Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

<   2010年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


9月10日

ソウルドラマアワード2010

ソウルドラマアワード2010授賞式
 日時:2010年9月10日 17:35~19:45(レッドカーペット:16:30~17:30)
 場所:汝矣島(ヨイド)KBSホール
 ※当日、授賞式の模様をMBCテレビで生放送



------------------------------------------------------------------------------------------------

私が選ぶ!
ソウルドラマアワード2010投票イベント  8月26日まで


ランキング結果
韓国内では3位です!

 
---------------------------------------------------------------------------------------------------
8月29日
【週刊韓(カラ)から】ソウル国際ドラマ・アワード 韓流主演男優賞にイ・ビョンホンら (1/2ページ)
(2/2ページ)

世界の優れたドラマや出演者らを表彰する「ソウル国際ドラマ・アワード」がソウル・三成洞の韓国総合展示場(COEX)噴水広場や汝矣島、明洞一帯で9月1日から始まる。6回目となる今年は、過去最大規模となる43カ国の172作品が出品された。

今年は本賞のほかに、「韓流部門」が新設され、組織委員会はこのほど、大賞受賞作にドラマ「推奴(チュノ)」、主演男優賞に「チュノ」のチャン・ヒョクとドラマ「IRIS(アイリス)」のイ・ビョンホン、主演女優賞に「善徳女王」のコ・ヒョンジョンと「華麗なる遺産」のハン・ヒョジュを選定したと発表した。
組織委員会は昨年4月1日から今年4月末の間に放送された韓流ドラマの中から、韓国ドラマ制作会社協会などから推薦を受けてドラマを絞り込み、10カ国以上に販売された作品を対象に審査し、韓流部門の受賞者と受賞作を決定した。
一方、本賞の選考はこれからで、授賞式は、最終日の来月10日にソウル市内のKBSホールで行われる。作品賞(短編・ミニシリーズ・長編)部門と個人賞(演出賞・作家賞・男優賞・女優賞)部門に分かれており、審査委員特別賞も選定する。
作品賞・短編部門には、日本のNHKドラマ「火の魚」やテレビ東京のドラマ「シューシャインボーイ」など6作品、ミニシリーズ部門には「チュノ」や日本のTBSドラマ「JIN~仁~」、米国の「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」など7作品がそれぞれノミネート。
作品賞・長編部門には韓国の「善徳女王」、日中共同制作の「蒼穹の昴」など6作品が候補となった。

男優賞には「アイリス」のイ・ビョンホン、「NCIS~ネイビー犯罪捜査班」のマーク・ハーモンら7人が候補として選ばれ、女優賞には「蒼穹の昴」で西太后役の田中裕子、NHKドラマ「火の魚」の尾野真千子ら8人がノミネートされている。

授賞式に先立ち、ヤフーの利用者を対象にしたドラマ・スターの人気投票も実施。25日現在、韓国の人気ナンバーワンは男優・女優ともに「華麗なる遺産」に出演したイ・スンギ、ムン・チェウォン。日本のナンバーワンは、男優、女優ともに「仁」に出演の大沢たかお、綾瀬はるかとなっている。







8月21日
あんにょ~ん
昨日頂いた賞が、このソウル・ドラマアワード2010の新設の賞だってことがわかるまで、若干時間が掛かりました~(笑)
なんてつべこべ言ってますが、おめでとう~! 

ソウル・ドラマ・アワード2010本選進出作

色々応募がありますけど知ってました?当たると9月10日の招待券とか航空券とかもらえるみたいです!
ふるってご応募してね~!
イベント参加
私は投票しかしてなかったけど^~^;


innolifeさんより
イ・ビョンホン&コ・ヒョンジョン&チャン・ヒョク&ハン・ヒョジュ「韓流特別賞」
コ・ヒョンジョン、チャン・ヒョク、イ・ビョンホン、ハン・ヒョジュが、韓流拡散の功労を認められた。
20日「ソウル・ドラマ・アワード2010」組織委員会は、今年新設された韓流特別賞受賞者に、彼ら4人を選定したと明らかにした。
韓流特別賞はドラマを通した韓流拡散と輸出増大に寄与した作品に与える賞だ。演出家、作家、俳優部門がある。
演出部門は『チュノ』のクァク・ジョンファンPD、作家部門は『善徳女王』のキム・ヨンヒョン、パク・サンヨン氏が受賞した。 『チュノ』は、韓流部門大賞も獲得した。


韓国語の記事
イ・ビョンホン·チャン・ヒョク,'ソウルドラマアウォーズ' 主演男優賞共同受賞

俳優イ・ビョンホンとチャン・ヒョクが ‘ソウルドラマアウォーズ 2010’の主演男優賞共同受賞者に選定された.20日ソウルプレスセンターで開かれたソウルドラマ語ウォーズ記者会見で KBS 'アイリス'のイ・ビョンホンのような放送社 'ツノ-'のチャン・ヒョクが男優主演賞受賞者名簿に名前をあげた.
主演女優賞受賞者では MBC '宣徳女王'のコ・ヒョンジョンと SBS '燦爛たる遺産'のハンヒョズが決まった.作家上は '宣徳女王' シナリオを引き受けた金英賢,朴上演作家に帰った.
また今年新設された寒流部門対象受賞作で 'ツノ-'が抜かれたし ‘ツノ-’のグァックゾングファン監督も演出上受賞者に選定されながら 3冠王の栄誉を抱いた.
2005年初開催されたソウルドラマアウォーズは今年 43ヶ国 172作品が出品されたし本選授賞式は 9月 10日午後 6時35分 KBSホールで開催される.



[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-29 19:30 | 映画祭
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
いよいよ終わりが近いですね・・・・涙。

9月1日、2時間スペシャルでほんとうに地上波が終わってしまいます・・・。4月から毎週水曜日、あわててテレビの前に座った日々がもう懐かしく感じますね。

さて、本日はそのラストの一つ前。スンヒがドンドン臭く臭くなっていきます。さすがのヒョンジュンもスンヒ微妙~って思う回ですよね?!
で、TBSのツイッターを見ると、日本地上波は第1回目[韓国版1+2話],・・・第17回目[韓国版18話], 第18回目[19+20] で、韓国版全20話→日本地上波版18話って感じで編集したんですね。

本日17回目はタプ君の受難の回でしたっけ?^^;違いました・・・。ミジョンがパキッてされる回でした。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

TBS 『IRIS -アイリス-』精力的に更新中^^
JOFC
twitter lbh
twitter iris
twitter feel_lbh
テレビもラジオもTBS!! 
ドラマ公式ガイドブック

秋田といえばイスキアホテル ただ今更新中!
アイリス秋田ロケ公式記録集 イスキア寄稿 第一話(全11話)

ORAEさん
オラエさんのHP

韓国ドラマ「アイリス」(イ・ビョンホン主演)/字幕版TBSチャンネル

水曜枠 視聴率第2クールもガンバレ!!
微増してます(たぶんきっと・・・) ゜▽゜;
-------------------------------------------------------------------------------------------
8月29日
昨夜の大曲の花火はすごくよかったみたいですね!(ニュースでみました^^;)
で、゜▽゜;?一昨日だったか昨日だったか~定かじゃないんだけどTBSの「アイリス」番宣に遭遇しました。
6チャンにしてることが少なかったりしてるもんで(苦笑)、まだ1回しか見てないんですが、「最終回まであと4日・・・」って。
これって前日までカウントダウンで行くんですかね?3、2、1!じゃ~んって?
でもいよいよ終わりって言われると非常に淋しいですね・・・。
TBSさんは一生懸命してくれたんでしょうが、何かもう少し方法がなかったのかな?って思っちゃいます。今更ながらですがもう少し大切に扱ってほしかったような気がしました。あんなに渾身を込めて撮ったドラマだからなんか悔いがのこります。

全然話が違うんですが「キンスマ」見た方いますか?「いとうあさこさん」のお母様が「三田佳子風」で台本じゃないのに、あのしゃべりには驚きました~♪まるでドラマを見てるようでした^▽^))
意地悪な安住アナもさすがに負けてましたね~(笑)で、番組では、いとうあさこ「私宅編」と「実家編」が出て来ましたが私宅で、安住さんが言葉でもリアクションでもいとうさんに負けてて、かなりテンパッテル感じで面白かった~!安住さん、いとうさんはどう?

「アイリス」熱狂再び、表彰式会場の県庁周辺 早朝からファン
本県でロケを行った韓国ドラマ「IRIS(アイリス)」に、チン・サウ役で出演した俳優のチョン・ジュノさん(39)らが27日、「県イメージアップ貢献者表彰式」のため、県第2庁舎を訪れた。周辺には大勢の熱狂的なファンが集まり、ロケ当時の“アイリスフィーバー”がよみがえった。

 式典には200人の一般参加者も出席。同庁舎1階には入場整理券を手に入れようと早朝からファンが続々と集まり、正午までに定員に達した。午後2時過ぎ、チョンさんらを乗せたバスが議会棟前に到着すると、ファンは携帯電話のカメラを向けたり、「ジュノシ(ジュノさん)!」などと歓声を上げたりしていた。

 列の先頭に並んでいた埼玉県蕨市の坂井幸子さん(62)は、友人3人と夜行バスで来県、午前6時過ぎにJR秋田駅に到着したという。「楽しみが待っているから待つのも苦にならなかった。秋田は初めてだけど、ドラマ通り自然がいっぱいできれいなところ。こういう形で来れるとは」と話していた。




8月27日追記
さすが・・・ビョンのスイスをリアルで追っかけてる人はいるんだろうか?
広い世の中だから・・・いるかもね~^^;

さて、ジュノさん達が秋田にいらしてますね~。
秋田はこの夏雨続きで結構大変だったと思います。
有名な花火も雨が降ったら河川敷も大変だろうし・・・なんて心配してました。
でも明日は晴れ&曇り!大丈夫だと思います^▽^))だってビョンがいないんだから~(笑)((゜▽゜;))


ウリ地方の若者カップル達は「大曲の花火」を二人っきりで見れるポイントを捜し、山や谷や木陰やホテルの小部屋や(爆)色々楽しんでいるらしいですよ~!
明日は第84回 全国花火競技大会「大曲の花火」
平成22年 8 月28日(土)  大曲の花火は今年で100年を迎えます!


ジュノさんも行かれるのかな?是非、日本の花火を堪能してもらいたいですね~!

「大曲の花火」

記事
アイリス効果で知名度UP 秋田県がビョン様らに感謝状
韓国で大ヒットしたドラマ「アイリス」を通じて、ロケ地となった秋田を韓国に広く伝え、知名度アップに貢献したとして、秋田県は27日、主演のイ・ビョンホンや監督ら10人を表彰した。
県庁で佐竹敬久知事から、主人公の親友役を務めたチョン・ジュノらに感謝状が手渡された。チョン・ジュノは「ソウルから来るときの飛行機が満席で、アイリス効果を実感した」と驚いた様子。「アイリスを通して(今後放映予定の)アジア各国にも秋田を紹介していきたい」と話した。
制作会社のチョン・テウォン代表は「次作もぜひ秋田で撮影したい」と意欲を見せた。
韓国では、ドラマに登場した同県仙北市の田沢湖や乳頭温泉郷などに人気が集まり、秋田への観光客が急増した。


台湾マジックボックスさんより
表揚提高秋田縣知名度「鳶尾屬植物」演出者10人

雑記帳:韓ドラ「アイリス」表彰 秋田県イメージアップで  外4件



8月25日
最終章へ突入です・・・。
TBS 午後9時~お忘れなく!!!^▽^)


番宣見ました・・・

ヒョンジュン:「どういうことなんだ?」

何度も見てるはずなのに・・・またまた新鮮で面白かった~♪
今回もサウの苦悩は続きますね・・・で、ヒョンジュンはいつの間にか仕事をするはめに・・・。


それにしても冒頭のチェジュは「こそばゆい」(←方言?)っていうか・・・なんか(笑)
あんな不自然な愛の形でしたっけ~?
でもビョンホンが歌う『Stay』が聞けたからよかった~♪
しかし苦節2~3年(?)を埋めるお泊まり会なのにスンヒって友達に会いに行くとか・・・。どういう神経してるのかよくわかんないオンナですよね。普通好きなオトコだったら女友達との約束はナシでしょう??

来週が楽しみだわ~!
ノベライズはNo.1しか読んでない・・・。早く読まないと!


