Mi chiamo a^-^nyan

anyanbnyan.exblog.jp

日々思うことをつづります。

本格的な休息に突入中~!その1 (8/26~9/11)


マドンナのみなさ~ん あんにょん!
9月11日追記
きゃ~~(笑)昨夜の空港到着の様子がUPされました~!
大音響に注意です(^▽^)
ファンにサインをした後、何気にバックをごそごそ?(^^;)で、中を覗き込んでるところなんて、普通っぽくって好きだわ~!
そして、プラネットさんに現地メディアの動画がUPされましたよ^~^))
英語が堪能なあ・な・た~~!!是非是非スケジュールを読み取ってね~!
うん^▽^;VACATIONって言ってた!(笑)
それからシンガポールのファンのコメントもヒヤリングしてみてね~♪画面後方に映るファン達の行動もなんか楽しいし~゜▽゜))(笑)シンガポールのファンクラブの人達はピンクで統一してたのかな?なんかアットホームな感じでいいね^~^!

プラネットさんより
別の入国ビデオ


台湾マジックボックスさんより
動画追記中!
[vcd]李秉憲到達新加坡機場畫面

百度さんより(画像満載追記中!)
【最新视频】『2010/09/11』秉宪到达新加坡

youtube
LBH w making final



9月10日

なんかね・・・、ソウルドラマアワードは欠席のようで。。;ちょっと残念でしたが、夜9時20分にはシンガポールに到着するのかと思うとね^~^なんかソワソワしちゃうわね~(笑)気持ちだけはシンガポールに飛んでます!
‘IRIS’イ・ビョンホン、韓流スター賞栄誉..ソウルドラマオウォーズ不参加
(一部抜粋)
KBS 2TV ‘アイリス’のイ・ビョンホンが'ソウルドラマオウォーズ'に惜しく参加しなかった。
イ・ビョンホンは10日午後ソウル、汝矣島(ヨイド)KBSホールで進行された第5回ソウルドラマオウォーズ2010授賞式(MCチェ・スジョン、チェ・ユンヨンMBCアナウンサー)に参加しなかった。
この日イ・ビョンホンは'男演技者賞'と'韓流スター男演技者賞'等二つの部門候補に上がってその中'チュノ'チャン・ヒョクと共に'韓流スター男演技者賞'を受賞した。


で、以前9/1に記事が出ましたが、「イ・ビョンホンが本格的な休息に突入した。ヨーロッパと東南アジア一帯を回ってCF撮影を兼ねて疲れた心身を取りまとめる。」というように、スケジュールをこなしているようです^。^
今が、アジアツアーなのね~!了解^▽^))


この記事が9月9日、昨日の記事だから・・・゜▽゜?
マジックボックスさんより
李炳宪明晚‘秘密’来新

中華圏の翻訳は非常にやっかいで^^;今日はOCNにしてみました~(笑)
それにしても意味が分からないですが・・・^^;
ファッションショーかファッション雑紙の仕事みたいですね?
超一流どこ、グッチとかエルメスとかブランドのファッションショ-?

李炳宪明晚‘秘密’来新
李炳憲は明晩‘秘密’が来るのは新しいです。(イキナシ分かりません^^;)
酸味のある漬け物の1人の兄は運転して着きます!(←キムチのことだけどキムチオッパが運転して着く?へ゜▽゜へ゜?))
韓国ブームの魅力の熟している男李の炳憲は明晩乗ってKE641を掛けて、晩9時20分にシンガポールに上陸します!
李炳憲(憲法の兄)は今度ある派手なブランドの招くことを受けるので、わざわざ新しいシリーズの服装を撮影して照らすことが飛んで来て当地のファッション的な雑誌になります。これは彼が2005年を継ぐので、個人の写真DVD“Brave”と“Human”のために初めて十分に獅子城5年後で踏んで、2度は獅子城まで(へ)運転します。
今度の随行する従業員ただマネージャーと助手などの3人。憲法の兄はめったに慣例を破りなくて、自分のを使わないでスタッフを用いて、化粧を出して、造型と撮影はすべて当地の名高い先生に準備を手渡します。

李炳憲の今度の控えめが来るのは新しくて、当時のはやしたてるのことと区別があって、また香港のはるさめに遠くから争って彼の風采を見ることが飛んで来るように引きつけます。彼はその時ごく短く3日の2晩に滞在して、流暢な英語およびで2列の真っ白い歯の看板の笑顔を現して、当地のメディアに良い印象の外で残して、同じく署名の活動の上で大いに放電して、気絶する当地のはるさめに迷います。

