Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

最近のビョンホン!7月その2 渡米

あんにょ~ん

7月22日
うなぎ食べたら・・・なんか元気でまだ起きてます~(笑)
そう言えば浜名湖のパイだったかな?「夜のお供にウナギパイ」って書いてなかった?!
まぁいいか・・・^^;

で、もう一度百度さんに行ったらCJフードワールドのビョンホンが記事になってました。
確かイベントをしたのは知ってるけど、そのイベントには出席してなかったような気がしましたが、直接フードコートに出掛けたのでしょうかね??わかりませんが・・・。

百度さんより
【最新図片】『2011/07/21』与李秉宪在CJ美食世界用餐 食品の世界ではイビョンホンダイニングCJ

'CJフードワールド(CJ FOOD WORLD)"

このビョンホンは結構好きかも~(〃▽〃)
何が素敵って、目が見えるじゃない?!やっぱ大門がない方が好きだわ~!
で、この服なんですが、最近のビョンホン!6月その2(6月22日付)でも記事にしてるんですが、その内容とは・・・

百度さんより
李秉宪到西江大学观礼为影坛前辈祝贺 イビョンホンフィルムの前任者のための儀式、西江(ソガン)大、おめでとう



でも、その頃はこげ茶のパワーストーンが気になって、こんなに素敵だったなんて気がつきませんでした(笑)

遠くに行っちゃったら、どんなビョンホンでも素敵に思えちゃう^~^これって大事よね!(笑)





7月21日
ビョンビョンの渡米のお知らせがJOFC一般インフォに出てますよ~♪
それから、会員限定ですがStaff Roomには出国時の画像が4枚UPされてます!

ビョンホンさんが出国されました

拠点になるところはどこになるのかわかんないけど、きっと前みたいにアパートを借りてチャールズと暮らすんだよね?どうなのかな?勝手に想像だけど。
今はお部屋の整理とか?色々してるのかしらね~?(想像するだけでも楽しいです^▽^))
きっとオモニから「キムチ」持ってけ!!って言われて、山ほど冷蔵庫とか?(笑)

ともかく身体に気をつけてね!!ビョンホンの演技に期待してますよ^▽^))
それから、これはビョンホンには直接に関係ないかもだけど、、゜▽゜;天候不順にならないことを祈ってます!




空港の画像が出てます~♪ マジ普通なんですけどっ!!(爆)
で・・・キャップの下の髪が、えらく短そうな気がするんですけど^。^;


百度さんより
『2011/07/21』李秉宪20日赴美,<特种2>8月15日开镜 "2011年7月21日"イビョンホン20日米国、特集2>8月15日からと聞く

innolifeさんより
イ・ビョンホン『G.I.ジョー2』の撮影のために米国行き
俳優イ・ビョンホンが、ハリウッド映画『G.I.ジョー2』の撮影のために7月20日に米国へ向けて出発した。
映画『G.I.ジョー2』は『ステップ・アップ3D』のジョン・チュウ監督が演出を引き受け、チェニン・テイタームとレイ・パーク、アーノルド・ボスルーら、前作の俳優が出演する。イ・ビョンホンが原作漫画の人気キャラクター“ストーム・シャドウ”役で出演して話題を集めた『G.I.ジョー』は興行収入3億200万ドルを突破し、韓国では約300万人の観客を動員した。『G.I.ジョー2』は、プロレス選手出身の俳優ドウェイン・ジョンソン(デュラック)は“ロードブロック”役で出演し、映画『トール』で印象深い演技を見せたレイ・スティーブンソンは“ファイアフライ”役で出演する。
イ・ビョンホンの所属事務所は「時差の適応やキャラクター分析、撮影準備の時間を取ってから、すぐに映画に集中する予定」と伝えた。映画『G.I.ジョー2』は、米国ニューオーリンズ州で8月15日にクランクインし、2012年夏に公開される予定。[