秋田魁新報
県、「アイリス」出演者ら10人表彰へ 本県の知名度アップ
韓国で昨年大ヒットしたドラマ「アイリス」で、ロケ地となった本県の知名度を高めたとして、県は24日、主演のイ・ビョンホンさんら主要キャストや監督など10人に感謝状を贈ることを決めた。27日に秋田市の県庁第2庁舎8階大会議室で、チン・サウ役のチョン・ジュノさんらを招いて授与式を行う。県は7月に県の認知度やイメージアップ、県民の元気創造に貢献した個人や団体を表彰する「イメージアップ貢献者表彰」制度を創設。イさんらはドラマを通して本県の認知度を高め、旅行客を急増させるなど「アイリス効果」をもたらしたとして、今回初めて適用されることになった。
感謝状はイさん、チョンさんに加え、チェ・スンヒ役のキム・テヒさん、パク・チョリョン役のキム・スンウさん、キム・ソンファ役のキム・ソヨンさん、ビック役のチェ・スンヒョンさんと、制作会社代表、監督2人、コーディネーターの計10人に贈られる。
授与式は27日午後2時40分から一般公開(先着200人)で行い、チョンさんと制作会社代表、監督1人、コーディネーターの4人が出席する。鳥取県がロケ地となる「アイリス」の新シリーズ「アテナ」に出演するキム・ミンジョンさんも臨席する予定。
当日は午後1時から、第2庁舎1階エレベーターホールで入場整理券を配布する。








[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-29 08:38 | アイリス
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
9月16日

メイキングフィルム
twitvid지오투 10' F/W 광고촬영 메이킹 필름 공개!!! 이병헌씨의...

twitter  GGIOII 지오투



8月24日
プラネットさんからです!
今年の秋はタータンチェックが流行るんですって~♪
そういえば゜▽゜))新作秋冬パンプスでも布製のチェック柄を見かけました~♪

^▽^))ビョンといえば白いシャツとチェックのシャツを思い浮かべますよね
(〃▽〃)

やっぱりかっこいい~
今年秋大勢は ‘チェック’

今年の秋には、チェックパターンに注目してください!秋には定番のアイテムとして人気のチェックのシャツはもちろん、パンツ、カーディガン、ベスト、ジャケット、ジャンパーまで、様々なチェックが適用される。特にクラシックせてばかり考慮されていたチェックのパターンが様々なカラーと交差され、風変りな雰囲気を演出すると、変形したチェックパターンは、より今風に表現されている。


昨年までたくさん見られていたギンガムチェク( gingham /水平、垂直方向の間隔で微細な格子模様を作り出すの点検)より'タータンチェック( tartan ) 'のように線の太いチェックが流行る見込みだ。ニット類は、伝統的に多く適用されているアーガイルチェックがよりクラシックに表現されている。ペンチュリュには、集団化されたストライプを水平、垂直方向に及ぶ『グレンチェック( glen ) 'が多様に適用される。

カラーは、シーズンを反映したブラウンが強気である。砂漠のオーラを感じることができるキャメルブラウンや秋の紅葉の感じを与えるブリック(レンガ)ブラウンなど、さまざまなブラウン色のチェックに表現される。特に、ブラウンのカラーをさらに豪華で暖かく演出するグレー、ワインなどのカラーが一緒に表現されることもある。

*写真は、イビョンホンをモデルにアーガイルチェックのカーディガンとチェックのシャツを披露した"ジオト" ...

ジオトモデルされたビョングホンニムの他の写真



8月17日
百度さんより
【最新代言】『2010/08/11』秉宪成為GGIOⅡ西服代言人





More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-24 23:03 | テレビ・ラジオ・CM
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
8月24日追記
プラネットさんに「悪魔を見た」のビョン、ミンシクさん、ジウン監督の主要インタビューがまとめて載ってますよ~!で、インタビューもビョン、ジウン監督と最近ミンシクさんのインタビューもまとめはじめてるので重複してると思いますが、何度読んでも理解する上で損はないと思うので^▽^))載せてみました。

したい話に終わりがない







More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-24 22:30 | 悪魔を見た

マドンナのみなさ~ん あんにょん!
プラネットさんに色々出てましたので紹介しますね^▽^
もちろん゜▽゜;ビョンホンやジウン監督のインタビューはネタバレがあるってことも知ってると思いますが・・・(笑)

8月24日
悪魔を見たキム・ジウン監督-イ・ビョンホン "目つきだけ見ても心てきぱき"

映画 <악마를 보았다>(製作ペパーミントアンドカンパニー)を合作したキム・ジウン監督と俳優イ・ビョンホンは共生関係だ。 <달콤한 인생><좋은놈, 나쁜놈, 이상한놈> などキム・ジウン監督の作品に多数出演したイ・ビョンホンはキム監督のペルソナと呼ばれる。 だが'ビール味も分からない'キム監督と酒を楽しむイ・ビョンホンはそれほど似ていなかった。

キム・ジウン監督は最近他の監督らと共に某ビールCFを撮影した。 キム監督は他の監督らに"ビール味も分からないながら"として面と向かって責めてビールを引き寄せる。 本来キム監督は酒を良く飲まない。 "キム・ジウン監督は基本的に私とひどく他の人だ"と暗示したイ・ビョンホンは"キム・ジウン監督は酒を飲まない。 だからそのCFは真のアイロニーだ。 酒を飲んでも重さを捉えているほうだ。 ポムセンポムサだ"と冗談を言った。
作品を通じて長い間疎通してキム・ジウン監督とイ・ビョンホンは誰より懇意な間で発展した。 だが、本来以前より対話は減った。 あえて話をしなくても通じるためだ。 以心伝心だ。 イ・ビョンホンは"言葉で説明しなくても他の方法で表現するのを好むほうだ。 表情だけ見ても何を要求するのか分かる。 キム・ジウン監督が'カット'をした後何か話そうとすれば私が'分かった'で話した後分かってまた撮影する"と話した。

<악마를 보았다>エソもキム・ジウン監督とイ・ビョンホンの心は一つに固まった。 劇中ペンションでスヒョン(イ・ビョンホン)と軽鉄(チェ・ミンシク)が先日を払った後スヒョンが自動車リオミロを見て顔に付いた血をぬぐい取る場面が代表的だ。 イ・ビョンホンは"<악마를 보았다>増えた孤独だということ、寂しさが唯一重要だった映画だ。 顔に付いた血を見て磨いて鏡の中に映った姿を見てかっと後取りまとめる場面がある。 キム監督と私もこの場面が好きだ"と説明した。
キム・ジウン監督とイ・ビョンホンが呼吸を合わせた <악마를 보았다>増えた22日まで全国観客120万人(映画館入場券統合コンピュータ・ネットワーク提供)を集めて興行巡航中だ。




8月23日
M25[インタビュー]
このM25のトップの画像は鏡像だよね゜▽゜;?
‘無鉄砲’俳優’ イ・ビョンホン

韓流スターを越えてもうハリウッド スターになったイ・ビョンホンに会うまではやり言葉で迂余曲折を体験した。封切り2ヶ月前からインタビュー交渉を開始、インタビュー担当者と50通に近い電話通話をして諜報作戦をほうふつさせる程のインタビュー調整が広がった。やはり容易ではなかった。映画<悪魔を見た>行って下半期忠武路(チュンムロ)最大の話題作だったことも理由であり、封切り直前さく烈した制限上映可等級判定も一役(?)した。おかげでインタビュースケジュールは絡まるだけ絡まって同じだ。 インタビュー前日までインタビュー時間は数回にかけて調整に調整を繰り返した。苦尽甘来て終わり、M25はグループ インタビューでない単独インタビューでイ・ビョンホンに会うことができた。 M25がイ・ビョンホンに会った日. 彼は午後1時から8時までリレーインタビューをしている状況だった。 途方もないスケジュールに打って疲れるほどでもあるが彼は特有の‘花微笑’を作って顔一つしかめない。 かえってイ・ビョンホンが先にうれしく挨拶をした。


世の中にやさしい演技はない

試写後言論反応が交錯する。心境がどうなのか.映画が残忍だという反応だけ浮上させるのが気にかかる。この映画が見せようと思う主題とは違ってしきりに暴力性ないしは残酷性の程度にだけ集中照明になるようだ。それで映画を本当に好む熱いファンらがこの作品をのがして行くかと思って心配だ。

暴力程度の程度はシナリオ上からすでに分かったはずなのに。復讐の過程を描いた作品とか暴力の程度や残酷性の程度はある程度予見した。ところで実際に撮影した完成本を初めて見て私も驚くべきだったよ。そのような程度の残酷性が果たして必要だったかを置いてじっくり考えてみた。 結論は‘必要だ’であった。 わずか何分前まで電話機を通じて愛歌まで呼んでくれた、世の中で最も愛したフィアンセがとても凄惨で残酷な方法で連鎖殺人魔に殺害にあった。 それも面白味で殺害にあった。 誰かそのような状況に置かれたとすれば100ならば95人程度は単純に法によりその殺人魔を処断するのは不足だと考えないだろうか。 この映画はその復讐の過程を緻密に見せる。 興味深いことはその過程を見れば単純に復讐に同調した人々の心も変わるということだ。

どのように変るというのか。私が演技したスヒョンに観客全部感情移入になってある瞬間、“これはちょっと違ったようだが”という反応を見せないだろうか。復讐を言葉だけですることと復讐の過程を緻密に見せること間で明らかにそのような感情を感じることになるだろう。残酷性の程度でだけ映画をいわないで、こういうスキ間の差に対する議論がなされたら良いだろう。

観客と評壇でこの映画を不便に見る理由は何だと考えるか。劇中登場する殺人魔が子供たち学院(塾)車を運転する人ではないのか。日常の中平凡な人がそのような極悪なことをすることで来る不便さが大きい。 ところで残酷程度でだけはっきり調べれば<悪魔を見た>よりはるかに残酷な映画らが多いのではないか(その瞬間、イ・ビョンホンは心一方が苦しいのかタバコ一本を吸っても大丈夫かととても礼儀正しく尋ねた。大丈夫だというと彼がタバコに火をつけて演技を組はなはだ吹き出してもう少し冷静な語調でまた話をし始めた). この映画が最初からコアスリラーの<ソウ>のように‘私たちは残忍なのを見せるのを目標にする映画です’と包装したとすれば多分その残酷さの首位に観客らの興味がないこともあるだろう。ところで今回の映画はビジュアル的な残酷なことよりは心情的なもので来る恐れと恐怖がさらに不便な感情を量産する。そのために映画を不便だと考えるようだ。

俳優らは感情を発散するキャラクターを演技したかったのに、チェ・ミンシクが演技する熱いキャラクターが欲しくてはないか。率直に<奴奴奴>の シナリオを置いては三キャラクター中誰がさらに魅力的日誌を置いて悩みをたくさんした。ところで<悪魔を見た>シナリオを読んでからは全くそのような考えがなかった。ミンシクが兄が相手キャラクターを演技するという話を先に聞いて見ることになったシナリオであった。兄がチャン・ギョンチョル キャラクターを演技するというから兄の他に他の俳優の顔が浮び上がらなかった。私はミンシク兄のようにやり遂げることができないことという気がするからだった事もあるし。

本来熱い演技よりさらに難しいのが冷たい演技ではないのか。世の中にやさしい演技はない。<悪魔を見た>スヒョン キャラクターのように感情を節制する場合には演技がややもすると主観的に陥りやすい。 話をしないでどんな感情を飲み込むように表現するのは観客の立場で色々な意味と解釈が可能だ。 大使なしで顔さえ動かないでビッグ クローズアップで感情演技をしなければならない時、‘観客らが私の感情を明らかに理解するだろう’という信頼と心情で演技した。 そのような微細な感情の震えや変化はモニター画面には絶対感知しにくいから。

映画の最後の場面(明け方霧の中を歩いていって無表情だがかっとなくことをこらえるように涙を流す)を忘れにくいようだ。ずっと何かに抑えられたような感じで何ヶ月間撮影に臨んだ。そうするうちにその場面を撮ることになる瞬間突然爆発的な感情が集まった。何もない無の感じといわなければならないだろうか。スヒョンが感じる感情の片鱗らが観客らに何か投げかける場面ではなかっただろうかと思う。“さあ、もう復讐しました。残るのは何かですか?皆さん痛快ですか?”何このような形の質問を投げる場面だと考える。個人的にその場面が好きだ。

チェ・ミンシクとは<オールドボーイ>時ユ・ジテが演技した役割で会うところである機会があった。その時はなぜそうしたのか分からないですが、当時にはミンシクが兄の役割がとても欲しかった。それでできなかったんだよね(笑い).<オールドボーイ>のように提案受けてのがした惜しい作品で<殺人の思い出>がある。
<殺人の思い出>ではどんな役割を提案受けたことなのか。キム・サンギョン氏が演技したソウル刑事の役割だ。今考えてみれば私やはり本当に気になる。‘私がその作品に出演したらどうだったのだろうか’と話だ。後悔はしないが気になることではある(笑い).



人生の究極的目標は映画俳優であった

学生時代が気になる。 小学校の時班長だけ6年をしたというがご両親期待が長男繋いだだろう。(瞬間イ・ビョンホン特有のすっきりした口鷹を表わして拍掌大笑。)そうしたんだろう。今考えてみればちょっと滑稽なことは一ケ所当時班長は集団内で権威もあって恐ろしい存在であった。先生がおられない時は先生役割を代行するというだろうか。 幼い心にその責任意識がかなり大きかったようだ。 教室内教卓の前で棒を持って立って子供たちを見守った思い出す。 今その時期を顧みれば滑稽だが私は幼かった時とても権威主義的なキャラクターであった(笑い). あまりにも子供たちの前で重さを捉えてのせたのだろうか。 2学年の時お母さんとどこかを行っているのに、クラスの友達の中の一つが道で私を見ていてびっくりして“班長様、こんにちは!”としてヘソ挨拶をした。 その時当時にはそれを当然に受け入れたかも知らないが今考えればそれが何かしたい(笑い).
その時期身についたリーダーシップが今でも残っているか。リーダーシップにも‘器’があるようだ。私は班長程度のリーダーシップであって会長程度のリーダーシップはなかった(笑い).俳優ら世界にある時も似ている。三々五々集まる時はリーダー役割をするが、それ(彼)より多くなれば人々の前に立つことさえ憚ってしっぽを下げるスタイルだ(笑い).

