Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

アイリス11話12話 関連記事2

あんにょん!
アイリス11話12話 関連記事1続きです!

11月22日
(11話12話混じってます^^;)
'アイリス'白山(ペクサン)がキム・ヒョンジュンを選んだ理由は?
ドラマ'アイリス'でキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホンの方)と疑問の声人物(キム・ガプスの方)が直接会って劇的緊張感を加えた。
18日放送分で写真に公開されたキム・ガプスが19日放送分ではベッドに横になったままキム・ヒョンジュンを直接迎えたこと。 だが18日放送分でキム・ガプスと幼い時キム・ヒョンジュンが共にとった白黒写真が公開されて'キム・ガプスがキム・ヒョンジュンのお父さんではないのか'という疑問は事実ではないと明らかになった。キム・ガプスはキム・ヒョンジュンのお父さんとともに核開発に参加して事故後やっと命を救った人物で登場した。 また白山(ペクサン)(キム・ヨンチョルの方)がなぜキム・ヒョンジュンを単独作戦に投じたのかも明らかになって次の会からキム・ヒョンジュンが本格的な復讐戦に突入した。
キム・ガプスはキム・ヒョンジュンに"あなたのご両親に対する罪悪感で生涯を生きてきた私が動くことだと判断したので白山(ペクサン)があなたを選んだ"と話した。
一方この日'アイリス'ではキム・ヒョンジュンとチェ・スンヒ(キム・テヒの方)がずっと交錯して遭遇して見る人々を残念にすることもした。


‘三角関係’キム・テヒ-イ・ビョンホン-キム・ソヨン視聴者“愛子は” (アイリス)
チェ・スンヒ(キム・テヒの方)キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホンの方)キム・ソンファ(キム・ソヨンの方)三人の三角関係が本格化された。
11月19日放送されたKBS 2TV水木ドラマ‘アイリス’(IRIS /脚本キム・ヒョンジュン条規院キム・ジェウン/演出キム・キュテ,ヤン・ユノ) 12回でキム・ヒョンジュンとチェ・スンヒは死んだものだとやめた相手が生きているということを知ることになった後極限感情の動揺を感じた。
特にチェ・スンヒは賢俊を育てた新婦の釈然としない死を通じてより一層キム・ヒョンジュンが生きていることに確信を持つようになったしNSS内部プログラムを通じて彼の位置を把握するために孤軍奮闘を広げた。
残念に思う心が入ることはキム・ヒョンジュンも同じこと.
この日放送で新婦の墓地を訪ねて行ったキム・ヒョンジュンとキム・ソンファは一歩遅れて訪ねてきたチェ・スンヒと陳謝右(チョン・ジュノの方)を遠くから見守らなければならなかった。 キム・ヒョンジュンは祖国とNSSに対する復讐心にテロ団で活動していたので二人は決して対面できなかった状況だったため.
結局キム・ヒョンジュンはチェ・スンヒを眺めること他には何も出来なかったし花を持って歩いてくる彼女の姿に涙ぐんだ。
だが気が焦る胸焼けをしている人は置くだけではなかった。 その間トンゴドンナカミョキム・ヒョンジュンに恋慕の情を抱くことになったキム・ソンファやはり,彼のこういう行動を見守って“もう行こう”と力なく話して足取りを回さなければならなかった。
三人の成り立つことはできない愛に視聴者たちは“また賢俊と縄戯のロブラインが形成されたら良いだろう。 アメキスのように甘かった二人の愛情行為が懐かしい” “賢俊-縄戯カップルが再結合することになれば線画はどうなるのか,祖国にも捨てるということ受けたが賢俊しかないのに…”等文を載せて今後繰り広げられる愛情戦線に大きい関心を見せている。
しかし一部視聴者たちは“行き過ぎたメローラインがドラマの没入を邪魔する” “キム・ソヨンのアクションに比べてキム・テヒ ポスがとても弱い”等批判の声を出して劇展開の惜しい点などを吐露した。


