Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

4月最近のビョンホン その1 CINE21 

あんにょ~ん!

4月23日

CINE21のインタビュー記事が出て来てます!
CINE21 イ·ビョンホン この俳優の無限挑戦
「G·Iジョー2」「私は朝鮮の王 」 イ·ビョンホン

あえて分類してみようとしても、イ・ビョンホンは独歩的な世代だ。
彼はチェ・ミンシクを筆頭としたソン・ガンホ、ソル・キョングのような演技派俳優らと位置を共有しなくて、スター性を土台に、演技性を構築したウォンビン,チョ・インソンのような俳優とも共通分母で編集されない。
訓練でない持って生まれた演技. 世代と地域を行き来するスター性. この二種類でこそ別に取っておくことはできない、イ・ビョンホンを構成する単一のことであり彼のスクリーン掌握力を絶対的にさせる要素だ。
17周年をむかえた<シネ21>俳優、イ・ビョンホンに会った。 光海君と似た容貌を持つ賎民ハソンが偽王の役割をして広がるファクション史劇<私は朝鮮の王だ>で彼は光海君とハソンの二つのキャラクターを行き来する1人2役の演技で撮影に邁進しており、すなわち封切りするハリウッド ブロックバスターで変わったストーム シャドウを見せる予定だ。 演技生活20年の間彼は簡単に崩れないかたい自身を積んだが、率直な彼の話を通じて振り返ったその道には葛藤と疑い,挑戦と決断が瞬間毎共にしていた。
安定をあきらめることによって彼が得た無限の期待の領域につかつかと足を入れてみる。


-シーズン中の撮影中だから、今日のインタビューのスケジュールは、奇跡のようだった。
=本当にドラマを撮るようだ。製作費の負担により、昔よりも現場が多くタイトになった。米国では、毎日運動しながら撮影するよりも難しいようだ。


-時代劇は初めてなので不慣れする。
=と、史劇下は人々すごいように見えたよ。 ひげ甘くてまげを結ってあげる扮装がどれくらい苦痛かわからない。 この校正する人々が初めにとても痛くて眠れないといったのに多分似ていること同じだ。 撮影が二十時間なら二十時間ずっと口周辺と頭の中がかゆい。 それをこらえながら継続する。 撮影が瞬間的に大変な時は多いが、このように粘り強く苦痛が伴うのは初めてだ。 とても鋭敏になって集中にならない時も多い。


-その上脱いでも博徒できない冬撮影だった。
=生まれて初めて下着を着た。 一枚でもなくて二枚も。 本当に寒くて狂いそうだったよ。 服がみな麻素材なので保温が全くならなかった。ハソンを演技する時はそれなりに大丈夫だ。 ところで光海君は王だから服が(しわがよる)台なしになってはいけない。 よく折りたたまれて(しわがよる)台なしになる素材と少しの間隙間ができる時、パッディングも着られない。 一時間以上休みそうだと思えば服脱いでパッディングを着る。 大部分は寒いままそのままこらえるしかない。


-苦労して、作った肉がたくさん落ちたようだ。 頬の肉がさっと減った。
=肉はいらなかった。 かえって監督様が史劇にシックスパックで作った肉はいらないといって、作った筋肉をみななくしている。 さらに腹も出てきた。 (笑い)扮装するのに一時間半分ほどかかると一日を早く始める。 この頃は両水里(ヤンスリ)でなければ聞慶(ムンギョン)で撮影するのに両水里(ヤンスリ)行く時は家で午前7時に、聞慶(ムンギョン)行く時は午前5時30分に出てくる。 ずっと朝生活に合わせて撮影すれば大丈夫だが、骨を折ったのが3~4日ほどこういうことでは翌日撮影が午後6時に捕えられる時だ。 それでは曖昧なことだ。 (笑い)
この日は午後6時から翌日6時で生活タイマーを合わせなければならない。 そうすれば翌日にはめちゃくちゃになる。 いつの時も眠たくて寝なければならない時間には眠れない。 からだがそれでだめになるようだ。


-それでも初めての史劇を‘試み’する程今回の役割は魅力的なキャラクターだ。 1人2役というものも明らかに俳優には大きな刺激になるだろうし。
=単純に興味に行くには負担になる部分がある。 1人2役という構図が明らかに俳優には挑戦地点だが、全て感性だけでこれをすることになったのではない。 私が楽しんでこそそれが作品にも反映されて結局観客も楽しむことができるとマインド コントロールをしたりするが、ある瞬間からはそれが良くならなかったよ。
この結果が最終的には私を評価する定規になり私が最も上手にする部分だと判断してすることだから責任感が大きい。 私一人楽しめば何一つ 観客が冷遇すればそれで終わりなのに。 さらに次の作品にも影響を与える。 私にはこれが生計だ。


-<私は朝鮮の王だ>が大きいプロジェクトになったところはイ・ビョンホンのキャスティングが功を奏したという評価だ。
=皆たくさん期待するのに今回の映画は思ったより色とりどりなドラマだ。 シナリオ読む時はおもしろかったが今度はちょっと特異な経験だった。 私もこの生活をした歳月があると普通作品を見れば60~70%は下絵が描かれる。 ここで私にまかせるのがどんな姿かはおよそ80%が見える。 話は監督の領域だがキャラクターは私が描くのだからさらによく見える。
ところで今度はそれが全く見えなかったよ。 キャラクターが正確にどうか私がその役割をした時はどんな姿か想像が行かなかったよ。 しようとする役割に対してこのように不安で最後まで分からないのはほとんど初めてだった。 ある3ケ月をどのようにするか悩んだ。


