Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

カテゴリ:RED2( 4 )


あんにょ~ん!

REDリターンズ11月30日公開

11月29日

待ちに待った映画公開は明日ですね!!

行ける方は是非楽しんでくださいね~♪
私はまだ観に行けそうにないけど、絶対見に行きますからね~!!

ところでビョンホンは楽しんで帰ったかな?
結構テレビに映ってましたよね!
私もがんばって(笑)ヒルナンデスも見たし、番宣も見たし、もういうことなしのいい男でしたよね~。

やっぱビョンホンの次に愛する男なんて簡単には出てきそうにないって思いました・・・。



今、プラネットさんに行ったら、ルイビトンシティーガイドの記事の中に「ミンチョルのその後!」みたいなビョンホンの画像がありました!

たまりません!見て見て~!!^〇^))ちょっとテンションあがりました!

이병헌 '루이비통 시티가이드' 출간 기념회 참석, '수익금 기부'








11月23日
いよいよですね!

で、ビョンホンは、本日東京入りなのかな?



最近忙しくて更新してない私ですが^^;ビョンホンはいつもの通り忙しく働いてました!
(^▽^)
そうそ、昨夜は青龍映画賞授賞式のレッドカーペットが行われてましたね~♫
大人らしい品のあるスタイルで安心しました!



プラネットさんより
今日のビョンホンさん...

[HD動画] '青龍映画祭'イ·ビョンホン、新郎の柔らかな魅力 'イ·ミンジョン見ているか? "
俳優イ·ビョンホンが22日午後、ソウル回基洞慶煕大学平和の殿堂で開かれた「第34回青龍映画祭授賞式に先立ちレッドカーペット行事に参加した。
SBSで8時55分から生中継された '第34回青龍映画祭は、映画界の専門家で構成される試験だけのアンケートとネチズン投票で各部門別候補を選定し、作品性と興行性を兼ね備えた21編の作品が厳選された。



百度さんより
ニュース]今夜ドラゴン賞に出席し、 "20131122"スターイ·ビョンホン、その他の公共...

【動画】Zhuantie "20131123"スターイ·ビョンホンなどの公共ドラゴン賞レッドカーペット






11月12日
いつかな??って行けないけど(笑)気になってました!しかし行事が直近すぎじゃないですか?
調整に手間取ったのかしら?

でも、会えないけど、なんか嬉しい~^^
11月24日はジャパン・プレミアイベント!!



アカデミー女優 ヘレン・ミレンの来日が決定 -映画『REDリターンズ』

映画『クィーン』(2006年)でアカデミー主演女優賞を獲得したヘレン・ミレンとイ・ビョンホンが13日、映画『REDリターンズ』PRのために来日することが明らかになった。

『RED』シリーズは、CIAを引退した超一流のスパイチーム、コードネーム「RED-Retired Extremely Dangerous」(引退した・超・危険人物)が現役復帰し、世界を舞台に大暴れする様子を描いた作品。諜報活動の一線から退き、平穏な生活を送っていた元CIAのスゴ腕スパイ、フランク(ブルース・ウィリス)と恋人のサラ(メアリー=ルイーズ・パーカー)。彼らに、新たなトラブルが降りかかってきた。その起因は、かつてフランクと仲間のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が関わった、小型核兵器に絡む極秘プロジェクト。真相を探るため、フランク、マーヴィン、サラは、ヨーロッパに飛ぶ。そこで、待ち受けていたのは、かつての宿敵たちも関わる世界を揺るがす危機だった……。

このたび来日が決定したH・ミレンはプロモーションでの来日は初、イ・ビョンホンは映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』以来、約半年ぶりとなる。ふたりは11月24日に行われるジャパン・プレミアイベントに出席する予定となっている。
前作に引き続き、ブルース・ウィリスをはじめ、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、メアリー=ルイーズ・パーカーが登場するほか、キャサリン・ゼータ=ジョーンズとアンソニー・ホプキンスが今回から参加する。映画『REDリターンズ』は11月30日より全国公開。





11月12日
お久しぶりです!
秋を通り越してすっかり冬到来ですね・・・。

昨日初雪が降ったウリ地方ですが、積もるほどは降らなかったんで、とりあえずよかった!でも寒い!11月なのに寒すぎますよね!

明日、目が覚めたら白銀の世界になってたらやだなぁ~。



さて、今月は「REDリターンズ」が公開されますね!
最近ビョンホンのお顔もなかなか見る機会が少なくて(笑)楽しみにしています!




引退したスパイチームが再結集! 世界を揺るがす驚愕の危機に立ち向かう

テキトー発言連発の高田純次、よく街でイ・ビョンホンと間違えられる!?


[ムビコレNEWS] 
ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンら豪華スターの共演で、引退した元スゴ腕諜報員らが現役復帰し、世界を救う姿を描いた『RED/レッド』。その続編となる『REDリターンズ』の“RED”カーペットセレモニー付きCMナレーション公開収録が11月11日にアバコクリエイティブスタジオで行われ、アフレコ収録に挑む高田純次が登壇した。

本作では前作のキャストに加え、アンソニー・ホプキンスやキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、さらにイ・ビョンホンも加わり、豪華キャストの共演が実現。



全身真っ赤なスーツに身を包んだ高田がレッドカーペットに登場すると、集まったファンからは黄色い歓声も。ファンからサインを迫られると1人ひとり丁寧に対応しファンに向けて投げキッスをする場面もあったが、一方で、上手く書けたサインに「このサイン上手いな。俺もらっとこ!」と述べたり、「それぞれ200円いただきます」と笑わすなど、高田節を連発させていた。

その後、公開アフレコが行われ、感想を尋ねられた高田は「私が出ていないので、みなさんガッカリするかもしれませんが、小気味いい“シャレオツ(オシャレ)”なアクションで、アッという間に時間が過ぎてしまう映画です。時間があってもなくても見てほしい」とアピール。続けて「よく街で『イ・ビョンホンですか?』と呼び止められるけど、本編見たら似てなかったね!」などとテキトー発言も飛び出し会場を楽しませた。

また、ファンから「カッコ良かった!」と声援を送られると、高田は「汗かいてた方が一生懸命やってるように見えるんだけどね」と気をよくしたようで「さっきのサイン100円で結構です」と照れ隠しなのか、200円から値切ってあげていた。


REDリターンズ』は11月30日よりTOHOシネマズスカラ座ほかにて全国公開となる。






[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2013-11-29 17:19 | RED2



『REDリターンズ』予告編
引退したスパイチームが再結集! 世界を揺るがす驚愕の危機に立ち向かう
2013年11月30日より全国公開


2013年11月30日より全国公開


JOFC
超豪華スター競演のアクション・エンターテイメント、始動!
――引退した伝説のスパイチームREDが、世界を救う!!