韓国の記事も出てますよ~♪
先ずはBHエンタから渡米関連記事

イビョンホン、'GI組'撮影のため20日出国

イビョンホンがハリウッド映画 'GIジョー2"の撮影のために20日、米国に出国した。

映画"GIジョー2"は、国内でも興行映画隊列に上がった映画"ステップアップ3D"を監督したジョンチュ監督が引き受けてハリウッドでも大きな関心を集めた。
現地のマスコミと関係者の間でも大きな話題になった'GIジョー2"の出演陣には、全編、"GIジョー2"で、デューク役の主演俳優チェニンテイタームとスネークアイズの役割のレイパーク、ジャルタン役のアーノルドボスル、そして、ストームシャドー役のイビョンホンは1編に続き続編に出演し、それ以外の人物は、前作とは全く違うメンバーで構成される。
イビョンホンが原作漫画の人気キャラクターであるストームシャドウで出演して話題を集めた"GIジョー2"は、総売上高3億200万ドルを突破して興行に成功した。 韓国では約300万人ほどの観客を動員するなど、愛を受けた。またイビョンホンはこの作品を通じて、流ちょうな英語実力とハリウッドの俳優たちの間でも、浮き彫りにされる"狂気の存在感"で世界中の観客に強い印象を残した。'GIジョー2"を輝かせてくれるもう一つの主人公としては、プロレス選手と同時に映画俳優を兼ね、現地の大きな愛を受けている、Dwayneジョンソン(通称"デュラック")がロードブロック役に出演し、映画"トール"で印象深い演技を見せてくれたレイ・スティーブンソンは“ファイアフライ”役で出演する。
また、映画'13区域'で大きい人気を呼んだ美女スターエロディユンが'GIジョー'のミューズとなり、新たな魅力を発散する。
イビョンホンの所属社 側は"20日、米国に出国後、時差ボケと一緒にキャラクターの分析や、撮影の準備時間が少しあるし、すぐに映画に集中する予定だ。ストームシャドウのまた違う魅力を期待してほしい"と静かな出国を伝えた。
映画"GIジョー2"は、米国ニューオーリンズ州で8月15日にクランクインを予定しており、2012年夏に公開予定。

イビョンホン、"GIジョー2"撮影のため20日、美出国"気さくな空港のファッション"

イビョンホン、"GIジョー2"撮影のため米国行き"ストームシャドウのもう一つの魅力を期待してくれ"

--------------------------------------------------------------------

今日、7月21日は土用の丑の日でしたね~♪(次は8月2日が土用の丑の日ですよ^^)
ウリ地方は涼し過ぎ、っていうより、冷えすぎでした。なんか、一瞬季節がわかんなくなりそうです。秋がきたの?って感じです^。^;
まさかね~?!

a0073915_195483.jpg

美味しかった((^▽^))これで、夏バテしないぞ!

---------------------------------------------------------------------

7月20日
台風の大雨による被害が拡大しているようですが、四国から東北南部の沿岸の方は大丈夫でしょうか?
ウリ地方は風は強いのですが今日も良いお天気でした。でも、気温がメッチャ低くて、窓を開けると寒いです。



百度さんにビョンホンの昨日の「後ろ姿」(゜▽゜)が出てますよ!鍛えた体が眩しい^▽^))
そして本日20日午後3時頃、米国へ出発したそうですよ!

とうとう行っちゃったのね・・・さて、何して遊ぼうかな~なんて、ねっ!(笑)

【最新消息】『2011/07/20』秉宪今天下午已出発赴美准备<特种2>
[ニュース]"2011年7月20日"ビョンホン特集2>を準備するために米国へ出発今日の午後を持っています


ビザと米大使館でBHの取引を確認するために韓国の友人数日前、
3時ごろ今日の午後、ファンは米国の出発だった見た


今日の空港は、写真ではない、
しかし数日前にある米国大使館の写真へ


↑ 「後ろ姿」 画像は、昨日の米大使館でのものなんだそうです~♪




7月18日
今日も暑かったですが、九州四国地方は台風の影響が出始めてますね・・・。被害が少ないことを祈ってます。

さて、話が変わりますが、今日は「なでしこ一色~♪」の日でしたね!お祝い会見とかダイジェストとかずっと見てたら、久々に楽しい話題のお陰なのかな?暑さを忘れて見入ってました!
なでしこジャパン!おめでとう(((^▽^)))


今日はこんな記事です!