-悩みの地点で結局発見した解決法は何だったか。
=ソン代表(ソン・ソクウ、イ・ビョンホン所属会社BHエンターテインメント代表)がそばでプッシュしたのが大きかった。 何といっても最初にこの映画は多くの人々が好む映画だ。 またシナリオがコミカルだから深刻な面のほか今は私にこのような面もあるとのことを見せるのが悪くないそうだ。 確かにこの映画はしばらく私がした映画らと別に大衆的な映画だ。 撮影しながらコミカルな部分がますます大きくなってもう完全にコミック映画になったこともあって。 (笑い)

一度住んでいる人生、何をしに石橋をたたくか


-ある瞬間から出演作がジャンルや素材において暗くてマイナー片側面が強いのが事実だ。 これ以上大衆性に執着しないという印象も聞いたし。
=<中毒>時からそのようだ。 <甘い人生>も評壇は認めたが観客数を見ようとするなら捨てられたのと同じだったし。 <悪魔を見た>は言うまでもなくて。 深刻で真剣だが結局悪役まで行った。 それで劇場にたくさん行く20〜30代観客は私のイメージをとても暗いと考える。 ところでそれが誤解だ。 なぜなら出たわずか十数年前までもかなり笑わせる奴、不真面目な奴、元気な大学生イメージが全部であった。
<明日は愛><ポリス><アスファルト男>する時は私が深刻な役割をするといえば“イ・ビョンホンがそういうのをどのようにするのか”とお話にならないといった。 私は私の歴史を知ってこういう明るいイメージが頭の中にあると私のイメージが違うように受け入れられるということも分からなかった。
ところで一年前ぐらい後輩が“兄はとても深刻で真剣な役割だけするようで”といったよ。 それは君の誤解がといったがそのまま見ると私が私を誤解していたよ。


- <私は朝鮮の王である"のコミカルな要素が今の基調を逆転し、大衆性を獲得する基盤となるのか。
=厳密に言うと、これまでの観客数を見て作品を選んだことはなかった。<私は雨と共に行く"をしたのも観客の数に距離が遠かったし、(以下 <私は雨と共に行く" "G·Iジョー"、三映画の契約を締結した。それまで人々が少し喉が渇くほどに作品をした場合はこの時からは、本当に休むことなく行くことになったのだ。


視点の変化が生じたことなのに、何か特別なきっかけがあったのだろうか。
=どうせ一度生きる人生なのだが何かそんなに石橋叩きたかったよ。作品の結果や波長は誰も予測できないんだけど、私は何をそんなに占おうとするのか、それだけで私をもっと豊かにし、私の新しい姿を見せることがあるならば一度してみようと思った。してから後悔するのがましだろうと思ったよ。そんな気持ちを飲んでからは作品を決定するのに時間があまりかからないで、容易になった。


- 70回目の今、30回目の撮影を終えた、半分に入ってからは、今の判断はどうか。
=あまりにも無茶でユーモラスして、こういう役割は、自分ができるようだったが久々にやってみた感覚を失ったか、上手にしているか、自分だけチェックするようになる。最近では、統合失調症を経験しているようだ。ある日、光海君を演じて、翌日にはハゾンになっている日も多い。通常1人2役であれば、完全に他の2つの役割をするために、これは考えてみれば、3つの役割である。光海君、ハソンとそして光海君のように光海君まねるハソン。そのディテールな差の程度を調節するのが非常に大変だ。 現場で二つの人物の雰囲気が完全違うという称賛を聞けば気持ちは良いが、実際にその程度で雰囲気を明確に変えようとする私はものすごいもがいていることだ。 俳優に与えられた能力である瞬間没入、こういうものがある程度あるから可能なように見える。


最も大きい世界に行きたかった


-一応が、先に封切りする。製作会社であるパラマウントがアジア地域興行の一番の貢献者でイ・ビョンホンを挙げた。
=米国側態度がとても好意的に変わった。私は接待が良くなったのが幸いだが、そのまま考えてみれば彼らも本当に恐ろしい人々だ。 私たちは冷静に対して突然変わる行動をすればきまり悪いのではないか。 この人はそのまますぐにする。 少しずつ変わることならば私が熱心にするはずなのに、このように急激な変化ならば私でなく彼らが変わったことだ。 反対の場合にどのようにするのか考えてみれば鳥肌が立つことだ。


-体感温度がどの程度か
=この前にエージェンシー変更(WME所属でCAAで)件で米国に行ったが兼ねてパラマウント関係者とジョン・チュ監督に会った。 パラマウントでは1編の時韓国ファンたち動きを見て内心驚いた表情であった。 米国は私たちのような熱いファン文化がない。 レッドカーペットで歓呼するトップスターが普段道を通るのはよくあることだ。 だからこれ本当に無視するのではないと判断したことだ。 予告篇音楽はどうなのか、韓国人が特に好む音楽ジャンルがあるのか、でもティーザー予告篇とかいくらでも反映することができるとし、私の意見を聞いたよ。