‘アイリス’キム・テヒ,イ・ビョンホンと不便(不快)な再会
チェ・スンヒ(キム・テヒの方)とキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホンの方)の出会いが成し遂げた。
11月19日放送されたKBS 2TV水木ドラマ‘アイリス’(脚本キム・ヒョンジュン条規院キム・キュテ,ヤン・ユノ) 12回の方で国家安全局(NSS)所属要員チェ・スンヒは北朝鮮テロ団の位置を追跡している間科学捜査室オ・ヒョンギュ(ユン・ジュサンの方)室長の助けで結局所在把握に成功した。
チェ・スンヒは単独で彼らのアジトで接近して望遠鏡で雰囲気を見回している間自身の腰頃を食い込んでくる銃口に驚いた。 結局見張りをした北朝鮮テロ団所属要員に発覚したチェ・スンヒは結局北朝鮮テロ団のアジトまで捕えられてくることになったしそちらでそのように懐かしがったキム・ヒョンジュンに会うことになった。
しかし二人は各自がとても多くの時間らをすぎてきたためなのかでなければ周辺の人々の視線のためなのかお互いを見ても目をまるく開いて驚くばかりであるだけどの言葉も何の行動も出来なかった。
一方,次の方予告でキム・ヒョンジュンが直接チェ・スンヒを取り調べする場面が予告された。ここでキム・テヒは"どんな理由でもあなたのこの選択が正当化されることができないことを肝に銘じて"という言葉でキム・ヒョンジュンの気持ちを触ったしキム・ヒョンジュンも"あなたは問う言葉にでも答えて"と冷たく対抗する場面が放映されて目を引いた。こういう対話をすることになった内幕に関心が集中する中でこれから二人の関係がどんな方式で展開するのか関心を集める。


'アイリス'イ・ビョンホン,幼い時記憶取り戻すか…糸口登場'期待増幅'
水木ドラマ'アイリス'悲運の要員賢俊(イ・ビョンホンの方)がなくした幼い時記憶に関する糸口を捜し出した。
賢俊は18日放送分で死んだものだと分かった過去恋人縄戯(キム・テヒの方)とぶつかって心理的に紛らわしい状態に陥った。
しばらく筋道をつかめなかった賢俊は幼い時自身のお父さんのようなジョン・ジェイン神父を訪ねて行って慰労を受けようと思った。 空は賢俊を完全に無視しようとするように彼が聖堂に到着した時,新婦はすでに冷たい死骸になっていた。
新婦の死に痛恨だということを隠すことができない賢俊の目に映ったことは古い写真一枚. 写真の中には幼い時期賢俊とお父さんと見える中年男性の姿が含んでいた。
この写真はこれからご両親の死に対する記憶が全くなくて,幼い時大統領府で送ったが理由を知らない賢俊のミステリーを解く糸口になると展望されて視聴者たちの期待を集めている。


韓国版トルーマンショー? ‘アイリス’イ・ビョンホン操作された人生に身震い
キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホンの方)が失った記憶の組閣を取り戻し始めた。
11月18日放送されたKBS 2TV水木ドラマ‘アイリス’(脚本キム・ヒョンジュン条規院キム・ジェウン/演出キム・キュテ,ヤン・ユノ) 11回の方で北朝鮮諜報要員キム・ソンファ(キム・ソヨンの方)は国家安全局(NSS)からこっそりと入手したファイルを通じてキム・ヒョンジュンの個人身上を確認することになった。
確認した結果キム・ヒョンジュンの両親キム・ジョングク,ユン・ミヨンは核物理学者であり白山(ペクサン)(キム・ヨンチョルの方)により思考で偽装された疑問の事故死にあったと明らかになった。 以後キム・ヒョンジュンは孤児院に送られたし白山(ペクサン)はその後にも着実に彼の人生を見守ってきたことが分かった。キム・ヒョンジュンが7肉頃から経験したすべてのことらと状況などを白山(ペクサン)が見守ってきたし操作されたという事実はソムトゥカムモジョ感じさせる。これはジム・キャリー主演の映画'トルーマン ショー'を思い出させるようにした。'トルーマン ショー'は一人の男が周辺の人々の完ぺきな延期(煙,演技)で24時間を含んだ自身の人生全体が全国に生中継されるくらっとした話を描いている。'トルーマン ショー'の細部的な設定らを除いてひとりの人生を操作して台無しにしてしまったという点で'アイリス'と通じる面がある。
この日放送で白山(ペクサン)がキム・ヒョンジュンにだけ単独で危険な業務を付与したのに続き危険に陥ったキム・ヒョンジュンを(求める)救うことはおろか死なせた理由が少しずつあらわれて劇の興味を加えた。
一方キム・ガプスは劇の最後に写真の中人物で登場して目を引いた。キム・ガプスはすでにキム・ヒョンジュンに"出てきて手を握って復讐しないのか?"と賢俊を説得する未知の男で声出演をしたことある。これを通じてキム・ガプスとイ・ビョンホンの本来関係に対する気がかりなことと今後の関係変化に対する関心が交差している。