マイコミジャーナルさんより
主婦は・・・・より○○がお好き!?
(一部抜粋してますので、全文はポチってお読み下され^~^)

"妻"に焦点を当てて、その姿を公表されているデータから読み解く「妻の正体~データ編」。今回のテーマは「韓流」。ワイドショーでは韓流スターの追っかけ主婦もよく登場するが、実際は主婦のどれくらいが韓流ファンなのだろう? 主婦が考える韓流スターの魅力って?
紹介するのはキャリア・マムの主婦と消費行動研究所が今年6月に実施した「韓流アンケート」の結果。同社WEB会員の20代から50代の女性360人が回答した。


人気の男性俳優のトップ5は1位からイ・ビョンホン・・・・・(以下割愛 笑 ^▽^;)

「かっこいい・スタイルが良い・見た目が良い」「顔が良い」「演技が良い」といったポイントを挙げる主婦が多く、「何といっても、ボディがたまらない。語学が堪能で、知性を磨いているところも、素敵」(30代)、「スイートな顔、マッチョな体、純粋な心」(40代)と熱のこもった意見もあったという。

「韓流」の魅力については「ストーリーの展開」「俳優が礼儀正しく包容力がある」「かっこいい」「日本文化と違うところが良い」「喜怒哀楽がはっきりしている」といった声が。少々ありえないストーリーの展開も逆に俳優の魅力を際立たせているようで、同レポートでは「非日常の連続の中で、ふとしたときにこぼれる笑顔や真剣な表情、そして甘い言葉の数々。これらの要素が『ツボ』にはまってしまうのであろう」と分析している。


さすが~♪堂々の1位ね!!!^▽^

で、この記事を読むと、絶対ビョンホンの事を言ってるでしょ?!って内容のお褒めの言葉もありますよね!「語学が堪能で、知性を磨いている」この部分なんて、絶対ビョンホンでしょ?!^▽^))
でもね・・・ドラマ知名度がね・・・。一般受けしないのかな?絶対「美しき日々」は名作だって思うんだけどね・・・。韓国&日本の誰もがNo1.って思うようなドラマってなんなんだろうね?

そんなこと考えてるようじゃだめだよね^。^;自分の琴線に触れるのが自分にとっての一番のドラマなんだからね!やっぱ私は「美しき日々」が一番だわ!(今のところは^~^)といいつつ・・・いつかは韓国&日本でごくごく一般ウケする゜▽゜;;ドラマに出ていただきたいな~♪(願望)




7月15日
そろそろ渡米するのかな?それとも中旬まで韓国にいるのかしらね?!いずれ、G.I.Joe2のキャストも記事になってましたから、まとめなくっちゃ~って思ってます^^;

[酔中トーク①]イビョンホン、記事が出た後、文字を送って・・・
(抜粋)
今年も、酔中トークは、その都度最高のスポットライトを浴びているスターを隅々まで光を当てた。最初は酔中トークの重さのために躊躇していたスターたちも、歴史と伝統、真剣なトークの力を知ってからは、最も率直な姿勢でインタビューに応じた。今回の上半期決算では、一回で全部入れることができなかったスターらのビハインドストーリーを追加で公開する。さすがにスターたちの本当の姿はどうか、彼らは周りの人々とどのように交わって生きているか、実際にどれだけお酒を飲むかなどが含まれている。カーテンの後、スターの裏面を表示する場合は酔中トーク上半期決算に、その解答がある。
▶酔中トークその後1 イビョンホン、ほろ酔いトーク記事を見て夜明けに文字