-1編時はこのような過程自体がなかったということか
=その時は私たちさえとても分からなかった。 他の人々契約書はものすごく厚いが私たちはそのまま処理してほしいといった。 (笑い)いくら弁護士がするといってもよく分からない状態では条項一つ一つを要求するには限界がある。 一例として1編の時メーキング映像を要請すると“何の声しているのか、俳優がこのようにたくさん画面にかかるのに他の俳優肖像権はどうすることか”という返事だった。 その話を聞いて、“ア、やはりハリウッドは違うんだね”こうした。 (笑い)今度はそちらで先にアジア マーケティングを尋ねるのに“ひょっとしてメーキングちょっと…”したところみな持っていけといったよ。 (笑い)


-その程度ならば2編撮影の時からすでに地位が変わったはずなのに。
=1編時は撮影がない日も無条件出て行かなければならなかった。 数ヶ月の間午前4時30分に出てきて6時にはトレーラに正確に行っていた。 扮装したら8時30分程度。その時間からストーム シャドウ服を着て待つ。 およそ10時間をそうしていれば午後3時頃なれば完全くたくたに疲れる。 したい意欲もなくて眠たくて。 それでも撮影をできなくて戻る日もある。 私はこのように苦労したが時間を超過してもとりたいが彼らには10分超過も想像することはできないということだ。 それでその日は肩すかしだ。 3時頃助監督がきて“申し訳ないが今日は撮影がないと思う”という。 そのような日が日常茶飯事であった。 その時はこんがらかったよ。 私がこれらには新人だからそのような件がおきるのか、本来ここのシステムがこうなのか。 ぼんやりしてたら話にもならなかった。 どうするか、初心を再び探すことができる機会だと気楽に考えた。
今度は午後4時までこいと言って行ってみれば皆準備している。扮装終わるやいなやトレーラ行く時間もなしですぐに撮影だ。撮影会場にいくつかの十台のトレーラがあってみな似たり寄ったりで古いトレーラでぴったり二つが大きいトレーラだ。 一つがトゥウェイン ジョンソンそして他の一つが私のものだ。


-その結果2編ではストーム シャドウの比重が大きく膨らんだと聞いた。
=ほとんど主人公だという記事が出たのにそれは違う。 ストーム シャドウの分量は決まっているという話だ。 量的には1編よりは少し増えた程度だ。 ところで確かにストーム シャドウ中心に話が戻るのは変化だ。 1編)では私がバックグラウンドにそのまま立っている場面も多かった。 出てきたが見られない時も多くて、そのまま付いて回る場面もあった。 2編ではそのような場面は殆どない。 私が登場すればとにかく私のストーリーが進行される。 内容面で見れば途方もない発展だ。 この前ジョン・チュ監督と通話するのにストーム シャドウ場面は編集でほとんどみな生かしたといってたよ。
気分が良かった。


-イ・ビョンホンという俳優が取得した確固たるスター性に波紋が必要だったのか。 がそのような機能をした。
=一種の挑発だった。 穏やかな水に石投げたい気持ちだ。 演劇俳優ならばブロードウェー舞台に立ちたくて、歌手ならばグラミー賞にノミネートされたいように誰でも自分がある分野で最も大きい世界に行きたいことだ。 しなくて後悔することより、機会がきたのにあえて迷って恐れをなす必要があるか。 私はまだ結婚もしなかったが安定的なことにとても重きを置かないとしたかった。 もちろんそのような決定をする時、気にかかるのも多い。 直ちに英語はどのように習うだろう。 ネーティブスピーカーは私の発音が変だと感じるはずなのに。 アジア的なものが神秘さを与えることができるがそれはまた少しの間であるはずなのに。 あれこれ確かめてみると私が本当に上手にしたのか、笑い話になるのはでないかと思った。 面倒くさいことだらけでで、いったい私が何をしたんだと思われる。 (笑い)


まだハリウッドに操縦受ける感じ
-は俳優イ・ビョンホンのハリウッド進出のための序幕と同じ作品になった。
=事実私のフィルモグラフィーはとてもでこぼこだ。 <共同警備区域JSA>して、イプボン監督が演出する<バンジージャンプをする>をするというから誰も理解できなかったよ。 時々私の意志ではないがしなければならない時もあるが大部分は純粋に感性にささって決めるとこういう結果が出ることだ。 ところでは、唯一私が戦略的に挑戦した作品だ。 エージェンシーもそうで皆これは必ずしたらと思ったよ。 ストーム シャドウが持つ影響力は米国文化圏ではとても大きいことで明らかに役に立つということであった。 たとえ私が追求する理想的なハリウッド デビューではないがその道まで行く良い過程だと考えて、これよりより良い機会はないことだ。という考えで決めた。 およそ1年を引っ張った。


-結果的に選択が悪くない。 でストーム シャドウの魅力は絶対的だ。
=初めにはそんなことも分からなかったよ。 その時<良い奴、悪い奴、変な奴>と<私は雨が降って共に行く>のために香港と中国を行ったり来たりしながらとるほかはなかった。 そばで本当にウソンがアニキも本当にすごいといったよ。 体力がもつかとか。 <私は雨が降って共に行く>終わるやいなや扮装血いっぱい埋められたままウェットティッシュで磨きながら撮影のためにLAに行った。 飛行機おりるやいなや衣装フィッティングをしに行くのに仮縫いした服を着てびっくりした。 戦闘物の主人公になったようだった。 そうしているうちにマスクを持ってきて、また機銃を持ってきたよ。 それを見て、これはない!しまった 。刀をもって空を飛ばなければならないとは。 その瞬間パッと目が覚めた気持ちだった。 私がいったい何をしたんだろう。 何も言わず、服脱いでマネジャーに明日ミーティングを開き、申し訳ないが私はできない。失敗だった。韓国行く。と話すことだと。 下りることができるならば本当に膝でも折ろうとした。


