重くのし掛かっているかもしれないが、イ・ミンジョンは堂々と交際を告白、ファンの声援を受けて幸せを作っていきたいと語った。
「韓国を代表する女神のような女優」としてファンから愛され、「韓流スター、イ・ビョンホンの交際相手」としても熱い声援を送られているイ・ミンジョン。
キャリアを重ねて成長する女優としての成功と、イ・ビョンホンとのラブストーリーのハッピーエンドという二つの幸せを同時につかめるのか、注目していきたい。






9月6日

KBSの昨夜の放送がなんだかとんでもなく非難されてるようで・・・(苦笑)
言われてみれば、みんな知ってるような内容だったし、新しいネタは何もなかったかも?
これから渡米するから、もう少し演技のことを聞いてあげればよかったのにね~。

あ、ヨジャチングっていう表現はどうなんだろう?(笑)
寝た子をまた起こしたりしてない?
韓国の男性、とりわけイ・ミンジョンファンの怒りをまたまた呼び覚ましたりしたんじゃ・・・?



中央日報
韓流スターのイ・ビョンホンの屈辱…KBSニュースの未熟な進行“袋叩き”
KBS(韓国放送公社)のアンカー、パク・サンボムが“ワールドスター”イ・ビョンホンを新人扱いして非難の的となっている。
イ・ビョンホンは5日に放送されたKBS第1テレビ『ニュースライン』に出演し、“Kフィルム(韓国映画)”の跳躍というテーマで話を交わした。
進行を務めたパク・サンボムはイ・ビョンホンについての知識がないのか、「俳優として活動してどれくらいになるか」「最近出演した映画は何か」などインターネットの検索で「イ・ビョンホン」と打てばすぐに分かるようなことばかりを尋ねた。“公認の恋人”である女優イ・ミンジョンについても事前知識がないようで、「恋人がいるということだが?」とし「名前はなんという人か」などと尋ねた。困惑していることは明らかだったイ・ビョンホンは、苦笑いをしながら表情を最大限に隠していた。“ワールドスター”を出演させておきながら、最小限の基本的な質問のみにとどまった“KBSの品格”を見せてしまう格好となった。
放送後、視聴者掲示板には抗議と非難があふれた。「イ・ビョンホンがこんな扱いを受けるなんて残念でならない」「アンカーも記者ではないのか? 質を疑う」「忙しい人を呼んでおいて何年演技をしているかとはどういう意図か」など厳しい反応が続いた。
『ニュースライン』の視聴率は、前日比1%落ちた6.8%(AGBニールセンメディアリサーチ)と集計された。



wowkorea
イ・ビョンホン、KBSニュースの的外れインタビューにも冷静対応
ワールドスター、イ・ビョンホンが5日夜11時KBS1TV「ニュースライン」との生放送インタビューで屈辱を味わった。この日のインタビューのテーマは「K-フィルム」(韓国映画)の跳躍。韓流スターイ・ビョンホンが自ら夜遅くスタジオ出演。生放送では異例の10分近いインタビューが行われた。
しかし、インタビューの進行を務めたパク・サンボムアナウンサーはイ・ビョンホンに関する最低限の情報もないことを露にした。
パクアナウンサーは「演技をしてからどのくらいなのか」、「一番最近の作品(映画)は何か」と尋ねると、イ・ビョンホンが出演するハリウッド映画「RED2」のロケ地がカナダのモントリオールだという話に「新たに米国でも映画を撮ったと聞いたが…」と的外れな話の展開に。
するとイ・ビョンホンは「米国映画は合っているが、ロケ地はカナダのモントリオールだ」と答えた。
イ・ビョンホンが、ハリウッドでどんな映画を撮っていて、今後どのような作品を撮るのかについて、進行のアナウンサーは最低限の知識もなかったのだ。
このため、出演したイ・ビョンホンは懸命に笑顔で対応していたが、終始戸惑いを隠せなかった。
この日のインタビューでは、テーマと全く関係のないイ・ビョンホンとイ・ミンジョンのスキャンダルに関する質問も出てきた。
パクアナウンサーが「この質問は嫌がるかもしれないが…」とした上で、「個人的な質問にも答えると冒頭で話していましたが、いま恋人はいらっしゃるんですよね? 」と質問。
すると、多少慌てた表情を浮かべながら「放送事故でしょうか? ニュースで、どうしてこのような質問を…」と笑うしかなかったイ・ビョンホンに対し、パクアナウンサーは輪をかけて「(恋人の)お名前は? 」と尋ね、イ・ビョンホンは「イ・ミンジョンさんです」と短く答えた。
この放送を見た視聴者らは、恋人がイ・ミンジョンであるという事実は世間に広まったが、なぜアナウンサーがニュース内でこのような質問するのか、意図がわからなかったようだ。
放送後、視聴者掲示板には「夫が怒って、チャンネルと変えなさいというのですぐチャンネルを変えた。(中略)視聴者を翻弄するにしても、あまりにやりすぎではないか」というような批判的なコメントが多数掲載されてしまった。
この日「ニュースライン」の視聴率は韓流スター、イ・ビョンホンが出演したにも関わらず、4日より1%下がった6.8%と集計された。