7月25日
公開以来ずっと評判がいいようです!


イ・ビョンホン「次世代ジャッキー・チェン?まだその段階ではない」
イ・ビョンホンが、ハリウッド内の地位について謙遜した態度を見せた。
23日に韓国で放送されたKBS 1TV「ニュースライン」には、映画「RED/レッド2」(監督:ディーン・パリソット)の主役イ・ビョンホンが出演し、映画とハリウッド進出に対して率直に語った。
この日イ・ビョンホンは「以前はジャッキー・チェンに代表されたアジアのアクション俳優が、これからはイ・ビョンホンに変わるのではないか」というアナウンサーの質問に「ジャッキー・チェンは私が尊敬する俳優だ。まだその段階ではないと思う。ハリウッドではまだ新人だ」と答えた。
続いて「少しずつ違う姿を見せられるということを楽しみにしている。ハリウッドではアジアの男性俳優は蹴ることしかできないと思われるだろうが、僕は蹴ることもできる俳優だと思う」と自身の考えを明かした。
「RED/レッド2」は25年ぶりに再稼働した最強の殺人兵器“夜の影”をいち早く除去するため、引退後10年ぶりに再びタッグを組んだCIAエージェントREDの活躍を盛り込んだ映画である。イ・ビョンホンの他ブルース・ウィリス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンなどが出演した。
18日の公開以来、興行成績1位をキープしている「RED/レッド2」は、累積観客数120万人を突破し、公開2週目も変わらない人気を続けている。


俳優イ・ビョンホン、ニュース番組に出演…『REDリターンズ』の裏話公開
俳優イ・ビョンホンがニュース番組に出演する。
イ・ビョンホンは23日放送されたKBS(韓国放送公社)第1テレビのニュース番組『ニュースライン』に出演して映画『REDリターンズ』(今月18日韓国公開)の撮影ビハインドストーリーを打ち明けた。ハリウッド進出作『G.I.ジョー』(09年)と『G.I.ジョーバック2リベンジ』(13年)を通じてワールドスターに成長した感想も伝えた。
『REDリターンズ』は行方不明になった核爆弾を除去するために、引退後10年ぶりに集まったCIA要員の活躍を描いた映画。ブルース・ウィリス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジョン・マルコヴィッチらハリウッド スターが豪華出演している。イ・ビョンホンは彼らに対抗する悪役「ハン」を演じた。
一方同作は公開5日で100万観客を突破し、公開2週目に入り、引き続き興行突風を巻き起こしている。





プラネットさんより
2013年07月24日(水)観客数133,295累積観客数1,402,163
日別ボックスオフィス
2013年07月24日(水)
レッドザレジェンド観客数133,295累積観客数1,402,163
24日時点でボックスオフィス1位です!初日2日目は1位だって記事は読んだんですが、まだまだパワーありますね!で、今日も1位堅持の予想ですって!すごいです!



記事
[ランキングエンターテイメント]イ·ビョンホンの3番目のハリウッド映画 "レッド:ザレジェンド '封切り初めての週1位
俳優イ·ビョンホンの三番目ハリウッド映画'レッド:ザレジェンド"が封切り初週約94万人動員、週間ボックスオフィス1位を占めた。

イ·ビョンホン 'レッド'、ボックスオフィストップ "堅固" ...興行勢 '相変らず'
映画"レッド:ザレジェンド"がボックスオフィストップを堅固に守った。7月25日映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ·ネットワーク集計によれば去る18日封切りした'レッド:ザレジェンド"は、24日一日全国650個上映館で13万3293人を集めてボックスオフィス1位を占めた。累積観客数は140万2163人。公開以来ずっとトップの座を守った"レッド"は、コミックとアクションの組み合わせとブルース·ウィリス、ジョン·マルコヴィッチ、キャサリンジェタジョンスなどハリウッドスターたちとイ·ビョンホンの意気投合に成功した観客を集めている。このような傾向が続けば、今日(25日)150万観客を無難に超えるものと予想される。'レッド:ザレジェンド"は、驚異的な破壊力を持つ兵器夜影の操作を防ぐために集まった引退したCIAエージェントの奮闘を描いた映画だ。


『RED/レッド2』、公開5日目で100万人…イ・ビョンホンパワー全開





7月4日
韓国では7月18日に「RED/レッド2」が公開になります!で、日本での公開はいつになるのかな?

そうそう!ビョンホンは殺し屋(キラー)ハンですって!かなり評判がいいそうです!
でもズッコケ?^^;?なんかズッコケって言葉が妙に懐かしい感じなんですけど・・・。
それと、全裸シーンありなんですか?ストームシャドーとの違いを確認したいです!(笑)

わ~気になりますね!早くみたいです!



お金の話~。
イ・ビョンホン、ハリウッド映画の出演料について言及「最初から巨額をもらった」
最近ハリウッド映画「RED/レッド2」に出演した俳優イ・ビョンホンが出演料について言及した。
イ・ビョンホンは、韓国で3日に放送されたSBS「SBSテレビ芸能」に出演し、映画「RED/レッド2」の撮影にまつわるエピソードを公開した。
この日の放送で「今回の映画を撮影して出演料が上がったか」というリポーターのストレートな質問にイ・ビョンホンは「最初から巨額の出演料をもらったので…実際出演料はあまり上がっていない」と冗談めかして答えた。
続いてイ・ビョンホンは「ハリウッドに進出すれば、無条件に巨額の出演料をもらえると思う人が多いけど、外国の俳優がハリウッド映画に出演すれば、その俳優が母国ではいくらもらっているのかを調べる」と説明した。またイ・ビョンホンは「僕は僕がその国でどんな待遇を受けるかはあまり気にしない。世界的な俳優たちと共演できることだけで夢みたいだ」と、感想を語った。



レッドスーツでおしゃれしたイ・ビョンホン、映画『レッド』レッドカーペットイベントに参加!
28日、ソウル市広壮洞のウォーカーヒルホテルで映画『RED/レッド:ザ・レジェンド』のクラブパーティーが開かれた。主演俳優イ・ビョンホンが参加してファンらと対面した。
ミニレッドカーペット行事に赤いスーツを着て登場したイ・ビョンホンは約10分間、ファンへのサインや握手、セルフカメラ撮影要求に応じて歓呼を誘った。
劇中最高のキラー、ハンを演じたイ・ビョンホンは「映画の中で全裸シーンがある」と発言してファンらは歓声を上げた。彼は「エロティックに考えてはいけない」とし「劇中のハンはあまりにも危険な人物だから、ミーティング時に武器を持っていないかボディチェックしなければならない。そのような場面がある」と説明した。
イ・ビョンホンによると「『RED/レッド2』のジャンル自体がアクションコメディ」と言い「アクションを見て痛快さも感じるが、間に現れるユーモアもあって楽しく見られる」と期待させた。続けて「私の役は、深刻でカリスマがあるが、観客が見ると失笑してしまうズッコケだ。2%不足しているキラーの役だから独特」と付け加えた。