イビョンホンは、ほろ酔いトークインタビューが初めてだった。
しかも2年前に"GIジョー"のインタビュー時の共同記者会見の形で向き合った以外になかなかのインタビューで、会うことができなかったスターだった。せっかく与えられた機会に酔中トークは、彼から、可能な限り多くのことを選んで出さなければならなかった。彼は最初から強烈な印象を与えた。同い年の記者よりも10年は若く見える"ポーズ"で気を殺した。女性ファンたちをふりかえさせる中低音の声でも映画の中のその姿も、まったく同じだった。まったく隙がなかった。しかし、話の主題を広げながら、徐々に彼の清くて純粋な容貌を発見することになった。彼の出世作と違わないドラマ'明日は愛"の話を取り出すと目がきらきらしている。ありがたくて懐かしい人々を回顧した。警戒した目つきもいっそう柔らかくなった。顔を赤らめる覚悟をして、これまでの噂を話したところ、むしろゲラゲラ笑いながら釈明した。彼は"トッコ陣"のような特殊性も、"ケチ"のような格別感もなかった。既定では、お金に関する限り、あまり関心がない点も、彼を見るようにした。財テクには知るよしもありませんだけでなく、完全に母に任せるという言葉から気さくさを現わした。

そして、記者が一番驚いたのは、酔中トークの記事が出た日の明け方だった。早朝に、文字一通が運んできた。発信者は、イビョンホンだった。ひょっとして抗議するのだろうかという心配は少しの間。彼は"やっぱり予想していたタイトル通り...しかし、文章は非常に良かった。よく読んでいる"とし"米国行ってきます"と書いた。記者は、大規模な援軍を得たような気持ちだった。






酔中トーク①②③
最近のビョンホン!6月その2のMoreで紹介してますので、そちらもどうぞ~♪






7月14日
さて、また新しいニュースです。
韓国ドラマの現場は苛酷だからね・・・。ガンバレ41才!?来年は42才じゃ~。
で、勝手なお願いだけど、次回は生き延びて、できれば幸せになるドラマがいいかも^~^じゃなきゃ、ミンチョルみたいな役でもいいぉ~(笑)



韓流スターのペヨンジュンvsイビョンホン、来年上半期ドラマ激突

韓流スターのペヨンジュンvsイビョンホン、来年上半期ドラマ激突
(抜粋)

韓国を代表する韓流スターのペヨンジュンとイビョンホンが、来年上半期にテレビ劇場で激突する予定だ。
イビョンホンの所属社BH エンターテイメントの関係者も"来年上半期頃ドラマをお目見えする予定"と明らかにした。この関係者は"今月中旬にアメリカに出国して、今年末までに"GIジョー2"の撮影で、国内で活動しやすい状況ではない"と明らかにした。二つの所属社の両方の作品と関連して具体的な言及は避けたものの、来年上半期ドラマでカムバックするという計画に対しては肯定の意を表した。このように二人が、来年上半期にドラマにカムバックする計画が決められた中で、ドラマ関係者たちの動きが忙しくなった。関係者は"二人がドラマ業界への人気や影響力は想像を超越する"とし、"二人のキャスティング便りだけ聞かせても、投資家はもちろん、広告業界でも関心を持つほど"と明らかにした。また、"来年に放送されるドラマだと二人をキャスティングしたり、二人が出演するドラマと重ならないように組み合わせを受けなければならない"と助言した。

イビョンホンもハリウッドに成功的に進出した1号俳優として、アジアはもちろん、アメリカやヨーロッパ市場まで見下げることができる影響力を備えている。これだけでなく、抜群な演技力はもちろん、2003年ドラマ'オールイン'以後6年ぶりの復帰作だったドラマ"アイリス"の視聴率大ヒットにより、興行性まで備えたと評価され、来年の次期作に対する期待感を一層高めている。


"来年のお茶の間カムバック'イビョンホンvsペヨンジュン、異なる点は?

