Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

11月のアイリス 6(11/24~11/30)


マドンナのみなさ~んあんにょん! ポチッとすると行けますよ!

a0073915_2038882.jpg

             公式サイト↑
         ポスターそして、アイリスKBS HP公開です!↓   

a0073915_15435077.jpg


11月25日26日 21:55~ 第13話第14話 放送終了!

KBS TV2

------------------------------------------------------------------------------------------------------
11月のアイリス 5(11/20~11/24)続きです
アイリス11話12話 関連記事1
アイリス11話12話 関連記事2
アイリス13話14話 関連記事1


11月30日
今日はやっぱ~昨日の続報からですね^▽^))
早くアイリスナビゲート見なくっちゃ^~^
‘ビョンサマの力’ 日 ファンから TBSまで光化門集結
‘ピョンサマ’イ・ビョンホンの人気は29日光化門(クァンファムン)銃撃戦撮影でもそのまま確認された。 この日午前から雨が降ったうえに気温まで大きく落ちたがイ・ビョンホンを見るための日本女性ファンと現地取材陣らが大挙集まって彼の人気を実感させた。
光化門(クァンファムン)広場周辺と世宗(セジョン)文化会館近隣が皆統制されたが遠いだろうでも撮影を見守るために集まった日本ファンたちはなかなか席をはずさなかった。 少しの間でもイ・ビョンホンの姿が見えるときはあたかもファンミーティング現場をほうふつさせる程の女性ファンらの歓呼が溢れでた。

イ・ビョンホン所属会社関係者は“光化門(クァンファムン)撮影が知らされた以後参観を問い合わせする日本ファン(パン)と旅行会社の問い合わせが多かった”として“公式的な旅行商品は全くなかったしファンたち自ら撮影会場を訪ねてきたようだ”と話した。
これと共に日本地上波放送のTBSの取材陣10人余りもこの日撮影内容と俳優らの姿をカメラに入れた。 TBSは‘アイリス’の日本投資社で来年初め現地放送を準備中だ。 特にイ・ビョンホンは‘アイリス’の国内放映全TBSの事前投資を引き出すのに決定的な役割をしたと製作関係者は説明した。 この関係者は“ TBS取材陣の撮影内容はドキュメンタリーで別に製作されてドラマ現地放送直前に特集に放送される”と明らかにした。(楽しみだね~!!ほんとうはこの前で放送する予定だったんでしょ~?!)


11月29日追記中
11/29 光化門撮影現場から実況中継


11月28日
いよいよ明日は光化門の銃撃戦ですね!
innolifeさんより
29日光化門広場『アイリス』の撮影場に
ドラマ『アイリス』がソウル光化門広場を背景に撮影する。
ソウル市は29日、光化門広場でKBS2ドラマ『アイリス』を撮影すると27日明らかにした。光化門広場の撮影の場面は劇中のハイライトである大規模銃撃シーンで、ドラマを通じて光化門広場の世宗大王像と世宗大王の業績を展示した世宗の話、李舜臣将軍噴水、ハッチマダンなど広場の主要施設物が放送される予定である。これに従って29日午前7時~午後7時の12時間、光化門から世宗路十字路方の道路が全面統制され、光化門方向(教保文庫前方)道路5車線が両方向通行が可能な可変車路で運営される。
市の関係者は「来年の初め日本放送の確定及びアジアとヨーロッパの販売が推進中のブロックバスタークラスの韓流ドラマ『アイリス』を通じて、光化門広場など魅力的なソウルの姿を海外に広く知らせることができる良い機会だと判断し、積極支援に出るようになった」と明らかにした。

そういえば・・・つい26日14回放送でテロリスト達が光化門周辺を下見してましたね。ほんと生状態ですがきっと大丈夫でしょう~!今まで編集が間に合わなく、放送に穴を開けたドラマってあるのかな?


‘アイリス’がおさめた成果と意味
最近何年の間ブロックバスタードラマ達が興行性を最後まで維持した例は殆どなかった。 '太陽を飲み込め' 'ロビイスト' 'カインとアベル'等は派手な映像のスペクタクルは提供したがそのようなスケールを引っ張っていくことができるストーリーが貧しかったり話の完成度が落ちる愚を冒した。
特に韓国視聴者らは派手な映像他にもストーリーを重視する傾向があるという点もストーリーが貧しい大作ドラマが無視された要因だ。大作ドラマらは中間ぐらいくれば話の緊張度が落ちてしまって‘不当たりドラマ’と呼ばれることもした。