「RED/レッド2」イ・ビョンホン、ブルース・ウィリスおさえ最高のキャラクターの栄誉
ハリウッド映画「RED/レッド2」に出演するイ・ビョンホンと劇中の役柄である殺し屋ハンに対し、海外からの関心が集中している。
今月18日に、全世界に先駆けて韓国での公開を控えている「RED/レッド2」で、殺し屋ハン役を演じた俳優イ・ビョンホンに対する海外メディアからの関心が熱い。「RED/レッド2」は、25年ぶりに再稼働した最強の殺人兵器“夜の影”をいち早く除去するため、引退後10年ぶりに再びタッグを組んだCIAエージェントRED(Retired Extremely Dangerous)の愉快で痛快な活躍を盛り込んだ超大作アクション映画である。

先月24日にニューヨークで行われたプレミア試写会に参加したイ・ビョンホンへの関心は非常に熱いものだった。試写会前に10社余りの海外メディアとインタビューが予定されていたイ・ビョンホンは、試写会後、その10倍にも及ぶ100余りのメディアからインタビュー要請が殺到し、予定より多くのスケジュールをこなすこととなった。映画を見た後、イ・ビョンホンが演じた殺し屋ハンの姿に海外メディアの関心が集まったのだ。
殺し屋のハンは、スーツ姿で最高級の専用機に乗って世界を回りながらターゲットを追うラグジュアリーな殺し屋だが、時には何か特定のものに異常なまでの執着を見せるという意外な魅力まで備えた人物で、イ・ビョンホンは今までにない“ラグジュアリーな殺し屋”という斬新な設定と、意外な魅力まで備えた殺し屋ハンをうまく演じこなし、海外メディアから熱い反応を得た。
これを証明するかのように「RED/レッド2」の制作会社であるサミット・エンターテインメントが行った「作品の中で一番魅力的なキャラクター」を問うアンケートでは、殺し屋ハンが7割に達する圧倒的な支持を得て1位を獲得した。ブルース・ウィリスやジョン・マルコヴィッチなど、そうそうたる俳優たちが演じた役柄を全ておさえたこの結果は、「RED/レッド2」でイ・ビョンホンが見せる殺し屋ハンに対する好奇心と観客の期待を高めている。
イ・ビョンホンに海外メディアから関心が集まっている中、「RED/レッド2」はカナダをはじめ、フランス、イギリス、スウェーデン、ドイツなど、ヨーロッパ各国でのロケーションや、これを背景に繰り広げられる迫力溢れる追撃戦や華麗なアクション、コミカルさまでもが加わった映画で、18日に、全世界に先駆けて韓国で公開される。




6月29日
ビョンホン!よかったね!

イ・ビョンホン、「『RED/レッド2』、亡くなった父の映画デビュー作」
俳優イ・ビョンホンは映画『RED/レッド2』が、父のデビュー作になったと伝えて視線を集めた。
28日、ソウル市広壮洞のウォーカーヒルホテルで、映画『RED/レッド2:ザ・レジェンド』のクラブパーティーが開かれた。主演俳優イ・ビョンホンが参加してファンと交流した。この日のイ・ビョンホンは映画『RED/レッド2』の撮影にまつわる秘話を伝えた。
彼は「父はハリウッド映画狂だった」とし、「亡くなったが、私が米国のハリウッドでハンドプリンティングをしたときに、“父が見ればどれほど誇らしかったか”と思った」と振り返った。「父がどこかで見守っているだろうと考えた」というイ・ビョンホンは、「いよいよ父がこの映画に間接的に出演することになった」と話した。これに先立ってイ・ビョンホンは、幼い頃に父と撮った写真が映画の重要なシーンで使われることになったと、伝えたことがある。
イ・ビョンホンは「父の話を聞いた監督が、感動的なので父の名前を教えてくれと言った」とし、「“Special Thanks To”の字幕に父の名を入れてくれると言ってくれた」と知らせた。引き続き「『RED/レッド2』は特別な映画だ。父のデビュー作」と付け加えた。
しかしイ・ビョンホンの父親は“Special Thanks To”の欄ではなく、メイン演技者の名が掲載されるエンディングクレジット欄に掲載された。彼は「最近外国で『RED/レッド2』の広報をしたが、監督が“Special Thanks To”ではなく、メイン演技者の欄に入れたと言ってくれた」とし、「写真ではあるが、彼もまた間接的な出演なので、演技者として名前を掲載したと言ってくれて感動した」と話した



イ・ビョンホン、「『RED/レッド2』で全裸を露出した」
俳優イ・ビョンホンが3本目のハリウッド映画『RED/レッド2』で、全裸シーンが登場すると伝えた。
28日、ソウル市広壮洞のウォーカーヒルホテルで、映画『RED/レッド2:ザ・レジェンド』のクラブパーティーが開かれた。主演俳優イ・ビョンホンが参加してファンと交流した。映画の中で最高の殺し屋ハン役を演じたイ・ビョンホンは、「映画の中に全裸のシーンがある」と発言し、会場に叫び声が響いた。
彼は「エロチックに考えないでほしい」とし、「劇中でハンはとても危険な人物なので、ミーティングの時に武器がないかボディーチェックをしなければならない。そんな場面がある」と説明した。イ・ビョンホンが演じた殺し屋ハンは、誰にでも人情や事情に関係なく、与えられた任務を完全にやり遂げる最高の実力の請負殺人業者だ。
『RED/レッド2』は25年ぶりに再稼働した最強の殺傷武器バムの影を除去するために、引退して10年ぶりに再びチームを組んだCIAの要員R.E.Dの愉快な活躍を描く。カナダをはじめとするフランス、イギリス、スウェーデン、ドイツなどヨーロッパ各地域でのロケーションが見どころだ。




イ・ビョンホン「RED/レッド2」ショーケースに登場…結婚についてはコメント無し
イ・ビョンホンが映画「RED/レッド2」のショーケースに登場したが、結婚やイ・ミンジョンに関するコメントはなかった。