演技を専攻することもなかったし、劇団出身でもない。そんなことに対する自己恥辱感のようなものなかったか。なぜなかったか。新人時期には演劇映画科を通ったり卒業した友人らが非常にうらやましかった。‘あの子は演技をしながらおかしな用語を使うのに私は一つも分からない’とする背中の自己行為に対する不足感があった。そのような感情らのために一歩遅れて大学院に行って演技勉強をしたほどだから。

TV側では最高のスターだったが90年代に出演した映画らはそれほど良い評価を得ることができなかった。ところで本来その時期の私はとても鈍感だったことなのか、 でなければ映画版という所をまともに感じをつかむことができないことか、憂鬱などころか楽しく映画をずっととった。 私の人生の目標は究極的には映画俳優であったから。 それだけ映画という媒体を愛した。 その上その時期には新人俳優が映画版で続けて興行に惨敗すればその俳優はまた映画版に入るのが難しいという暗黙の原則のようなものがあった。 ところでそれを知らずに映画をずっととったので私一人楽しいということしか。 興行に対する概念がなくて一人で楽しかったことよ。 ところでその時とは違い今は観客数に焦ったりもする。 そのような私の姿を見て汚れがついたことでないのかと思ったり。

パク・チャンウク監督から映画監督をしてみろとの勧誘を受けたというが。私がその話を初めて一件今回の映画広報のために記者団ラウンド テーブル インタビューをする時であった。記者1人が監督をしてみるつもりがないのかと尋ねた。 静かに考えて“ア、そういえば以前にパク・チャンウク監督様がそのような提案をしてくれたことがあることのようです”と答えた。 ところでインタビューの題名で‘イ・ビョンホン、パク・チャンウク監督が監督してみなさい勧誘’このような形で記事が出たことだ。 そのように題名が出てきてしまうから私が初めて話した意図とは180度異なる話になってしまった。 瞬間、話用心するべきだとの気がした。


人生何があって?一度してみることだね!
現在の正解陣次期プロジェクトは、来年初め撮影で知っている。残った時間はどのように送るのか。前に何月間蜜味同じ休息時間だ。ところでその期間に必ずしなければならないこととし会社で持ってくるスケジュールを調べるとこれが休むのかしたかったのに(笑い).‘本当にまともによく休まなくちゃ’とする考えだけするだけだ。

最も成功的にハリウッドに進出した俳優中ひとりだ。開始はアクション俳優で始めたがそれ以上の欲があるようだが。初めからアクション俳優で始めた東洋のいくつかの俳優を除いてハリウッドでアクション俳優でだけ消耗したい人が誰がいるか。誰でもいつか自分の演技実力で勝負を出したいよ。ただしハリウッドには相変らず東洋人キャラクターに対する偏見があって機会が与えられないだけだ。
ハリウッドのメインストリームがでないなのに映画でキャラクターを探すのも方法になることができるのではないか。今まで私が選択してきたフィルモグラフィーを見れば知ることが出来るのではないか。実験映画に違わない<スリーモンスター> <私は雨が降って共に行く>のような映画ら.私は私が出演する映画がブロックバスターなのか独立映画なのか気を遣わないで次期作らを選択してきた。ただしそちらで選択するキャラクターでない、私が選択できるほどのすてきなキャラクターを待っていることだ。

ブロックバスターとインディシーンを分けないで自分の管理に徹底した面目(容貌)を見ればトム・クルーズが浮び上がる。トム・クルーズよりはブラッド・ピットがさらにそのような指向異質しないか。 私がブラッド・ピットが好きな理由の中の一つは商業映画と独立映画を分けないで自身をぷつんと投げてみる彼の選択と態度のためだ。事実<私は雨が降って共に行く>きてを選択する時本当に悩みをたくさんした。ところでその時私は“人生何があって?一度してみることだね、何。”概略こういう気持ちでその作品らを選択した。

意外だ。 最近何年間の作品選択を見れば本当にち密なように戦略的という気がしたのに。多くの人々が私を非常に緻密な人で見る。事実<奴奴奴>から<私は雨が降って共に行く> まで、作品らが与えられた時私をぷつんと投げてみる気持ちで“ア分からない!すべてしてみよう!”このような形にすべてのことを決めた。現実のイ・ビョンホンは計画的に何か体系的に決めて生きる人でない。それで答えにくい質問の中の一つが“前に1年間の計画はどうなりますか?”何こういう質問だ。なぜ難しいのかと?計画がないから。初めにはとてもバカに見えるかと思って計画がなくてもあるといってみようか、悩んでみたほどだ。 私の人生が、私の次期作がどんな作品かを置いて,私やはりファンの立場になって気がかりだ。 何か明確でないこういう状況を楽しむ。

ハリウッドというジャングルで生き残ることができたあなただけの戦略を尋ねようとした。ところで話を聞いてみると尋ねることはできないね。戦略が全くない。すべての決定を‘無大砲’精神でしていると戦略がないというのが率直な返事であって。

キム・ジウン監督がイ・ビョンホンは分かってみれば‘石頭型人間’と話したのに。同意するか.私をよく分かる周辺に親しい人々が私に最もありふれているようにという話がすぐにこれだ。“なぜこのようにバカで!”はなはだしくはそのような私を嘆かわしく見つめる人々も多い(笑い).親しいから痛ましくてそんなに眺めることだね。

後輩らがロールモデルで指を折って数える先輩の中の一つだ。あなたは成功した人なのか。後輩らがそのように見てくれる時時々‘私が成功したんだな’したい(笑い).ところで人という(のは)真の適応を早める動物であって。 私がどんな高い席に上がってきていても私は初めからその場にあったようにふるまうことになる。 私やはりそのような錯覚に陥るまいと自らを常に冷静に見て回ろうとする。 ところでそれがやさしくはない。 演技する以前の私の姿と比較してみれば今私が成し遂げているイ某でも状況が非現実的に感じられるほどだ。 そうするうちにふと‘お父さんが生きておられて今の私の姿を見ればどれくらい驚いてお好きだろうか’考えることになる。 お父さんはすごい映画狂だった。 映画<シネマ天国>を見れば映画館であらかじめ次の大使を口外する人がいるのではないか。幼い時<週末の名画>を見ればお父さんがぴったりそうした。あたかもその映画を監督した人のように映画見る終始私に映画全般(前半)を解説された。私はお父さんのそのような姿を見て育ったし、結局俳優になった人だ。私がハリウッドに進出したことを、うちのお父さんがご存知だったとすればどれくらいお好きだったのだろうか。今でも度々その気がする。

あなたに成功とは何か.私にあって成功は幸福を意味する。客観的に見た時は成功ではないといっても私がその中で幸福を感じるならばそれが成功でないか。

それで今あなたは幸せなのか。幸せなために努力する。人は適応がはやくて自身が幸せだと感じる状況にも簡単に適応してしまう。時間が流れればその幸福が、幸福ではないように感じられることになるということだね。それで私は度々振り返ってそうでないために、今日も幸せなために努力する。

Epilogue
インタビューを終えて8分余肝の写真撮影が始まった(正確に8分とった!).衣装一着で全媒体をインタビューするその他映画俳優らと別にイ・ビョンホンは媒体ごとに衣装を全部着替える苦労を惜しまなかった。インタビューをする時も生きていた彼の目つきはカメラの前でより一層深くなった。長い椅子に足を伸ばすポーズをお願いするとすぐにイ・ビョンホンはズボンと靴下のカラーが似合わないとし靴下を取り替えて履いてくるとフィッティングルームに入った。 緻密な戦略どころか自らを‘無大砲’で呼ぶ彼だが、こういうささいな行動らが集まって今の彼を作っただろう。 服身なり一つ、カメラへ向かった目つき一つごとにイ・ビョンホンの戦略でない、彼の真心が感じられた。


映画俳優イ・ビョンホン

1970年ソウルで生まれた。中東高等学校を経て漢陽(ハンヤン)大仏文学課を卒業した。俳優生活をしている間中央(チュンアン)大大学院演劇映画科に入学、修士過程を修了した。1991年KBS公開採用(公債)14期で演技生活開始.TVドラマ<明日は愛><アスファルトの男> <美しい彼女> などに出演して90年代最高の青春スターに浮び上がった。1994年<誰が私を及ぼすのか>でスクリーンにデビューして<ロノウェイ><彼らだけの世の中><地上(紙上)挽歌>などに出演したが興行にはそれほど大きい利益を得ることができなかった。 以後<バンジージャンプをハダ>ロ評壇の好評を勝ち取って、<共同警備区域JSA>が大きく興行しながら映画俳優でも大きい注目をあびることになった。以後<中毒> <スリーモンスター> <甘い人生> <良い奴、悪い奴、おかしな奴>等に出演した。 ドラマ<オールイン>の大ヒットで韓流熱風の主役になって日本では‘ピョンサマ’に通じる大型スターだ。彼の挑戦は日本国内での韓流熱風にだけ終わらないで海外にものびて行ったが昨年にはハリウッドに本格進出、ブロックバスターので‘ストーム シャドウ’キャラクターを演技した。 現在のキム・ジウン監督がメガホンを取ってチェ・ミンシクが相手役で出演した映画<悪魔を見た>行って封切り、劇場で上映中だ。

















More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-24 08:19 | 悪魔を見た
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
チェ・ミンシクさんが語ったインタビューを新しいものから順に抜粋していきますね~!

movieweek
[悪魔を見た①] チェ・ミンシク,“大根なの?元々 ‘サムマイ’だ”(←束+長芋?)

-映画を見るとどうなのか?とる前に想像したのと出てきたのが違うはずなのに。

どうしても差がちょっと大きかった。 私が考えた映画ではなかった。 撮影入る前に監督の意中を把握して同意の下は部分もあったが、‘私ならばこのようにするだろう’というものまたあった。 人ごとに一つの作品、主題を中で置いて一つになるがその主題を解釈するにあたって私たちが機械ではない以上各自の見解の差があるから。

-表現の強度差をいうのか?

それは違う。 かえって一つのシークエンスを問い詰めようとするなら、私が考えた強盗(強度)がさらに数えることもできる。 それと違い今はちょっととても日においがする。 以前にサバ同じ物を買ってくれば新聞紙に包んできた後に広げるのではないか。 その時魚生臭い臭いがさっと私は、そのような感じだ。 私は少し料理しなければならないのではないかと思って考える。 煮物や焼き物で。 素材や主題が刺激的のところに力があってかえって映画的テクニックが必要にしていないのではないかしたい。

-‘料理’ならば本来キム・ジウン監督が上手にする部分なのに、今回他方に行きたかったようだ。

隠喩的に表現したり感情の比重をますます減らしていく、感情の重量感、道徳的怒り、こういうのを減らしておく状態に行ったらと思った。 もちろん今同じシナリオにも同意する。 それでもかえって軽鉄を虫扱うように楽しむ感じで行けばどうだったのだろうか。 それで結局スヒョン(イ・ビョンホン)が暴力に伝染して悪魔になってしまうことだ。 以前 <오멘>(1976)のような映画を見れば主人公子供が最後に周辺の人々皆死んで他の人と手を握って行きながら観客に向かって皆後戻りをしてみる時鳥肌キチジャヌンガ. そうしたように暴力の伝染性、荒れはてた一人の人間をスヒョンが見せることだ。 だが、どうしても監督の主観的な見解が入るほかはない作業であるから。 それでシナリオを初めて見た時妙味があった。 どんな演出家がつくかにしたがって解釈が変わることができたら。

-それでも大部分の評が‘やはりチェ・ミンシクだ!’このようだったよ。

口先だけの言葉でなく、そのように好意的に見ると有り難く思っている。 有難かったよ。 だが、久し振り荒っぽい姿に出てこなければならなかったのに、映画がそれで、ハハハ!

-周囲ピョンウンどうなのか?

昨日家内が見たが、入ってきて私をぴったり見ていて“犬.また。ラ.この!”こうしたよ。 “出て行って、直ちに出て行って。 私が映画を作れといったところで、大馬鹿ことしろといったか?”こうしたり、ハハハ! 笑おうという話だ。 あきれ返るものと思った、ハハハ!

-撮影しながら感づくことができないことなのか?

ある1週間、長くて2週ぐらいセット場でとって家にくればいわゆる乞食の姿になって洗って寝てご飯与えればご飯食べる程度だ。 まともに話もできなくて。 家内も何の声しない。 神経が鋭敏になっていると触らないとする。

-シナリオ持ってキム・ジウン監督を訪ねて行ったと聞いた。

習うキャスティングされる立場にあるが、そのまま同僚であることだ。 撮影監督が私に電話することもできることで。 ‘私が俳優なのにどのように監督に電話する?’とする件やぼったくて。 私たちが集まる理由や存在の理由が良い作品を作ろうと集まることであって他のものはない。 良いのが眼に触れて、物になること同じとすれば積極的に出るほうだ。 私の性格がちょっとそうだ。 <올드보이>(2003)する時もユ・ジテが引き受けたウジンの役割を探すために後輩らに台本を回して会いに通った。 そのまま座って待てない。 良い作品のためにはポジションが重要なことでなく互いに一緒に足で走らなければならない。

-キム・ジウン監督とは12年ぶりにまた会った。

特別なことは感じられなかったし。 キム・ジウン監督はとても久しぶりに会って見慣れなかった。 それでも <조용한 가족>(1998)時と人は変わらなかった。 ア、酒はちょっと増えた、ハハハ!

-ディレクションの差はなかったか?

その時はほとんどディレクションのようなものなかった。 家族が出てくると同船だけ指示した程度であった。 ところで今回見ると‘どんな感じだ’ ‘どんなトンでしたら良いだろう’したよ。 とても繊細だ。

-現場写真見ると監督が直接たくさん試演したよ。

それで少し寒かった、ハハハ!

-現場で感情を維持するためにイ・ビョンホンが入ってくれば席を避けたと?

