Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最近のビョンホン!10月

あんにょ~ん

チャールズさん!ニューオリンズから発信してくれてます^▽^))
charlespak1

監督さんのツイッター
Jon M. Chu@jonmchu
(G.I.Joe2関係者のツイートも多数有り!)

レイパークさんのツイッター
RAY PARK
@RAYPARKACTION


ワンモさんのツイッター
Artistview


前月
最近のビョンホン!9月


---------------------------------------------------------------------------------------------
10月29日
今日も、次期作関連の記事から~。
イビョンホン、映画"朝鮮の王"として、国内のスクリーンカムバックが有力

俳優イビョンホンが映画"朝鮮の王"(仮題、チュチャンミン監督、CJ E&M制作)でスクリーンカムバックを考えている。出演が成事ならば、デビュー後初めて史劇になるこの映画でイビョンホンは主人公の光海君に出演し、1人2役演技に挑戦する。
米国では"GIジョー2"を撮影中のイビョンホンは、"朝鮮の王"をはじめ、リュスンワン監督の"ベルリン"を最終検討中であり、米国の活動と国内カムバックを置いて近いうちに歩みを決定するものと見られる。このためにイビョンホンの所属事務所ソンソグ代表が28日午前、米国に向かった。
CJ E&M、映画事業部門の関係者はこの日、"イビョンホンさんと長い間協議し、最近の肯定的なサインを交わした"とし、"具体的な契約書が行き来していて、来週のイビョンホン氏に会うために製作陣が米国に出国する"と述べた。"朝鮮の王"は、かつてのカンウソク監督が準備した野心作だったが、投資とキャスティングの問題で、CJと陣痛を経験し、6月に降板を決めた作品だ。以後、共同製作会社が変わり、"マパ島""愛を逃す""君を愛しています"のチュチャンミン監督が新監督に決まった。

これと関連し、イビョンホン所属社BHエンターテイメントユヒョンソク室長は""GIジョー2"の撮影が11月の終わりがイビョンホン氏が、来年の米国の活動に注力するのか、国内カムバックするか論議中"とし""朝鮮の王"は最終検討中の作品は確かだが、まだ決定されたことはない"と述べた。
最近のイジェギュPDの新ドラマ"ザキング"出演を差し置いたイビョンホンが"朝鮮の王"を肯定検討した理由は、光海君の波乱万丈の生涯をドラマチックに実装するシナリオのためだと伝えられた。
この映画は、CJ E&M、映画部門のコンテンツ開発チームから精選されたプロジェクトで、"オールドボーイ"ファンジョユン作家が脚色に参加した。朝鮮時代の悲運の王、15代光海君と彼とそっくりな賎民の交錯した運命を描いたアクション史劇だ。

悲運の王か・・・そっか。史劇にあんましハッピーエンドはないもんね・・・。





10月28日追記
JOFCのLBH Diaryが更新されましたよ~♪
今回はサンフンさんからです!ビョンビョンの「指圧風親指」に肩もんでもらいたい!(爆)


明日10月29日の放送前に、たくさん記事が出てます!詳しくはこちら~♪
"Africa"' 希望ロード大長征'


新しい映画の記事です!
なんと、時代劇(史劇)??
(ダニエル・ヘニーの次に似合わない時代劇って言われてなかったっけ?!笑)
「事務所ソンソグ代表が28日午前、米国に向かった。」って書いてあるので、次回作はハリウッドじゃないかもしれないですね~♪

こっちでもいいぉ~(^▽^)なんかワクワク!楽しみが増えました~♪
本当に、出るのかどうなるか分りませんが、この朝鮮史劇に出てくる「光海君」と日本とは、かなり深い関わりがありそうです。(ちょうど豊臣秀吉の朝鮮出兵の頃~徳川家康、徳川秀忠、徳川家光なんですよね。)
光海君
光海君(こうかいくん、クァンヘグン、万暦3年(1575年) - 崇徳6年7月1日(1641年8月7日))は、李氏朝鮮の第15代国王(在位:1608年 - 1623年)。名は琿。なお第10代国王燕山君同様暴君として廃位された王であるため、廟号、尊号、諡号、陵名はない。