‘アイリス’はストーリーが完ぺきに飽きて帰るのは水準までは違うといっても7部稜線まで追撃戦と暗殺,銃撃戦などアクション場面と追撃戦に達する過程で見せる各種デジタル機器らの精巧な作動と,こういうハードウェアの中に含まれたストーリーが緊張感あるように繰り広げられてきている。
14回まで進行された話はNSS(国家安全局)の責任者白山(ペクサン)(キム・ヨンチョル)により背信に合った賢俊(イ・ビョンホン)が北朝鮮テロ組織に加担して復讐する単純形態ではない。 白山(ペクサン)は大統領府とも完全に違ったところで命令を受けていて賢俊-白山(ペクサン)-大統領府‐北朝鮮テロ組織-核を囲んで噛み噛まれる形態に展開している。
特に白山(ペクサン)を指示する'ミスターブラック'の実体に対する気がかりなことは'アイリス'を最後までおもしろく見るようにする要因だ。
'アイリス'は韓国ドラマ上では失敗しやすい重い肉食男の話だけあるのでなくビョンホンとテヒ,小宴のメロー的装置も視聴者確保には流用した役割をしている。
追って追われる緊迫した追撃戦を広げながらものろいメロー的画面を適切に配置したが,瞬間視聴率を見ればこの2種類場面で最も高く現れてメローとジャンル全部成功したことが分かる。
また一つ,‘アイリス’が派手で映画的な見どころらをテレビ劇場で具現する方式でどんな選択をしたのかも確かめてみる問題だ。
その間ドラマ大作含む)らは主人公の顔クローズアップ中心にとって編集した。 だが‘アイリス’はこれを映画的に解決した。 製作会社の太原エンターテイメントのチョン・テウォン社長は"私たちは撮影から前スタッフが皆映画関係者らだ。 TVはどのようにとるかもしれない。 HDでとること他には全部映画的方式だ"と話したし,イ・ビョンホンも"映画20編とる気持ちで演技する"とした。
TVは映画より画面が小さくてプルシャッでは集中度が落ちるといった。 だがHDTVとホームシアターなど変化した媒体環境によって映画とドラマの警戒(境界)がかすんできていて緊迫するように展開する米国ドラマに慣れた視聴者たちには新しい画面と編集機術が必要だったと見ることができる。

‘アイリス’はプルシャッにヘンドゥヘルドゥ,二至リーグ,クィクペン(パンニングは被写体の動きをついて行けばとる技法),ズームイン,ズームアウトなどTVでは別に使わない技法をしばしば活用した。 初期にはとても目がくらむようで放送事故ではないのかという不平も出てきたが揺れる程度を若干減らそう視聴者たちがはやく適応していった。 ‘アイリス’は一般ドラマよりカット数万度4~5倍が多くてより一層多様な画面を見せることができるという点も長所だ。
‘アイリス’は外注製作社が放送会社から結構有利な契約を引き出したという点でも意義を持つ。 ドラマが放送される途中,さらに放送が終わった後に契約した慣行を変えて放送前契約書を締結したし海外版権は製作会社が持つようになっている。 キム・スンス ドラマ製作社協会事務総長は"‘アイリス’は外注社が放送会社を相手に有利な契約を引き出した大胆さと初めて大作ドラマをはっきりと成功させたのに意味がある"と評価した。
KBSにもKBSワールドという毛細血管のようなチャンネルを通じて全世界に新しいジャンルのコンテンツを送りだすことができる。トレンディードラマ(メロー)コーストゥーム ドラマ(史劇)だけ送出して新しい試みで成功したドラマを輸出するという点は広告完勝は効果よりはるかに大きい価値を持つと言う。
'アイリス'は海外放送局らを相手に腹がいっぱいである商売をしている。太原が持った海外版権はKBS子会社のKBSメディアによって代行販売中にある。現在16ヶ国と輸出契約が締結されたり進行中なのに過去韓国ドラマを輸入しなかった国々も関心を見せている。
海外輸出を念頭に置いて製作された‘アイリス’に最もたくさん出たハンガリーは大きい期待をしている。 ハンガリー大統領が満足な表情を浮かべて韓国訪問意志(医師)を表わした。 ハンガリーは多くの海外観光客が訪れる国だが宿泊を兼ねる滞留型観光局街ではないとの弱点を持っていて‘アイリス’が良いプロモーションになるものと見られる。

イ・ビョンホンとキム・テヒがメローを広げた日本秋田へ旅行を望む人が多いのも‘アイリス’効果だ。
それで市ウルシが‘アイリス’製作支援および撮影場所を協力してソウル市の広報効果を高めている。 上岩洞(サンアムドン)夕焼け公園,広津橋(クァンジンギョ)歩きやすい橋(脚)などソウルで見栄えが良いところがしばしば登場したし29日には市民らの不便を甘受してソウル真中の光化門(クァンファムン)広場で銃撃戦と車両爆破場面などを撮影する。
‘アイリス’というドラマ一方の成功は視聴者たちの記号だけ充足させるのではなく文化コンテンツの多様性を確保して国家イメージ向上にも大きい助けを与えられるものだ。




11月26日
カフェDaumさんにアイリスの詳しいストーリーが掲載されました。
アイリス・ストーリーをより理解する助けになるかもしれません “아이리스”, 음모이론 특효약은 알 권리
(日本語部分のみ抜粋)

'P-TODAY'
[ドラマin政治] 「アイリス」陰謀理論特効薬は知る権利

何か疑わしいことが連続的に起きる時人々はこのように話す。「これは陰謀だ。」陰謀というのは秘密裏に計略を整えることをいう。 そしてそれが組織的に展開する様相を私たちは‘陰謀理論’と呼ぶ。 世の中には陰謀理論が実に多い。 闇の中で世界を支配するというフリーメーソン、金融界の見えない手ロスチャイルド、そして米国の中央情報局(CIA)に至るまで。
ところで現代社会を生きていく人々は意外にも‘陰謀理論’に簡単に陥る傾向がある。 ちょっと見れば全くでたらめに見える‘陰謀理論’に人々がこのように関心を持つ理由は何か? この頃まさに最高の人気を集めているドラマ「アイリス」もそうだ。 果たして暗殺,テロ,紛争を背後で操作する秘密結社というものが存在し得るのだろうか?