エイ、そうでもなくて。 とてもオーバー紙、ハハハ! もちろん青春俳優らが互いに愛するドラマで会って実際恋愛することになるのはある。 それがなる。 配役にしたがって状況によって。 今回の映画のように両極端の元帥(敵)の間ならば妙な情緒が流れることはある。 そのような面がプロフェッショナルだということだ。












[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-24 08:02 | 悪魔を見た
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
8月23日追記
秋は色んな映画祭の季節ですね~!
釜山国際映画祭、トロント国際映画祭、サン・セバスティアン国際映画祭 の話も出て来ました!映画は極と極で色々ありますが、世界の映画祭にジウン監督の「悪魔を見た」が上映されることは嬉しいです。
映画祭の記事はMoreへ


さて、インタビュー記事です!ビョンホンのインタビューは、そこここに~(笑)ネタバレな単語が出てくるから気をつけないと~!って思うんですが、読みたくなっちゃうんですよねっ!
それに比べてジウン監督は今までとは違うトーンで語ってますね^^;今まさに中核!コアな監督になってます。
プラネットさんに行ってみてね~!
'キム・ジウン'に会う


イ・ビョンホン“映画の中残忍なことはファンタジー”
悪魔を見た'制限上映可判定惜しくて明らかにして

残忍だという理由で二回の制限上映可判定を受けて気がかりなことを呼び集めた映画'悪魔を見た'で主人公スヒョン役を担ったイ・ビョンホン<사진>この映画に内在した残忍さに対して説明した。
イ・ビョンホンはノーカットニュースと行ったインタビューで“単に残忍さを見せるために作った映画ではない”として“復讐していく過程で見せてくれなければならない要素だ。 とった人なのでそうかわからないが制限上映可判定が下される程残忍だと考えない”と明らかにした。
引き続き彼は“シナリオを譜面からは残忍だと思うという考えを別にしなかった。 おもしろくて、痛快で、代理満足を与えることができてナラン考えただけ”としながら“どうしても現実で起きそうである事件をディテールに見せるということために鋭敏に反応したようだ”と説明した。
'悪魔を見た'という殺人を楽しむ連鎖殺人魔軽鉄(チェ・ミンシク)と彼にフィアンセを失ってその苦痛を骨の中深くかえそうとするスヒョン(イ・ビョンホン)の狂気じみた対決を描いた作品. スヒョンは軽鉄を懲らしめていく過程で順次内在した悪魔性を表わす。 反面軽鉄はスヒョンにひどく当てられながらも女性をじゅうりんして、殺戮を日常行う。
イ・ビョンホンは“いくら悪漢感情でも時間が過ぎればやわらぐものだが劇中スヒョンは理性的に考えることができる時間が充分だったのに計画のとおり復讐する。 そうした点では本当に残忍だ”と明らかにした。
また、彼は“見る人もまた、初めにはスヒョンの立場を理解して中間以後からは感情移入になってならなくて割拠と見る”として“実際ならばそのようにできないのではないか。 そのような面ではファンタジーに近いと言える”と説明した。
イ・ビョンホンは'甘い人生','良い奴悪い奴おかしな奴'に続き三作品連続でキム・ジウン監督と手を握った。 好みも、食習慣もとても違うが話をしなくてもお互いの気持ちと意図が分かるほどよく通じる。 イ・ビョンホンは”キム監督は'本当に'が好きだ。 劇中鎌を投げる場面があるのに本当に鎌でした“ミョ”武術監督が投げたからしたところでミンシク先輩が投げたらしなかったことだ“高監督の指向を表現した。
キム・ジウン監督はまた、イ・ビョンホン特有の孤独さと寂しさをよくつかみ出す監督でもある。 '悪魔を見た'でも孤独で寂しい感情がとても重要だったし、映画あちこちにイ・ビョンホンのそのような姿がよくあらわれている。 イ・ビョンホンは“事実この映画は肉体より精神的にたくさん苦労した”として“フィアンセを失って喪失感と虚脱感に陥った感情を初めから最後まで基本に敷いて行かなければならなかった。 それでちょっと孤独だったり大変だった”と明らかにした。
演技派俳優チェ・ミンシクとの演技正面対決も関心事だ。 イ・ビョンホンは“ミンシク先輩と私はスタイルが全く違う”として“似た延期(煙、演技)トンを持った人ならば競争が激しかったであろうに。 二種類色が合わされた時どんな色か気がかりなことが大きかった”と所感を伝えた。



8月22日
インタビューも一段落でしょうか?

「悪魔を見た」は映画界にも色んな波紋を投げ掛けているようで^^;監督も色々語ってます。で、じっくり派のマドンナはプラネットさんへ行ってみてね~!右横から行けます!
"映画が残忍なのか,社会が残忍なのか"の他、色々記事になってますよ~!


それから、ミンシクさんのインタビューもため込んでいるので、いずれ書いて行きますね~♪
ミンシクさんは2005年 [拳が泣く]で、「甘い人生」より興業的には↑だったような気がします。。;
その頃韓流に対して厳しい言葉を言っていたような気がするので、正直心配してましたが、ジウン監督が入って▲▽▲関係になったからなのか?!(笑)主立ったトラブルもなく(ビョンが一番年↓だし^~^)良い緊張感とその中にある和気藹々(←主にミンシクさんが貢献してたらしい?笑?)がマッチして、現場の雰囲気はそれなりによかったようですね~。


"君がした仕業の千倍,万倍返してくれる." ← 気に入った!!!(笑)
'悲しくて酷い復讐男' イ・ビョンホン "復讐は想像と違う"(インタビュー)

"君がした仕業の千倍,万倍返してくれる."
少年のように清い瞳と男性美にあふれる外貌を持った男イ・ビョンホンが悲しくて酷い復讐の男に変身した。
猛暑の中零れ落ちた夕立ちが嬉しかった去る 16日午後ソウル市内一ホテルで会ったイ・ビョンホンは映画の中復讐の化身で忽ち私たちが分かっていた白くて清いほほ笑みのイ・ビョンホンに帰って来ていた。
映画 '悪魔を見た'と言う試写会の前から制限上映,残酷な場面削除など '論難'の中心に立っていた。
イ・ビョンホンは '悪魔を見た'で残忍な殺人魔を相手で血の色復讐を始める男スヒョンで悔しかった.イ・ビョンホンは作品の坪程極と極を走り上げたしイ・ビョンホンという俳優のフィルモグラフィーに太い線を引いた。
言論試写会後イ・ビョンホンは"映画が良いのか悪いのかすぐに評価飲んで、いつまでも十分にかんで考えてくれ"と話したことがある。 だが、長らく余韻で残すので(に)スクリーンの中の姿はとても残忍でぞっとした。

"簡単に観客らに忘れられる映画と書いた観客が聞いても話題の中心に立って賛否が分かれて話を交わすことができる映画に参加したとのことだけで意味があると考えます。 かえって削除された部分が非常に惜しいです。 残忍だが必要な場面だと考えたが削除されて残念です。 表現の程度は監督の持分(役割)でそれを判断するのは観客の持分(役割)でないかと思います。 その表現程度がキム・ジウン監督特有のディテールなことで良い暮らしをしているためでしょう。"
映画'悪魔を見た'という連続殺人犯チャン・ギョンチョル(チェ・ミンシクの方)にフィアンセを失ったキム・スヒョン(イ・ビョンホンの方)が悪魔に挑戦状を出して正面対決を広げる流血が散り乱れた残酷複数劇だ。
"愛するフィアンセが連鎖殺人魔に残忍な方法で殺害されたとすれば誰でも複数を夢見るんです。 頭の中にだけ考えた複数を実際に画面で見せてくれると混沌ができることでないかと思います。 もちろん私も理解することはできない場面もありました。 特にスヒョンが自身のアキレス腱を切る場面を見れば冷静に足首をひくのではなくスヒョン自らもぞっとする姿がそっくりあらわれます。 俳優の真正性がどれくらい必要なのか切実に感じられる大きな課題でした。 後ほど考えてみるとスヒョンも平凡な人なのに一瞬でも揺れる姿を見せるのはうまくいったものと考えられます。"
海外でも認められたイ・ビョンホンだがチェ・ミンシクという(のは)俳優の前ではなぜか足がギョッとされたという。 彼の演技開くに自身が踏み付けられるようだったと。
"チェ・ミンシクという(のは)俳優との撮影が気になりました。 撮影がしばらく進行された後初めての出会いを持ったが、作品に対する熱意がすぐに届きました。 その熱意が相手に力とエネルギーをさらにクロオルリョジュドグヨ. 強固さが感じられる先輩のようにですね。"
イ・ビョンホンはまた"想像したこととずいぶん違った。 チェ・ミンシク先輩の狂気じみた延期(煙、演技)に比べて私はなぜか小さくなるようでスクリーンにどのようにあらわれるか心配した"として"もちろん映画を見たら取越苦労だったということを分かった。 スクリーンはとても大きかったよ"と笑った。
インタビューを終わらせて帰り道じっくりイ・ビョンホンの話を十分にかんでみた。 複数を想像するのと直接実践するのはとても大きい差があったとの言葉がずっと頭の中を離れなかった。
百聞ふとん女一見. '悪魔を見た'でイ・ビョンホンが見たものそして彼がしたことに対して単純に'残忍だ'という(のは)一言で結論を出しにくい。 直接見て感じる方法以外に。




8月21日
昨夜のインタビュー記事がちょっと出て来てます!
で、観客が100万人を突破したそうです!一先ずほっとしました。じわじわ観客が伸びてくれると嬉しいですね~♪

では、画像はこちらで~♪ ↓

百度さん
【最新図片】『2010/08/20』《看见恶魔》座谈会

台湾マジックボックスさん
[写真]イビョンホン、'明るい笑顔で観客との対話'


イ・ビョンホン“‘悪魔を見た’エスプレッソのような複数劇、そのままコーヒーではない” (観客との対話)

イ・ビョンホン“‘悪魔を見た’というエスプレッソのような濃い復讐劇だ”

残酷性論議の中100万を突破した映画‘悪魔を見た’がキム・ジウン監督と主演俳優イ・ビョンホンが参加した中で観客との対話を開催した。
8月20日午後ソウル、中区(チュング)、乙支路(ウルチロ)、東大門(トンデムン)メガボックスで開かれた映画‘悪魔を見た’(監督キム・ジウン/製作ペパーミントアンドカンパニー)上映および観客との対話は映画‘天下壮士マドンナ’のイ・ヘヨン監督の進行の中になされた。

“監督様キーは何なんですか?”という単純な好奇心に満ちた質問も登場したがいくつかの観客は鋭い指摘と批判でキム・ジウン監督を冷や汗流すようにした。 しかしキム・ジウン監督は“こういう時間を通じて映画と距離がある方々はより一層近く、また、映画がお好きな方々はより一層その中に入ってこれるようにしたかった”として満足感を表わした。 イ・ビョンホンやはりファンたちの歓呼に微笑で応答した。

-‘悪魔を見た’ジャンルが何か?

この日キム・ジウン監督は“‘良い奴悪い奴おかしなノム’イフジャンルに依存したり耽溺しないで映画を作りたかった”として“‘悪魔を見た’ジャンルを抜け出した作品と考えてきたと話した。 だが、インタビューをしながら人物の内面を執拗に食い込んでスヒョンと軽鉄の表情を細心に入れることぐらい古語的なことに没頭してとったという考えをするようになった。 結局この映画はコアスリラー起こることができる”と話した。 キム・ジウン監督は“完全にジャンルを抜け出して話に没頭するのは次の作品でできないだろうか。 私が行かなければならない地点と方向を徐々に改善しながらしていかなければならないようだ”と振り返ってみることもした。

-編集された1分30秒、惜しい点は?

また、キム・ジウン監督は制限上映可判定を受けて惜しく編集しなければならなかった1分30秒間の場面に対して“自分の意志でない他意によって制限上映可判定を受けた。 明示した部分を切り出した時紛らわしくて当惑した。 映画の中表現程度らは人物の内的感情と苦痛の根拠によって作ったシニだ。 国内有名映画らの表現程度を根拠として作ったがそのような場面らが切られた。 だが残忍な場面を切り出して惜しいという気がするのではなく、映画全体的なリズムに支障をきたしたという点が最も残念だ”と心境を伝えた。
彼は“私の決定で主題や美学的判断で技術的に必要なかったり問題があったり不必要な場面を取りはらうのは仕方ないことだ。 あたかも混ぜた腕と脚切って胴を生かすような感じだ”として“しかし恐怖やスリラーの場合、緊張が充満した時何かさく烈させて解消して弛緩する内的リズムがあるのに(他意によって)取りはらいた部分で映画が窮屈に流れることになった”として物足りなさを打ち明けた。
キム・ジウン監督は“ひょっとしてDVDには入れるかよく分からない。 最大限入れようとする。 また、最近映画祭龍でまた編集した。 ひとまず抜いた場面をみな入れた。 韓国では釜山(プサン)映画祭で見ることができはしないかと思う。 海外映画祭ではトロント映画祭で削除された部分がみな入る”として物足りなさをなだめる道を探しましたで明らかにした。
また、この日主演キム・スヒョン役を担ったイ・ビョンホンは“シナリオと映画は若干のギャップがある。 しかしシナリオを見ながらも全て商業映画と考えることはなかった。 他の複数劇とは違った色を持ったし問題提起を投げる作品だと考えた。 普通の複数劇をコーヒーと表現するならば‘悪魔を見た’というエスプレッソのような濃い作品だ”と話した。

一方封切り9日ぶりに100万観客を突破した‘悪魔を見た’という殺人を楽しむ連鎖殺人魔(チェ・ミンシクの方)と彼にフィアンセを失ってその苦痛をかえそうとする複数男(イ・ビョンホンの方)の狂気じみた正面対決を描いた作品だ。 韓国商業映画最初に制限上映可判定を受けて話題になったし三手終わりに青少年観覧不可判定を受けた。


イ・ビョンホン“‘悪魔を見た’というエスプレッソ同じ濃い復讐劇”
イ・ビョンホンが映画‘悪魔を見た’をエスプレッソに比喩して目を引いた。

20日夕方9時30分東大門(トンデムン)メガボックスで開かれた‘悪魔を見た’観客との対話でイ・ビョンホンは“普通の複数劇アクション映画をコーヒーとするならばこれはエスプレッソのようなとても濃い複数劇”と話して最近流行する限り広告をパロディにして才覚があるように表現した。