日本史の出来事一覧



イビョンホン、"私は朝鮮の王"でスクリーンカムバック終盤苦労しています
俳優イビョンホンが映画'私は朝鮮の王である"(チュチャンミン監督、CJ E&M製)で国内スクリーンカムバックを考えている。出演が成事ならば、デビュー後初めて史劇になるこの映画でイビョンホンは主人公の光海君に出演して、1人2役演技に挑戦する。
米国では"GIジョー2"を撮影中のイビョンホンは'私は朝鮮の王"をはじめ、リュスンワン監督の"ベルリン"を最終検討中であり、米国の活動と国内カムバックを置いて近いうちに歩みを決定するものと見られる。このためにイビョンホンの所属事務所ソンソグ代表が28日午前、米国に向かった。




それから・・・
これ!私、実はて見たことないんですよね^~^;(以前ビョン友さんが、「ビョンホンはウソン氏の役の方をしたかったらしい・・・」って聞いたことがありますが、いかんせん見たことないんで・・・゜▽゜;
ポリス 無料配信スタート





10月26日

G.I.Joe2関連ニュースです!
『GIジョー2』 Retaliation (9月~10月~)

10月25日
今日やっと会報が届きました~♪今、読んでいる最中です^▽^))
さて、またまたJOFCからです!
雑誌掲載情報

11月2日発売 「日経ヘルス」12月号
東洋の「美肌&美ボディー」を極める韓国美人に学ぶきれいの作り方というテーマで、撮影中のトレーニングメニューや女性にオススメの韓国食材について、インタビューを受けたそうです!
韓国美人に学ぶきれいの作り方


カフェDaumさんより
Sonyの画像2枚+イビョンホンが語る"スタイルアイコンアワード"+ Chu監督ツイッターに上がってきた写真+カレンダー |





10月24日追記
JOFCにビョンホンの動画が出ましたよ~♪ お元気そうでなによりです!((^▽^))
ところで、まだ会報が届かないよ><。明日には届くかな~?!

“イ・ビョンホン オン ステージ 2011”  

それから放送日程が10月29日に決定しました!詳しくはこちら~♪
"Africa"' 希望ロード大長征'



G.I.Joe2の次は、またハリウッドになるのかな?まさかムーランだったりして゜▽゜;(ーー;)
それから、こちらには春夏秋冬のMVとコンサートの記事が出てます!
SHARE THE VISIONイ・ビョンホンを4Dで感じろ!

渡米中に撮ったソニーのポスター!躍動感があって素敵ですよ!
SONY KOREA & SIRIUS Alpha




プラネットさんより
イ・ビョンホン,次期作もハリウッド? "米エージェンシー提案"

元記事
イビョンホン、次期作もハリウッド?"美エージェンシーの提案"
トップスターイビョンホンがハリウッド進出を本格化する見通しだ。去る7月から米国で'GIジョー2"の撮影に突入したイビョンホンは、来年初めに撮影が終わればまた他のハリウッド作品の出演を念頭に置いている。これまで、"GIジョー2"の撮影が終われば、国内の作品をしようとした計画を修正し、米国進出を本格化するもの。当初のイビョンホンは'GIジョー2"の撮影が終われば、国内の作品をするつもりだった。リュスンファン監督の"ベルリン"やイジェギュPDの"キング"出演説が出回ったのもそのためだ。所属社BHエンターテイメント関係者は"米国のエージェンシーでは様々な作品を提案してきた"として"'GIジョー2"の撮影が終了後、2〜3か月以内に撮影できる、国内作品がなければ次回作もアメリカの作品になる可能性が高い"と述べた。TVドラマにしても、映画にしても、2〜3か月以内に撮影することができる作品は、ほとんどない。
イビョンホンの次の歩みは、米国になると思われる。イビョンホンは、米国最大のエージェンシーのひとつであるWMEの所属である。WMEでイビョンホンが'GIジョー'を終わらせた後、いくつかのハリウッド映画出演を提案したが、当時、"アイリス"と"悪魔を見た"の撮影に入りながら霧散されていた。所属事務所関係者は"国内作品のスケジュールに合わせて見ると、アメリカの映画を撮ることができない場合が多かった。作品にもよりますが、今回はアメリカ側の作品を注意深く見ている"と伝えた。一方イビョンホンは、撮影中の'GIジョー2"は、映画"ステップアップ3D"を演出したジョン追加監督がメガホンを取ったしチェニングテイタム、レイパーク、アーノルドボスルなど、前編の登場人物で、ブルースウィリス、ドウェインジョンソン(通称"ドラク")とレイスティーブンソン、美女スターエロディユンが参加している。2012年の夏に封切られる予定だ。