朝鮮日報
イ・ビョンホン「イ、ミン、ジョンです」
俳優イ・ビョンホン(42)が地上波のニュース番組で恋人で女優のイ・ミンジョンについて語り、話題を呼んでいる。
この時の状況は次の通りだ。イ・ビョンホンは5日に放送されたKBS第1の番組『ニュースライン』に出演した。「K-フィルムの跳躍」というのがインタビューのテーマだった。ところが、ニュースキャスターが突然「プライベートな質問もしたいのですが」と切り出し、イ・ビョンホンに「恋人がいらっしゃると聞きましたが」と尋ねた。するとイ・ビョンホンは「これは放送事故ですか?」と笑って答えた。キャスターが「これもニュースです。恋人はどなたですか?」ともう一度聞くと、イ・ビョンホンは「イ、ミン、ジョンです」と1文字ずつはっきり答えた。
このストレートな答え方で視聴者の視線をさらったイ・ビョンホン。「ワールドスター」と呼ばれることに対するプレッシャーも率直に打ち明けた。ハリウッドで活動している心境について「私は韓国で生まれ育ちました。韓国の文化や情緒を持ち、韓国語で演技するのが一番落ち着くし、俳優として最も多くのものをお見せできます。ハリウッドは私に訪れたもう1つの世界であることは確かですが、メーンではありません。私がいくら英語をたくさん習って、アメリカ人並みに話せるようになっても、彼らの情緒を彼らと同じようには表現できません」と正直に告白した。
イ・ビョンホンの主演映画『光海(クァンヘ)、王になった男』は19日に公開される。




--------------------------------------------------
という反響なので、昨日の記事と動画を検証のため↓から持ってきました!


--------------------------------------------------
真面目にインタビューに答えてますけど・・・。
このスーツ細身で似合いますね!

KBS動画

企画対談】 "K-フィルム"韓国映画の飛躍
<アンカーコメント> 俳優イ·ビョンホンはハリウッド映画に出演した学びます。次の週にまた映画を撮り米国に行きます。かっこよく、また愉快な俳優イ·ビョンホンと韓流の話とちょっと個人的話も分けてみましょう。



百度さんより
李秉宪今晚11点出演KBS新闻节目

9.5李秉宪KBS新闻"News Line"専...





イ・ビョンホン、KBS『ニュースライン』きょう出演
俳優イ・ビョンホンがKBSのニュースに出演することが分かった。映画『光海(クァンヘ)、王になった男』の公開を控えているイ・ビョンホンは5日午後11時からKBS第1で放送される『ニュースライン』に出演、今回の作品を撮影した感想や1人2役に挑戦した心境などを語るとのことだ。また、ワールドスターとしてハリウッド進出を果たしたことについても率直な気持ちを吐露する。

後で動画が上がってくることを期待して!