彼のこの度の旅行は来てもとは新しくたいへん秘密にして、今うわさを漏らしますが、しかし当地の“憲法の謎”にとって、絶対に非常に大きい祝い事です。なぜかというと、雑誌の撮影に参与する以外、憲法の兄は今度いかなる活動を公にすることがあることはでき(ありえ)ません。昼夜アイドルのはるさめが彼に会いたいことを一方では気にして、彼がやせていて立派になって更に魅力があることをを見て、唯一の機会を信じるのは空港ででした。
記者の査悉、憲法の兄は当地で5日滞在して、来週の火曜日(14日)1晩の機を掛けますに乗ってソウルに飛んで帰ります。


その他の記事
百度さんよりK7の新CM風景
【最新図片】『2010/09/10』秉宪新広告相関図片(K7)
黒はソヌ風(?)白はストームシャドー風(?)((^▽^))
で、新CM第2弾の「車」は、白のK7なのね



それから・・・



ちょっと興奮した記事^▽^;;
あくまでも構想っていうか希望って言うか~?だよね?!(笑)
でも実現したら見てみたいです゜▽゜))
ペク・ジヨン,"金テヒイ・ビョンホン私のショーで '額キス' させたくて"
(抜粋)

ペク・ジヨンは9日午後7時ソウル、瑞草区(ソチョグ)、蚕院洞(チャムォンドン)プラビアでYarsi Bランチングショーを開いて下着ブランド事業開始を知らせた。 ファッションショーオープニングとフィナーレ モデルにも活躍した彼女 は"KBS2ドラマ'アイリス'でカップルで呼吸を合わせたイ・ビョンホンとキム・テヒを出してショーのモデルでたてたい"と話して目を引いた。
 ペク・ジヨンは"二人を素敵な下着とスタイリングをして舞台にたてたい。 話題を集めた'額キス'をさせてみたい"として笑った。 引き続き"そうなろうとするならYarsi Bが全世界的に成功したブランドにならなければならないようだ。 ロッテ ホームショッピングと一緒に仕事をすることにしたがあまりにも数字的な面に弱いから具体的な売上額などをたてられなかった。 もう少し議論をして価格などを策定しなければならないようだ。 ただしYarsi Bは韓国だけで終わりはしないだろう"と抱負を明らかにした。


こちらも希望~!って記事です^▽^))
ソ・ヨンヒ "イ・ビョンホンと演技したい" びっくり告白
演技者ソ・ヨンヒ(30)が一緒に演技したい俳優でイ・ビョンホンを挙げた。





9月9日
カフェdaumさんより
<グッドダウンロードキャンペーン>イビョンホンさん

こちらは動画です^^
news.kbs

<인터뷰> 이병헌(영화배우)<インタビュー>イ・ビョンホン(映画俳優)
"강압적으로 무언가를 강요한다고 해서 바뀌는 것은 분명히 아니라고 생각해요.
"強圧的に何か強要するといって変わるのは明確に違うと考えます。
이런 것들이 긴 시간 동안 자연스럽게 몸에 배야만 (바뀌는 것이죠.)"
こういうものらが長い時間の間自然に身についてこそ(変わることでしょう。)"

画像見ましたか?!
確かにビョンホンの髪型は素敵です!そして笑顔は9月の日差しのようだわ~(意味不明だけど真夏より柔らかい感じ~♪ってことで^▽^)
なんとなくNSS入りたての頃にも見えるけどヒョンジュンもスヒョンも脱けたから素のビョンホンかしら~(〃▽〃)


百度さんより
Good Download広告




9月8日追記
マドンナのみなさ~ん あんにょん!
今度の台風は沖縄、九州、四国、山陰にはじまり、近畿、北陸、東海、関東甲信越そして東北南部と、かなり広範囲に被害の爪痕を残してるようです。まだ今でも雨が降ってる地域が多いようですが、気をつけて下さいね。
ウリ地方は今朝は寒いくらい^^;涼しかったですよ。18度ですって゜▽゜;最高気温も26度くらいで非常に涼しかったです。申し訳ないほど、雨は一滴も降りませんでした。で、この涼しさが元来の気温のような気がしますね。今まで異常に暑すぎましたから・・・。


ビョンホンは休暇中でなかなか私達の前には出てきてはくれないのですが、これでいいんですよね!休暇中なんだし・・・。ほんと、少しでもゆっくりできていればいいですね^▽^
私達だって、時間や人に束縛されないっていうかスケジュールが何もない日ってホッとしたりしますよね。
でも家事はしなくちゃいけないけど・・・。

一日でいいから、朝から晩まで誰にも文句を言われることなく好き勝手にしてたいな~って思ったりしませんか?思いっきり体に悪い^^;悪玉コレステロールがいっぱい増えそうなものばっか食って~♪なんて・・・。