-常識的に考える時、有り得ないことだ。
=そうしては絶対成らないことだ。 時にぼんやりある瞬間はある。 ところでこのようにはっきりと‘すべきではない’という一件は初めてだった。 心理的に底を打っていた。 ところで夜にじっくり考えてみるととにかく私が決めたものだがこのような姿を見せてはいけなかった。運命を信じる方なのに"になるのならこんな器具に乗っても良いだろうし、ダメならどうしようもないのだ。私が思うほど、大きな被害がなくてもいい勉強になることもあるだろう"と心を入れ替えた。


-ハリウッド進出手順において今段階を点検するならば。
=まだ2編が公開にならなかったのでこうだするように変わった状況はない。 2編が成功して業界の人々に目につけば分からないが。 今は二つの作品を待っている。 主演ではないが素晴らしいキャラクターだ。 スーツ姿だから外見ももっともらしい。 待っている。 待っているのが合うことであって私が選択するのではないから。 (笑い)
ある瞬間には私が選択する立場になるべきだが、まだハリウッドが私を操縦している感じがより大きい。



バリスタ資格証も取った


-インタビューがあまりにも久しぶりで。 そのまま周辺でこの頃最も多く聞く質問は何か。
=一番大きいことはやはり結婚だ。 この前妹(イ・ウンヒ)の結婚が大きかった。 気持ちが本当に不思議だった。 私は常にママ、妹、チャールズ(イ・ビョンホンの海外マネジャー)と一緒に住んだが、見渡すと妹もチャールズも結婚したことだ。 その上ソン代表、会社会計を見る友人のように普通近い人でなく、私に重要なすべての人々が最近みな結婚した。 スケジュールがなくて遊ぶ期間だったら情けなかったようだ。


-普通そうする時、自身に向かった総体的反省が始まるのではないか。 (笑い)
=今のところは考える余裕もない。 妹の結婚式も式を払うのが私には重要なことだった。 結婚式日は涙をこらえるのにひどい目にあった。妹やママが涙もろい人なのがよく分かるから私が精神整えなければ大変なことになったと思ったよ。 結婚式二日後に妹に電話をしたが“私撮影会場なのにどこか”したところ家だといったよ。 “ママちょっと変わって”するから“いや,我が家ですから”したよ。 電話を切るのに気持ちが本当に変だったよ。 ママが本当に孤独だろう。 私は分からないがママに娘が最も近い友人なのに。 そのような考えがいたよ。


-バリスタ資格証を取ったというが。 そのような趣味生活をするとはちょっとなじみがうすい。
=これ(インタビューの時イ・ビョンホンはタンブラーに入ったコーヒーを持ってきた)私が作ったことだ。 私がバリスタなのに人が作ったことをどのように飲むのか。 (笑い)深刻にしたのではなくて分かる兄が一緒に通おうといってついて行くことになった。 ちょうど<悪魔を見た>とって時間が少しあって行ったがしてみるとおもしろかったよ。 職場通う生活とは違って、この仕事をするならば突然時間があご下で与えられた時何かをするかしたい時が多い。 そのままぼうぜんとすれば時間惜しいがそうする時平安になりえることが何か悩むことになる。ワインも学びたいと思う。睡眠中に来るとき一杯イッキして終わるのではなく、この小さなボトルの中に込められたワインの歴史を知っている私に与えられた空き時間がもっと豊かにされないかと思う。映画も家で一人で見るほうだ。 コーヒーを飲む瞬間もワインを飲む瞬間も、映画を見る瞬間も、乱れて気が気でなかった私の生活を沈殿させる時間になってくれる。


-俳優に挑戦するのに開いているのはちょっと意外な姿だ。
=そんなことに閉鎖的でない。 本来性格も好奇心多くてとんでもなくてあれこれ掘出してみるほうだ。 人々は私が有名でだから殆どのもの非常に気に入って満足することもしないと思うが、私に対して考えること自体が嫌いだ。 だからさらに積極的に表現することになる。 その上私が芸能番組やトークショー出て行かないと閉鎖的だと考える。 ところでほとんどの芸能番組が自分の人生を話すのではないのか。 俳優がなぜ自分の話をしなければならないのか。 話すならば結局自分の合理化で弁解になる。 そのようなツールがよく合って必要な人もいるだろうが私には違う。 その他の側面では私は開いている。


-この頃ケーブルTVで<明日は愛>を見ると新しい。 1992年から放送されたのでデビューの時の姿だ。
=20年前の姿をそのように見せるのは明白なテロだ。 一人で見るのも顔が赤くなるがそれを全国放送に送りだすとは。 (笑い)また見ると本当に幼かったよ。 頬の肉がどれくらいぽっちゃりとしてから。 その時の私のニックネームがアヒル尻であった。 バックズボンが真っ最中流行だとさく烈しそうなジーンズを着て通った。