また、“映画‘甘い人生’と今回の‘悪魔を見た’全部複数に関することなのに延期(煙、演技)のどこに重点を置いたのか”という質問に“‘甘い人生’は前に展開する、自分の前に置かれた状況を分からない立場でわれ知らずどん底に陥るような感じだった。 それで後半部でははじめて‘どのようにしてこのようになったんだろう’という大使が出てくる。 だが‘悪魔を見た’という自身が愛した女の死を見ながら自分の人生も共になくなったという考えをすでに序盤からして始める。 そうした点で他の複数起こるようだ”と答えた。

来年初め‘ジーアイ組2’撮影に入るイ・ビョンホンは今回が三回目のキム・ジウン監督との作業に対して“海苔監督様と次にまたとることかと尋ねるインタビューをする時ごとに冗談で‘今は休まなければならないですね’といったがお互いに対してとてもよく知っていて長短所をよく知っていて良い。 信頼があるサイダー. よく分かりながらも次には互いにまだ見えなくなってくれた姿を見ればという考える”と話してキム監督に対する信頼を現わした。

一方、キム・ジウン監督は“映画ファンらは今回の映画を‘コアスリラー’と規定しているのに監督様考えはどうなのか”という質問に“‘奴奴奴’以後でジャンルに依存したりジャンルを耽溺しないで映画を一度作りたかったしそれが‘悪魔を見た’だ”と話し始めた。

引き続き“現実の暗い面をリアリストの視線で扱うことができることという(のは)考えた。 それでジャンルを取りはらいて映画中に深く入る作業をした。 そのようにジャンルを若干抜け出して考えたがある瞬間見ると古語的場面に没頭していたよ。 人物の内面に執拗に食い込みながらスヒョンや軽鉄の表情を細かく入れる面ではコアスリラーという考える”と話した。



激しくねたばれしていると思われます。
イ・ビョンホンvsチェ・ミンシク,本当の悪魔は誰?‘悪魔を見た’(シネレビュー)

'悪魔を見た'を見て思い出す映画三種類




キム・ジウン監督 “次期作はハリウッドアクション娯楽物”
映画‘悪魔を見た’のキム・ジウン監督が"次期作ではハリウッド アクション娯楽物になるようだ"と明らかにした。
キム・ジウン監督は20日夕方9時30分東大門(トンデムン)メガボックスで開かれた‘悪魔を見た’観客との対話でハリウッド進出と次期作に対する質問に“米国で関係者ミーティングを持つことになっている。 行ってみてこそ分からなかった後映画は‘悪魔を見た’のように難しいことより軽い映画をしてみたい。 アクション娯楽物になるようだ"と明らかにした。

キム・ジウン監督は"悪魔で大変だった部分を明るくて軽い映画を作って解きたい。 家族みんなが共に見ることができるそのような映画”と話した。

これにイ・ビョンホンは“すべてのジャンルに挑戦する監督様が今までメローはしませんでした。 キム・ジウンのメローはどうだろうかファン(パン)の立場で気になる。 そのような作品があるならばしてみたい考えがある”と話すとすぐにキム・ジウン監督は“メロー物を一度してみたい。 題名もすでに決めておいた。 ‘愛したが’だ。 大丈夫ではないか”と問い直した。

一方、製作会社ペパーミントアンドカンパニーによれば去る12日封切りした‘悪魔を見た’という19日まで総93万 7362人の観客を動員した。


'悪魔を見た'イ・ビョンホン"計画のとおり複数、そうした点では本当に残忍だ"
シナリオを見た後残忍だと思うという考えはしなかった。"

残忍だという理由で二回の制限上映可判定を受けて気がかりなことを呼び集めた映画'悪魔を見た'で主人公スヒョン役を担ったイ・ビョンホンが映画に内在した残忍さに対して説明した。

イ・ビョンホンはノーカットニュースと行ったインタビューで"単に残忍さを見せるために作った映画ではない"として"復讐していく過程で見せてくれなければならない要素だ。 とった人なのでそうかわからないが制限上映可判定が下される程残忍だと考えない"と明らかにした。

引き続き彼は"シナリオを譜面からは残忍だと思うという考えを別にしなかった。 おもしろくて、痛快で、代理満足を与えることができてナラン考えただけ"としながら"どうしても現実で起きそうである事件をディテールに見せるということために鋭敏に反応したようだ"と説明した。

'悪魔を見た'という殺人を楽しむ連鎖殺人魔軽鉄(チェ・ミンシク)と彼にフィアンセを失ってその苦痛を骨の中深くかえそうとするスヒョン(イ・ビョンホン)の狂気じみた対決を描いた作品. スヒョンは軽鉄を懲らしめていく過程で順次内在した悪魔性を表わす。 反面軽鉄はスヒョンにひどく当てられながらも女性をじゅうりんして、殺戮を日常行う。

イ・ビョンホンは"いくら悪漢感情でも時間が過ぎればやわらぐものだが劇中スヒョンは理性的に考えることができる時間が充分だったのに計画のとおり復讐する。 そうした点では本当に残忍だ"と明らかにした。
"また、彼は"見る人もまた、初めにはスヒョンの立場を理解して中間以後からは感情移入になってならなくて割拠と見る"として"実際ならばそのようにできないのではないか。 そのような面ではファンタジーに近いと言える"と説明した。
イ・ビョンホンは'甘い人生','良い奴悪い奴おかしな奴'に続き三作品連続でキム・ジウン監督と手を握った。 好みも、食習慣もとても違うが話をしなくてもお互いの気持ちと意図が分かるほどよく通じる。

イ・ビョンホンは"キム監督は'本当に'が好きだ。 劇中鎌を投げる場面があるのに本当に鎌でした"として"武術監督が投げたからしたところでミンシク先輩が投げたらしなかったことだ"高監督の指向を表現した。
キム・ジウン監督はまた、イ・ビョンホン特有の孤独さと寂しさをよくつかみ出す監督でもある。 '悪魔を見た'でも孤独で寂しい感情がとても重要だったし、映画あちこちにイ・ビョンホンのそのような姿がよくあらわれている。
イ・ビョンホンは"事実この映画は肉体より精神的にたくさん苦労した"として"フィアンセを失って喪失感と虚脱感に陥った感情を初めから最後まで基本に敷いて行かなければならなかった。 それでちょっと孤独だったり大変だった"と明らかにした。
演技派俳優チェ・ミンシクとの演技正面対決も関心事だ。 イ・ビョンホンは"ミンシク先輩と私はスタイルが全く違う"として"似た延期(煙、演技)トンを持った人ならば競争が激しかったであろうに。 二種類色が合わされた時どんな色か気がかりなことが大きかった"と所感を伝えた。




More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-23 17:33 | 悪魔を見た
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
もうついていくのが大変^~^;でも読みたい!!
8月21日
昨日、イ・ビョンホンと演出を引き受けたキム・ジウン監督が午後9時30分ソウル、東大門(トンデムン)メガボックスで映画上映後観客と会って質問応答および作品に関する話を交わす時間を持ちました。
とりあえず、ビョンの衣装、ジウン監督との視線の絡み合い(笑?)色んな様子は、やっぱ百度さんと台湾マジックボックスさんで一気にみてみよう~♪

ビョンのシャツは光線の加減でビビッドな蛍光ブルーにも見えるし、普通の゜▽゜;水色にも見えるけど・・・光沢がありそうだね^。^で、ジウン監督はいつもの定番。(監督は自分の着こなし術を持ってるよね~!監督のセンスは非常に好きです!)

百度さん
【最新図片】『2010/08/20』《看见恶魔》座谈会

台湾マジックボックスさん
[写真]イビョンホン、'明るい笑顔で観客との対話'




8月20日
今日はどういう感じのビョンホンが見れるのかな?ジウン監督と一緒だから2倍楽しみです!
またまた褒めちぎり~~の記事が出てます!!朝から嬉しいわ^▽^))
俳優イ・ビョンホン、演技の深さを加える!

動画がyoutubeに上がりました!
2010.08.20 Interview with Byunghun



[アンカーコメント]

多様なジャンルを行き来して観客らに期待感を抱かせる俳優、でなければハリウッドでも名前の値段をしている俳優といえば誰が浮び上がられるんですか?

多分イ・ビョンホン氏が代表的な俳優ではないかと思うんですが。
しばらく個人訴訟で精神的苦労をしたりもしたが、作品の中で吹きだす魅力は相変わらずでした。

イ・スンヨン記者が会いました。
[リポート]

[自分の心のオルガン]
初恋に心痛める素朴な田舎未婚の男性先生.
この作品を基点にイ・ビョンホン氏はハンサムな俳優で演技する俳優に新たに出ることになります。

[JSA]
俳優としての濃い熟成は続きました。
パク・チャンウク監督に会いながら演技力に興行力まで証明したし、細かい感情演技も深さを加えました。

[インタビュー:イ・ビョンホン、俳優]
"ターニングポイントとあえて話をできません。 ある瞬間ある作品、それぞれそれなりの意味があるようです。 周辺でおっしゃることは'私の心のオルガン'時から何か変わったようだというお言葉を..."

[甘い人生]
この映画で観客らに延期(煙、演技)の甘さをプレゼントしたイ・ビョンホン氏は評論家らの好評を受けてその年映画評論家協会主演男優賞まで受けることになります。

[私は雨とともに行く]
海外舞台進出決定は容易ではありませんでした。

1年の間続いた悩み、だが、イ・ビョンホン氏の決定は予想を抜け出さなかったです。

[インタビュー:イ・ビョンホン、俳優]
"既に私が私を一度このように新しい市場に新しいところに実験みなして減らしたあの見ること、これもしてみてあれもしてみようという考えが浮び上がったし、挑戦してみようという側面がさらに強かったです。"

[G.I.Joe]
ハリウッドで共同主演に次ぐ役割をやり遂げて韓国俳優として前例がない成果を引き出しました。

[インタビュー:イ・ビョンホン、俳優]
"彼らがどれだけ望むか、また、彼らが願うようにするためには私が彼らにアピールをするかの問題で、果たして私が彼らに必要な存在なのかそうではないかは見ていればわかるでしょう。"

[悪魔を見た]
映画で、ドラマで3年やつに休みの間なしで続いた俳優としての情熱は今回は新しい形態の複数劇につながりました。

[インタビュー:イ・ビョンホン、俳優]
"私はとても商業的なコードがあると考えたし。 もちろんある程度は予想をしたがこんなにまで論議の映画がよいかは分からなかったがとにかく少し驚きました。"
演技人生20年内面空白を吹きだして草木が水分を吸い上げた演技で繊細さを加えている俳優イ・ビョンホン.
しばらく私生活問題で困惑したりもしたが、観客らが記憶する彼は相変らず熱情家得た俳優であるだけです。

[インタビュー:イ・ビョンホン、俳優]
"いつも期待される相変らずまた、何か見せることができそうなそのような俳優ということが最も気持ち良い称賛ではないのか。"




イ・ビョンホン、'悪魔を…'論議に正面突破'観客と対話'
8月劇場街問題作'悪魔を見た'が観客との直接対話を通じて映画に対して説明する時間を設ける。 この席には主演俳優イ・ビョンホンと演出を引き受けたキム・ジウン監督が共にする。
製作会社によれば'悪魔を見た'の主人公イ・ビョンホンと演出を引き受けたキム・ジウン監督は来る20日午後9時30分ソウル、東大門(トンデムン)メガボックスで映画上映後観客と会って質問応答および作品に関する話を交わす時間を持つ。
製作会社関係者は"映画に対する多様な論議が出てきていて内容と関連して気がかりなことを持った観客らが多くて俳優と監督が直接これに対する解消に出ることにした"と観客との対話を準備した理由を伝えた。
去る12日封切りした'悪魔を見た'という映画の中極端な暴力場面などと関連して多様な議論が出てきている中で観客らの間で評価も両極端に分かれている。
18日まで全国観客数 86万人余りを記録するなど興行面では比較的順調な観客動員率を見せている。



8月19日
トロントでも評判が良いようです!!よかった^~^))

カフェDaumさんより
`悪魔の... `トロント映画祭で絶賛、"人間の深淵暴いたスリラー"
映画'悪魔を見た'の招請を確定したトロント映画祭側が作品に対する絶賛を送った。
トロント映画祭のプログラマージオバナーポルビは作品の総バージョン レビューを通じて"人間の深淵を暴くキム・ジウンの明瞭なノワール スリラー"と作品を規定してチェ・ミンシク・イ・ビョンホンなど二つの主演俳優の演技力に対しても賛辞を送った。
レビューでは"虐待の祭壇上に女性らの肉体を犠牲にさせる世の中の悪と男性権力がこの明瞭なノワール スリラーの根幹"としながら"キム・ジウン監督は現在の韓国映画界で最も目立って独特の声を出している監督の中の一つ意味を証明している"と伝えた。

また"緊張感高いナレーティブは劇的なサスペンスの原動力になって盲目的な複数と苦痛によって破壊された人間魂の暗い深淵に対する哲学的瞑想を後押ししている"として"俳優イ・ビョンホンとチェ・ミンシクはめったに見ない演技力に粘り強い暴力の深さに陥って分からない地獄の中に落ちた現代版ルシファー達の化身でくやしかった"と評価した。
一方去る12日封切りした'悪魔を見た'という映画の中極端な暴力場面などと関連して多様な議論が出てきている中で韓国観客らの間には両極端の評価を受けている。
この作品は来る9月9日開幕する35回トロント映画祭スペシャルプレゼンテーション部門に招請されて削除されなかった映画のティレクトス カットを北米地域で初めてリリースする。

ルシファー (Lucifer) とは・・・
キリスト教の伝統で、サタンの別名とされる。(イスラム教ではイブリースに相当)「ルシファー」は英語からの音訳で、その他日本では、ルキフェル(羅)、ルシフェル(西 Lucifer, 葡 Lúcifer)、ルチーフェロ(伊 Lucifero)などとも表記される

トロント映画祭 '悪魔を見た' 絶賛 "明瞭なノワール"