結局好きなことって食い気だったりして^。^;


さてさて~プラネットさんにビョンホンの最新情報が出て来ましたよ~!
某所でCF撮りってニュースです!メンツは超豪華^~^))アン・ソンギさん、パク・チュンフンさん、ファン・ジョンミンさん、ソン・イェジンさん、キム・ユンジンさんそしてビョンホンの6人ですって~!
そしてこの広告はTVでも見ることができるそうですよ~!早く見たいね^▽^))

兄さんが今日何をされてたのでしょうね..*^^*
コメント欄に「ビョンホン氏ヘアースタイル美しいこと・・・」ですって~!
今日SBS8時ニュースとKBS9時ニュースに出たそうなので、いずれ紙面に出てくると思いますよ~!
楽しみに待ってましょうね~♪




-----------------------------------------------------------------------------------------------------
ビョンホン多忙につき、以下↓各映画祭に出席?欠席?まだわかりませんが、俳優イ・ビョンホン氏の名前が挙っている日程を追記しました。


9月10日
ソウルドラマアワード2010関連記事
ソウルドラマアワード2010授賞式
日時:2010年9月10日 17:35~19:45(レッドカーペット:16:30~17:30)
場所:汝矣島(ヨイド)KBSホール
 ※当日、授賞式の模様をMBCテレビで生放送



9月9日~(上映は14日15日16日)
トロント国際映画祭関連記事
『悪魔を見た』が、9月9日開幕する「第35回トロント国際映画祭」に招請された。
28日トロント映画祭事務局によると、『悪魔を見た』はスペシャル・プレゼンテーション部門で上映される。
I Saw the Devil
Tuesday September 14   8:00:00 PM   WINTER GARDEN THEATRE

Wednesday September 15  4:45:00 PM  ISABEL BADER THEATRE

Thursday September 16  5:30:00 PM  SCOTIABANK THEATRE 2




9月17日
PATAゴールド・アワード受賞関連記事
韓国観光公社が日本市場広報用で制作した『心が温かくなる韓国での旅行』が、PATAゴールド・アワード観光映像部門最優秀映像に選ばれた。
授賞式は、9月17日中国マカオで開かれる。
アジア太平洋観光協会(PATA)は、毎年78ヶ国1000余会員会社を対象に、アジア太平洋地域のマーケティング、環境保存事業、教育訓練プログラム、広告、観光映像、ポスターなど24部門で最優秀結果を決めて、ゴールドアワードを授賞する。



9月17日~
サン・セバスティアン国際映画祭関連記事
サン・セバスティアン国際映画祭は、9月17日から25日までスペインのドノスティア=サン・セバスティアンで開かれる映画祭で、世界制作者連盟(FIAPF)が公認したスペイン語権最大映画祭だ。
キム・ジウン監督の『悪魔を見た』は今回初めて競争部門のメイン作品に選ばれた。


9月7日
この記事はちょっと新しいですかね~?!^▽^))
ほとんど同じような記事ですがハリウッドのことが書いてあったので^▽^))
イ・ビョンホン“‘ジーアイジョー2’他米で二つの作品ラブコール、固辞(考査)”
俳優イ・ビョンホン(40)はやさしい道は省みなかった。 彼は他のトップスターらのようにCFに何便出演しながら大衆に忘れられないように管理して数年に一回ずつ作品する方一筋を選ばなかった。 四十できた年齢に新人に帰ってハリウッドにまで挑戦した。 その大変な旅行日程をかえって楽しんだ。 20年目俳優、イ・ビョンホンの人生生き方を聞いてみた。

# “ワールドスターどころかハリウッド俳優、修飾語ぎこちなくて”
彼は‘ハリウッド俳優’あるいは‘ワールドスター’という修飾語がまだぎこちないといった。 彼がそういう話をした理由は謙虚なことでなくからだに合わない服を無理に着るようなためだと。

“ワールドスターあるいはハリウッド習うという声が気まずくならない時点がいつになるかも知れないが今は私の服でない感じです。 ワールドスター声を聞く時ごとに異物感が感じられて手足が縮みます。 まだハリウッド活動は開始点に過ぎないが….”