秘密組織陰謀に振り回された個人の運命
主人公キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)は国家安全局(NSS)のエリート要員だった。 ところが北朝鮮の核技術研究員ホン・スンニョンの亡命を要請されて運命が逆転してしまう。 ホン・スンニョンは支援チームに引き渡されるやいなや暗殺者に殺されて、ヒョンジュンには新しい単独任務が下る。それは北朝鮮のユン・ソンチョル委員長を狙撃すること。 しかし狙撃に成功したヒョンジュンは負傷したまま逃走することになり、救助要請を受けて現れた友人チン・サウ(チョン・ジュノ)には逆に自身に銃口を向けられる。
わけも分からないまま南と北の両者に追われることになったヒョンジュン。ハンガリーのブダペストで多くの辛酸と苦難の末キャンディキスの主人公チェ・スンヒ(キム・テヒ)と遭遇するが、今度は恋人が乗った車両が爆弾テロにあう場面を目撃する。 正体不明の人物に助けを受けてかろうじて命を持ちこたえたヒョンジュンは自身を死地に追い込んだペクサン(キム・ヨンチョル)に対して復讐心を燃やす。 必ず生きて帰ると心に決めて日本に潜入したヒョンジュンははじめてこの事件に陰謀があるということを知ることになる…。
北朝鮮の護衛総局要員キム・ソナ(キム・ソヨン)の告白によればホン・スンニョンの暗殺も、車両爆弾テロも北側の仕業ではないという。 ユン・ソンチョル委員長の死も何ごともなかったかのように急いで結論付けたことも怪しい。 これら全ての不思議なでき事の糸口はホン・スンニョンに渡された十字架ネックレスに秘められていた。 アイリス! 国家を超越して暗殺とテロ、紛争を背後で操作して利益に反すれば国家体制を転覆することもはばからない秘密組織。ペクサンやはりアイリスの組織員だった。

たとえ氷山の一角でもアイリスの実体があらわれてドラマは本格的に政治的陰謀の頂点に向かって駆け上がる。 南北間に首脳会談の雰囲気が高まるや北朝鮮護衛総局の実力者パク・チョルヨン(キム・スンウ)は精鋭要員らをNSSに浸透させて超精密遠隔起爆装置を奪取する。 自身が持ってきた高濃縮ウラニウムと結びつけてソウル市内の真中で核爆弾をさく烈させようとすること。「私がすることをパク・チョルヨンが代わりにやってくれている」としてはっきりしない微笑を浮かべるペクサンの意図と一致する。

さあ、既に矢は放たれた。平和を望む者たちと戦争を望む者たちの一大場面がソウル市内の真中で繰り広げられることだけとなった。 南と北のアイリス組織員は自分たちの利益を貫徹するために前代未聞のテロをたくらむことで、自身の両親までアイリスによって命を奪われたことを知ることになったヒョンジュンは決然と対抗するだろう。 誰のために仕事をするのかもわからないまま秘密組織の陰謀に振り回された一人の人間の運命は果たして本来の居場所に戻ることができるだろうか?


陰謀理論流行の原因は‘エージェンシーパニック’
ドラマ「アイリス」が構築している陰謀理論の世界でややもすると見過ごしやすい点は特定集団の利益のために踏みにじられる個人の問題だ。 キム・ヒョンジュンは自身のいきさつも分からないまま選ばれて利用されてついに捨てられて生命の危機に陥った。 人を‘将棋の駒’のようにここでは非人間的なことが‘組織のために’という簡単な論理で平然と広がる。
キム・ソナもやはりヒョンジュンと違わない。 自身の母と弟を守るために彼女は自ら人間になるのをあきらめなければならなかった。 本当に耐え難いことは人を殺すことだ。 一人二人殺す度に自身の血と心臓が冷えるのを感じなければならない。 何の気兼ねなく人を殺すことができる時にこそはじめてエリート要員と認められて家族も守ることができるのだ。
人々が陰謀理論に陥る理由はこのように個人としては全て分かり難い巨大メカニズムによって自分自身のアイデンティティが抹殺されるかも知れないという潜在的な恐怖のためだ。 「陰謀のネットワーク(訳注:邦題不明)」を出したことがある日本の文化史家のウンノヒロシ(海野弘)は陰謀理論の実体を‘エージェンシーパニック’という概念で説明している。
巨大で複雑になった現代社会では一人の力にできることがあまりない。 それなら代理人,すなわちエージェンシーに任せるべきなのに仕事がどのように進行されるのか直接見ることができないから不安にならざるをえない。 見えない組織によって操縦されるような恐怖感が無意識の内に積もっていくこと。これがまさにエージェンシーパニックだ。
こういうパニック状態を克服するために人々は陰謀理論に寄り添う。 西欧でフリーメーソン、ロスチャイルドなどの陰謀理論が台頭したのも同じ脈絡だ。 第2次大戦以後戦争というみじめな災難を経験した人々はアイデンティティの喪失に苦しめられた。 仮想の集団ででも悲劇の原因を探して心を取りまとめる必要があったのだ。