-演技というよりは本当にそのような大学生のようだった。 おかげで<明日は愛>この同時代観客に及ぼした影響力は途方もなかった。
=それしか方法がないのがその時はマネジャーもなじみがうすかった。 特に私のような公開採用出身はさらにそうした。 7年の間マネジャーなしで通うした。 スタイリストもなくて着て出た服がみな私の服だ。 その主分量が4一致ならば四種類ぴったり場を合わせて行くものだ。 最大限自然なことを見せようという心はあった。 私がTV見ながら常に疑問だったことがなぜ寝て起きても俳優はみな化粧をして美しいのだろうか。 本当に寝て起きた人のようにすべきだし、そうしたかった。 それで頭をわざわざちょうどかき混ぜて折りたたまれるようにドライをした。 そのような写実的な姿を見せるのがそれ以前にはなかった。 周辺では何あのようにまで壊れる必要があるのかと思う視線もあったが、視聴者から反応がきたよ。 この前<明日は愛>チームが再び集まったがユン・ソクホ監督様がその後の話を2部作単幕劇でしてみても良くないだろうかと思ったよ。 その時はキャンパスが背景であったのにポムスは建築学と教授になっていることだ。 ところでまた会ってからまれば<愛と戦争>になるのか。 (笑い)


-<明日は愛>話が出てきたついでに1991年KBS公開採用タレントでデビューした後、すでに演技20年目だ。 アクション演技がどんどん増えたが大変なのではないか。 (笑い)
=会社員は課長、部長とされること考えながらストレスを受けるが代わりに、少ないけれど着実に金を儲けて本人が病気になれば代わりにしてくれる人もいる。 ところで私たちは代る人がない。 ア、チョン・ドゥホン武術監督がいるね。 (笑い)今になって他のものをすることもできなくて。 顧みれば私が演技をすることになる方法は本当に分からなかった。 幼い時町内では隊長でリーダーシップもあったが実際に学校で発表しろといえば言えなかった。 他の人前に立つのがとても恥ずかしくて大変だった。 子役俳優をしていた妹を知っていた他の俳優のお母さんが“君はタレントしてもかまわない”という話をするのにお話にならないといったが、今はこれが私の一生の仕事になった。ところで本当に、<私は朝鮮の王である>は、大衆が好む映画と言ったが興行にならなければどうしよう、心配です。









4月22日
CINE21の動画が百度さんに上がってきました!
2012年4月21日 CINE21" 17周年記念ビデオ
全然よくわかんないけど゜▽゜;質問を3問くらい受けて、それに答える・・・って感じなんでしょうかね?!
2番目の質問のあとは、ジーアイジョーって言ってたね~。
ヒヤリングOKな方、ビョンホンの素敵な声と高度な話術を是非堪能して下され~♪


それから、久々にカフェDaumさんに雑紙の内容が出てます!
こちらも堪能して下され~♪
CINE21 スキャン本


更新中!

詳しくはこちらへ!
『GIジョー2』 Retaliation 8月10日 日本公開決定 (2012年2月~)

‘朝鮮の王だ’超豪華ドリームキャスティング






4月20日
今朝もなんだか気分が良いのです!(笑)

ビョンホン ピンのでっかいストームシャドーが出てきてますよ!!!



4月19日
今日も^▽^)気分がよくなる記事と、素敵なビョンホンの画像が出てきてます~♪

先ずはCINE21関連の記事からですが、↓4月13日の追記って感じです!
やっぱ画像は百度さんより
2012年4月19日 CINE21  17周年号

で、こちらはスライドショーです!
昔のCINE21の画像もありますよ~♪ とっても懐かしいわ^▽^))
CINE21 photoPersonView



待ってました~♪

詳しくはこちらで!!
『GIジョー2』 Retaliation 8月10日 日本公開決定 (2012年2月~)










4月18日
ウリ地方でも少しづつ暖かくなってきて、もうすぐ春が来るかな~って感じで、とてもワクワクしますね!^▽^))

さて、「G.I.Joe2」と「朝鮮の王」の記事を行きますね!

詳しくはこちらへ!
‘朝鮮の王だ’超豪華ドリームキャスティング






4月16日追記

ソニーさん^▽^))  ありがとう!♪

詳しくはこちらへ!
SONY KOREA 






えっ!!
え~~?!って言って驚いてる間に、「今日のおめでたいお話」は終っちゃったのかにゃ?゜▽゜;;
イノライフさんやら中央日報さんやら、朝鮮日報さんやら~♪ で、、どうなんですか?(笑)

せっかくの良いお話しだと思ったんだけど・・・。
それに韓国の40才前後の男性は、12才位い年下が当たり前のような感じだから、いいと思ったんだけどね~V(^▽^)V


でも、そろそろ覚悟していた方がよいかもね?!゜▽゜;;))



一応、否定記事から^^;


innolifeさんより
イ・ビョンホン&イ・ミンジョン「熱愛説は事実ではない」立場表明
トップスターイ・ビョンホンとイ・ミンジョンの熱愛説が浮上した中、両者とも事実ではないと明らかにした。
イ・ミンジョンの所属事務所側は16日、韓国メディアJOYNEWS24との電話インタビューで「イ・ミンジョンとイ・ビョンホンの熱愛説は事実無根」と熱愛説を否定した。また「本人に確認したところ、2人は知人と食事をしただけ」とし「もし熱愛説が事実だったり、結婚間近であれば、公開しないわけがない」と付け加えた。
イ・ビョンホンの所属事務所関係者も「熱愛説は初耳。本人に確認したところ、恋人ではなく仲の良い先輩後輩の仲だと答えた」と熱愛説を否定した。この日、某メディアはイ・ビョンホンとイ・ミンジョンが昨年末に好意を持ち、今年初めから密かに会うようになり、交際を始めたと報じた。