その他の映画の話し・・・
イノライフさんに出て来た記事ですが、チャンイ死んだし・・・でも、回想シーンで出たりするの?!

『グッド・バッド・ウィアード2』が出る、現在シナリオ作業中
韓国映画アクションブロックバスター『グッド・バッド・ウィアード』(原題:『良い奴、悪い奴、変な奴』)が続編で帰ってくる。
1篇の投資制作社であるパルンソン関係者は「『グッド・バッド・ウィアード2』を制作する予定で、現在シナリオ作業中であり演出を行う監督はまだ決まっていない」と語った。この関係者は「前作の俳優ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン3人中少なくとも1人はキャスティングすることを目標としており、アクションドラマというジャンルも維持する計画」だと説明した。特に前作の時間的背景となる日本植民地時代は続編でも同一に設定されるが、ストーリーの連結はまだどうするか決定していないと語った。
映画『グッド・バッド・ウィアード』は韓国型ウェスタンアクションジャンルを標榜したブロックバスターでソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソンなどトップスター達が出演して話題と期待を集めた。 2008年7月に封切りされて672万人の観客を動員した。


前日はMoreへ



More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2011-10-29 11:30 | 이 병헌
あんにょ~ん


G.I.Joe2の撮影はきっと、順調なんでしょうね~!ってことでいいよね?!(笑)何か記事が出て来たら、追記していきます^▽^))



さてさて、ノムカフェDaumさんからですが、もう皆さんご存知~(笑)「親の反対にも愛の守りそうな芸能人1位はイビョンホン」と「歌手ホガク(26)がパク・ボラムと一緒に韓流スターイ・ビョンホンと個人的に会った」って記事を取り上げますね!

両親の反対にも愛守りそうな芸能人1位はイ・ビョンホン、オム・ジョンファ

最近KBS2TVドラマ‘姫の男’が連日話題だ。劇中劇中ギムスンユとイセリョンの悲劇的なラブストーリーが視聴者の心を一気に奪ったこと。ところで‘姫の男’がただ虚構だけではない。劇中のように私の両親を殺した元帥(敵)の子供ではなくても、他の理由で両親の反対がありえる。 もし‘姫の男’のような状況が現実になるならば大韓民国未婚男女はどのように行動するだろうか?
600万シングルらの代表結婚情報会社レドゥヒルスが自社会員587人を対象に‘家が反対する愛’に対してアンケート調査を実施した結果、‘家中で反対してもあきらめない’を1位に選んだ。

男性会員(285人)は反対してもあきらめない(62%)あきらめる(29%)よく分からない(9%),女性会員(302人)は反対してもあきらめない(70.2%)あきらめる(24.3%)よく分からない(5.5%)順で答えた。
男女会員共通で‘反対してもあきらめない理由’に対しては愛するから(50.9%)私の人生だから(28.4%)今は反対しても時間が過ぎれば理解してあげることと考えるから(16.5%)その他(4.2%)と答えたし、反面‘あきらめる理由’では大人たちが理由なしで反対しないため(41.3%)反対する結婚はしたくないため(32.8%)自分の選択に自信がなくて(20.2%)その他(5.7%)を選んだ。
また‘納得できない両親の反対理由’は相性や観賞(観相)(47.8%)長男や初孫、一人娘など家族関係(22.3%)年齢の差(18.2%)職業や学歴(9.5%)その他(2.2%)と答えた。