イ・ビョンホンは28日午後8時、ソウル廣壯洞(クァンジャンドン)シェラトン・ウォーカーヒルホテル・シアターホールで行われた「RED/レッド2」(監督:ディーン・パリソット)のショーケースに参席し、レッドカーペットイベントやトークショーを通じてファンたちと会った。8月に結婚式を挙げると発表してから、韓国では初めて行われる公式イベントだったため、結婚式に関するコメントを期待する人は少なくなかった。
しかしイ・ビョンホンは結婚式に関するコメントは一切なしに、紳士的なマナーでレッドカーペットを経て、映画撮影時のエピソードやハリウッドスターたちと撮影を行った所感などを話した。
彼は5日、イ・ミンジョンとの結婚が報じられた後、所属事務所を通じて「二人は8月10日土曜日の午後6時グランドハイアットホテルで結婚する」と発表した。彼は同日、日本で故勝新太郎の17回忌に参加し、結婚式に関する現地取材陣の質問を受けたが、微笑みで答えるだけだった。
「RED/レッド2」は、元CIAのメンバーたちが陰謀にはめられた後、社会の悪を排除する物語をコミカルに描いた「RED/レッド」の第二弾だ。イ・ビョンホンは冷酷な殺し屋であると同時にフランク(ブルース・ウィリス)に盗まれた自身の小型飛行機を取り戻すために狂ったように執着するハンを演じる。韓国では7月18日に公開される。




More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2013-07-25 15:12 | RED2


【スターコラム】イ・ビョンホン、懐かしい父との思い出…語り切れなかった映画の話 ― Vol.2
映画「王になった男」で1千万俳優(1000万人の観客を動員した俳優)の仲間入りを果たしてから、もう3度目となるハリウッド映画「RED/レッド2」を通じて意外な魅力をアピールしたイ・ビョンホンの順調な足取りが注目を浴びている。イ・ビョンホンは、映画「RED/レッド2」で元CIAエージェントRED(Retired Extremely Dangerous)のリーダーのフランク(ブルース・ウィリス)の命を狙う最強の殺し屋ハン・ジョベ役で登場し、これまでのアジア俳優の典型となった単純な悪役に対する認識を変えることに成功したという評価を受けた。彼はカリスマ性がありながらも、時には何かにとことん執着し、どこか少し足りない“ホダン”(しっかりしているように見えるが抜けている人)のような姿までも見せて、観客にギャップのある魅力をアピールする。NAVERスターコラムを通じて俳優イ・ビョンホンの人間的な魅力を探ってみよう。


想定していなかった俳優としての道

僕は子どもの頃から俳優になることが夢ではなかったし、なりたいと思ったことさえ一度もありませんでした。KBS公開採用14期タレントになったのも、周りからの勧めがあったからです。
大学生の時、僕は軍に入隊するために入隊願書を出して家で休んでいました。ある日、友達の母親がうちに来て、僕にKBS公開採用タレントの願書を渡しながら俳優に挑戦してみることを勧めました。
僕は友達の母親に、「人前できちんと話もできない僕が俳優だなんてとんでもない」と断りました。すると、僕の母親は「うちの家族から俳優が出てくるなんて、期待もしないわ。あなた、顔も男前じゃないのに俳優になれるの?」と言いました。そうしながらも僕の母親は、「それでも願書を持ってきてくれた方の気持ちもあるし、男の子なんだから色々と経験してみるのも良いでしょう。タレント試験なんて滅多に経験できることじゃないんだから」と提案してくれました。
そこで僕は写真学を専攻する友人にプロフィール撮影を頼み、書類選考に応募しました。幸運にも最終選考まで一度で合格しました。熾烈な競争を勝ち抜いて成し遂げた成果でしたが、他の合格者たちとは心構えが違いました。
その人たちには、本当に心から俳優になりたいという切実さがありましたが、僕はその時まで俳優になることに対し、これといって惹かれるものはありませんでした。研修期間中にも、できなければ途中で降板させるという話に他の合格者たちの間では緊張感が漂っていましたが、僕は「最初から俳優になろうと思ったわけでもないから」という心構えで気楽にしていました。
そうして1991年、KBS 1TV4期公開採用タレントとして俳優の道を歩むことになりました。本当に思いもしなかった職業に就くことになり、僕も不思議でした。専門的に俳優の勉強をしたわけでもなく、デビューの時から様々なドラマに出演しながら徐々に認知度を上げました。
そうして1年、2年と経つにつれ、俳優という職業に魅力を感じるようになりました。「俳優であれば僕の全てを注ぐことができる」と思いました。それだけ俳優の魅力にすっかりはまっていたと思います。


会いたい僕の父親……“ハリウッドキッド”の胎動

このようにして、友達の母親の勧めから俳優の道を歩むことになりました。ある意味では僕の人生を完全に変えたと言えると思います。しかし、最近僕の周りやメディアを通じて、とりわけ父親の話を頻繁にしているような気がします。そのおばさんより先に、亡くなった父親が僕を俳優の道へと導いてくれたようだと……。
よく考えてみると、子どもの頃に父親と一緒にMBC「週末の名画」をはじめ、TVで放送される白黒映画をたくさん見ました。そのとき父親は、僕に向かって「あの俳優は誰々という俳優だが、今回の映画でどのような役を務めて、演技が上手だ」「あの女優は誰々が夫で、映画にこのようにキャスティングされ、目の演技がとても上手」などと言いながら、まるで映画評論家のように絶えず説明してくれました。
僕は当時、小学生で、本当に子供でした。子どもに分かるわけがありません。映画の内容や俳優の名前が何なのかも、全く分かりませんでした。ただ、父親と一緒に映画を見ながら説明を聞くことが面白く、不思議だったと思います。また、父親には映画館にもたくさん連れて行ってもらいました。おそらく……父親のお陰で、僕が無意識のうちに映画や映画館に対するファンタジーをとてもたくさん持っていたのに、成長していく中でそれに気付けなかったのではないだろうかと思いました。今になって考えてみるとそういうことだったということです。
映画館という空間もとても好きでした。まるで映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のトトとアルフレードおじさんのように、僕もまた父親を尊敬して慕っていたと思います。その映画の全体的な情緒のようにです。
子どもの頃の映画館を思い返すと、その時はまだ指定席もなく、ただ先着順に入って座れました。さらに、人気のある映画だとチケットが売り切れとなり、立ったまま見たりもしました。するめやピーナッツ、羊羹などのおやつを販売される方も歩き回っていました。
僕が4歳のとき、映画「パピヨン」を初めて見ましたが、僕を含め子どもたちは立ったまま映画を見ていて、トイレに行きたくても我慢しました。トイレに行っている間にシーンを逃すことが嫌だったからです。
映画館の中には、色んな匂いが混ざっていました。するめやピーナッツの匂い、子どものおしっこの匂い、セメントの匂いなどなどです。チケットを購入して映画館の中に入ると、その匂いが僕の鼻の中に入り、その時から心臓がドキドキしました。「映画が好きなのか、映画館が好きなのか」分からないほどにです。条件反射のようなものだったと思います。
子どもの頃、父親は僕にとってヒーローのような存在でした。母親とは全く正反対のイメージでした。僕の母親は、僕がこれから家庭を築く大黒柱であり、長男だったので僕にとても厳しかったんです。父親はそんな僕をいつも優しく包んでくれました。一般的な家庭とは全く逆でした。ハハハ。何も知らない子どもの頃は、父親は正義の味方のヒーローで、母親は悪役のように思っていました。



