Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

10/31 スカパー以外の記事

10月31日




マドンナのみなさ~ん あんにょん!

裏山に住むスカパーを見れるマドンナ達が、
雄叫びを一斉に上げる今日・・・




地味に・・・ハロウィンパーティーでもすっかなぁ~?(笑)

でも、誰もこの指にとまってくれそうないので・・・
a0073915_15285112.jpg


ビョンビョンの事務所を紹介します^~^!(今日紹介の記事内にありますよっ!)


↓記事内にある貴重な画像と愛のこもった記者さんの文面を読むと、いたずらに日本の週刊誌ネタなんかに惑わされてたまるもんか`~´!!って悔しくって涙が出そうになりました。




プラネットさんに上がった記事です。
インタビュー後記

이병헌의 왼쪽 얼굴

イ・ビョンホンの左側顔 ↑ 日本語訳



イ・ビョンホンの左側の顔セルロイド ドリーム2008/10/31 01:54

しばらくインタビュー後記をこちらに上げることができませんでした。
上げなければならないと考えだけして、一度二度今日明日と延ばして見たら、最後に後期を使ったこと いつだったのか遥かになりました。


(ここまで使ってから探してみるから 俳優後記は昨年11月イム・スジョン氏が最後で、監督後記は、今年1月イ・ミョンセ監督様が最後でしたね。-.-)

ところが何、今でも状況なるように また上げ始めれば良いです。
^^
それでは先に、イ・ビョンホン氏インタビュー後記から上げます。




何度も明らかにしたように、すべてのインタビューがみな楽しいものではありません。
どんなインタビューはしながら、はやく終わらせてだけしたい時もあります。
反対にとりわけインタビューの雰囲気が良くなる場合もあります。

イ・ビョンホン氏インタビューがそのような場合だったんですよ。



一般的に俳優らインタビューは決まった日決まった場所(普通はカフェ)でするのに、
この日インタビューだけは別に日を捉えて、時間の制約を受けないで、イ・ビョンホン氏の会社事務室でしました。

おかげでコーヒーも飲んでタバコも吸いながら、かなり多くの話を交わすことができました。



コーヒーを飲みながら、インタビューする イ・ビョンホン氏の表情から安らかだと見られるでしょう?
イ・ビョンホン氏もその日インタビューを非常に面白がりましたよ。
^^



(上の写真を含んで、このポストのイ・ビョンホン氏写真は全部キム宝写真作家様が捺して上げました。)



前今は本当に良い俳優と考えるが、初めにはイ・ビョンホン氏を俳優として、とても高く評価する方ではありませんでした。


そうするうちに'私の心のオルガン'時から俳優として本当に良い顔を持ったと感じたし、'共同警備区域JSA'と、'バンジージャンプをする'をひきつづき見ながら、彼の演技力に感心し始めました。

イ・ビョンホン氏の延期(煙,演技)はとても映画的です。
スクリーンにとてもよく似合う延期(煙,演技)といいましょうか。

そのうちでも'甘い人生'でのイ・ビョンホン氏の姿と延期(煙,演技)は本当に立派です。





ところでその日イ・ビョンホン氏が、写真ポーズ取る姿を見ながら一つおもしろい点を発見しました。
それはカメラを突きつける時、イ・ビョンホン氏が左側顔を出すという点でした。

真上の写真のようにです。^^

それで尋ねたところ、やはり左側の顔がさらに自信があるといったのですよ。
そちら側が写真がはるかによく出てくるんですって。^^



その日取った写真を後ほどじわじわ調べたところ、なにをかいわんや、ポーズ写真の場合ほとんど全部が、左側の顔中心になっていたのです。

(やはりプロなの! ^^)



そしてそれを念頭に置いて見たところ、確かにイ・ビョンホン氏は、左側の顔と右側の顔の感じがちょっと違うことはしたのです。


左側の顔の表情を支配することが感情を管掌する右脳というものを勘案すれば、俳優らは大部分左側の顔がより良いと思うという推測も聞いたんですって。


俳優らは自身がどんな角度でどのようにつけられてこそよく出てくるのか、あまりにもよく知っている人々です。
イ・ビョンホン氏は演技経歴17年目であるから、より一層そうであるでしょう。




この写真での感じは、'良い奴悪い奴おかしな奴'でイ・ビョンホン氏が引き受けた、創痍キャラクターの感じとちょっと似ていないですか? ^^



その日私に最も印象深かったイ・ビョンホン氏の話は、下の部分でした。



"私は韓流熱風が吹いた時も,日本に行ったことがあまりありませんでした。
事実ハリウッド映画で役割を受け持つのが‘G.I.組’以後にも続くのかさえ分からないということじゃないの。
私はハリウッドにベースを置いて,東洋俳優で一度名を知らしてみるという考えはしません。
去る17年間守ってきた私のベースを捨てるということは有り得ないことでしょう。
この土地で私が仕事をしたい監督らと共に話し合いながら,映画もドラマを撮影して,そうするうちにあたかもボーナスのように良い機会がまたきて,外国ですることができるようになればまたまた一度行ってくるんです。
俳優として中心軸を移動するつもりはありません。”



その全てのものを含んで,俳優としてこれからどんな道を行きそうですか?



“私もそれが気になって期待されます。(笑い)
誰か計画を尋ねれば私は常に無計画だと答えてきましたよ。
それでも私が何の考えなしで生きるということは違います。
これから繰り広げられることに対して期待もあって心配もあるが,思うこともできなかった配役を引き受けて,全く予想できなかった状況ができてするのがおもしろいと考えます。”



人生で生じる偶然を楽しむ側(方)ですね?(笑い)



“そのようです。
私がちょっと徹底して計画的であることのように考えられる方々がおられるのに、事実は正反対に近いです。(笑い)”



これは事務室壁面に関わっていた
(来年封切り予定の)イ・ビョンホン氏の出演作

'私は雨が降って共に行く'の英文シナリオです。
開くという中(案)ホン監督作品ですね。


几帳面にメモした字体がぴったりイ・ビョンホン氏スタイルでしょう? ^^
ともかく開くという中(案)ホンのシナリオは指紋が本当に詳しいですね。


フーン

イ・ビョンホン氏の左側の顔思い切り見たので、仕上げ写真は後ろ姿でします。^^




イ・ビョンホン,後期,写真,左側の顔,良い奴悪い奴以上ある奴,私は雨が降って一緒に行く,甘い人生


[出処]イ・ビョンホンの左側の顔|作成者イ・ドンジン













[集中インタビュー] (1)イ・ビョンホンの新しい顔
[集中インタビュー] (2) 俳優イ・ビョンホンが行く道

は、More^~^









↑ の記事は、

[집중인터뷰] (1) 이병헌의 새로운 얼굴
기사입력 2008-08-12 09:36

↑翻訳記事 [集中インタビュー] (1)イ・ビョンホンの新しい顔



[집중인터뷰] (2) 배우 이병헌이 가는 길
기사입력 2008-08-13 09:04


↑翻訳記事[集中インタビュー] (2) 俳優イ・ビョンホンが行く道
 ( この記事は 8月12日付け ‘イ・ビョンホンの新しい顔’ 題下のインタビューにつながる後半部内容です。 )


に対する編集後記です。
[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2008-10-31 17:23 | 이 병헌