最後に結婚適齢期を遥かに越えた芸能人中‘両親の反対にも愛を守りそうな芸能人’に対しては男芸能人はイ・ビョンホン(33.4%)イ・ジョンジェ(25.7%)ペ・ヨンジュン(22.1%)キム・ジュヒョク(15.4%)キム・ジェドン(3.4%),女性芸能人ではオム・ジョンファ(26.6%)キム・ヘス(23.1%)キム・ソナ(20.7%)キム・ジョンウン(17.5%)チェ・ジウ(12.1%)と答えた。


そういうことで、第一位ですって^~^;;




では次!




そういえばビョンホンがオフの時、家でスーパースターK2を見てて、パラ・ボラムがいい!!って騒いでたよね~♪ 希望をかなえてあげるなんて、やっぱいい先輩なんだね!

パク・ボラムファン"イ・ビョンホン、本当にパク・ボラム会った〜バプサゴミュージカル

歌手ホガク(26)がパク・ポラムと共に韓流スターイ・ビョンホンと個人的に会った理由を伝えた。

自身の名を連ねた新報‘ファースト ストーリー(First Story)’を出してタイトル曲‘ハロー(Hello)’で活動中であるホガクは最近enewsとのインタビューでパク・ポラムと共にイ・ビョンホンに会った理由を公開した。
ホガクは“去る2月頃パク・ポラムから連絡がきたが、イ・ビョンホンに会いに行くとし一緒に行こうといった。 共に出て行ったが本当にイ・ビョンホンが来ていたよ”として“共にご飯を食べるのにとても珍しかった。 知りたいことをたくさん尋ねた”と話した。引き続きホガクは“イ・ビョンホンが当時'近い将来米国に映画を撮りに行く'と言った”として“写真も一緒にとったし、あれこれ知りたいことをたくさん尋ねた”と伝えた。
ご飯を食べた後イ・ビョンホンはパク・ポラムと共にミュージカルを見に行ったと。

良く知られた通りイ・ビョンホンは‘スーパースターK2’トップ11中パク・ポラムのファンだ。 昨年イ・スンチョルがあるインタビューを通じて“イ・ビョンホンにパク・ポラムを脱落させたと抗議を聞いた”と明らかにしてこのような事実が知らされた。 以後パク・ポラムは‘スーパースターK2’特集放送でイ・ビョンホンに“好んで下さって感謝する。 必ずご飯ごちそうしてくれ”と話したし、イ・ビョンホンはこれを守った。
一方ホガクは‘ハロー’で'スーパースターK2'優勝の光栄を再演している。 29日放送されたエムネットの音楽プログラム‘エム カウントダウン’で1位を占めた。




関連記事(2010年)
本格的な休息に突入中~!その5 (10/15~10/24)

本格的な休息に突入中~!その6 (10/26~10/31)










[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2011-10-08 10:08 | 이 병헌
あんにょ~ん

日経エンタテイメント10月号(9月3日発売)


先月9月7日に紹介した、百度さんの記事はそっくり消滅していたのですが、韓国で記事になったので、紹介します!