‘悪魔を見た’,海外で ‘絶賛’…“衝撃的ながらもジーンと”

暴力性論難 '悪魔を見た',9日ぶりに 100万突破



そうそう・・・エキサイト翻訳では復讐が複数になってたり・・・その他同音異義語(?)って感じで色々出没してますが、あまりにも膨大なので、そのまんまにしてます^^;許してね~!(苦笑)
それにつけても悪魔のような8ヶ月が過ぎてほんとうによかった!!
ビョンホンは全てにおいて、情熱と冷静を行ったり来たりしてると思うけど、気のせいか今回のインタビューはみんないい顔してるように思います!
でも・・・バザールでござ~ルみたいなぺったんこの髪はちょっと変かも(^^;)(笑)


野原の出会い’イ・ビョンホン、イム・スジョン、ファッション紙バザーシネマエンジェル表紙装飾

韓国最高の俳優イ・ビョンホンとイム・スジョンがファッション紙'バザーコリア'シネマエンジェルになった。
シネマエンジェルは韓国映画界のバランスが取れている発展を企てるために映画俳優らが主軸になって作った小規模財団で毎年'バザー'とともにシネマエンジェル プロジェクトを進行してきた。
今年シネマエンジェル プロジェクトの主人公は映画'悪魔を見た'で完ぺきな延期(煙、演技)を見せた俳優イ・ビョンホンと'キム・ジョンウク検索'で今年の下半期に観客に会う予定のイム・スジョンだ。
同じ作品に出演したことはないが今回のプロジェクトのためにさっさと意気投合したこれらは“こういう良い趣旨のプロジェクトに参加する日を待っていた。 韓国の映画俳優として必ずしてみたい作業だった”と所感を伝えた。 これらは韓国最高の映画俳優らしく撮影ずっと楽しいながらもプロフェッショナルある姿を見せて撮影会場の雰囲気を和気あいあいに導いた。
今年4回目を迎えたシネマエンジェル プロジェクトはファッション ブランド バーバリーの後援に進行されたし後援支援金はイ・ビョンホンとイム・スジョン、そして'バザー'名前でシネマエンジェル財団に寄付されて映画界の大小の意味あることに使われる予定だ。
シネマエンジェルになったイ・ビョンホンとイム・スジョンの美しい姿と生き生きしたインタビューは'バザー' 9月号を通じて公開される。

[★★画報]俳優イ・ビョンホン-イム・スジョン、真のカリスマ発散

俳優イ・ビョンホンとイム・スジョンが‘バザーコリア’のシネマエンジェルになった。
シネマエンジェルは韓国映画界のバランスが取れている発展を企てるために映画俳優らが主軸になって作った小規模財団だ。 毎年バザーとともにシネマエンジェル プロジェクトを進行してきた。
今年シネマエンジェル プロジェクトの主人公は‘悪魔を見た’で熱演したイ・ビョンホンと‘キム・ジョンウク検索’で今年の下半期に観客に会う予定のイム・スジョンだ。
同じ作品に出演したことはないが今回のプロジェクトのためにさっさと意気投合したこれらは“こういう良い趣旨のプロジェクトに参加する日を待っていた。 韓国の映画俳優として必ずしてみたい作業だった”と話した。
画報撮影会場で演技派俳優らしく撮影ずっと楽しいながらもプロフェッショナルある姿を見せて撮影会場の雰囲気を和気あいあいに導いたという後門(後聞)だ。
今年4回目を迎えたシネマエンジェル プロジェクトはファッション ブランド バーバリーの後援に進行された。 後援支援金はイ・ビョンホンとイム・スジョンそしてバザーの名前でシネマエンジェル財団に寄付されて映画界の大小の意味あることに使われる予定だ。
シネマエンジェル財団はその間映画観覧機会さえ持つことができない疎外階層、劣悪な環境にある韓国の独立映画などを後援してきた。 俳優ら各自が持った才能と美しさを寄付して映画界に意味あることをするという面でシネマエンジェル プロジェクトは読者と観客らの支持を得ている。
一方シネマエンジェルになったイ・ビョンホンとイム・スジョンの姿とインタビューは8月20日発行されるバザー2010年9月号を通じて会ってみることができる。




なんだか、水戸黄門の唄を思い出しました。。;
カフェDaumさんより
イビョンホン"まだピークではない。今後の作品で実現するだろう

イ・ビョンホン,"人生の頂点はない.ずっと行く"
俳優イ・ビョンホンが俳優としての人生に対して話した。
18日夕方8時放送されるエムネット'WIDE VIP'ではチョン・ドヨン、コ・ヒョンジョン、チョン・ジョンミョンなど有名なスターらに続き最近映画'悪魔を見た'に帰ってきたイ・ビョンホンが出演した。
この日放送で物静かな声と特有の明るい微笑でインタビューに臨んだイ・ビョンホンは特に俳優としての人生に対して多くの話を打ち明けた。
イ・ビョンホンは"現在の俳優で生きた人生と一般人で生きた人生がぴったり半々だ。 精神的に成熟した時人生が大部分俳優で買った人生なので俳優は私に職業でない人生の一部だ"と俳優イ・ビョンホンを定義作った。 だから彼は"俳優イ・ビョンホンでの人生と役割の中人物の人生、一生この二種類生活を送っている"と話した。
一言一言に慎重さがにじみ出たイ・ビョンホンは人生の頂点に対しても"頂点は何か降りてこなければならない気持ちだ。 まだ人生の頂点はないように。 前に作品を通じて成し遂げたい"という欲を表わした。

一方普段大変な時どのように克服するのかという質問にイ・ビョンホンは"すべてのことが上り坂があれば下り坂があるはずだ。 大きく意に介さない"と答えることもした。


イ・ビョンホン"まだ頂点ではない。 前に作品通じて成し遂げること"
彼は"現在の俳優で生きた人生と一般人で生きた人生がぴったり半々だ。 精神的に成熟した時人生が大部分俳優で買った人生なので俳優は私に職業でない人生の一部だ"と俳優イ・ビョンホンを定義作った。
一方普段大変な時どのように克服するのかという質問にイ・ビョンホンは"すべてのことが上り坂があれば下り坂があるはずだ。 大きく意に介さない"と答えることもした。

イ・ビョンホン“俳優職業でない私の人生の一部”びっくり告白


[スターインタビュー]イ・ビョンホン"感性的な財産一度に注ぎましたよ"
"とても冷たい延期(煙、演技)…こういう感情自体がつらいこと"
暴力性より芸術的な側面と商業性結びついた映画

"バッテリーが放電された感じだ。"

映画 <악마를 보았다>(監督キム・ジウン・製作ペパーミントアンドカンパニー)を終えた俳優イ・ビョンホンの所感だ。 3年の間休まないで駆け付けたので無理もない。 彼は去る2007年映画 <좋은놈 나쁜놈 이상한놈>ウル始めハリウッド映画 <나는 비와 함께 간다>きてモバイル映画 <인플루언스>、KBS 2TVドラマ <아이리스>きて <악마를 보았다> 等で休まないで走った。 "体力も持って生まれたようだ"というイ・ビョンホン. 結果が良いのでより一層気勢を出すことができるようなものだ。

"ハリウッド映画はプロモーションのために各国を舌鼓を打って苦労を多くした。 ここまでくると私の中にあるすべてのことが消耗した感じだ。 体力的なものより私の感性的な財産がすっかりなくなったようだ。 さっと空けたので旅行、読書、友人と会うことでも何でも満たしたい。"
<악마를 보았다>増えたイ・ビョンホンをより一層疲れさせた。 彼は劇中連鎖殺人魔にフィアンセを失って複数を敢行するスヒョン役を担った。 肉体的な苦労はその他アクション映画より減ったが精神的にはより一層苦痛だった。 撮影ずっと思う存分笑ってみることができないほどであった。
"復讐しなければならないという心一つを持って始終一貫動いた。 いらいらするということと疲れるということをベースで敷いて感情表現をしなければならなかった。 とても冷たい演技であった。 こういう感情を維持するということ自体がつらいことだった。"

彼の演技がとても光ったせいであろうか。 <악마를 보았다>増えた'暴力性が濃厚だ'という理由で2度も'制限上映街'判定を受けた。 問題になる場面が削除された後結局観客と会うことになった。 それだけ <악마를 보았다>増えた大衆性よりは作品性と意味に傍点をつけている。 だが、イ・ビョンホンは本来"私はとても商業的な映画と考えた"と話す。
"事実シナリオ見て残忍なことという考えはしなかった。 かえって人々に痛快感と代理満足を与えることができると考えた。 恐らく残忍さと暴力が写実的に描かれたのでそのような結果が出たようだ。 審議問題のために'(暴力程度が)傾向(税)だ'という先入観が生じることがあるが芸術的な側面と商業性が結びついて'二匹ウサギ'を捉えられると見る。"

イ・ビョンホンは <악마를 보았다>ロ キム・ジウン監督と再び手を握った。 <달콤한 인생><좋은놈 나쁜놈 이상한놈>エ引き続き三回目だ。 だが、以前より対話は減った。 あえて対話をしなくてもお互いが願うところを分かるためだ。 イ・ビョンホンは"基本的にキム・ジウン監督と私はひどく他の人だ"と線を引く。 お互いが持つことができない点を満たして二人は忠武路(チュンムロ)で最も確実なシナジー効果を出すコンビになった。

"食事だけ問い詰めてもキム・ジウン監督は麺類が好きだが私は麺を嫌う。 私は酒を楽しむがキム監督は酒は飲まない。 (笑って)その一方で酒の席で重さは捉える。 ポムセンポムサだ。(フォームに生き、フォームに死ぬだ) 撮影中'カット'声だけ私も説明を聞かないで私が監督が願う方向でまた演技できるほどだ。"
イ・ビョンホンとチェ・ミンシクの出会いも <악마를 보았다>行って早くから注目された理由だ。 作品の中で二人の演技スタイルは完全に違った。 イ・ビョンホンが耐える冷たいということならば、チェ・ミンシクは噴出する熱いということだ。 両極端が会うとすぐに途方もない対決が広がった。 映画を見る終始冷酷な感情が数万度あたる。"チェ・ミンシク先輩と共に演技をすることだけで得るのが多いことと考えた。 やはり演技する姿を見れば吹き出てくるエネルギーがすごい。 互いに演技スタイルがとても違うから競争意識のようなことはなかった。 それよりはお互いの演技に対する気がかりなことがより大きかった。"

イ・ビョンホンは当分休息を取って次期作を準備する。 来年初め製作される 2編のクランクインを控えて焼き入れに入る。 前作でストーム シャドウ役を担って高い人気を得たイ・ビョンホンの劇中比重はより一層大きくなる展望だ。 海外映画祭にも行ってくる計画だ。
"まず映画祭を含んで海外日程を消化しなければならない。 2編撮影前2月程度トレーニング期間も必要だ。 この前担当PDに会って話を交わしたが全編に出てきた人員中とても必要な最小人員他には新しいキャラクターが登場することという。 英語演技も準備するべきなのに現在の勉強をしなくなっている。 これからまともに勉強してみようとする。





8月12日『悪魔を見た』韓国公開初日 観覧レポート、シネマジャーナルさんのレポはMoreへ~!











More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-21 09:00 | 悪魔を見た

インタビュー記事ですよ~!
今日はどんなことを答えてるのかな~?
満載その1から続けて読んでいくと、けっこう元カノのことも答えてないけど答えてたり・・・。
その他、え゜▽゜;って思うこともあったりして・・・(笑)やっぱビョンホンは飽きない面白い!!!です。^▽^)

8月19日
演芸写真バンバンと
イ・ビョンホン還暦を過ぎても永遠にセクシーなようで・・・
大韓民国にも年月が経つほどセクシーになる男性俳優がいますって~!
セクシーな画像がいっぱいあって、コメントも嬉しいことばっか書いてます!ありがとう~♪
で、最後の方にミンシクおじさんも載ってますよ~^^


イ・ビョンホン“復讐して残るものが果たして何なのかを考えることになることだ”
映画 <악마를 보았다>増えた今年の最高作ではない。 だが、今年最高の問題作であることだけは明らかだ。 映画ずっと残忍な暴力描写とキム・ジウン監督特有のユーモアが入り乱れたこの作品は現在の韓国映画界で最も好悪が分かれる反応を得ている。 そして映画の結果と共にイ・ビョンホンがこの作品を選択した理由も気がかりだった。 すでにハリウッドにも成功的に進出したイ・ビョンホンはなぜ商業映画としては危険千万なこの作品を選択したのだろうか。 直接彼に尋ねた。


<악마를 보았다>エ対する所感はどうなのか. 試写会では結果を見てちょっと衝撃受けたという話も聞きた。
イ・ビョンホン:衝撃までは違って。(笑い)シナリオを初めて読んだ時との感じと違ったのはあった。シナリオで映画の残酷性や暴力の程度が全部あらわれるのではないから。シナリオを読んだ時はとても力がある、複数映画としては風変わりな話でだけ考えた。そうするうちにとっていく過程でア、これちょっと強く出てくるだろうしたし。 試写会で映画を見てからは強いことは三区(具)もしながら人々がどのように受け入れたかという考えも出たし、撮影会場の重くて暗い雰囲気も思い出してちょっと重かった。 試写会が終わってミンシクが兄(チェ・ミンシク)と監督様と三で控室で少しの間あったが互いに何の話にもならなかった。 ミンシクが兄が“ライターいるのか?”(笑い)こうしながらぴったり一言言った。


“制限上映街判決? 誰かのいたずらだよといった”


映画が制限上映街判決を受けた時は気持ちがどうだったか。
イ・ビョンホン:初めには誰かのいたずらだよといった。ところで事実ということを確認しては観客の立場で気がかりだった。いったいどのように出てきたのでしたかったよ。