# “今でなければいつこのように走るか”
1991年KBS 14期公開採用(公債)タレントでデビューしたイ・ビョンホン. 今年がデビュー20年目なのに彼は休むということなしで走っている。 彼の事前には‘止め’という(のは)ない。 ものすごく生放送のようにとったドラマ‘アイリス’撮影終了直後にも一日二日だけ休んですぐに広告性短編映画‘インフルエンス’撮影に入った。 ‘インフルエンス’は1ヶ月ずっととった。 ‘インフルエンス’を終わらせよう映画‘悪魔を見た’が待っていた。 近い将来‘紙.子供.組’続編もとる。 彼になぜこのように走るかと尋ねた。

“できる時たくさんしておこうとする心が大きいです。 ‘今でなければいつ私がこのように走ることができるだろうか’とする考えであることでしょう。 どんな大先輩が私にそう言いました。 ‘君が仕事が出来る時たくさんして’と。 ‘奴奴奴’時からその話を胸に入れてきました。”

少し休むほどだった。 どこかにふらっと出かけてしまいたい考えをしなかったことも違う。 “また他の私を探してみるためにどこかに旅行離れたいという考えた月にも何度もします。 どんなプロジェクトを終わらせて他のプロジェクトをする直前にそのような考えをもっとするが勇気を出せないということかも知れないです。 仕事に疲れて家でTVリモコンだけ捕まえている時が多いです。 そしてある作品終わらせれば私を空けることが急務です。 それでこそ再び他の役割を満たして入れることができるんです。”

# “‘“‘ジーアイジョー’’初日から契約破棄したかった”
もうイ・ビョンホンは話せる。 イ・ビョンホンを少しわかると言う人々は“‘ジーアイジョー:戦争の序幕’を選択した彼を100%理解できなかった。 それはやはり‘年齢40できたが白い覆面を使って空を飛ぶ飛行物体だなんて…’という考えなど初めてハリウッド土地を踏んだ時あらゆる考えが彼の頭の中をかすめて行った。

“‘“‘ジーアイジョー’(1編(便))撮影のために初めて米国に到着した日衣装をフィッティングしに行ったが漫画のような衣装、マスク(覆面),飛行物体を見てチャールズ(海外マネジャー)に‘明日製作者と監督とミーティング約束を取らなければならない’で話そうとしました。 初日から出演契約を破棄したかった気がしたことでしょう。 当時には一生一代の最大失敗と考えました。 これをすれば年取って亡霊出たというかと思って心配しましたよ。 するといったがしないというのも礼儀ではなくて…. ‘“‘ジーアイジョー’の選択は多分戦略的でした。 原作が米国人らが最も愛する漫画ということを分かった時‘ア、これをしなければならないね’と考えました。 これをしてこそ前にハリウッドで私が望む役割をすることになることと考えましたよ。 我が国では‘紙.子供.組’が何かわからなくても米国ではその年夏代作(大作)中最も多い製作費を投資して作った作品であるほどすごい作品でした。 熱階段を一度に上がる訳には行かないが世界に私を知らせることができるとても良い機会でした。 事実心でにじみでてある作品ではありませんでした。 非難されるという考えもしたが…幸い映画を見た方々が私のキャラクターが変だといわなくてありがとうございました。”

# “私の人生は無計画”
‘悪魔を見た’だけにイ・ビョンホンがスクリーンで魅力的に見られないことがない。 それだけ映画の中‘主人公キム・スヒョン’が俳優の本来魅力を支配してしまって‘イ・ビョンホン’はスクリーンから消えてしまった。 スヒョンだけ残っているスクリーンに‘トップスターイ・ビョンホン’はこれ以上存在しない。 ハリウッドに進出した‘ワールドスターイ・ビョンホン’も、日本列島を揺れるようにする‘韓流スターイ・ビョンホン’もない。

それだけ数えた映画‘悪魔を見た’、それだけ数えたキャラクタースヒョンは封切りするとすぐに観客に論議を抱かれた。 彼は‘その年夏’(2006)以後連続四編の映画で全部数えた役割、暗い役割を演技した。 映画‘良い奴悪い奴おかしな奴’のパク・チャンイ、‘私は雨が降って共に行く’のス同胞、‘“‘ジーアイジョー:戦争の序幕’のストーム シャドウ、‘悪魔を見た’のキム・スヒョンまで。 だが、全部計画下に出演した作品ではなかった。

“人々は私が徹底した計画によりハリウッドに進出したし作品を選択してきたと考えます。 しかしその反対でしょう。 徹底的に感性にもたれかかってシナリオを選択します。 それでも作品を選択する時は私だけのルール、所信があります。 計画はなくても基本枠組みがあるんです。 ハリウッド進出も計画できたのではなく‘甘い人生’のために提案受けたことです。 ‘悪魔を見た’もシナリオがおもしろかったです。 スヒョンを演技する時、彼が復讐する時痛快なことはなくて度々沈む感じだったが….”