イ・ビョンホンは6月、ハリウッドで撮影した新作映画『G.I.ジョー2』の公開を控えており、またハン・ヒョジュンとの映画『朝鮮の王』の撮影をしている。イ・ミンジョンは『花より男子』の出演でスターダムに上がり、『ラブレイン』の後に放送されるドラマ『ビッグ』の撮影を控えている。



朝鮮日報さんより
イ・ビョンホン、イ・ミンジョンとの熱愛否定
「先輩と後輩の間柄、恋人関係ではない」

俳優イ・ビョンホン(41)は女優イ・ミンジョン(30)との熱愛説を所属事務所を通じ否定した。
イ・ビョンホンの所属事務所は16日、一部で報道された交際説について「本人に直接確認したところ、先輩と後輩として親しいのは事実だが、それ以上の関係はないとのことだ」と明らかにした。
これは同日午前、あるメディアが「イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは昨年末に互いに好感を抱き、今年初めから交際を始めた」と報じたことを受けて発表されたもの。このメディアは映画関係者の言葉として「イ・ビョンホンの妹ウニさんが結婚式を挙げる直前の今年初め、京畿道広州市の家にイ・ミンジョンを招待、母・妹と一緒に食事を共にし、紹介した」としている。
イ・ビョンホンは現在、初挑戦となる時代劇映画『朝鮮の王』の撮影中。イ・ミンジョンは6月スタート予定のドラマ『ビッグ』(KBS第2)でヒロインを演じる予定だ。


中央日報さんより
イ・ビョンホン-イ・ミンジョン熱愛説…所属事務所は否定
(抜粋)
トップスターのイ・ビョンホン(42)とイ・ミンジョン(30)の熱愛説に浮上した。
韓国紙スポーツソウルは16日、イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは昨年末からお互い良い感情を抱き始め、年初から本格的に交際を始めた、と報じた。しかしイ・ビョンホンとイ・ミンジョンの両所属事務所は「親しい先輩・後輩の関係であるのは事実だが、恋人の関係ではない」とし、熱愛説を否定した。
スポーツソウルによると、2人は授賞式など公式席上で会いながら親しくなったという。ある映画界の関係者は「イ・ビョンホンとイ・ミンジョンは各自のスケジュールで忙しいため、ときどき空いた時間にデートをしている」とし「イ・ビョンホンの妹イ・ウンヒが結婚式を挙げる前、京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)にあるイ・ビョンホンの家の夕食にイ・ミンジョンが招待された」と伝えた。





4月15日

ストームシャドーの新しいスチール写真が出て来てますよ!

詳しくはこちらへ
『GIジョー2』 Retaliation 8月10日 日本公開決定 (2012年2月~)







4月13日
久々にJOFCのLBH Roomに動画が更新されてます!ジャン!(笑)

それからこちらも~久しぶりにCINE21.17周年記念 No.850号の表紙を飾っているビョンホンです!
なんだか~(笑)、表紙よりも中身がすこぶる萌え画像みたいですよ~♪(〃▽〃)大好きな髪の長さです^▽^))

イ・ビョンホン"ハリウッドで地位大きくなって..米スタッフが待機"
俳優イ·ビョンホンが米国ハリウッドで変わった自分の地位を実感しました。イ·ビョンホンは最近映画雑誌"シネ21"とのインタビューで"今年の夏封切り予定の映画" GIジョー2 "を撮影しながら、1編より遥かに高くなった自分の地位を発見した"と話した。イ·ビョンホンは"1作目を撮影する時は撮影がない日にも現場に出て待機しているはずだった今回は撮影時間に合わせていくとスタッフがすべての準備を終えて待機していた"と伝えた。イ·ビョンホンは引き続き"撮影現場に大きなトレーラーが二つあったかが、一つはDwayne Johnsonさんのものであり、もう一つが私のものだった"と付け加えた。
一方、イ·ビョンホンは現在撮影中の映画"私は朝鮮の王である"を通じて、これまでの深刻なイメージから脱してコミカルな姿を示すと述べた。


朝鮮日報さんより
イ・ビョンホン「ハリウッドでのステータスが高くなった」
イ・ビョンホンが米国・ハリウッドで変化した自分のステータスを実感したと語った。
最近、映画専門誌「シネ21」のインタビューで、イ・ビョンホンは「今夏公開予定の映画『G.I.ジョー2』を撮影しながら、パート1よりステータスがはるかに高くなったことに気づいた」と話した。
続けて「パート1を撮影したときは、撮影がない日も現場に行って待機していなければならなかった。でも、今回は撮影時間に合わせて行くと、スタッフがすべての準備を終えて待っていた」とし、「撮影現場に大きなトレーラーが2つあったが、1つはザ・ロックのもので、もうひとつは自分のものだった」と語った。

また、現在撮影中の映画『朝鮮の王』を通じて、これまでの重みのあるイメージを一掃し、コミカルな姿を披露すると話した。





プラネットさんより
誇りに思って〜!^ ^(記事)


百度さんより画像
《CINE21》17周年纪念号新図

cine21 me2day





4月12日
昨日のスマトラ沖の地震も驚いたけど、今日の祇園の交通事故もびっくりしました。原因は何なんでしょうか?