ここで陰謀理論が私たちの社会に投げかける話題があらわれる。 陰謀理論によればこの世界の全てのものがみな関連している。 そしてその関連性は‘今日’を説明するためのように膨らむ。 逆に話せば陰謀理論にはまさに今自身が何をしているのか分かろうと思う個人たちの熱望が込められている。 知る権利のことだ。
国民の知る権利は民主社会の礎石であり個人の人権と幸福のためにあきらめることはできない基本権利だ。 ただ言論の自由に限定された問題ではない。 国家機関の透明な運営も抜かすことはできない。 国家情報院と機動部隊司令室の民間査察疑惑が波紋を起こすのもそのためだ。 情報機関の見えない手は国民を不安にさせる。

ドラマでキム・ヒョンジュンとチェ・スンヒが交わしたこんな台詞を思い出す。 「我々はひょっとしたら化け物になりつつあるのではないだろうか?」国家情報院と機動部隊司令室も同じこと。例え本人達が潔白だったとしても疑惑を振り切ることができないならば国民の目には化け物として映るだけだ。 解決法は簡単だ。 国益と直結する問題でなければもう少し日の当る場所に出るのはどうだろうか。

“イ・ビョンホンは作り付け… 塔は初めには誰だかも分からなくて”
・製作会社代表が明らかにしたドラマ'アイリス'キャスティング秘話
"イ・ビョンホンいなかったとすればドラマ規模は半分以下に減ったこと。"

"キャスティング前は塔(トップ)を分からなかった。"
現在30%を越える視聴率でテレビ劇場最高人気ドラマに浮上したKBS2 'アイリス'(脚本キム・ヒョンジュン,演出キム・キュテ·ヤン・ユノ)に対する関心が熱い。一回当たり10億ウォンを越える,総200億ウォンを越える製作費とハンガリー,日本,中国を行き来するロケーション,そしてイ・ビョンホン,キム・テヒ,チョン・ジュノ,キム・スンウ,キム・ソヨン,ビッグバンの塔など派手なキャスティングなど'アイリス'が産んだ話題は開始から他のドラマと違った。 'アイリス'の俳優はどんな過程を通じて合流したのだろうか。 スポツカンが製作会社の証言を通じてそのベールをはがす。

▲イ・ビョンホン·キム・テヒ:配役は私の運命!
製作陣は初めから'男女主人公は韓流スターを使わなければならない'という大きい枠組みをした。ドラマの規模が国内市場だけを目標にするには大きかったためだ。イ・ビョンホンは企画段階から男主人公で計画された状態であった。製作会社太原エンターテイメントのチョン・テウォン代表は"キム・ヒョンジュンはイ・ビョンホンを念頭に置いた人物だった。キャスティングにならなければドラマ製作費規模を200億ウォン台から60億ウォンにおりる覚悟もした"として"すぐ承諾をしたことではなかったが出演をしないことという考えはしなかった"と明らかにした。
女主人公は色々なトップ女優の名前が議論された。すでにその中ソン・イェジンは自ら"提案がきた"と明らかにして嘱望されたことがあらわれた。チョン代表は"交渉する当時の台本はまだ整えられなかったし映画'白夜行'合流の可能性もあって俳優立場では十分に迷われることができる状況だった"として"よりはやい合流が可能な俳優がキム・テヒであり役をよくやり遂げることと信じて合流を決めた"と明らかにした。
(へ~イエジンさんは自薦だったのね^▽^))でもテヒちゃんは個人的に合格だったわ~!今思うとイエジンさんは色っぽすぎるかも?へへ;)

▲キム・ソヨン·塔:絶え間ない情熱で
劇中北朝鮮護衛部隊員であってキム・ヒョンジュンに従うキム・ソンファ役のキム・ソヨンは当初交渉1順位であった。 だが本人が慎重に考える間の色々な俳優らにシナリオが回って結局キム・ソヨンに戻った。 キラービッグ役を担ったビッグバンの塔は所属会社YGエンターテイメント ヤン・ヒョンソク社長の提案でキャスティングがなされた。 チョン代表は"昨年5月カンヌ映画祭に参加しているのにヤン社長に電話がきて演技をしたくて才能がある友人がいる'という連絡を受けた"として"当時には大きい配役ではなくて受諾をして国内に入ってきて会ったところ平凡でない感じがある友人であった"と話した。
チョン代表は"会う前までは塔が誰なのかも分からなかったし,有名かも分からなかった"として"1,2回に少しの間登場する配役を本人の情熱を通じて分量を増やした俳優"と付け加えた。キム・ソヨンやはり撮影して靭帯が切れて,救急車の中激闘場面では12針を縫う負傷にも演技魂を消さなくて製作陣を感化させた。