# “ハリウッド二つの作品でラブコール、一つは断って…”
‘“‘ジーアイジョー2’(便)撮影を控えているイ・ビョンホン. ‘“‘ジーアイジョー’製作者他にもイ・ビョンホンの可能性を調べてみたハリウッド映画関係者たちが彼を静かに置いておかないでいる。 イ・ビョンホンには‘“‘ジーアイジョー’続編撮影前時間が出るならば出演しようと検討した二つの作品があった。

“‘“‘ジーアイジョー’撮影前に時間ができればしようとした作品が二編ありました。 提案入ってきたことでしょう。 一つは‘NO’と確かに答えたし一つは返事をまだしませんでした。 ‘NO’とある作品はコミック ファンタジー物でまた、一つは有名アニメーションを実態調査化する映画です。 最初の作品はしないといいました。 色々な側面で合いませんでしたよ。 二番目作品も現在では否定的であり時間も合わないようだし色々な条件上ならないことのようです。”








     

続きはMoreへ









9月6日
9月の映画祭や授賞式の日程を↑に追記しました。
それから~今日はこんな記事が出てます!
イ・ビョンホン “無表情中に怒り,不安,悲しみを表現する時一番大変なの...”

もう彼から‘青春スター’というくびきをはがしてくれようとする。素早いアクションシーン、微細な感情シーン全部立派に消化した。それこそ完全体演技者だ。時間の流れの中で自然に自分だけの領域を積み上げる姿.すばらしい!イ・ビョンホン。
節制された演技、洗練されたアクション。
映画‘悪魔を見た’が残忍だとし頭を皆! 回す妻子がいるならば‘それでも少しだけこらえてくれ’で泣いて訴える。 この映画にはイ・ビョンホン(40)のすべての魅力が含まれているためだ。 四十という年齢が信じられない程素早い身の動作とブルブル震える目つき演技. 彼の感情演技がなかったとすれば映画は暴力と見どころだけいっぱいであるハードコア ジャンルに過ぎなかっただろう。 予想したことより残忍に演出された映画を見てイ・ビョンホンやはり話す言葉を失ったようだ。

“私も監督様、チェ・ミンシク先輩とともにたった今映画を見て出てきました。 皆何の話もなかったです。 分からないです。 考えが多くなる映画関係者ようで…. 観客の考えが気になります。”

彼は愛するフィアンセを失って複数を行うスヒョン役を演技した。 節制された無表情の中で復讐心を表現する容易ではない役割だった。

“とても節制されてドライにした演技を表現しなければなりませんでした。 また、その無表情中に怒り、不安感、悲しみを少しずつ見せるべきだった点が最も大変でした。 小さいモニターを通じて詳細な表情演技を見なければならないのも難しかったしモニターするのも無意味なほど‘私が上手にしているのか’とする疑問も聞きました。”

彼は復讐心にますます悪魔性を表わす主人公‘スヒョン’を‘悪リプライを使うネチズン’に比喩した。

“スヒョンは‘婚約者の復讐’という理由がある暴力を使います。 一般の人々もたとえ道義に外れても罪悪感なしで継続していく場合があるでしょう。 例えばネチズンらの悪リプライもそうです。 自分たちだけの妥当な理由を挙げて大きく誤ったと考えませんよ。 それも別に見れば悪魔性だと考えます。”

しかし結局スヒョンも復讐していって苦しむ姿を見せる。 通常の復讐劇映画とは違った点だ。
“この映画は他の複数映画と違います。 映画では復讐すれば復讐する主体と観客が痛快さを感じます。 ところがこの映画は本人が復讐しながら疲れます。 かろうじて復讐していきます。”
今回の映画ではチェ・ミンシク、イ・ビョンホン強い2人の俳優の出会いも話題になった。 彼は相手役のチェ・ミンシクと撮影現場では内外したと明らかにした。 お互いに損傷を与える役割であるから感情を続けさせるために仕方なかったんだ。
“チェ・ミンシク先輩はスタッフらと遊びながらも私が控室に入ればすぐに出て行きましたよ(笑い). 感情を捉えるためには仕方なかったでしょう。”
映画‘悪魔を見た’という観客の立場で軽い気持ちで見るには多少負担になる映画だ。 俳優らやはり簡単に演技して撮影した映画ではない。 イ・ビョンホンは最後の撮影を終わらせて休みをむかえた小学生のようにうれしくて暴れたという。 この映画の強力な点の中の一つは保身を図らないで飛び込んだ俳優の名演技だ。





9月5日追記
ビョンホンは今どこでゆっくりしてるのかな?それとも仕事かな~?