ビョンホン界が今のところ静かだし、我が家もそれなりに平和なので(笑)、世界中の色んな種類の出来事に目が向きますが、よくもまぁ毎日毎日事件・事故・天変地異が起きるものだと呆れてしまいます。
それに、某北がこれからする「事件」は余計な出来事だよね?!いいかげんにしてほしいわ・・・。


ところで、韓国では史劇ブームがまた来てるんでしょうかね?
最近、ガンホさんも史劇をするって記事を見ましたが、今度はボムスさんも史劇を熱望してるとか?
ガンホさんもボムスさんも、時代劇はとっくに撮っていたイメージでした・・・。(←まぁ、ビョンホン以外、よくわかっていないから・・・笑)
ところで、仲良しなボムスさんとビョンホンは共演したことがないのかな?




さて、ボムスさんのインタビューより
·ボムスが認められている俳優イ·ビョンホン"他のスターとの違いは..."(インタビュー)

(抜粋)
紳士とコミックを行き来する俳優イ·ボムスが史劇の熱望を現わした。

イ·ボムスは最近放送でヒョンビン、ハ·ジョンウ、キム·ガンウなどそうそうたる後輩俳優たちの演技のアドバイスをしたという話で話題になった。もう一度尋ねると、イ·ボムスは"キム·ガンウ、ハ·ジョンウ、エネルギーがあふれた。ハ·ジョンウのような場合は、ユニークさがある魅力的なチングジはないか。良い俳優になることがあるようだという考えを当然した"と後輩たちの過去の姿を回想した。

演技とと誰もが首をうなずくようにするイ·ボムスも一緒に演じてみたい俳優がいた。イ·ボムスはイ·ビョンホンの名前を挙げながら、 "イ·ビョンホンという俳優"と表現した。
イ·ボムスはイ·ビョンホンと懇意な間で、イ·ビョンホンが彼の結婚式の司会を務めました。
イ·ボムスは"イ·ビョンホンは、他のメロ俳優出身とは違う。新しい私を再発見し、着実に新しさに向かって動いて汗を流したという点で高く買いたい。そんな(努力する)俳優たちとしたアングルで一回捕まってみたい"と俳優という職業の中で、彼が認めているイ·ビョンホンという俳優に対する考えを明らかにした。
多くの作品に出演しながら、様々な演技をしてきたイ·ボムスは、簡単な演技は好きではない。イ·ボムスは"非常に難しいキャラクターに会いたい。悪役も単純な悪役ではなく、千の悪的な悪役のような難しい役をやってみたい"と話した。また史劇に対する欲ものぞかせた。彼は"いつかは史劇で王役をきちんとやってみたい。世宗や燕山君が良くないかな。ワンイドゥン将軍も力を要するキャラクターに関心がある。機会があれば適切に解いてみたい役の一つだ"と絶え間ない演技欲を露出した。



4月11日
今日の記事はこれです。

"私は朝鮮の王である"撮影中断俳優イ·ビョンホンが4.11国会議員総選挙に参加する予定だ。
イ·ビョンホンの所属社BHエンターテイメントは10日、スポーツ韓国の"イ·ビョンホンの映画撮影のスケジュールが当日早朝に終わりが午後に撮影がないだけに、選挙に参加するものとみられる"とし"映画の撮影で韓国を離れている久しぶりに合った選挙だけに、大韓民国の国民の一員としての大切な権利を行使するという本人の意志がある"と伝えた。

詳しくはこちらへ!
‘朝鮮の王だ’超豪華ドリームキャスティング




4月10日
明日11日は、韓国で選挙があるんですね^。^
普通の日でもするんですね~。
ビョンホンも選挙に行くのかな?不在者投票とかあるんでしょうかね?!




4月9日
東京は桜が満開になったんですね~♪
こちらは今月の末頃には咲くらしいですが、ほんとかしら?ってくらい毎日寒いです。
さて、記事自体は重複しますが、映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』特報 がユーチューブに出ましたね!
ちょっと遅くなりましたが、紹介します^▽^))





4月5日追記
風も収まり、台風一過のような青空ですが、時折小雪も舞い4月とは思えないほど寒いです。
さて、昨日だったかな?『バトルシップ』のピーター・バーグ監督と浅野忠信さんとテイラー・キッチュさんとなぜだか三谷幸喜監督と、てんこ盛りの映画情報が各局で放送されていましたが、本日は韓国でプロモだったんですね!
そして、なんだかまたまた嬉しいこと言われてますね!^▽^))


innolifeさんより
ピーター・バーグ監督「イ・ビョンホンの熱烈ファン、続編にキャスティングしたい」
ブロックバスター『バトルシップ』のピーター・バーグ監督がイ・ビョンホンにラブコールを送った。

5日午後、ソウル市往十里(ワンシンリ)CGVで映画『バトルシップ』のピーター・バーグ監督、主演のテイラー・キッチュ、ブルックリン・デッカーの来韓記者会見が開かれた。
ピーター・バーグ監督は「ソウルを訪問できて光栄。父親が米海兵隊出身で朝鮮戦争に参戦したことを自慢していた。それに私はキムチ中毒、韓国に来てから毎日食べられてうれしい、大量に食べた」と語った。“真珠湾の伝説”となった戦艦ミズーリ号を
映画で復活させた演出の意図について「シナリオ検討中、真珠湾に行ったら日本と米国の軍艦が並んで停泊しているのを見た。第2次世界大戦の時、敵同士だった国が今は大事な友好国家になったことを痛感し、それが面白くて映画に取り入れた」と伝えた。
また日本の観客はミズーリ号の設定に不愉快ではないのかという質問には、大変好意的だったと答え、『バトルシップ2』にはイ・ビョンホンをキャスティングしたいと打ち明けた。
「日本の反応は肯定的だった。日本人記者は浅野忠信が日本人将校をリアルに演じた、米国人の視線ではない日本人そのままを描いた、と言っている。私が『バトルシップ2』を作るならイ・ビョンホンをキャスティングし、韓国の文化を生かしたい。私がファンだとイ・ビョンホンに伝えて欲しい」
付け加えて、ダニエル・へニーとは親しい仲であることと、映画『オールド・ボーイ』が大変好きだと韓国に対する愛情を示した。ブロックバスター『バトルシップ』は11日、世界中で最初に韓国で封切られる。