有難いディーン・パリソット監督と愛する家族たち

最近公開された「RED/レッド2」の撮影当時、ディーン・パリソット監督がある日僕に「君の子どもの頃の写真が必要だ。父親と一緒に写った写真はないのか」と聞いてきたので、子どもの頃に父親と一緒に撮った写真を監督に送りました。
劇中で、ブルース・ウィリスが僕の飛行機に入って、僕の写真を手に取って見るシーンがありますが、その時に使われる写真でした。撮影が忙しかったので、しばらく忘れていました。撮影の最後のほうに、飛行機のセットに何も考えずに入りましたが、僕が監督に送った父親と一緒に撮った写真を見つけました。本当に何かがこみ上げてきました。
その時、監督のもとに行き、父親が僕にとってどのような存在だったのかを説明しました。僕は監督に、「先日ハリウッドでハンドプリントをした時、『父親はハリウッドマニアだった。15年前に亡くなり、今は僕のそばにいないが、どこかで僕を誇らしく見守っているはず』と感想を述べた」と言いました。そして、僕は監督にまた「父親の写真が映画に出るなんて本当に感動している」と改めて感謝の気持ちを伝えました。
すると、監督は「私は君の話の方がもっと感動的だ。エンドクレジットのスペシャルサンクスに君の父親の名前を入れよう。スペルを教えて欲しい」と言いました。それを聞いて、また感動しました。最近ニューヨークで行われた「RED/レッド2」のプレミア試写会に参加しましたが、監督が父親の名前をエンドクレジットではなく、メイン出演者のタイトルに入れてくれました。僕の名前の直ぐ下に父親の名前が出てきます。本当に、監督には何度も感動されられました。
その後、映画の編集が行われ、編集する方が僕と父親が一緒に撮った写真が登場するシーンを削除しようとしました。映画の展開上、そのシーンはいらないと判断したそうです。すると、監督は「他は全部カットしても、あのシーンはダメだ」と強く主張してくださいました。本当に、人間としてもとても素晴らしい方だと思いました。僕以外の人に接する時も常に思いやりがあります。監督のことは、本当に忘れられません。
僕に常に厳しく、ぶっきらぼうだった母親も、今回の映画は違ったようです。ブルース・ウィリス、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンなど、名前を聞くだけでも伝説レベルの俳優たちと共演したからです。やっと僕がハリウッド俳優になったと実感するようになったそうです。実は、母親は映画「G.I.ジョー」撮影の時に僕が「チャニング・テイタムやシエナ・ミラーと共演してるよ」と言った時は反応が薄かったんです。母親の世代にはあまり知られていないようで。ハハハ。
家族も「RED/レッド2」を見ましたが、みんな感動したそうです。母親は目がうるうるしていました。何かこみ上げて来るものがあったそうです。そして、僕に「お父さんも自分の写真がスクリーンに映っているのを見たら、どれだけ喜んだだろうね」と言って、僕の背中を叩いてくれました。



最も理想的な俳優観と現実とのズレ

最近、後輩のために講義をすることが多くなりました。僕はそのような席が未だに慣れません。そもそも俳優が夢だったわけではなく、体系的に演技を勉強したことがないので、教科書的なアドバイスができませんでした。そこで僕は、僕の経験を基に後輩たちにアドバイスをします。自分の中にまだ少年らしさが残っているのであれば、それを恥ずかしく思ったり、大人になろうと努力してはいけないと。
僕は「G.I.ジョー」のスティーヴン・ソマーズ監督の家に何度かお邪魔させてもらったことがあります。監督の個人スペースに、子どもたちが遊べる遊び場が設けられていました。僕は最初は監督のお子さんたちの遊び場だと思いましたが、違いました。そこは監督の遊び場でした。50歳を超える大人にも関わらず、このような遊び場があるというのは、まだ少年らしさを失っていないということです。だからこそ、奇抜でクリエイティブなアイデアが出てくるのだと思います。
俳優や監督のようにクリエイティブに働く方々は、自分の中にある少年らしさをなくしたり、恥ずかしく思わないで欲しいです。韓国の文化では、「そろそろ大人になりなさい!」「隣の子はそうじゃないのに、あなたはどうしたの?」と叱る文化です。常に、このように言われながら育った僕の後輩の役者たちは共感できると思います。
法律に背かない範囲で道から逸れるということも経験してみて欲しいです。日常から逃れる行為であっても、他人の目にはおかしく見えることでも、一度経験してみて欲しいです。自分の感情の赴くままにすることが重要ですが、韓国の文化は道徳的基準で評価する文化なので、ユニークでクリエイティブな思考で行動するとき、大変なことも多いでしょう。僕もやはり、役者として道徳的なものさしでクリエイティブな思考が制約されるときが一番大変でした。世の中と妥協し、色々と守りながら生きるために努力しますが、後輩には僕が理想とする俳優の姿を見せれるように努力します。


僕の長い話を読んでくださったNAVERスターコラムの読者の皆様、ありがとうございます。新しい映画「RED/レッド2」に、たくさんの声援をお願いします。
映画の後、僕は8月10日に、賢明で一緒にいるといつも僕を笑顔にしてくれる素敵な女性との人生の新しいスタートを目の前にしています。これからは一家の大黒柱として、俳優としても本業に充実し、良い姿をお見せできるように努力します。そしていつもそうだったように、与えられた仕事に最善を尽くして、さらに良い姿で戻ってきます。


【スターコラム】イ・ビョンホン、七転び八起きのハリウッド挑戦記 ― Vol.1



Vol.1はMoreへ




More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2013-07-25 13:40 | RED2

『RED/レッド』続編

あんにょ~ん

2013年1月18日


プラネットさんより
RED2予告編

youtube Red 2 Official Trailer #1 (2013) - Bruce Willis, Helen Mirren Movie HD .