先ずはこの記事から

韓国語の記事
チェ・ジウ, 日 知名度-人気むかしのままだね…韓流スターランキング 1位



そして日本語の記事から
にこにこニュース

ジウ姫'チェ・ジウが変わらない日本での人気の高さを証明した。
チェ・ジウは経済新聞社の子会社'日経BP'が発行する雑誌'日経エンターテイメント'最新号の特集記事で、韓流スターランキングの'人気度'と'知名度'部門で1位に輝いた。

日経エンターテイメントの記事によると、日本在住の15才以上59歳以下の女性300人を対象に8月~9月にわたって調査した結果、チェ・ジウはキム・テヒ、イ・ヨンエ、ユン・ソナなどそうそうたる韓流スターを抜いて、2部門でトップに立った。

チェ・ジウの所属事務所関係者は「韓国のファンはもちろん、元祖韓流スターであるチェ・ジウの海外ファンが日本、香港、中国、台湾、フィリピン、マレーシア、アメリカ、ハワイ、カナダなどからプレゼントや応援メッセージブックなどを送ってくれている」と伝えた。
男性部門ではペ・ヨンジュン、イ・ビョンホン、チャン・グンソクが知名度部門で、チャン・グンソク、イ・ビョンホン、ウォンビンが人気部門でそれぞれ1~3位を占めた。
一方、チェ・ジウは現在MBC水木ドラマ'負けてたまるか'で弁護士イ・ウンジェ役を熱演中だ。

-------------------------------------------------------------


最近はどこをむいてもK-pop関係とグンちゃんばかりで、ビョンホンの名前が聞けなくて残念ですが、それでも我らがビョンホンはなかなか好位置をキープし続けていると思いませんか?
人気度も知名度も共に2位ということは、やっぱドラマ「アイリス」や「黒田康作」で、韓流好き以外の一般人にも俳優として演技のうまさとか、かっこよさ^▽^とかアクションのキレとか英語のうまさとか・・・etc.あげたらきりがないけど^~^ともかく、名前と顔が一致する韓国俳優として認められたって事でしょうかね?!
((^▽^))

私としては、2位でOkです!嬉しかったです!






More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2011-10-07 00:52 | 雑誌
あんにょ~ん

この貴志祐介さんの「黒い家」を本で読んだ時、「薄暗い中に、目を懲らすと見えてくるその光景」が、あたかも自分がこの目で見てしまったかのような気がして、「しばらくドアを開けるのが恐怖」・・・って記憶があります。一生のトラウマになりそうな程・・・。
なので、映画化された「黒い家」も、その後、韓国でファン・ジョンミン主演で映画化された「黒い家」も見ませんでした。だって、文章を読んで自分の脳裏で想像しただけで「ぎゃ~」って思うのに、映像を見たらとんでもないことになってしまうもの・・・。精神が壊れそう。
もし興味のある方は本を読んで、それから映画をみるか、見てから読むか、好きなようにして下さいなぁ・・・。もう絶対忘れられない作品になるはずですよ!ズシンとくると思います。(笑)

で、「黒い家」の映画を見ていないのにツベコベ言うのも何ですが、大竹しのぶさんがでるんですよ・・・。きっとすごいことになってると思います。怖いもの見たさで興味のある方は是非どうぞ!そしてもちろん韓国版も見て下さいなぁ!きっと連続で体験したらもの凄いことになると思います。ビョンホンとミンシクおじさんが出た「悪魔を見た」とはまた違う恐怖だと思いますよ!ああ怖っ・・・(笑)

って前置きが長くてすみません。

とっても興味深い記事です!



プラネットさんから
新聞短信(単身)でインスピレーション得て,人間の悪暴きます

(この翻訳・・・全然意味不明ですね^^;)


新聞短信(単身)でインスピレーション得て人間の悪暴きます

日本最高ジャンル文学作家 貴志祐介

保険会社で8年職場生活

“ワニ”のような顧客会った後 (←ワニ??)

人間本性尋ねる作家変身

‘黒い家’等成功して映画で

作家を夢見たが、保険会社の職員となった貴志祐介(53)が二十九歳の時に再作家に挑戦することに決心したことはまったく、その中を知ることができない不思議な顧客に会ったのがきっかけだった。

言葉でも心が全く通じない、言葉で説明しにくい感じを与えるそれらの顧客を見て、まるで、"日本語で言うワニ"とものような感じを受けたという。 彼はその奇妙なお客様の本性が感情を感じることができない連続殺人魔"サイコパス"ではないかという考えをしたし、人間に内在する悪に対して関心を持つようになった。