イ・ビョンホン-金テヒ,'アイリス'で生死確認して '希望' 抱く
'愛する人が生きている'
キム・ヒョンジュン(イ・ビョンホンの方)は死んだものとばかり思ったチェ・スンヒ(キム・テヒの方)が生きているという事実に驚きと衝撃に包まれる。
18日午後9時55分放映されたKBS水木ドラマ'アイリス'では愛する人をまた会う胸のときめきと物足りなさを同時に感じたキム・ヒョンジュンを重点的に描いた。
これより先立ってキム・ヒョンジュンは愛する人のチェ・スンヒが自身に向かって銃口をねらっている状況に対立する。 外部勢力の侵入を感じて弾丸を発射したキム・ヒョンジュン,だが彼女はこの状況を知らずにキム・ヒョンジュンに銃を撃った。陳謝右(チョン・ジュノの方)はチェ・スンヒ守りだ。 NSSがテロ集団に封鎖された時も一番最初にチェ・スンヒの安否を尋ねた人が陳謝右であった。 陳謝右はチェ・スンヒに無限の愛を送って,遠くに彼女を眺めている。"チェ・スンヒが死んだと信じたことはその日ハンガリーで縄戯が乗った車両が私の目の前で爆発したためだ。 私が見た後に他の判断をするのは難しかった"(キム・ヒョンジュン)
この日キム・ヒョンジュンは衝撃的な便りを伝え聞いた。 キム・ソンファ(キム・ソヨンの方)はキム・ヒョンジュンの両親が核物理学者であり,事故(思考)によって死んだとのこと。 両親の死以後にキム・ヒョンジュンは孤児院にまかせたし,孤児院に彼を任せた人は白山(ペクサン)だった。
白山(ペクサン)は大統領にNSSがテロ犯に封鎖された理由に対して説明した。 それはまさに核爆発を誘導できる起爆装置のためだ。 白山(ペクサン)は大統領と単独面談した席で核兵器付属などが奪取されたという事実も報告した。
一方,チェ・スンヒはキム・ヒョン校正したとし彼に関する情報を集め始めた。 チェ・スンヒは懇意な友人の量定人にキム・ヒョンジュンが死亡したのが合うかをまた確認してくれと要請した。 彼女の返事はハンガリー政府でもキム・ヒョンジュンの死に対して言及したことがなかったということ。 これによってチェ・スンヒはキム・ヒョンジュンの死が操作された場合もあるという確信が聞いた。








プラネットさんの記事で最近気になったのが、「アイリス」視聴率を食ってるのがなんとKBS1の同時間帯の番組なんですって~!見る年代がかぶるんじゃないかな~!?って言ってました。(苦笑)
19日(木曜日) 夜 10時視聴率
生老病死の秘密はいつも視聴率が良いんだそうです・・・^^;
アイリス(kbs2) 31.3%
生老病死の秘密(kbs1) 9.9%


関連商品
‘アイリス’イ・ビョンホンが持っていった神父の指輪にも糸口が?
愛を伝える文化’を先導するブランド(株)マコース アダマス(www.macosadamas.com)はドラマ<アイリス>でイ・ビョンホンが死んだ神父の遺品で持っていった指輪新製品を発表する。
<アイリス>で十字架ネックレスをはじめとして多様な小物らが毎回登場して視聴者たちの視線をひきつける中で,12話で神父様の遺品の指輪にも問題解決の糸口が含まれているのではないのか多くの人々が心配していている。12話でイ・ビョンホンが神父様の遺品で持っていったこの指輪は<アイリス>を公式支援するジュエリーブランド マコース アダマスのフレンド十指輪
ドラマでひと目で見るにも繊細ながらも洗練さが生きているこの指輪は偽りない真実の友情をわかちあう意味が含まれているアイテムで指輪周りに友情を意味するfriendshipという字と十字架模様が彫られていることが特徴.
特にすっきりしているシルバーリング周りに彫られた十字架模様は中世小説三銃士で真の友情を誓う主人公らを連想させて,友人らとのピョン分しない友情を表現するのは大変良いアイテムであろう。
マコース アダマスは<アイリス>でイ・ビョンホンとキム・テヒが愛用して出てくるジュエリーで注目をあびているブランドで,やわらかいカリスマのマコース,女らしくて優雅なアルビオ,勇猛なエルハトゥ三人物の愛と友情というブランド ストーリーおよび各ラインだけの独特の魅力を持っている。
macosadamas