関連記事
イ·ビョンホンもう一回ハリウッドに挑戦!映画 "レッド2"予告編公開 "トップスターたちと肩"

俳優イ·ビョンホンが出演したことで知られているハリウッドのアクション大作映画"RED2(レッド2)"がティーザー予告篇を公開した。
世界中の動画サイトユーチューブには18日(韓国時間)、ハリウッド映画"レッド2"のティーザー予告篇が公開された。ティーザー予告編は約1分49秒ほどの映像で"レッド2"の主人公であるブルース·ウィリス、ジョン·マルコヴィッチ、ヘレン·ミレンなどの姿が見えて、特に国内を越えて全世界に向けて一歩を差し出した俳優イ·ビョンホンの姿が込められている。今回公開された"レッド2"のティーザー予告篇でイ·ビョンホンは約10秒ほどの短い分量で出てくるブルース·ウィリス、ジョン·マルコヴィッチ、ヘレン·ミレンなどハリウッドトップスターたちと同じように予告編にイ·ビョンホンという名前が出てきて堂々と映画"レッド2"の主人公であることを確認した。
映画"レッド2"は、引退したCIA要員たちが、彼 ​​らだけの独特の方法で、ヨーロッパの全地域にいる敵を倒すという内容で、全編に登場したブルース·ウィリスとジョン·マルコヴィッチ、ヘルリンマリン、マリールイーズパーカーが続編にも登場してオスカー受賞者であるキャサリン·ゼタ·ジョーンズとイ·ビョンホンが新たに合流した映画だ。また、映画"レッド2"は、 "メンオンカレッジ" "バトルシップ"を執筆したジョン·ホバーが脚本を、 "探偵モンク" "恥知らずディックアンジェーン"など最高のコメディ監督に認められたディーンパリーソックスが監督を務めた。特に、 "トランスフォーマー"とイ·ビョンホンが初のハリウッド映画で選択した'GI組'シリーズのプロデューサーであるロレンゾティポナベンチュラとマークパラディオンが製作を引き受けた。
一方、イ·ビョンホンはハリウッド映画"GIジョー1 "と" GIジョー2 'を通じてコブラの秘密兵器である"ストームシャドー役を引き受けたし、特に"GIジョー2 "はイ·ビョンホンが引き受けたストームシャドウと"ジョーの話を中心に話が進むなど、" GIジョー2 "と変わった位相を確認させており、 "GIジョー"と"レッド2"のプロデューサーを務めたロレンゾティポナベンチュラは昨年マスコミとのインタビューで"イ·ビョンホンはすでにアジア地域でスーパースターである"とし、 "イ·ビョンホンは私の予想をわずか一度も破ったことがなかった"とイ·ビョンホンの褒め言葉を惜しまなかった

trailers.apple.com

The RED 2 Trailer is Here!




11月16日
イ・ビョンホンが近況報告「映画『RED/レッド2』撮影中…12月に韓国に戻る予定」
俳優イ・ビョンホンが近況を知らせた。
イ・ビョンホンは14日午後、ソウル陽川(ヤンチョン)区木洞(モクドン)SBS社屋で開かれたSBS創立特集大企画「最後の帝国」制作発表会映像を通じて登場した。これはイギリスのロンドンで撮影したもので、この日の午前9時(韓国時刻)に届いた。
映像でイ・ビョンホンは「現在イギリス・ロンドンで映画『RED/レッド2』の撮影中だ」と明かした。続いて「おそらく12月中に何もなければ、映画撮影を終えて戻ると思う」と付け加えた。
最後にイ・ビョンホンは「がんばって撮影して、最後までやり通す。近く韓国でお会いしましょう」と挨拶した。
イ・ビョンホンがナレーションを担当した「最後の帝国」は最適のシステムと呼ばれた資本主義の問題点を指摘し、共存の価値を見出す道のりを描いたドキュメンタリー。1部プロローグ-最後の警告、2部悲しき帝国の酋長、3部金と花、4部共存、生存のための選択の4部で構成されている。韓国で18日から毎週日曜日の夜11時5分に放送される予定だ。


プラネットさんより
[CSパパラッチ]イ·ビョンホン、 'レッド2 "の撮影の姿捕捉
大韓民国の俳優イ·ビョンホン(42)のハリウッド映画"レッド2(RED 2)"撮影の様子が捉えられた。12日(現地時間)、英国ロンドンで行われている"レッド2"の撮影現場に俳優イ·ビョンホンが休憩時間を終えて入った。この日撮影会場には、イ·ビョンホンと一緒にジョン·マルコヴィッチも一緒にしました。写真提供-TOPIC / Splash News イセジョン記者(justameleea@gmail.com)




10月30日
今日は韓国では第49回大鐘賞映画祭が行われていますが、ビョンホンはロンドンで寂しくしているみたいです・・・。新人だから辛いよね・・・ファイティン!!

他の領域で孤独に撮影中
映画'光海:王になった男"(以下光海)の俳優イ·ビョンホンが大鐘賞映画祭人気賞受賞しました。イ·ビョンホンは30日午後、ソウル汝矣島KBSホールでシン·ヒョンジュン、キム·ジョンウンの司会で進められ、この日の授賞式でトヨタ人気賞を受賞した。
この日、ハリウッド氷点下"レッド2"の海外撮影日程で授賞式には参加しなかっ、所属事務所BHエンターテイメントのソン·ソグ代表が代理受賞した。孫代表は舞台に上がって"今日"光海"が1100万を超えた。観客がくださった賞だと思ってする"とくちを切った後、"イ·ビョンホンが最近の朝8時半に現場でコールをするよ。現場に行けば一日中待って7時頃撮影がないと帰れとといったよ"とイ·ビョンホンの近況を伝えた。
"他の土地で寂しく撮影中なのに現場にいたら一番喜んならない惜しい"と付け加えた。"光海"は時代の暴君で最近新たに評価されている朝鮮の王光海を再照明して実録から消えた8年、15日間の物語を新たに作成するした史劇で29日まで1099万2743(映画振興委員会)人の観客を集めた。



10月25日
直接「RED2」の記事ではないんですが、ロンドンの撮影の合間に007の試写会に出席してたんですね~♪
プラネットさんのサイトに百度さんのアドレスが貼ってありました!
百度さんより
Skyfall初演:[ニュース] "2012年10月24日" BHは23 007に参加
ロイヤル·アルバート·ホールでskyfallレッドカーペットプレミアなそうです。
で、ミスタービーンやチャールズ皇太子等々・・・蒼々たる顔ぶれの試写会ですね~!
007は英国、とりわけ女王陛下とは切っても切れない間柄ですもんね!
顎に手を当ててる横顔がなんか新鮮!(笑)
ところでREDではオデコをあげて撮るのかしらね?