イ・ビョンホン,国内乗用車乗る事情?
(抜粋)
イ・ビョンホンも K7の所有主だ。KBS2 'アイリス' の中で発売開始前 K7をお目見えしたイ・ビョンホンは、当時の縁を通じて去る 1月 K7の弘報大使で任命受けたし、車を贈り物受けるようになった。この間からは広告モデルでも出て広報活動に真っ最中だ。イ・ビョンホンの乗る白い色調のプレミアムモデル車体は、ドラマ撮影で直接運転して見て選択したことと知られた。
これに対してイ・ビョンホンの側近は "イ・ビョンホンの乗る車は自宅である京畿道光州市田園住宅にある"と "韓国と海外を行き交う忙しいスケジュールのため実は乗用車を直接運転して通う事が多くなくない。しかし自宅近くを移動する時は K7を直接運転して通う"と言った。

KIA K7 (15 秒)



Byunghun New CF-K7 More than Prestige  (30秒)







さて、似たよう記事も以前に出てましたが、読んでみてね^▽^))
私も、ヒョンジュンもスヒョンも脱けた柔らかい笑顔が似合うビョンホンに会いたいな((^▽^))

しかし・・・ここの記者さんはいつもいい感じの記事を書いてくれてありがたいですよね!
イ・ビョンホン、なぜこのように休まないで走るか?(俳優探険)
トップスターイ・ビョンホン(40)は今のように走らなくても良い。 彼は他のトップスターらのようにCFに何便出演しながら大衆に忘れられないように管理して数年に一回ずつ作品する気楽な道を歩かなかった。 イ・ビョンホンはそのような道は省みることもなかった。 四十できた年齢に新人に帰ってハリウッドにまで挑戦した。 その大変な旅行日程をかえって楽しんだ。

#デビュー20年目俳優、旅行夢だけ見る
1991年KBS 14期公開採用(公債)タレントでデビューしたイ・ビョンホン. 今年がデビュー20年目なのに彼は休むということなしで走っている。 彼の辞書には‘止め’というのはない。 ものすごく生放送のようにとったドラマ‘アイリス’撮影終了直後にも一日二日だけ休んですぐに広告性短編映画‘インフルエンス’撮影に入った。 ‘インフルエンス’は1ヶ月ずっととった。 ‘インフルエンス’を終わらせよう映画‘悪魔を見た’が待っていた。 近い将来‘G.I.Joe’続編もとる。 彼になぜこのように走るかと尋ねた。

“できる時たくさんしておこうとする心が大きいです。 ‘今でなければいつ私がこのように走ることができるだろうか’とする考えであることでしょう。 ある大先輩が私にそう言いました。 ‘君が仕事が出来る時たくさんして’と。 ‘奴奴奴’時からその話を胸に入れてきました。”

少し休むほどだった。 どこかにふらっと出かけてしまいたい考えをしなかったことも違う。

“また他の私を探してみるためにどこかに旅行離れたいという考えた月にも何度もします。 どんなプロジェクトを終わらせて他のプロジェクトをする直前にそのような考えをもっとするが勇気を出せないということかも知れないです。 仕事に疲れて家でTVリモコンだけ捕まえている時が多いです。 そしてある作品終わらせれば私を空けることが急務です。 それでこそ再び他の役割を満たして入れることができるんです。”

#戦略的選択だった‘G.I.Joe’
もうイ・ビョンホンは話せる。 イ・ビョンホンを少しわかると言う人々は‘G.I.Joe’:戦争の序幕’を選択した彼を100%理解できなかった。 それはやはり‘年齢40できたが白い覆面を使って空を飛ぶ飛行物体だなんて…’という考えなど初めてハリウッド土地を踏んだ時あらゆる考えが彼の頭の中を通り過ぎた。

“‘‘G.I.Joe’撮影のために初めて米国に到着した日、衣装をフィッティングしに行ったが漫画のような衣装、マスク(覆面),飛行物体を見てチャールズ(イ・ビョンホンの海外マネジャー)に‘明日製作者と監督とミーティング約束を取らなければならない’で話そうとしました。 一生一代の最大失敗をしたことだと考えましたよ。‘G.I.Joe’:戦争の序幕’の選択は多分戦略的でした。 原作が米国人らが最も愛する漫画ということを分かった時‘ア、これをしなければならないね’と考えました。 我が国では‘‘G.I.Joe’が何かわからなくても米国ではその年夏代作(大作)中最も多い製作費を投資して作った作品であるほどすごい作品でした。 熱階段を一度に上がる訳には行かないが世界に私を知らせることができるとても良い機会と考えました。 事実心でにじみでてある作品ではありませんでした。 非難されるという考えもしたが…幸い映画を見た方々が私が変だと話さないのでとてもありがとうございました。”