11月20日
ネタバレ&etc...
12話から
‘ IRIS’冷血なキム・ヨンチョル,イ・ビョンホン生存に“除去して”
チェ・スンヒ(キム・テヒの方)が組織のルールを破ったという理由で制裁措置を受けた。
11月19日放送されたKBS 2TV水木ドラマ‘アイリス’(脚本キム・ヒョンジュン条規院キム・ジェウン/演出キム・キュテ,ヤン・ユノ) 12回の方でチェ・スンヒはNSS副局長白山(ペクサン)(キム・ヨンチョルの方)を訪ねて行って科学捜査室のオ・ヒョンギュ(ユン・ジュサンの方)の分析結果などを聞いて"キム・ヒョンジュンが生きている"と主張した。
だが白山(ペクサン)はすでにキム・ヒョンジュンが生きているという事実を知っていた。白山(ペクサン)は誰何から'キム・ヒョンジュンが現れた'という事実の報告を受ける後"除去しなさい"と命令した。キム・ヒョンジュンを絶えず暗殺しようとした白山(ペクサン)は忘れるべき程であればキム・ヒョンジュンを言及するチェ・スンヒが不満だった。
結局組織の支援を受けるのに失敗したチェ・スンヒは単独でキム・ヒョンジュンの痕跡を探すために孤軍奮闘した。 そうしている間キム・ヒョンジュンと考えられる覆面使った男と対立した機密保管室を探した。 当時チェ・スンヒはコンピュータ作業に没頭した彼の後から銃を向けていた。
これを知ることになった白山(ペクサン)はチェ・スンヒに許可受けなかった区域に無断に侵入したという疑惑を聞いて"当分すべてのことに身を引いて命令待機しなさい"という制裁措置を下した。
だがチェ・スンヒはオ・ヒョンギュと量定の(キム・ヘジンの方)の助けで結局賢俊があるほどのアジトを発見した。
一方,白山(ペクサン)は過去核物理学者であった賢俊のお父さんとお母さんの命を奪い取った疑問死事件の背後でもある。 両親に続き子供のキム・ヒョンジュンにまで相続される彼の行動の原因は何なのかに関心が集中している。

イ・ジュンギ・イ・ビョンホンこれら手にかかった?
ペク・ユンシク,キム・ヨンチョル ベテラン演技…‘主人公生かす’好評
‘アイリス’でNSS副局長白山(ペクサン)役を担ったキム・ヨンチョルは主人公賢俊(イ・ビョンホン)の上司で劇の葛藤を助長する人物だ。 白山(ペクサン)が過去核物理学者であった賢俊のお父さんとお母さんの命を奪い取った疑問死事件の背後であることが知らされたし,賢俊は白山(ペクサン)を複数(復讐)の対象だと目星をつけて興味深いということを加えている。
キム・ヨンチョルが主人公イ・ビョンホンと対立関係に置かれて劇の緊張感を形成している。








ほくろのジュニちゃんのお話
"塔とロブライン?そのまま天才ハッカーに残りたくて"
チュニは引き続き'現実介入を通した演技がいつまで可能だろうか'という悩みを最近になってたくさんしていて,のように出演中である先輩イ・ビョンホンに助言まで求めた理由を聞かせた。
"イ・ビョンホン先輩は'もし君が殺人者に出てくるといって人を直接殺してみることにはならないではないか,私の場合瞬間的集中力が重要なようだったよ'でしたよ。その話に悩みをたくさんした。台本を見る時や,キャラクターを研究する時や先輩の話が良い栄養分になった。"




[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2009-11-22 08:41 | アイリス