そのロンドンではThe London Korean Film Festival 2012が来月11月1日より始まりますね!
プラネットさんより
The LKFF 2012 Programme - The London Korean Film Festival 2012
光海の上映は11月10日(土)7:00pmですね

Box office hits The Thieves and Masquerade to bookend London Korean Film Festival - SCREENDAILY
で、Box office hits The Thieves and Masquerade to bookend London Korean Film Festiva(l興行収入は泥棒達とマスカレードがロンドン韓国映画祭のブックエンドへのヒット)

俳優イ·Byunghunは仮面舞踏会初演後のQ&Aをすることが期待されている。Byunghunはレッド2でアンソニー·ホプキンス、ブルース·ウィリスとロンドン撮影中である。

アンソニー・ホプキンスとの2ショットも見てみたいな~♪




10月19日
プラネットさんに、超至近距離の画像が出てました^^))頭髪をマジマジ見ちゃいました。髪は長い~友達です!はい^。^
今日空港に行って来ました^ ^(チクチク写真放出(笑))

[YouTubeの]ワールドスターイ·ビョンホンの出国現場 "マナーもTOP"&記事



10月18日追記
ビョンホンssi~いってらっしゃい!!ファイティンです^▽^))
(日本じゃこうはいかないよね^^;)

youtube
ワールドスターイ·ビョンホンの出国現場 "マナーもTOP"



映画[光海]で興行突風を起こしているワールドスターイ·ビョンホンさんが今度は映画【レッド2]撮影車、出国の道に上がりました。多くのファンに空港はまさに大変な混雑を成したんです。その現場今すぐ会ってみましょう。韓流スターを越えてワールドスターにそびえ立った俳優イ·ビョンホンが18日午前、仁川(インチョン)空港に覚めました。
先月24日、韓国に一時帰国したイ·ビョンホンは忙しい国内日程を消化し ​​て再映画【レッド2 】撮影のためイギリスに向かいましたが、空港に到着したイ·ビョンホンは、黒の車から降りてバックパックを肩にかけて担いで足を速めました。空港ファッションで絶対欠かすことのできないサングラスとジーンズにベージュのジャケットを着て秋の雰囲気をぷんぷんと漂ったんです。
ファンたちの歓呼を受けて出国に登場したイ·ビョンホン!一歩、一歩、一歩を踏み出しながら出迎えたファンといちいち握手を交わして心を込めてサインをして目を引きました。
飛行機のチケットを確認しようとしている状況では、[生放送スターニュース]カメラに向かって"申し訳ありません"という短い言葉を残して優しい姿を見せたりしました。

[現場音:イ·ビョンホン] 申し訳ありません。放送局の取材陣はもちろん、熱心なファンたちの取材熱気も熱かったんです。
[現場音:イ·ビョンホン] 私の携帯電話で撮ったことがあるのに、まだ会社で保存しておいてています。
[現場音:ファン] 10枚としていない?
[現場音:イ·ビョンホン] 10章とそうじゃないですか
[現場音:ファン] セルカを撮ってショヤジョ
[現場音:イ·ビョンホン] 私はすべて撮ったんだそれはイ·ビョンホンの姿を入れたハメ撮り写真を載せてくれというファンたちの要請に延伸うなずくはイ·ビョンホンですよ。

【インタビュー:イ·ビョンホン]
Q)覚悟一言?
A)はい頑張っ上手まいります。

【インタビュー:イ·ビョンホン]
Q)万人の観客を控えている感想?
A)はい気持ち良いです。

イ·ビョンホンは片手にパスポートと飛行機のチケット、そしてもう一方の手には、ファンに受けた贈り物をいっぱい持って出国道に上がりました。

[インタビュー:ゴユンスク/イ·ビョンホンのファン] [光海]映画千万突破を目の前に置いているおめでとうございますそして[レッド2]撮影もして帰って来て私たちは、いつまでも常にそうだったように待っているよ。

[インタビュー:イ·ジョンウン/イ·ビョンホンのファン] イ·ビョンホンオッパ映画撮影によく行って来られよ千万観客控えている[光海】本当におめでとうございます。いつも彼を愛するファンがいるので幸せな男イ·ビョンホン、ファンたちの心強い応援の中で、英国ロンドンに向かいましたが。イ·ビョンホンの三番目ハリウッド進出作である映画【レッド2]、果たしてどんな姿を見せるのか、今から楽しみです。




海外の撮影風景です!きゃ~♪ みんないますね!!あの人も、あの女優も~♪
Red 2 Set Photos with Catherine Zeta-Jones and Bruce Willis




「光海、王になった男」の観客動員数は1000万人目指して今日も頑張ってくれてます!
韓国のファンの皆様~♪よろしくお願いします!

さて、色々追記してますが、先ずはロンドンに出国するビョンホンです!!
[MDフォト]イ·ビョンホン "特殊要員のようにカリスマあふれる出国"
イ·ビョンホンが18日午前、ハリウッド映画"レッド2"撮影のために仁川(インチョン)国際空港を通じて英国に出国した。

[TDフォト]秋の男イ·ビョンホン "レッド2撮影行こう〜"
俳優イ·ビョンホンが映画"レッド2"の撮影のために18日午後仁川(インチョン)国際空港を通じて英国ロンドンに出国した。イ·ビョンホンは先月24日に一時帰国して自分の初めての史劇映画"光海、王になった男"の広報と"第17回釜山国際映画祭"日程を消化し ​​た。出国後イ·ビョンホンは12月中旬までに海外に滞在し、映画"レッド2"、残りの分量を撮影する予定だ。イ·ビョンホンの三番目ハリウッド進出作である"レッド2"は2010年封切りしたブルース·ウィリス主演の"レッド"の続編で、欧州全域を背景にした引退したCIA要員たちの活躍を描く。映画"レッド2"には、前編に引き続きブルース·ウィリス、ジョン·マルコヴィッチ、ヘレン·ミレン、メアリールイーズパーカーが出演してイ·ビョンホンとキャサリンセダジョーンズが新たに加わりました。
一方、イ·ビョンホンが出演した映画"光害、王になった男"は去る17日まで累積観客963万348人を突破し、 "一千万秒読み"に入った。


百度さんより画像を一挙紹介です!
なんかイキナシ、ハリウッドスターっぽい!(笑)っていうか、ほんと気合いのオーラを感じます!色々な表情があって、見てて飽きないですよね~!
それに、この映画もほんと楽しみです!
【最新图片】『2012/10/18』李秉宪18日搭机赴伦敦拍《RED2》










9月10日
本日午前11時なそうです^^もう仁川空港に向かってますね!
元気に出国したようですね!私に何も伝えず・・・なんちゃって、ちょっと感傷的になりつつバイトしてました。
さて、百度さんには素敵!?です・・・っていうか毎度の空港ファッションでしたね^~^

百度さん
2012年9月10日"海外に行く​​10日にイ·ビョンホン、撮影準備状態 "、" RED2 ...

で、ミンジョンさんは早々と出国しているそうで、、だよね~(笑)
現地で楽しいデートをして下さいなぁ~!
しつこく言うけど、カナダだからトロントだから、よろしくね!ミンジョン嬢!