チェ・ミンシクは配役にさらに没頭したら監獄に行ったかも分らないといった。(笑い)本人は配役から抜け出すどうなのか.あまりにも残忍な行動をたくさんしなければならない作品であったのに。
イ・ビョンホン:大きく問題はない。俳優ごとに程度の差があるだろうが私はキャラクターのクセらがふと飛び出してくることのほか大きく問題はない。代わりに映画の余韻が残って考えをたくさんすることになる。残酷な場面や暴力でなく映画がみな終わって感じた感情らが残る。これが何かする虚しさでも空腹感を覚えるということが長続きする。

そのような空腹感を覚えるということをあたえる映画を選択した理由は何か。
イ・ビョンホン:この映画が愛する人をなくした人が結局自分さえもなくす話と考える。スヒョンが感じる何と話すことはできない感情が他の人に問題提起ができると考えたりもしたし。それがシナリオの魅力だと考えた。普通複数を扱う映画は痛快さを与えるがこの映画はますます分からない迷路に陥る気持ちを与える。 映画が終れば観客らはスヒョンの姿を見ながら復讐して残るものが果たして何か考えることになること同じだ。

スヒョンはすべての人々が止める状況でも殺人魔軽鉄にずっと復讐する。彼はなぜそうだと思うか。
イ・ビョンホン:普通の人々は誰か自身を困らせれば復讐しなければならないという。だが、実際に復讐する過程を直接見せれば人々の態度が変わると見る。この映画はスヒョンを通じてそんなことを見せると考える。どんな男がフィアンセをとても残酷な形態で殺人魔に失った。人々は百ならば百破って殺さなければならないと話す。スヒョンもそのようにするのを当然だと考えた。だが復讐すればするほど自身の内面が破壊される。 それと共にこの映画は複数(復讐)の過程をそっくり、ディテールに見せる。 そこで人々は拒否感を感じることだ。 なぜ気がせいせいするべきなのにそうでないのか。 スヒョンがそういうのを見せると考える。


“<놈놈놈>, <나는 비와 함께 간다>, <지.아이.조>をする時が最も紛らわしい時期”


スヒョンは大使が殆どなく微細な表情変化と行動でキャラクターを見せなければならなかった。その部分で特に気を遣ったのがあるか。
イ・ビョンホン:平常時にも実際生活で人の表情が多様でないと思う。俳優らは程度の差はあるが自分の感情を外へ表わして観客らに伝達する役割だと延期(煙、演技)をする時は少しずつ表情が課長になっていると考える。だが、映画では普通焚いて出る表情より減っても、その気持ちだけ表わしていても感情がそのまま伝えられると信じる。映画でエクストリーム クローズアップをすればその時スクリーンには顔大きさが家一軒だけ日が沈むから。 その大きい顔に感情を持っているならばみな伝えられると信じる。 どんな表情をつくるかより映画でどんな気勢を維持するかが重要だと見る。

<아이리스>, <악마를 보았다>, <놈놈놈>, <지.아이.조 - 전쟁의 서막>(以下 <지.아이.조>)まで全部アクションが多い作品だった。 その一方で作品の雰囲気とスタイルは全く違ったし。 こういう作品をひきつづき選択した理由は。
イ・ビョンホン:理由や計画はなかった。読んで良いならば考えるスタイルだ。ただし <지.아이.조>増えた戦略的な選択があった。 米国で <지.아이.조>増えたあまりにもものすごい人気を呼ぶ作品で、周辺で必ずするという話が多かった。 特にエージェントが強く薦めた。 ハリウッドでしたい作品をしようとするとこのような作品は必須にしなければならないという助言が大きかった。 しなすぎては全て私の感情にしたがって選択した。 特に <놈놈놈>, <나는 비와 함께 간다>, <지.아이.조>をする時が最も紛らわしい時期であった。 私の俳優としての経歴はその以前と以後に分けられることができる。 その前まではどんな作品を決める時深刻に悩んだのに、その時をすぎながら私を投げるスタイルになった。 “そのまますることだね”このような形で。

どのようにそのような変化が訪ねてきたか。
イ・ビョンホン: <나는 비와 함께 간다>エ出演する時本当に非常に悩んだ。 ほとんど1年の間悩んだが、作品自体が延期(煙、演技)されたためもあったがその時 <지.아이.조>きて <놈놈놈>ウイ シナリオを共に受けた。 その時 <나는 비와 함께 간다>をすることにして、 <놈놈놈>道(ド)したかったがスケジュールがとても合わなかった。 それでスケジュールを合わせて作品一つと入れるようにしてくれれば入るといったし、監督様もそうするといったが合わせることは何を合わせて。 (笑い)撮影地を行ったり来たりしながら映画を撮ったし、結局もう分からなくてそのまま <지.아이.조>道(ド)しようこのようになった。 (笑い)それと共に考えてみるから俳優生活をこのように熱情的にぶつかってできるのが前に数年であろうかしたかった。 それでしなくて後悔することよりして後悔するのが良くならないだろうか。 それでみな決めた。


“信頼できる俳優になりたい”


ところでその選択らが結局みな良い結果を得た。
イ・ビョンホン:それである(どんな)人々は私がすごい戦略家に違いないという。(笑い)作家主義的な作品と商業主義的な作品を同時に選択したのがすごい戦略ということだ。だが、事実私はもう分からないという気持ちでしてしまった。それが結局ウンであるようだったり。俳優には重要な選択の瞬間があるが、その時選択の結果がその人の気勢を変えるようだ。

国内外を行き来しながら活動中なのに、ハリウッドではどんな目標を持っているか。
イ・ビョンホン:ひとまず来年初め頃 <지.아이.조> 続編が予定されている。 その作品をすぎればそちら側の市場で私に対するあれこれ評があるはずなのに、ハリウッド作品という理由で何の作品でもしてしたくはない。 私が最も上手に出来るのは韓国語で演技するということだったり。 韓国を基本で仕事をして良い機会がくれば行ってとって、そのようにしたい。

俳優としての目標は何か。
イ・ビョンホン:また他の何かを持っていそうな信頼できる俳優.映画に対する情報が全くなくても“あの友人が出てきて?私はあの友人を信じるから映画一度見るよ”とする俳優になりたい。
それならばどの程度成し遂げたのではないだろうか。
イ・ビョンホン:ところで今回の映画がとても残忍で。(笑い)

10.asiae フォト



8月18日追記
ものすごく豪華な試写会ね~♪

さて、11日コエックス メガボックス3館では'悪魔を見た'のキム・ジウン監督とイ・ビョンホン、チェ・ミンシク2人の俳優らがいくつかの知人らを招いた小さな試写会を開いたそうですが、その動画が出ました。
韓国のスター達も「悪魔を見た」を見た

記事
'悪魔を見た',ユ・ジテ-塔など ★らの好評 "力強くて興奮"
ユ・ジテ、イ・ジョンジェ佳人(プラウナイドゥゴルス)等スターらも映画'悪魔を見た'(キム・ジウン監督)に驚きと興奮を隠すことができなかった。

去る11日コエックス メガボックス3館では'悪魔を見た'のキム・ジウン監督とイ・ビョンホン、チェ・ミンシク2人の俳優らがいくつかの知人らを招いた小さな試写会が開かれた。
この席にはキム・レウォン、パク・ヘイル、イ・ジョンジェ、リュ・スンボム、ユ・ジテ、イ・ボムス珍句ユンジェ文(門)などの俳優らとオム・ジョンファ、コ・アラ佳人塔などスターらが参加して目を引いた。 また、ポン・ジュノ、リュ・スンワン、チェ・ドンフン、イ・ジェヨン、ホ・ジノ、イム・ピルソン、イギョン米など有名監督らも大挙参加して映画に対する大きい期待感を見せた。
クレジットが上がるということと同時に熱い拍手の声が出てきた劇場にはキム・ジウン監督とイ・ビョンホンが出席、お客さんらに感謝の挨拶を伝えた。 キム・ジウン監督は"本当に近い方々だけ迎えた席だ。 私としては最も震えて大変な席でないかと思う"としてときめく心を表現したし、イ・ビョンホンは"二時間以上座っておられるのに骨を折られたはずなのにマッサージちょっと受けられて行きなさい"という冗談で楽しく要人を始めた。

映画を見た俳優と監督らはイ・ビョンホン、チェ・ミンシク二つの主演俳優の延期(煙、演技)とキム・ジウン監督の演出力に感嘆禁じえなかった。

ユ・ジテは"殺します何. 二人の先輩ら延期(煙、演技)とキム・ジウン監督様演出力が本当に優れて二時間ずっとすぼめながら見たようだ"として興奮した表情を隠すことができなかったし、塔とパク・ヘイルやはり"見ながら一時も退屈でなくてずっと感心しながら見た","国内にはなかった、何と話すことはできない強力な映画が出てきた"という所感で驚きと感激を表わして劇場を抜け出た。

監督らの反応やはり熱かった。 今日に限ってキム・ジウン監督が恐ろしく感じられる夜とし暗示したポン・ジュノ監督は"残酷な映画なのになぜこのように悲しいだろうか考えたがイ・ビョンホン氏のためであるようだ"としてイ・ビョンホンの延期(煙、演技)を好評したし、ホ・ジノ、リュ・スンワン監督は"衝撃的だが悲しくて美しかった","前代未聞の完成度を見せた映画であった。 いたずら違います。 ショック状態です"として驚きを隠すことができなかった。

イ・ギョンミ監督とキム・ヨンファ監督は"1秒も緊張を緩められなかった","出た今日…本当に…悪魔を見た! 彼に敬拝を…"というコメントでキム・ジウン監督に対する賛辞を表わした。 チェ・ドンフン監督は"とても没頭しなくなるように…ケガします"としてウィットあふれる所感を残すこともした。
'悪魔を見た'という殺人を楽しむ連鎖殺人魔(チェ・ミンシク)と彼にフィアンセを失ってその苦痛を骨の中深くかえそうとする一人の男(イ・ビョンホン)の狂気じみた対決を描いた作品だ。 去る12日封切りして5日ぶりに73万観客を動員している。
現在の全国劇場街で上映中だ。




[インタビュー①]イ・ビョンホンが挙げる‘悪魔を見た’最高名場面は…

俳優イ・ビョンホンが話題作‘悪魔を見た’(キム・ジウン監督)撮影後裏話を伝えた。

最近コリアナ ホテルで会ったイ・ビョンホンは“ただバンに感じが来る作品があるのに‘悪魔を見た’がそうした”として“ペンションで大アクション神(靴)終わった後車中でぼうっとあった場面が最も記憶に残る”と話した。彼はその理由に対して“スヒョンが複数はだいぶ疲れることということを感じる。 バックミラーを報告書被チルガプの顔をぬぐい取ってある瞬間自己愛のようにあらわれることもできるが若干かっとする感じがとても良かった”と説明した。 引き続き“‘なぜ私がこのようになったのだろうか’ ‘なぜ私たち皆が?’そのように考えながらまた取りまとめるその感じだった”と当時記憶を想いうかべた。彼は映画の暴力上と残忍さが論議になっている雰囲気に対して“度々フォーカスが残酷性に合わされるが、もしかしたらそのようなアクション神々と残忍な場面は映画の道具”として“ドラマが数えた映画だからストーリーをついて行ってみるならば残酷な場面は大きくこれないこともある”と強調した。

また、今回の映画に対して大衆性とマニア的指向が共存する映画と魅力を伝えた。 彼は“それがこの映画の魅力だ。 極めて商業的な映画と考えたがとって見たらそうではなかった。 話主題を一言で要約すれば‘複数’であるがコードは商業的なことのようだが、内容面で強くてかえって二種類が共存するようだ”と説明した。
イ・ビョンホンは今回の映画を通じて‘甘い人生’ ‘奴奴奴’に続きもう一度キム・ジウン監督と呼吸を合わせた。 一部ではイ・ビョンホンを置いてキム・ジウン監督のペルソナと指し示したりもする。イ・ビョンホンはキム・ジウン監督に対して“俳優で問い詰めればスター性と演技力を兼ね備えたスタイルだ。 興行をのがさないながらも自身の芸術世界を思う存分広げる、とても芸術的な感性と狐のように悪賢い頭を持った人だ”と評した。
‘悪魔を見た’という残忍な殺人魔‘軽鉄’(チェ・ミンシクの方)からフィアンセを殺害された国家情報院警護要員‘スヒョン’(イ・ビョンホンの方)の残忍な複数劇を描いた作品だ。 イ・ビョンホンは劇中でフィアンセを失ってその苦痛をそっくり返えしてくれようとすさまじい複数劇を敢行する国家情報院要員役割を受け持って極限の境地(耕地)で残忍な複数劇を広げる。
キム・ジウン監督は“獣を捉えるために獣にならなければならない理由らを実感できるようにそして骨に凍みるほど描きたかった”と演出意図を伝えた。 この映画は去る12日封切り後4日ぶりに50万突破を目の前に置いている。 しかし評価は克明に交錯する。 制限上映可判定論議以後1分30余秒が削除された後封切りをむかえたが、暴力性と残忍さの程度は歴代最高水準だ。


[インタビュー②]イ・ビョンホン“演技練習? 一度もしたことない”
俳優イ・ビョンホンの延期(煙、演技)を置いて多くの人々が“草木が水分を吸い上げた”と評す。 最近作で彼の演技は評壇と大衆から相次いだ好評を受けている。 ただ演技大賞を受けて、ハリウッドに進出する快挙のためだけでない。
最近コリアナ ホテルで会ったイ・ビョンホンは“デビュー以後内延期(煙、演技)が発展しているという感じは自ら受けられない”として“久しぶりにみた友人が出る感じられませんが'君やせた'とすることと似た脈絡だ”と話した。だが“どんな神(靴)をとった後‘オー! 良かった、大丈夫だけど?’とする場合はある。 しかし私の延期(煙、演技)が一段階レベルアップなっているという感じはよく分からない”とぎこちない微笑を浮かべた。