来年上半期にテレビ劇場の対決が有力なイビョンホンとペヨンジュンは'韓流の元祖"だ。並んで"ビョン様"と"ヨン様"という愛称を持っており、日本のファンの彼らへの愛を確認することにする。しかし、二人のスターは、実は色々モロ対照的なイメージを持っている。イビョンホンはハリウッドにまで進出した'スクリーンスター"のイメージが強いのに対し、ペヨンジュンは空前のヒット作" 冬のソナタ 'で韓国と日本のお茶の間ファンの皆捕らえたの代表的な'ドラマのスター"だ。イビョンホンは、"全方位俳優 'だ。彼は長く変わらないイメージと自己管理で絶えず作品をリリースしてきた。映画出演作だけで20編が超える。アニメ声の出演や、特定のブランドの宣伝映画まで合わせれば24編。出演作の中には、"共同警備区域JSA"" バンジージャンプをする""甘い人生''良い奴、悪い奴、おかしな奴'など韓国映画ファンなら皆知ってそうな大型の映画が多い。優れた英語力でハリウッドに進出、東洋人としては異例的に'GIジョー'で比重ある悪役を引き受けた。それでもドラマの出演作が少ないわけでもない。20代だった1990年代初頭から始めて、主演で出演したドラマが20編だ。"アスファルトの男""ハッピートゥゲザー""オールイン""アイリス"など、すべての有名な作品だ。イビョンホンは自分が導くの所属事務所BHエンターテイメントの実質的な主人だが、会社の経営や財政状態に関与するのではなく、自分の俳優活動に重点を置いている。

一方、ペヨンジュンは思ったよりも出演作品が少ない。1994年ドラマ"愛の挨拶"でデビューした後、10編のドラマに出演した。しかし、優れた容貌と演技力で出てくるドラマごとに視聴者にそれなりのインパクトを与えたし、イヨンエコソヨンキムヘスな ​​ど当代のトップ女優たちと呼吸を合わせた。2002年のチェジウと共演した"冬のソナタ"が韓国はもちろん日本まで強打し、元祖韓流スターに浮び上がったし、2007年の"太王四神記"で人気をより一層固めた。しかし、スクリーンでは活動が少なかった。主演映画というほどの作品は、" スキャンダル:朝鮮男女相悦之詞"と"四月の雪"二編だけだ。"太王四神記'以後には放送活動もあまりなかったが、昨年の" ドリームハイ "の特別出演で久しぶりに姿を見せた。事実、最近のペヨンジュンは俳優としてだけでなく製作者としてのイメージも強い。ペヨンジュンの所属事務所キーイーストはマネジメントだけでなく、ドラマの制作にも乗り出し、JYPエンターテイメントと手を取り合って"ドリームハイ"を作った。また、音楽事業にまで進出し、総合エンターテイメント企業として成長している。


--------------------------------------------------------------------------

シュワちゃん・・・色々あったけどどうなの?!

アーノルド・シュワルツェネッガー、キム・ジウン監督の米デビュー作に出演確定


『ターミネーター』とキム・ジウン監督が手を組んだ。

米国エンターテインメントウィークリーとハリウッドドットコムなど芸能メディアは12日、アーノルド・シュワルツェネッガーがキム・ジウン監督の新作『Last Stand』の出演を確定したといっせいに報道した。報道によればシュワルツェネッガーは『Last Stand』の出演をめぐって長い間悩んできたが、映画の話とキャラクターに魅了されて結局出演を決めたと分かった。
『Last Stand』はリーアム・ニーソンが主役を演じると発表されたが、今年の初めニーソンが降板し、主演俳優を物色してきた。最近、不倫で離婚訴訟にまきこまれ、映画撮影が延期になる見通しだったが、アーノルド・シュワルツェネッガーが強力なカムバック意思を明らかにし、9月から撮影に突入する予定だ。
『Last Stand』は裁判途中、脱出したメキシコの麻薬王を追撃する米連邦保安官の話を描いたアクション物だ。映画は2012年公開を目標に、製作予算は約3千万ドルだと知られた。





[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2011-07-22 00:05 | 이 병헌