韓国では11日、日本では13日に公開です!
バトルシップ




お待ちかね~♪
「G.I.ジョー バック2リベンジ」の日本版特報がこのたび、オンライン上で解禁となりました!!
世界的大ヒットを記録したたハイパーアクション超大作「G.I.ジョー」が3年の時を経て今夏、日本のスクリーンに帰って来ますが、前作でも好評だったイ・ビョンホン扮するセクシーすぎる悪役ストームシャドーは健在です!そのビジュアル画像と怒涛のバトルシーン満載の日本版特報を是非ご覧下さい!


詳しくはこちらへ
『GIジョー2』 Retaliation 8月10日 日本公開決定 (2012年2月~)




4月4日
爆弾低気圧が列島でかなりの爪痕を残してますが、皆さんの地域では大丈夫でしょうか?
関東以西は回復してきたようですが、東北北海道はこれからまだまだ暴風雪が続くようです。

ウリ地方は今朝、吹雪で目が覚めました。
春なのにね・・・。
なんか、ここ数年、日本でも甚大な災害が増えてきてるような気がしませんか?
これも自然環境の破壊によるものなんでしょうかね?!

まだまだ混乱が続くようなので、交通情報に気をつけて下さいね!



さて、月一のソニーですが、画像を見てるとホンワカしてきますねっ!
SONY KOREA & SIRIUS Alpha



それから、視聴できる環境の方は是非ご覧下さいね~!
KBSworld ヒューマンドキュメンタリー 希望ロード大遠征(희망로드 대장정)
2012年5月1日(火)スタート
【月~金】13:00~14:35
【土・日】 13:00~14:35

■第1編:イ・ビョンホン の サハラ(マリ, ニジェール)
国土の半分がサハラ砂漠、残りも砂漠同様のサヘル地帯でいつ砂中に消えるか分からない国マリ。激しい干ばつと食糧危機が人々の生活をおびやかす。そして砂漠から吹く砂風と太陽、栄養不足は子供たちの視力、希望、命を奪っていく。韓流スターイ・ビョンホンがこの世で一番やせた土地サハラへ失った希望の光を探しに旅立つ。

関連トピ
"Africa"' 希望ロード大長征'





4月2日
ビョンホン直接の記事じゃないんですが、親友イ・ボムスさんがビョンホンのことを語ってますよ!

イ・ボムス"結婚後ビョンホンがよく怒っているとしばしば聞きます"
(翻訳の意味がイマイチ微妙なんですが・・・)

(抜粋)
俳優イ·ボムスが親しいイ·ビョンホンユ·ヘジンとの近況を公開した。二人より先に結婚してパパになった後、目に見えて疎遠になったという物足りなさだった。


イ·ボムスは最近、TVのレポートとインタビューで "イ·ビョンホンと15年以上親しくしている仲間なのに私が結婚した後、"とても変わったではないか "と怒られるとよく聞いている"と笑った。どうしても妻帯者になった後、帰宅時間が短縮され、私的な集まりで会う機会がそれだけ少なくなって不平を聞くという話であった。
イ·ボムスは引き続き "前には暇が出来るたびに電話して"何してるのか焼酎を一杯飲もう "と顔を見た結婚した後にはさっぱりその余裕がなかった"とし "イ·ビョンホンが、米国で映画を撮るためにお互いに会うのが恒例行事になってしまってしまった"と説明した。最も最近会ったのは去る18日イ·ビョンホンの妹イウニさんの結婚式場であったという。この日イ·ビョンホンは魂柱の資格で妹の手を握って式場を入場して注目を集めた。

イ・ボムスは"ビョンホンも年齢があるだけにはやく家庭を設けたら良いだろう"として"内助上手にする優しい女にすばやく会わなければならないでしょうに。 本人も結婚に対して考えが多いようだ"と付け加えた。



日本のファンの大半が同じように心配しております!!
きっと色々紹介してくれてるんでしょうね?!

ボムスさんのお相手はは、ピの英語教師として知られる、国際会議通訳者のイ・ユンジンさんでしたね!で、
ユ・ヘジンさんのお相手はなんと、女優キム・ヘスさんですもんね!美女と野獣って言われたっけ・・・^^;(笑)





4月1日
関東地方は桜が咲いたそうですね!
ウリ地方はあと1ヶ月くらいかかりそうですが^、^いずれ春はもうすぐです♪

さて、ビョンホンは大人しく撮影中でしょうか?
でも今日は日曜日・・・。しかも世界的なエープリルフール!あの(←どの?爆゜▽゜)ビョンホンだもの、きっとなにか楽しいことをやらかしてくれてるんじゃないでしょうか??(笑)

[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2012-04-23 17:13 | 이 병헌