[SSスター★ファインダ "公開カップル 'イ·ビョンホン - イ·ミンジョン"時間差渡米 "キャッチ

画像注釈
芸能界公式カップルイ·ビョンホンとイ·ミンジョンが一日の時間差を置いて、米国に出国した。イ·ミンジョンは9日午前、雑誌のグラビア撮影のためニューヨークに向かったイ·ビョンホンはカナダのモントリオールで予定され、ハリウッド映画"レッド2"撮影のため10日午前経由地である米国シカゴに向かった。特に、イ·ビョンホン-イ·ミンジョンカップルが同じブランドのバッグを持って出国する姿が目立つ。


芸能界公式カップルイ·ビョンホンとイ·ミンジョンが一日の時間差を置いてアメリカに出国する場面が<スポーツソウルドットコム >カメラに捉えられた。イ·ミンジョンは9日午前、雑誌のグラビア撮影のためニューヨークに向かったイ·ビョンホンは、カナダのモントリオールで開催されるハリウッド映画"レッド2"撮影のため10日午前経由地である米国シカゴに向かった。一日違いの米国行きを選択したこれらの姿で最近放送を通じて"忙しいスケジュールのため公開デートを楽しむ余裕がない"と明らかにしたイ·ビョンホンの言葉が実感される瞬間だった。

出国時は違った" 空港ファッション "で公式恋人であることを間接的に示した。パンツと上のすべてブラックに合わせたイ·ミンジョンとブラックジンをはじめ、暗い系列のファッションコードを見せたイ·ビョンホンもファッショニスタダウン姿だった。スターたちのファッションの必須アイテムであるサングラスも彼らに欠かすことのできない部分だった。対照的な姿も目立った。イ·ミンジョンは頭を縛って恥ずかしがり屋が多い少女のように清純な姿で空港に現れた一方イ·ビョンホンは数多くの取材陣に囲まれたまま余裕のある姿を見せた。

画像
10日午前、ブラック系のパンツと上着、帽子をかぶって出発に向かっているイ·ビョンホン。一日違いで出国したイ·ミンジョンとイ·ビョンホンのような "空港ファッション"で公式恋人であることを一目で知ることができた。

異なる目的の米国行きが似ていながらも、それぞれ個性のある彼らの姿を垣間見ることができた。イ·ビョンホンとイ·ミンジョンは去る4月<スポーツソウル "を使って、最初の熱愛説が報道した後4ヶ月ぶりの8月19日各自、自分のホームページを介してこれを認めた。
イ·ビョンホンは三番目ハリウッド進出作"レッド2"の撮影をはじめ、来る13日封切りする映画'光海、王になった男"で初の時代劇に挑戦するなど、作品活動に邁進しており、イ·ミンジョンはドラマ'ビッグ'放映終了後、各種CFなどで自分の地位を固めている。








イ·ビョンホン"レッド2"撮影のため10日(今日)出国、ウィリス、セダ・ジョンーンズと肩並べ
(抜粋)
俳優イ·ビョンホンが映画"レッド2"初めての撮影のために10日、カナダのモントリオール行きの飛行機に上がる。イ·ビョンホンの所属事務所の関係者は最近ニュースエンとの電話通話で"9月中旬"レッド2 "初めての撮影があって10日にモントリオールで出国する"と明らかにした。イ·ビョンホンは10日午前11時出発するモントリオール行きの飛行機に乗る。モントリオールに到着するやいなや映画の衣装を合わせてアクションしを組むなど"レッド2"クランクインのための準備に没頭する。
関係者によると、13日に封切られる映画"光害、王になった男"の広報スケジュールのために出国の日付を先送り10日に出国することになった。イ·ビョンホンは9月初めから一週間、朝から晩までギリギリの"光害、王になった男"の広報スケジュールを消化し ​​た。"レッド2"は"GIジョー" 1,2編に続くイ·ビョンホンの第三のハリウッド出演映画だ。主助演級にキャスティングされたイ·ビョンホンはハリウッドのトップスター、ブルース·ウィリス、キャサリンジェタジョンスと演技派俳優ジョン·マルコヴィッチ、オスカー受賞者ヘレン·ミレン、メアリールイーズパーカーなどと呼吸を合わせる。







9月9日
きっちり3ヶ月ぶりの更新ですね~!
で、なにやらまたまた体力作りから始まるのかしら??食事制限とトレーニングかな?
なんだか、G.I.Joe2があんなことになって・・・^^;こっちはどうかな?って心配してましたが、むしろ出国が早まったように感じます。


この画像のビョンホンはメチャクチャ大好きだわ!
イ·ビョンホン、ハリウッドの大作で裸初公開

ワールドスターイ·ビョンホンがハリウッドブロックバスターシリーズ"レッド2"で一糸まとわぬ裸後ろ姿で初登場する。イ·ビョンホンは最近彼の生涯初の史劇であり、1人2役で熱演を広げて試写会以降、急速にクチコミが回っている"光海、王になった男"について、OSENとのインタビューで、ハリウッド期待作"レッド2"出演のエピソードをちょっと映した。イ·ビョンホンは""レッド2 "では、私が最初に登場する場面でボディチェック(身体検査)を受ける。武器があるかないかを確認しあうものだ、本当にすっかり脱い撮る"と気さくな笑顔を浮かべた。"光海"出演で体を少し呼ばれた状態で再度"GIジョー2" の撮影に入って行って、体作りが大変かという質問に答えるからだ。
彼は"レッド2"ですっかり脱ぐことまではいいこら、シナリオにこの場面はぴったり一行"完璧な体つき"という説明がついているのだ。このことを見ては、私がしたことから3ヶ月苦労するんだなと思った。 "と苦情を打ち明けた。一般的にイ·ビョンホンは典型的なモムチャンスターの中でも一番に挙げられる。
'甘い人生' 'G.I.ジョー' '悪魔を見た' '奴奴奴'など一連のアクション映画で彼は実の筋肉まで現れるスタイリッシュなボディで注目を浴びた。 だが、これに対して彼は"(映画の中)キャラクターが筋肉質からだを必ず必要とする場合にだけ最善を尽くして運動する。 事実とても大変で苦しい部分だ。 運動だけするのではなく食事療法も併行しなければならないから食べるのもめちゃくちゃだ。 私が運動選手でもないがプロのように運動にだけ没頭するかはしない"と演技派俳優らしい所信を明らかにした。 また"一度作ったからだは(再びからだを作るのが)そんなに大変でない。 筋肉が記憶をするといったよ。 ところでもう年齢のために大変だ。 年齢のために(笑い)。 一定の年齢を越えれば医学的に筋肉ができること自体が難しいといったよ"として笑った。
今年フランス カンヌ国際映画祭を通じて公開されたハリウッド ブロックバスター'レッド2'ポスターでイ・ビョンホンはブルース・ウィリス、ジョン・マルコビッチ、キャサリンセダジョーンズ、ヘレン ミレン、メリー・ルイス パーカーなどハリウッド トップスターらと並んで名前を上げた。 引退した情報要員が共通の敵をはね除けるために再び一つになるというあらすじの'レッド'はブルース・ウィリスとジョン・マルコビッチの幻想的なアクション コンビに英国の代表的演技派女優ヘレン ミレンの熱演が加勢して好評を受けた作品だ。






以前の記事はMoreへ

 

More
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2013-01-18 20:00 | RED2