▲チョン・ジュノ·キム・スンウ:長い縁で
国家安全局NSSの精鋭要員でありキム・ヒョンジュンの友人陳謝右役のチョン・ジュノと,北朝鮮護衛対リーダーパク・チョルヨン役のキム・スンウはチョン代表との長い間の縁で早くから出演が決定された。 チョン・ジュノの場合チョン代表が製作した映画'一族の光栄'に出演するなど縁を継続していたし,キム・スンウとも懇意な四であった。 キム・スンウと塔は太原でまもなく製作する映画'飽和の中に'出演が予定されている
チョン代表は"配役には持ち主があると考えるのに'アイリス'の場合は必ずその役をしなければならない俳優らに役割が帰った感じ"としながら"ドラマの人気にはこういう良いウンド作用したのではないか考える"と付け加えた。
(やっぱ・・・狭い芸能界だもん。縦横上下左右斜め・・・色んな付き合いがあるからね・・・当たればよく言われるけどはずれたらそれもまた恐ろしい業界だよね・・・お金も絡むしね。でも今回は安心してていいよね?ね!)



続きはMoreへ






キム・スンウ"俳優として冒険楽しんでいる"(インタビュー)
キム・スンウは北側最高の諜報要員パク・チョルヨン役に大衆の関心を一身に受けている。
彼は'アイリス'で特別なメローラインがない。 イ・ビョンホン,キム・テヒ,チョン・ジュノ,キム・ソヨンの劇中キャラクターがダブル三角関係でからまっているのに反して彼が引き受けたパク・チョルヨンは線画(キム・ソヨンの方)に対する憐憫の感情が全部。 代わりに重量感を加えた。
"今まではやわらかいということがある'線の演技'を見せたとすればこれからは'角の演技'が私の演技コンセプトになること"としながら"今回の役割を通じてもう少し研究する時間を持った"と伝えた。
特にメローに対しては本人自らあえてなくても問題になることがないという意を製作陣に伝達したと。
"私までメローで編集されなくても私たちのドラマはする話とても多い"として"ドラマがより一層説得力を得るためには大きい山を見る必要もあると考えた"としてその理由を明らかにした。
"初めてドラマが企画されるといった時私たちも信じ難かったです。 200億製作費はもちろんでトップスターらの大挙キャスティングも驚くべきだったんですよ。 ところがお金を一度に注ぐとみなではありません。 ドラマ歴史に一線を引訴状価値がある作品という自負心があります。"
内部的には自信があふれたが放送開始前まで緊張感は極度に加重されたと。
彼は"純粋芸術でない大衆芸術をする人らでは大衆の評価に気を遣うほかはない"として"幸い初回から視聴率が高く出てきたしパク・チョルヨン キャラクターも話題になってこのようにインタビューもすることができるようになってうれしい"と話した。
'及ぼした存在感','暴風とじ込み'など'アイリス'を通じて得た修飾語を彼はどう思うだろうか。
"大衆の評価を受けなければならない職業を持った人として気分が良いです。 ところが私の王子病をより一層悪化させるようで心配です。(笑い)習う自身が持っている固有イメージのために大変な場合もあるのにそれでも何か変わった姿をボーだったなという気がします。"
'アイリス'が毎回息が詰まる諜報アクションで視聴者たちの注目をひきつけることができるには俳優らのからだをアまでしない熱演があるので可能だ。
キム・スンウやはりハンガリーロケーションでイ・ビョンホン,キム・ソヨンと共に車両追撃シーンをとってややもすると大事故につながるところであるくらっとした瞬間をむかえた。
彼は"キム・ナムジュ氏が衝撃を受けるかと思って周辺でメーキング フィルムを見せるなとまでした"として"その時ことで上がった腕と膝が良くない。 だが'私がこうしたが(この)ビョンホンはどうだよ'と耐え抜いている"と話した。
このように危険な場面であるのに代役を使わなかった理由に対して彼は"反則するのが嫌いだった。 顔が少しの間少しの間あらわれるといっても鋭敏に見る方々も明らかにある"として"ビョンホンもやはり同じこと考えだったこと"といった。
彼は後日俳優として業界の人々に"本当に良い俳優だった"という声を聞きたいと話した。





11月25日
'アイリス'国民ドラマ隊列上がることができるだろうか
具体的には明らかにすることにはならないが白山(ペクサン)(キム・ヨンチョル)に対する忠誠心と友人賢俊(イ・ビョンホン),縄戯(キム・テヒ)に対する罪悪感の間で葛藤してきた陳謝右(チョン・ジュノ)が終盤に虚を突く何かを見せることになるという話が聞こえる。 終盤に彼の心境と行動に重大なターニングポイントができてストーリー反転の変化の要素として作用できると予想される。
諜報ドラマだが科しなく後に従うラブ ストーリーは後半部にも女性視聴層の流入院役割をしてくれる展望だ。 賢俊が縄戯と結ばれることができるのか,線画(キム・ソヨン)との関係はどのように解いていくのかに対する気がかりなことが大きくなっている。 シノプシスにはロブラインの結末に対する言及が出てくるが作家陣がシノプシスのとおり使うという保障はない。
巨大な陰謀にまきこまれた主人公賢俊が死ぬのか,生きるのかもミステリー. ロブラインと同じようにこれもまた対外秘だ。 スタッフと出演陣電源は結末が知らされれば気が抜けることができるというのに共感,対外的にシノプシスを送りだすことがあっても最後のページは破って送る'007作戦'が繰り広げられる理由だ。
ソプライジンエンディングに対する期待感も高い。 反転に反転を繰り返すドラマの魅力を最後までよく生かして龍頭蛇尾でない画竜点睛で終えなければならないという世論が製作陣内外で沸騰している。
太原エンターテイメントの一手民代理は"その間賢俊がなぜ選択されたのかに対する疑問を解いてストーリーを安着させるのに主眼点を置いたとすればこれからは賢俊が緻密に復讐していく話とより一層手に汗を握らなければならない。 視聴者たちが序盤に気兼ねした部分を簡単に解くとみられることができる部分だと集中度も高まることであり視聴率もこれに似合うように上がるだろう"と自信を持った。