早速記事が上がってきました!
イ·ビョンホン"ガールフレンドの名前は?"の質問に"イ・ミン・ジョンです"きちんと
イ·ビョンホンがガールフレンドイ·ミンジョンの質問に照れる易く笑うだけだった。俳優イ·ビョンホンは9月5日放送されたKBS 1TV "ニュースライン"に出演し、最近公開恋人を宣言したイ·ミンジョンを挙げた。イ·ビョンホンはこの日バクサンボムアンカーが"個人的な質問をしたい"とし、ガールフレンドについて尋ねると、"はい"と口を濁した。バクサンボムアンカーが"ガールフレンドの名前が..?"と尋ねると、イ·ビョンホンははっきりと"イ・ミン・ジョンです"と答えた後、非常にスックスロウンよう豪快な笑いを噴き出した。
イ·ビョンホンはこの日、ハリウッド進出所感と新たに封切りする映画'光海、王になった男"について話を交わした。このような話が注目された中でガールフレンドイ·ミンジョンの発言はもはやなかった。"光害、王になった男"は、朝鮮時代悲運の王光海を照明したファクション史劇にイ·ビョンホンリュ·スンニョンハン·ヒョジュなどがキャスティングされて、製作段階から注目を受けた。イ·ビョンホンのデビュー以後初めての史劇出演作で、イ·ビョンホンは今回の作品で、光海君と賎民下船の極と極キャラクターを行き来しながら1人2役好演を見せてくれる。"光害、王になった男"は、朝鮮光海君8年毒舌危機に置かれた鉱害の代わりに偽の王の役割をすることにした賎民下船が王帯域を引き受けるようになって広がる話で、歴史から消えた15日間隠された事件を描く。9月19日封切りする。








9月5日
昨日は試写会にびっくり登場~したようですね!
それから今日はKBS1TVに出演するそうです!
で、、その前に、
5日CGV汝矣島のビジネス館でトークプログラムに出席中なんですって!

忙しいね!

今、ツイッターに画像がUpされてます!メガネをかけてますよ!
最近の画像が更新中です!
こちらも~♪
newking_2012 광해, 왕이 된 남자


--------------------------------------------------------





とっても素敵な画像です!!大好き~♪ シックな色目のチェックがとってもよく似合います!

百度さんより
2012年9月5日"イ·ビョンホンのプロパガンダ "光海"の回答者の写真



-----------------------------------------------------------------
今後の予定
9月7日午後6時汝矣島IFCモールとCGV汝矣島VIP試写会

"光海"イ·ビョンホン、ファンの前に直接立つ。VIPと一緒にレッドカーペット開催
イ·ビョンホンをはじめ、リュ·スンニョン、ハン·ヒョジュ、章光、キム·イングォン、シム·ウンギョン、キム·ミョンゴンまで派手なキャスティングラインで話題を集めた映画"光害、王になった男"(以下"鉱害")の主人公たちに直接会う機会があった。来る9月7日午後6時汝矣島IFCモールとCGV汝矣島で'光海"の主演俳優たちとVIPスターたちが参加する大規模なレッドカーペット行事を開催する。"光害"のレッドカーペットは、主演俳優たちのレッドカーペットと舞台挨拶だけでなく、大韓民国最高のスターたちが一緒に参加する異例的な行事に関心を集めている。去年の夏千万観客を突破した"泥棒たち"が封切り当時主演俳優たちが参加したレッドカーペット行事を進行して話題を集めることもした。この席には、追加チャンミン監督をはじめ、ワールドスターイ·ビョンホン、リュ·スンニョン、ハン·ヒョジュ、キム·イングォン、章光など"光害"の主役たちのレッドカーペットイベントが行われ、その後VIP試写会に招待された国内最高セレブリティたちのレッドカーペットが続く。だけでなく、今回のレッドカーペット行事には、屋外と屋内にかけて規模感に進行される予定で、 "光害"の監督、俳優たちを含めて最高のスターたちを一番近くで会うことができる特別な機会になるものと見られる。一方、危機に陥った王光海と彼の代理人を立つことになっ下船が描くエピソードと権力への暗闘を愉快に差し上げた"光害"は来る9月19日封切りする。