#悪魔を見た、また強かった
‘悪魔を見た’だけにイ・ビョンホンがスクリーンで魅力的に見られないことがない。 それだけ映画の中‘主人公キム・スヒョン’が俳優の本来魅力を支配してしまって‘イ・ビョンホン’はスクリーンから消えてしまった。 スヒョンだけ残っているスクリーンに‘トップスターイ・ビョンホン’はこれ以上存在しない。 ハリウッドに進出した‘ワールドスターイ・ビョンホン’も、日本列島を揺れるようにする‘韓流スターイ・ビョンホン’もない。

あれほど強い映画‘悪魔を見た’、それだけ強いキャラクタースヒョンは封切りするとすぐに観客に論議を抱かれた。 彼は‘その年夏’(2006)以後連続四編の映画で全部数えた役割、暗い役割を演技した。 映画‘良い奴悪い奴おかしな奴’のパク・チャンイ、‘私は雨が降って共に行く’のスドンポ、‘G.I.Joe’:戦争の序幕’のストーム シャドウ、‘悪魔を見た’のキム・スヒョンまで。 だが、全部計画下に出演した作品ではなかった。

“人々は私が徹底した計画によりハリウッドに進出したし作品を選択してきたと考えます。 しかしその反対でしょう。 徹底的に感性にもたれかかってシナリオを選択します。 それでも作品を選択する時は私だけのルール、所信があります。 計画はなくても基本枠組みがあるんです。 ‘悪魔を見た’もシナリオがおもしろかったです。 スヒョンを演技する時、彼が復讐する時痛快なことはなくて度々沈む感じだったが…. 今はお隣り白寿(真っ白な様子?年相応な様子??)のような柔らかい役割をしてみたいです。”








ヨ~ロレイヒィ~~♪
ペータァーじゃなくてビョンホンがスイスへ旅立って・・・そして帰って来ました~!(全然未確認^^;)
スイスでは日本の方に目撃゜▽゜;されましたが台風にも負けず無事に帰ってきたようです!(←こちらも未確認゜▽゜;思い込み?)
↓その後韓国での目撃情報はないのかな??(笑)
きっと忙しくしてるとは思うけど、季節の変わり目だから気をつけてゆっくり充電してね~!ねっ^▽^))))って言っても、9月は色々お仕事が目白押しです。^▽^;
10月の釜山映画祭が出られないかも゜▽゜?って言ってますが・・・、律儀なビョンホンだから、どうなんだろうね?あと一ヶ月だから、予約してる方も多いと思うけど・・・。


別に深い意味もないのですが、急に見たくなって~(笑)


9月3日
バザーの撮影風景の動画が出ました!!



百度さんより
【最新図片】『2010/08/18』秉宪最新画报「BAZAAR」9月号

カフェDaumさんより
撮影現場のビデオ

こちらも~^▽^
Cinema Angleイビョンホン、イムスジョン
私達のシネマエンジェル
今年は、 2人の天使がバーバリーを着ていた。 4番目に進むシネマエンジェルプロジェクトの撮影現場は、これまで以上に活気に成長した肯定的なエネルギーでいっぱい。
Cinema Angleイビョンホン、イムスジョン

カフェDaumさんより、雑紙バザーの中身がちょぴっと見れますよ~!
バザー9月号
BAZAAR 9月号←これはでかいぞ^~^!


9月2日
[インタビュー]演芸企画会社代表5人会って①BHエンターテイメント ソン・ソクウ代表
(抜粋)
ソン・ソクウ代表が導くBHエンターテイメントは唯一海外進出が活発な会社だ。看板俳優のイ・ビョンホンは‘ピョンサマ’と呼ばれて日本を平定するとすぐハリウッドへ渡って エ出演した。 ハン・ヒョジュもまた <華麗なる遺産 >で日本で良い反応を得ている。 そしてハン・チェヨンは中華圏で途方もない人気を謳歌中だ。 あえてソン・ソクウ代表の言葉を借りようとするなら中華圏不動の1位、ソン・ヘギョ次にだ。 このようにBHエンターテイメントは十分に海外進出の尖兵だと話すので(に)不足がない。 それでソン代表はなぜかち密で攻撃的人一挙と予想したが、意外にとても基本に忠実な母法答案らを出した。 だが、そのような模範答案らがあったので正しい道を歩いていて、また、それによって今成功の祝杯を上げている。韓流の中心、BHエンターテイメント ソン・ソクウ代表と交わした話を伝える。

所属俳優らに強調する点があるならば?
アーティストらは自身の異性(理性)を閉じ込めて感性をもう少し育てていかなければならない職業だ。 私が考える演技者に最も重要な訓練は本をたくさん見て、映画をたくさん見て、公演をたくさん見て、美術館を行っても、旅行するなり、でなければ本当に愛することだ。 普通企画会社らは止めるだろうが女優らにも愛してみろと話す。 (笑い)大韓民国映画、ドラマに愛演技が陥らないのに誰かを愛してみないでどのように愛演技をするか? 色々経験をしてみるのが重要だが、我が国公人たちは人々の視線のために多くの制約を受けるのが残念だ。