イ・ビョンホンは今までただ一度も演技教育を受けたり、演技練習をしたことはないともした。 “うわべ(殻)を先に操縦して感情を動かすことにはならない”ということが彼の持論だ。
“今は延期(煙、演技)学院(塾)というのはあるでしょう。 俳優を夢見る友人らが学院(塾)に通って演技の勉強をするのに、そこで何を教えるが本当に気になります。(笑い)もちろんカメラに対する技術的なことら、発声に関する教育が必要だがスキルを教えるのはむなしいことではないのかと思います。”
スクリーンとテレビ劇場を行き来して自分だけの香りを吹き出している彼も、フォトゾーンと授賞式だけは苦痛が伴うと打ち明けた。 彼は“フォトゾーンや授賞式では私が見ても本当に飾り的に笑うと思う。 ‘歯見えるように笑いなさい’ですれば真に堪え難い。 その時は訓練された表情というよりは動かない表情が出てくる”と告白した。自身の所信と選択が観客らの評価と一致しない難題を相変らず抱いているとも吐露した。 “私が好む作品や場面らが観客らがベストに選ぶことと違う時が多い。 自身から抜け出して客観的に見る人々もいるが、それが大変だったよ”と内心を伝えた。だが、俳優として年を取りながら葛藤と選択がはるかに簡単明瞭になっている。 “幼い時は判断しなければならなくて選択しなければならないことの連続だったら、今は自己中心が立っている年齢になった。 時間が過ぎるほど俳優として主観(主管)がより一層明確になっている”という説明だ。


[インタビュー③]イ・ビョンホン“‘G.I.Joe’より‘悪魔を…’アクションがさらに大変だった”
‘メローに最もよく似合う’俳優と指折り数えられたイ・ビョンホンがますますアクション俳優に成っていくようだ。

イ・ビョンホンは最近作でひきつづき強力なアクション演技を披露している。
映画‘甘い人生’でボスに対抗する組織暴力団を、‘良い奴悪い奴おかしな奴’ではカリスマあふれる‘悪い奴’を、ドラマ‘アイリス’で特殊要員でくやしくて危険千万なアクション演技を披露した。
昨年ハリウッド デビュー作映画‘紙.子供.組-戦争の序幕’ではアクション俳優としての能力とワールドスターとしての可能性を見せて、あるアンケート調査で‘宇宙怪物に相対して戦うアクションスター’ 1位に選ばれることもした。
新しい映画‘悪魔を見た’でやはりイ・ビョンホンのアクションは期待以上だ。 ランニングタイムずっと原初的で本能的であり、写実的なアクション神(靴)が眩しい。
最近コリアナ ホテルで会ったイ・ビョンホンは“ハリウッド映画‘紙.子供.組’より‘悪魔を見た’アクションがはるかに大変だった”と苦衷を伝えた。
彼はその理由に対して“‘紙.子供.組’はハプが明確でひとまず素晴らしく見えるアクションだ。 それが漫画のキャラクターと若干非現実的に動作とアクションが明確だ。 そういうのをそういえばやさしい。 反面、'悪魔を見た'のように現実的で写実的なアクションが大変だ”と説明した。
引き続きアクション演技に草木が水分を吸い上げたという評に対しては“アクションを武器にして発展する姿を見せなければならないと考えたことはない。 幼い時4~5年間テコンドー道場に通ったやりがいがある”と冗談を言った。

去る12日開封された‘悪魔を見た’という観客と評壇から好き嫌いが克明に交錯している。 イ・ビョンホン、チェ・ミンシク二つの俳優たちの演技とキム・ジウン監督の演出力、完成度に対する好評が続く反面、映画の暴力性と残忍なことは論議になっている。
イ・ビョンホンもやはりこの部分に対して納得をした。 “‘スヒョン’の行為が正当なのか論議がたくさんなるようだ。 複数(復讐)の行為が線(船)を移って事実化されるとみられられることに感情移入になるようだ”と自身の考えを伝えて“お母さんは歯をくいしばって見て歯が痛いといったよ”と裏話を伝えた。
‘悪魔を見た’という殺人を楽しむ連鎖殺人魔(チェ・ミンシクの方)と彼にフィアンセを失って複数を敢行する一人の男(イ・ビョンホンの方)の対決を描いた。


イ・ビョンホン“苦痛を全部騒ぐならば世の中がどれくらい騒々しいだろうか'(インタビュー)
前ガールフレンド クォン某氏との法的攻防などで難しい時期を送った俳優イ・ビョンホンが所感を伝えた。
イ・ビョンホンは映画‘悪魔を見た’広報のため行ったインタビューで“世の中を生きる人々が如何に多い苦痛を味わうか? それを皆が騒ぐならばこの世がどれくらい騒々しいでしょうか?”と迂回的に前ガールフレンド クォン某氏との訴訟を終わらせた所感を迂回的に表わした。

イ・ビョンホンはカナダ僑胞(海外在住韓国人)出身の以前ガールフレンド クォン氏が昨年12月8日“自身がイ・ビョンホンから精神的肉体的被害をこうむった”として1億ウォンの損害賠償請求訴訟を提起しながら始まった。 以後クォン氏はイ・ビョンホンが海外で賭博をしたとし刑事告訴まで進行したしイ・ビョンホンは俳優生活中最も致命的な打撃を受けなければならなかった。

だが、今回の事件を世の中に知らせたクォン氏は昨年12月末カナダに出国した後今まで姿を表わさなかったし、去る12日裁判所はクォン氏側が出席しなくて訴訟を進行する意思がないと判断裁判を終えた。
こういう訴訟で体験した気苦労に対してイ・ビョンホンは内心をみな表わさなかった。 彼は“話す言葉があまりなくて不平働かせたくありません”として“私が息をするのが難しいといっても私の不平であるだけ”とこうしたことが広く知られないことを望むと伝えた。

未成年者観覧不可に行き過ぎた暴力性などで論議になっている‘悪魔を見た’という俳優らの熱演に力づけられて興行2位を記録して期待以上の高い興行成績を記録している。










続きはMoreへ






More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-19 09:20 | 悪魔を見た

アイリス地上波第16回目


マドンナのみなさ~ん あんにょん!
どんどんフィナーレが近付いてきてます・・・(涙)
今日バイト先の人に聞いたのですが。「アイリスのDVDは人気があるのね~全然借りられなかったよ・・・」って言ってました。私の録画のDVDを貸したかったんだけど、ブルーレイだから無理みたいって・・・。残念でした。

それから栗山ちゃんとのCM、韓国観光公社が日本市場広報用で制作した
『心が温かくなる韓国での旅行』
が、PATAゴールド・アワード観光映像部門最優秀映像に選ばれました~って!
で、授賞式は、来月17日中国マカオで開かれるそうです。

おめでとうございます^~^

もう一つ嬉しいことです!
8月19日よりインフルエンスが劇場公開になるようです!^▽^
重ね重ね~おめでとうです!
記事は↓です
-------------------------------------------------------------------------------------------------

TBS 『IRIS -アイリス-』精力的に更新中^^
JOFC
twitter lbh
twitter iris
twitter feel_lbh
テレビもラジオもTBS!! 
ドラマ公式ガイドブック

秋田といえばイスキアホテル ただ今更新中!
アイリス秋田ロケ公式記録集 イスキア寄稿 第一話(全11話)

ORAEさん
オラエさんのHP

韓国ドラマ「アイリス」(イ・ビョンホン主演)/字幕版TBSチャンネル

水曜枠 視聴率第2クールもガンバレ!!
微増してます(たぶんきっと・・・) ゜▽゜;
-------------------------------------------------------------------------------------------
8月19日
2010年8月19日(木)よる10時~10時54分
「ひみつの嵐ちゃん!」
ゲスト:キム・テヒさん


8月18日追記
今日もテヒちゃんのCM見ました~!
アイリスエソマンナヨ!^▽^))

16話・・・光化門は時間差を感じさせないように最初から夕方設定?って感じで暗かったですね^^;
撮影当時を思い出しますね。私はPCの光化門方向のライブカメラを必死で見ていました。雨も降ったりして、とっても寒かったようです。その時も雨男・・・って言われてましたもんね゜▽゜;;

今日もソンファの涙で、こちらもまた泣けてきました・・・。
北と南じゃなかったら恋に落ちたのかな?なんてふっと思いましたが、そもそも知り合う事などない二人だった訳だから・・・考えるのは止めます・・・。でも北の人達の方が筋が一本通っていて、オマケに役者さんも映画出身者(?)なのかな?NSSよりはるかに強そうでした。
そういえばヘリョンさんの弟さんも出演してたんですよね?!もしかして先週、ヒョンジュンとソンファで病院に担ぎ込んだ男でしょうか?

そして、出ました~禁断の果実~♪ 
松方さんはこの禁断の果実をどのように解釈したんでしょうね?!
いよいよ9月1日で完って感じみたいですが、あと少し思いっきり地上波を楽しみますよ~!
で、オッカケBS-TBSで放送になるようです。
BS-TBS版『IRIS -アイリス-』
《番組名》 『IRIS -アイリス-』
《放送日》 2010年9月7日(火)スタート
 毎週火曜21時~21時54分

《放送形態》
 カット版
 日本語吹き替え
 二重音声(主音声[日本語]、副音声[韓国語]とも ステレオ)
 文字(字幕)放送
※9月7日(火)は第1回前編、9月14日(火)は第1回後編となります。
※9月21日(火)は第2回となり、以降はすべて1時間枠です。



さてさて、「インフルエンス」が公開になります!
innolifeさんより
イ・ビョンホン&ハン・チェヨン『インフルエンス』、劇場でも公開!
オンラインを通じて4編の映画と6編の漫画で披露したイ・ビョンホン・ハン・チェヨン主演の『インフルエンス』が、19日公開される。18日制作会社ウインザーエンターテイメントによると、『インフルエンス』はインターネットユーザーの劇場上映要請に、当初計画したインターネット上映で終わらず再編集と後半作業を経て、有料で上映することになった。

映像物等級委員会は15歳観覧可等級と判定した。日本観光客のために日本語字幕バージョンを制作、上映する予定だ。インフルエンスは歳月が流れても変わらない約束、その価値を守るために選択の岐路に置かれた主人公が繰り広げるミステリージャンルの映画だ。 3つのエピソードで構成され、3月オンラインで公開された。ドラマ『チェオクの剣』と『ベートーベン ウイルス』のイ・ジェギュPDが演出した。

韓国語の記事もいっぱいあるのですが~
ウインザー'インフルエンス'広告映画で異例的劇場封切り
ウイスキーウインザーが作ったイ・ビョンホン、ハン・チェヨン主演の広告映画‘インフルエンス’が劇場で上映される。
収入(輸入)主流社のディアチオは映画‘インフルエンス’を来る19日からロッテシネマ アベニュー・エル観と建大入口(コンデイプク)観、釜山(プサン)西面(ソミョン)観などソウルと釜山(プサン)主要劇場で封切りすると18日明らかにした。広告形態で利用するために作った映画が一般封切り館で上映されるのは異例的だ。ディアチオ関係者は“整っている話と主人公らの熱演、イ・ジェギュ監督の硬い演出力三拍子が合致した結果”と話した。この映画はインターネット版の再編集、後半作業を経て映像物等級委員会から15才観覧可の等級を受けた。日本観光客のための日本語字幕バージョンも製作、上映する予定だ。



8月17日
テヒちゃんのCM見ましたよ~!前髪があったよね?!
美人さんは髪型変えるとまたイメージがガラリと変わりますね!
さて、アイリスの記事じゃないんですが栗山さんとのCMが賞をとりました!
innolifeさんより
イ・ビョンホン&栗山千明出演映像、PATAゴールド・アワード受賞
韓国観光公社が日本市場広報用で制作した『心が温かくなる韓国での旅行』が、PATAゴールド・アワード観光映像部門最優秀映像に選ばれた。授賞式は、来月17日中国マカオで開かれる。

アジア太平洋観光協会(PATA)は、毎年78ヶ国1000余会員会社を対象に、アジア太平洋地域のマーケティング、環境保存事業、教育訓練プログラム、広告、観光映像、ポスターなど24部門で最優秀結果を決めて、ゴールドアワードを授賞する。

『心が温かくなる韓国での旅行』には韓国俳優{イ・ビョンホン}と日本俳優・栗山千明が出演した。 釜山国際映画祭に参加した日本のトップ女優が偶然にイ・ビョンホンに会って、河東、順天、潭陽、公州、ソウルなど韓国の美しい観光地を旅行するという内容だ。観光公社はこの映像を、ニューヨークフェスティバルなど他の国際映像物フェスティバルにも出品する計画だ。


ytnの動画です
イビョンホン出演韓国観光広報映像、 『 PATA Gold Award 'を受賞

このチェックのシャツは、どこのブランドなんだろうね?^▽^))



walkerplus
BoAやイ・ビョンホンら韓流スターがハリウッドで抜擢される理由とは?
(抜粋)
ここ数年で韓国のスターたちのハリウッド進出が激増している。たとえば、続編も製作予定にある『G.I.ジョー』(09)のイ・ビョンホン・・・彼のハリウッドでの活躍が顕著であるのには理由がある。それは、彼らの実力が買われたのはもちろん、アジア地域の中でも韓国は映画の観客動員数が増加傾向にあり、ハリウッドにとって“韓国は重要なマーケット”としてとらえられているからだ。実際に、北米で初登場1位を記録した『G.I.ジョー』は、北米を除く35ヶ国のうち、韓国での興行収入が最も高かったとか。自国の俳優が出演しているともなれば、劇場へ足を運ぶ観客がより増え、絶大な経済効果をもたらすと言っても過言ではないようだ。





[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-08-18 23:02 | アイリス