視聴率30%ふわりと“善徳女王よけろ”…‘アイリス’成功秘訣は?
重い男性ドラマが全部失敗して諜報アクション物の‘アイリス’やはりそのジンクスを避けるのが難しいだろうという予測が多かった。期待半分,憂慮班中に大当たりドラマの隊列に上った‘アイリス’の成功要因を探ってみた。

◆映画のような演出の成功=‘アイリス’は派手な見どころや韓流スターの人気に寄り添うよりは映画のような演出で先に視聴者たちの目をひきつけた。
ハンガリーブダペスト,中国,日本など海外ロケーションは他の大作ドラマでもありふれていたが‘アイリス’は映画のような映像で既存ドラマと差別化した。製作者から監督,スタッフ電源を映画界出身で構成して映画‘ボン’シリーズや‘007’ シリーズに多く使うパンニング(被写体の動きをついて行けばとる技法),ハンドヘルド カメラ(手でカメラを直接持ってとること)等の撮影機法で現場感を極大化した。 アクションと愛情神の交差編集を通じてアクションシーンの緊張感は高め愛情シーンにはファンタジーを付与した。
また‘太陽を飲み込め’や‘男の話’が見どころに重点を置いたあげく女性市庁(視聴)層の無視されたのに反して‘アイリス’はアクションとメローが全部可能なイ・ビョンホンを起用してラブストーリーを土台に適切に敷いて主人公らの感情船を細かく描き出した。イ・ビョンホンと塔のキャスティング,日本現地撮影などは多分日本市場を狙ったことで,その計算は的中した。
編成運も伴った。 MBC ‘善徳女王’が平定した月火ドラマを避けて無主空山だった水木ドラマに進入して初回から視聴率1位にのぼることができた。
◆ストーリー限界は越えてこそ=事実‘アイリス’も男の欲望,人生をかけた賭け,愛,背信など通常のお話を扱うだけ新しいことはない。ここに南北分断状況が大きい流れを主導して早目にドラマ版‘シュリ’という話が出ることもした。

こういう限界を跳び越えるために‘アイリス’は主人公の幼い時からくだくだしく詳しい内容を扱うドラマ的演出を果敢に排除した。しかしこれによってキム・ソンファ(キム・ソヨン)が殺そうとしたキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)と突然近づくなどストーリー上の弱点を表わし始めた。‘どろどろすればつまらない’という映画的せっかちな性質が果敢な編集につながってストーリーを輪切りしてしまったのだ。
チョン・トクヒョン ドラマ評論家は“新しいストーリーではないと見ると‘アイリス’は作家でなく監督が引っ張っていくという感じが多く入る”としながら“ドラマはストーリーが重要だからストーリーを硬く引っ張っていこうとする努力が必要だ”と指摘した。



映画とドラマの間,'アイリス'の選択は?
'アイリス',ドラマと映画間道を探す
'アイリス'の大衆的人気は異例的だ。 HDや大型化されていくTVによってテレビ劇場に対する期待感が高まったが,相変らずドラマは映画とは明確に他のジャンルであるためだ。 その間試みられた一連のブロックバスタードラマら,例をあげれば'ロビイスト'や'太陽を飲み込め'のようなドラマらが失敗したことはそのためだ。 その失敗は映画的な見どころをドラマ的なストーリーがついて行くことができないところで始まった。 それなら'アイリス'の選択は見どころでないストーリーだったのだろうか。 そうではない。 このドラマのストーリーは新しくない。 私たちはこのドラマの中で数多くの映画らとドラマらで見たなじむ設定らを発見することができる。 それならいったい何が'アイリス'の大衆的な成功を持ってきたことであろうか。

'アイリス'の成功はジャンル的な公式に忠実なストーリーとそのストーリーを最も効果的に具現した演出で探すことができる。 このドラマはそのような点で洗練されたジャンル映画に近い。 すでに反復されて一つの形式が固まっているが,風変わりな演出を通じて相変らず見る人に快感を与えるジャンル映画. '太陽を飲み込め'のようなブロックバスタードラマやはりジャンルの法則に従わないのではない。 だが'太陽を飲み込め'のストーリーや演出は映画的というよりは極めてドラマ的だ。 映画のような場面らが存在するがそれは見どころがそうだということであって,映画のように場面があたえる心理的な効果がそうだということでない。 ストーリーもまた映画のように圧縮されていないでだいぶ緩く解いている。