10日カナダ、モントリオールに出国する計画
(出ました~!料理も、も、上手な女)
イ・ビョンホン“イ・ミンジョンは料理も上手な女”
俳優イ・ビョンホンが恋人イ・ミンジョンとの交際事実を公開した心情に対して明らかにした。
イ・ビョンホンは3日夜ソウル、鍾路区(チョンノグ)のある食堂で取材陣と会って“どうせ知らされるはずなのにこれ以上嘘をつきたくなかった”として“推測がどこまで続くかも知れなかった状況だった”と用心深く話した。
イ・ビョンホンが主演した映画‘鉱害:王になった男’(以下鉱害)封切りに先立ち用意されたこの日席では最近出てきたイ・ビョンホン・イ・ミンジョンの交際公開と関連して関心が高かった。
イ・ビョンホンは映画に関し話す時は話の速度を高めたがイ・ミンジョンに対する質問を受けては速度を低くした。7日開かれる‘鉱害’のVIP試写会にイ・ミンジョンが参加するかとの質問を受けた彼は“こいといったがちょうどその日広告撮影があるといったよ”として“封切りして出てみることになるようだ”と話した。
また、熱愛説が初めて出てきた4月、二つの関係を否認した理由に対してイ・ビョンホンは“その時は話せない巷の事情がたくさんあった”として“人々が推測するそんなこと”とゆっくり話を繋いでいった。
それと共に“(恋人公開当時書いた)手紙の中にみな入れることが出来なかった内容もある”高度付け加えた。
最近イ・ミンジョンがドラマと広告で活躍して人気が高いのを置いて‘男たちのうらやましくて対象になった’という質問を受けたイ・ビョンホンは“ア、悪口をたくさん言われているというお言葉か”と尋ねた後“悪口たくさん食べなければならないですね”として声を出して笑った。
イ・ビョンホンはまた、何日か前イ・ミンジョンが撮影会場で自身の弁当を包んで持って来たエピソードを公開して“料理も上手だ”と‘それとなく’自慢することもした。
イ・ビョンホンは10日カナダ、モントリオールに出国する計画. 出演を決めた‘レッド2’撮影のためにだ。 モントリオールを経て英国、ロンドンで撮影舞台を移した後12月末帰国する予定だ。
イ・ビョンホンは“モントリオール撮影が終われば少しの間帰国して‘鉱害’広報活動を行いたいが今までは可能か分からない”として“出国する前まで‘鉱害’広報活動に専念を計画”と明らかにした。
19日に封切りする‘鉱害’は王子と乞食設定のファクション史劇. イ・ビョンホンは朝鮮時代鉱害と底辺人生を生きて政略的な理由で王の席に座る下船を引き受けて1人2役を上手に消化した。
3日開かれたマスコミ試写会で公開された‘鉱害’は充実した物語とイ・ビョンホン・リュ・スンニョン・キム・イングォン・長広など出演俳優の上手な演技がかみ合わさったという評価を受けた。


とても忙しいイ·ビョンホン "光海"の公開見られない、10日ごろ "レッド2"の撮影のために出国
映画'光海:王となった男(以下"鉱害") "で王光海君と賎民下船など1人2役を引き受けた俳優イ·ビョンホンが、残念ながら19日に予定さ封切り日に国内にいない展望だ。現在国内で"光害"のインタビューと舞台挨拶など広報日程を消化し ​​ているイ·ビョンホンは10日ごろ、ハリウッド次期作で決めた映画"レッド2"の撮影のために出国する。
イ·ビョンホン側は""レッド2 "の撮影が前倒しになり、10日ころ出国をしなければなら見込みだ"と述べた。イ·ビョンホンは14日、米国LAのラクマ美術館(Los Angels County Museum of Art / LACMA)で開催される映画祭の日程にも参加しなければならない。このフェスティバルでは、 "光害"が紹介される予定だ。イ·ビョンホンは出国までの残り短い時間の中に"光害"を知らせるために全力を傾けている。4日には午前と午後の報道機関のインタビューのスケジュールを進行した後、夕方にはソウル忠武路大韓劇場で行われた一般試写現場に突然訪ねて舞台挨拶をした。予定になかったイ·ビョンホンの登場に映画ファンたちはびっくりして嬉しさを表示した。もイ·ビョンホンは5日午後11時KBS "ニュースライン"にも出演する。イ·ビョンホン側は""光害"のイ·ビョンホンの愛情が深い。国内で封切りを見られなくて、それまで最善を尽くしてファンを会おうとしている"と話した。イ·ビョンホンの嵐宣伝のおかげだろうか。"光害"への期待はますます高まる状況。ゲームでの反応が熱いうえに、主演俳優のイ·ビョンホンまで腕をまくって出ると映画は速い速度で認知度を高めている。イ·ビョンホンの熱演が引き立つ'光海'は来る19日封切り予定だ。


9/10(月)_イ·ビョンホン主演_鉱害王になった男Movie Talk_ビハインド20120904
9/19(日)イ·ビョンホン主演の[光海-王になった男]公開記念!ポップコラムニストキム·テフンと一緒に[光海-王になった男]ビハインドストーリー!1部9/10(月)午後8時/ 2部9/17(月)午後8時から放送しています!映画を期待される方必見!チャンネルCGVムービートク!お見逃しなく!




-------------------------------------------------------------

インタビュー内容はMoreへ




More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-09-07 23:59 | 史劇 「光海:王になった男」