Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

アジア越えて・・・

4月20日
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
詳細追記してます!

●innolifeさんより
イ・ビョンホン海外進出作『私は雨と共に行く』6月日本封切り


4月18日

ビョンビョンの上半期スケジュール帳みたいな記事が出てきました^▽^))

イ・ビョンホン,アジア越えて,ワールドスターで
(今回はOCNで翻訳してみました)で、↓はヤフー&エキサイトの翻訳を合体してます。

イ・ビョンホンがアジア スターを越えて,ワールド スターで疾走する。 

 数年間準備してきたドラマと映画撮影および封切り日程が今年の一年総体的に重なって、アジアはもちろんヨーロッパ、米国などを縦横無尽する目が回る1年スケジュールが立てられている。
 今年彼が取りまとめなければならない作品は、ドラマ'アイリス'と映画'G・I Joe' '私は雨が降って共に行く' そして昨年封切りした'良い奴、悪い奴、変な奴'(以下奴奴奴)
 'オールイン'で最高の韓流スター隊列に上った彼は9月放映予定のドラマ'アイリス'(KBS2)を通じて、もう一度'イ・ビョンホン ドラマ'の破壊力を見せる。 先月日本,秋田県で3週間海外ロケーションを持ったし,5月末で6月初めにはトルコに出て行って,2番目海外ロケーションを進行する。 トルコ撮影が終われば本格的な国内撮影に入る。

 映画'G・I Joe' と'私は雨が降って共に行く'のプロモーション ルートもぎっしりといっぱい詰まっている。 ハリウッド映画関係者'G・I Joe' の場合5月に海外出演陣らと共に国内プレス行事を行う予定であり、共に日本へ渡って、日本プロモーションも進行する。 中国とヨーロッパ、米国プロモーションも条件がなるように参加する計画だ。 米国とフランスの合作映画'私は雨が降って共に行く'という5月カンヌ映画祭に出品される可能性が高くて上手にすれば昨年の'奴奴奴'に続き2年連続でカンヌ映画祭のレッドカーペットを踏むことになった。 ジョシュハートネットと共に出演したこの映画の日本封切り日程は6月6日公開(6月7日)、'G・I Joe' と'奴奴奴'の日本プロモーションが前後に予定されていてこの映画のプロモーション行事は省略するのかどうかを真剣に論議中だ。

 昨年国内で先に封切りして,興行に成功した映画'奴奴奴'は8月27日日本で開封される。 8月初めソン・ガンホ,チョン・ウソンなどと日本行を予定中. '奴奴奴'はヨーロッパでも開封される予定なので状況によって,ヨーロッパ行飛行機も乗らなければならない状況だ。

 現在イ・ビョンホンの最も大きい悩みは夏スケジュールだ。 ドラマ撮影に真っ最中忙しい時期に映画三編(便)のプロモーションをぞろぞろ併行しなければならないからどちらか一方に被害をもたらせることができる状況が広がるかと思って心配が山積だ。 時間を分秒単位で分けて使う心の覚悟を今からしている。

 去る一年は国内外映画の海外撮影のためにグローバル歩みを繋いだ彼だ。 'G・I Joe' の撮影のために米国とチェコ、プラハで暮らしたのも同然だったし,'奴奴奴'は中国,敦煌で陣を敷いて撮影に臨んだ。

 今年はドラマ撮影と映画の封切りおよびプロモーションで一層さらにぎっしりといっぱい詰まっている動線を描くことになった。 昨年と今年積み立てされるマイレージが地球七回りは回ることができる水準になることだと所属会社側は耳打ちする。
 アジアが狭くなった演技派韓流スターイ・ビョンホン。 映画とドラマのビッグバンでワールドスター跳躍の元年と定めようというのが彼の今年目標だ。



イ・ビョンホン海外進出作 “カルト性強い映画”アート的な性向が強い映画で商業性は少ない映画”と言いながら “本格的なハリウッド進出作ではないがイ・ビョンホンのインタ-ナショナル初映画だ。”と説明した。

イ・ビョンホン '私は雨降って~' 6月6日 日 最初封切り


“イ・ビョンホンコムコム vs KimuraTakuya完壁” 出るという中紅監督の比較評価
イ・ビョンホンのアメリカ進出作 '私は雨降って一緒に行く'(I Come With The Rain)の出るという中紅監督が 6月 6日日本封切りを控えて日本言論にイ・ビョンホンとSMAP(SMAP)のKimuraTakuyaの撮影現場姿を比べて公開した。
イ・ビョンホンのアメリカ進出作 '私は雨降って一緒に行く'と言うアメリカ、フィリピン、香港などでロケを進行して映画音楽は伝説的なバンドラジオヘッド(RADIOHEAD)が担当したし、映画 'バーベル'の製作陣が参加するなどサスペンス大作でファンの期待を集めている。今度映画を通じてイ・ビョンホンがアジアスターを越して世界的スターに背伸びする数イッウルジにも関心が集められる。
一方 '私は雨降って一緒に行く'と言う 6月 6日日本に先行公開されてカンヌ映画祭進出にも努力していることと知られた。来る 23日カンヌ映画祭最終競争作発表に含まれれば、イ・ビョンホンは 2005年 '甘ったるい人生'(キム・ジウン監督),2008年 '良いやつ悪いやつ変なやつ(ノムノムノム)'(キム・ジウン監督)に引き続き 3番目に間レッドカーペットを踏むようになる。

イ・ビョンホン-KimuraTakuya映画,6月 6日封切り確定




[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2009-04-17 23:34 | 이 병헌