だが'アイリス'とは'太陽を飲み込め'とは違った方向を選択した。 場面一つ一つが映画的な見どころを与えながらもその感覚的な映像があたえる心理的効果を映画的な次元で悩んだ跡が見える。 現場性を浮び上がるために終わりなしに揺れるカメラや,短く圧縮的に見られる場面らの連結,人物の心理を捕捉やり遂げる繊細なカメラアングルなどは'アイリス'がその間見てきたブロックバスタードラマらの映像と確かに差別される地点だ。 その上このドラマはストーリーもまた非常に圧縮的だ。 最初の会議ハンガリーブダペストで広がるキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホン)の暗殺と脱出の場面らは4回で反復されるのに,この1回で4回の間の距離(通り)は非常に狭い。 そして4回で5回まで続くハンガリーシークエンスやはりその速度感は相変わらずだ。

この速度感の上に賢俊と縄戯(キム・テヒ)が秋田県に旅行に出発して見せたメローはみなぎる緊張感中に休息所のように存在する弛緩感でより一層魅力的に近づく。 そしてこの魅力的なメロー構図は続く速度のアクションの上に人物らが感情をのせるようにする力になる。 すでに公式化されたジャンル的なストーリーはむしろこの感情とアドレナリンの速度の上に走っていく快感を邪魔しない。 これはあたかもとても複雑なストーリーの映画より単純なストーリーの上にきらびやかな場面らに繰り広げられる映画がより観客を没入させるようだ。

このように'アイリス'はドラマという枠組みに入ってきてジャンル映画的な選択をすることで序盤部爆発的な没入を引き出して大衆の心の中に入ってきた。 だが問題はその次からだ。 ドラマは映画とは違って,何時間内に終わる結果でない。 したがって速度感あふれる場面らがあたえる没入感は時間が過ぎて鈍感になるようになっていて,その時はもうますます新しいことないストーリーがあらわれることになる。 すなわち新しいストーリーの不在はもうこの没入感をこれ以上引き上げることができない理由で作用する。

その上序盤部このドラマは映画的な演出に没頭して重要なシークエンス一つを捨てる失敗をした。 それは賢俊と線画(キム・ソヨン)の間に広がることになるメローを,圧縮する過程で編集してしまったのだ。 このドラマでメローは限りない緊張感の中に弛緩感を与えるという点で重要だが,賢俊と縄戯がお互いを死んだと考えて分かれている時間に,これを代替できる賢俊と線画のメローがよく連結しないのは実に惜しい部分だ。

'アイリス'が後半部へ行きながら順次アクションの反復がうっとうしい柿(感)を与えるのはここにのせるようになる適切な新しいストーリーが見られない上に,その速度をある程度制御することができる装置(例えばメローやコミック的な人物同じ)また見られないためだ。 これは映画的選択をしながらドラマ的考慮が上手でないこの作品の矛盾だ。 だがそれにもかかわらずこのドラマを魅力的に作るのはイ・ビョンホンのような俳優らの好演があるためだ。 反復的なアクションの中でもイ・ビョンホンの感情演技はこの複雑で我を忘れて走っていくドラマを中壮年層女性たちまで眺めるようにさせる力がある。

'アイリス'はドラマと映画の間で道を模索している作品という点で,そしてその摸索が一定部分成功を収めているという点で意味がある作品ということができる。 もちろん試行錯誤は相変らず存在する。 だがとにかくこれから媒体的な変化はドラマと映画の間の通り(距離)を相当部分狭めることが確実だ。 そのような点でこの作品がおさめている一連の成果らは無視できないことになるだろう。






11月24日
[ネット漫談]眺める...静かに...切実に...
ある日あなたの全部と信じたその人があなたのためにこの世を去ることになったとすればあなたはどのように残った人生を生きることができるだろうか?その残った人生ということが生きられるけれど,その人生が完全に息をすることも生きられることもないだろう。ここにそのような彼がいた。あまりにも愛した人,あまりにも切実で切ない恋人が自身のためにそれも自身の目の前で自動車爆発事故で死んだものだと知っていた彼がいた。
世の中がすべて自身を出して投げてしまったように崖っぷちに追い出された状況でも唯一味方になってくれそうな彼女を一瞬に失ったという絶望感と悲しみで言い表すことすることもできない感情のくびきでやっと複数という一念でまた立ち上がった彼がいた。どのようにしてでもどんな苦痛と痛みが従っても彼を捨てた,いや彼女を失うようにさせた誰かに向かってねらった銃口一つだけを全部と信じてそのように歯を食いしばって持ちこたえていた彼がいた。
そのような彼の目の前に彼に向かって銃口をねらっている彼女が現れた。死んだものだと分かった彼女がまさに今彼の目の前で彼を眺めている現実自体を判断したり考える余裕なしでとても彼女の名前を呼んだこともなくて彼女が撃った一歩の銃弾に結局倒れてしまう。そのように愛した,それで死ぬ事より耐え抜くのが苦痛だったそのような彼女をまさに手だけのびればつくことができる目の前でまたなくしてしまったのだ。
あまりにも愛した二人がお互いに向かって銃口をねらわなければならないこの現実は彼らのあやまちでない他の第三者の野心と利害関係のために広がった悲劇的な現実に違いない。 人を人でなく一つの道具で外に利用しない彼らの利己的でゆがんだ欲のためにもしかしたらあまりにも耐えられるのが難しい苦痛は彼らでない賢俊と縄戯の持分(役割)にものさびしく残ってしまったのだ。 彼の目つきがどんな言語にも表現できない複合的な感情を吐き出してしまった今日遺憾と悲しさが切切であるようににじみ出る。