仕事と生活8年ぶりに貴志祐介は仕事をやめて小説家に出た。 しばらくさまよった彼は、1995年の阪神大震災を目撃し、大きな衝撃を受ける。 そして、この大惨事​​を素材にした小説"13番目の人格"として三十七歳遅い年齢でデビューをした。 その後、彼は出す作品ごとに映画化される日本最高のジャンル文学作家として成功した。 恐怖と謎のいずれかに区分しにくい、ユニークで多様な素材、人間についての深い質問を投げる主題意識が目立っている彼は、国内にも多くのファンを抱えている。

最近イビョンジュ河東の国際文学祭に出席するため韓国を訪れた貴志祐介を先月29日、ソウル仁寺洞のある食堂で会った。 悪の問題を執拗に食い込むの作品世界とは異なり、貴志は端正なルックスで物静かな学者風だった。



-- サイコパスを扱った"黒い家"は、韓国でも人気が良かったし、映画にもなった。

"2007年に初めて韓国に来た時、映画にカメオで出演した。 日本から来たお客さん役だったが、編集過程で切り捨てられて出ることはなかった(笑)不思議なことに日本版より韓国版"黒い家"は、原作の感じにもっと近かった。 よく作った映画だと思う。"



-- 最近、国内でも出版された新作"悪の約束"は、学校空間にサイコパスの教師がいるときに起こることができる衝撃的な内容だった。 なぜ、学校という空間を選んだのか。

"年齢が上がるにつれ、組織ということに対して不信になる。 今回の日本の大地震を見ても、東京電力とは、組織にも大きな力を与えたし、これらの誤りに災害が起こった。 しかし、どの新聞社も、さらには事件後も、これらを適切に批判する記事を見たことがない。 組織は人のために作ったように見えるが、作成すると、組織のための組織になってしまう。 学校はそのような閉じた社会の組織である。 日本ではいじめ、学生が自殺していることが多く、常に校長は、"私たちはイジメがなかった"とだけである。 死んだ子供を思う気持ちは少しもなく、結局、学校という組織を守るためだけに動く。 <悪の戦闘>の悪魔のような主人公は、その狭い世界のサメのように飛び込んだのだ。"



-- "悪の約束"が映画化されると聞いた。

"主人公があまりにも強いキャラクターなので、日本の俳優よりも、むしろ韓流スターが適切な人々がもっと多かったようだ。"



-- 韓国俳優ならば誰が主演に向いて見えるが?

"イビョンホンさんが似合いそうだ。 彼の映画"悪魔を見た"が日本で封切りした時、私は推薦文を書いた。 あの有名な韓流俳優がそのようなひどい役をしてびっくりした。 映画は非常によかった。"



-- 非常に様々な素材を作品に活用する。 どのように材料を捜すことか。

"インスピレーションは主に新聞の速報記事から得る。 背景説明もなく事実だけを伝達するため、なぜこんなことが起きたのか、個人の問題なのか、社会構造的な結果なのか想像してみる。 このようなものが作品につながっている。"



-- "天使のささやき"は、線虫という特異な素材で寄生生物と宿主の関係を愕然と描いた。

"ある日、風邪にかかり、ふと、"風邪は悪いウイルスが、もしこれが人間に快感を与えるとどうなるのか"気になった。 その考えから出発した。"



-- 人類滅亡後に超能力を持った人間たちの話である"新世界より"は、SF的な試みであった。

"動物たちが戦うのを見ると、オオカミのような場合、片方が床の戦いが終わります。 一方、マウスはどちらかが死ぬまで戦う。 人間はジュウィチョクイダ。 そこで、世界で紛争が後を絶たない。 人間に無限の力が生じれば、ネズミのように相手をみな殺しリッジではないか。 それが"新世界から"のテーマだった。 世の中で一番怖いのは人間である。"


エキサイト翻訳版
新聞短信(単身)でインスピレーション得て人間の悪暴きます




[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2011-10-05 01:19 | 映画