ついでにコメントも訳しちゃいました。(2件のみ)

頼むから二人愛することができるように助けて下さい!!あのように痛く感じるのにあまりにも愛するのになぜ分けようとして下さい!!賢俊縄戯もう会ったので賢俊が縄戯ポネジナヌルゴラミドヨ!!賢俊縄戯永遠寒士と!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
二人が共にある場面だけでも,,,カスミトルリネヨ...今週はマミアパ放送どうして見るべきか...〓〓ヂェバル二人ハッピーエンドになるのを,,切実に.

これが12話までですね・・・・さて13話は例のスゴイシーンです><









アイリスシーズン2とは別に、放送開始以前から話題になっていた「劇場版」。
これが映画ってことで判断して良いのでしょうか??で、1から20話を2時間に収めてるのか?はたまた、1~20話を各2時間ずつの映画時間で編集する(最大゜▽゜;2時間×20話?)のが「劇場版」と呼ぶのかわからないですが・・・??でもまだ作ってませんよね~きっと。だってドラマ自体ができてないんだから・・・いくらでも編集でなんとでもなりそうです。(膨大な映像だけはごっそり持ってるんだもんね^~^素材が良いから、調理次第でどんな料理にも変身するね。笑)
‘アイリス’劇場版‘ピョンサマ効果’ぱんぱん
人気の下に放映中であるKBS2ドラマ‘アイリス’の劇場版がアジアおよびヨーロッパ6ヶ国に輸出された。
諜報アクション ブロックバスターの‘アイリス:ザ ムービー’が最近中国,インドネシア,マレーシア,シンガポール,ドイツ,オーストリアなどに販売されたと海外セールス社のファインカットが23日明らかにした。 ‘アイリス:ザ ムービー’は劇場上映のための映画バージョンで既存ドラマの内容と新しい追加撮影・編集版でなされると発表された。 イ・ビョンホン,キム・テヒ,キム・ソヨン,チョン・ジュノ,キム・スンウ塔など豪華出演陣に莫大な製作費を注ぎ込んだ派手な映像,はやくて迫力感あふれるストーリー展開で視聴率高空行進をしている‘アイリス’は海外多様な地域で大きい関心を受けている。 ファインカットのソ・ヨンジュ代表によれば特にイ・ビョンホンがキム・ジウン監督の‘甘い人生’ ‘良い奴悪い奴おかしな奴’だけでなく最近ハリウッド進出作‘ G.I.組:戦争の序幕’で国際舞台でよく知られていて製作前プリセイルツ(先販売)が活発になされた。 韓流スターイ・ビョンホンの認知度が高い中国との契約規模は数十万ドル水準だとファインカットは明らかにした。
‘アイリス:ザ ムービー’は今後海外販売でも成果を継続すると展望される。 特に韓流市場が大きい日本との契約規模が注目される。 ファインカット側は“日本と協議を継続している”として“ビッグディールがなされると期待している”と話した。

(個人的にですが・・・なんとなくヒョンジュンとスンヒが死んじゃうと買ってもらえなそうな気がして。。;でもソナさんはどうする?ソナさんは今回悲恋ということで・・・スンヒとヒョンジュンに派手な幸せを~ということで。どうですか?すみません勝手な意見です。韓国のネチズンで左右されるんだっけ?ソヨンさん人気あるから、テヒちゃん危うし~なんちゃって。苦笑)




MBも'アイリス'に陥った
大統領府が人気の下に放映中であるドラマ アイリスに少なくない関心を見せている。
このドラマの主要舞台が大統領府で大統領と大統領府参謀らが核心登場人物であるためだ。 さらには最近実際論議になった南北首脳会談や北核など敏感なイシューらを扱っていて大統領府ではどうしても気を遣わざるをえない。
特にイ・ミョンバク大統領がこのドラマをつくづくと見たと分かった。 大統領府ある参謀は22日"が大統領はこのドラマが開始前から話題を集めたし大統領と関係することの上に清渓川(チョンゲチョン)場面も出てきてして放映初期しばしば見た"と話した。 'アイリス'は2回放送で清渓川(チョンゲチョン)一帯で銃撃戦と追撃戦をリリースしたことがある。 この参謀は"が大統領は以後業務が忙しくて正しく見る余裕がなかった"として"それで参謀らがこのドラマをDVDに入れて大統領に差し上げた"と話した。 イ大統領は去る13~15日アジア・太平洋経済協力体(APEC)首脳会議参加のためにシンガポールに行って来る道に特別チャーター機内でDVDでこのドラマを見たと伝えられた。
ただし大統領府はドラマはドラマであるだけという反応だ。 ある核心参謀は"暇を作ってたまに見るが現実とは距離がある"と話した。(←現実になったらコワイですもんね^^;他人事のような変なコメントで、すみません。) 








[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2009-11-30 09:00 | アイリス