9月1日
‘疲れた悪魔’イ・ビョンホン離れる  押されたCF撮影・再充電兼ねてヨーロッパ・東南アジア ツアー
悪魔に会って悪魔に変わってしまったイ・ビョンホンが本格的な休息に突入した。
ヨーロッパと東南アジア一帯を回ってCF撮影を兼ねて疲れた心身を取りまとめる。
映画‘悪魔を見た’の広報活動を終えた彼は個人画報撮影のために先月26日から5泊6日間の日程でスイスに行ってきた。
正しくなされた外出の開始は今月からだ。 ‘悪魔を…’の撮影と後半作業、広報でしばらく押し退けた各種CF撮影を国内でない海外で順に進行する。 特有の断定しながらも野性的な魅力をエキゾチックな風景に入れて極大化させるという広告製作スタッフの意図だ。

日本活動も怠らない展望だ。 デビュー20周年の今年が過ぎる前に日本ファンたちと会う席を用意するつもりだ。 ある程度休息を取ったら‘G.I.Joe’続編作業を始める。 現在のハリウッド製作スタッフと撮影時期と具体的なキャラクターなどに対して議論中なのに、下絵が完成されれば今年の年末あるいは来年初め活動舞台を米国に移す。
忙しい日程で惜しくも来月7日開幕する第15回釜山(プサン)国際映画祭の出席は難しい展望だ。 CF撮影日程が映画祭期間中にも窮屈に捕えられているからだ。

所属会社のある関係者は“イ・ビョンホン氏があまりにもことを楽しむ性格だがこの頃はぐんぐん疲れるとみられる”として“できるなら休むようにするつもりなのに、消化しなければならない日程があまりにも多くてどうなるかも知れない”と明らかにした。

先月‘悪魔を…’の封切りを控えて会ったイ・ビョンホンは再充電の必要性を訴えたことがある。 “2008年‘良い奴、悪い奴、おかしな奴’を始めずっと五作品に出演しながらからだも心も疲れ果てた”として“旅行になろうが、読書がなろうが、友人らとの酒の席になろうが手段と方法を分けないで正体が現われた内面を満たす計画”と話した。




8月30日
今日も暑いです。連日30度超えの日々・・・。でも南地方の35度超えよりはずっと涼しいと思うから、頑張る~♪
ところで、スイスは涼しいのかな?雨降ってるのかな?゜▽゜;;(笑)
もうとっくにご存知かもしれませんが、ビョンビョンの様子を日本の方がブログに載せてます。

のんびりかと思いきや、超多忙とのことでした^。^;

ということで、個人ブログなので、検索して下さいな~。
検索項目はモチロン!「イ・ビョンホン  スイス」です!
検索ページ




8月26日
ビョンホンが機上の人になった瞬間゜▽゜;?訳わかんない記事がいっぱい゜゜;
遡って悪魔関連の記事を探しに行かなくっちゃ~。
しかし今日はJOFCから同じようなメールが二つも来ました^~^;(一つは好きで登録したんだけどね^^;笑)
それにしても暑いし、なんか脱力~。

私もどっか旅行に行きたいよ!!(絶叫^◇^)


記事
イ・ビョンホンスイス行…'悪魔を見た' 広報は彼だけ?
俳優イ・ビョンホン(40)が個人画譜撮影のために 26日スイス行飛行機に乗った。
最近映画 ‘悪魔を見た’(キム・ジウン監督) 封切りと初盤広報作業を終えたイ・ビョンホンは、5泊 6日日程でスイスあちこちを回って画譜撮影をする。
今度画譜撮影は毎年イ・ビョンホンが国内外ファンのために製作する個人画譜用で、田園の香臭を盛ることができる田舍村あちこちを回りながら進行する予定だ。
イ・ビョンホンのある側近は “美しい風光とともに自然であるイ・ビョンホンの姿を盛り出すこと”と言いながら “毎年して来た画譜撮影だが、デビュー 20周年を迎える今年はもうちょっと一味違うように進行する予定”と仄めかした。
映画封切りと滞った CF撮影などで忙しいスケジュールを消化するために精神がなかったイ・ビョンホンは、下半期には 20周年記念プロジェクトを準備中だ。先月済州島でファン合コンを通じて特別な時間を持った彼は年末頃また他の形式で 20周年を記念する計画を持っている。この側近は “雄大ではないが、20年の間愛してくれたファンと一緒に記念することができるものなどを思っている”と伝えた。


















[PR]
by a-nyan-b-nyan | 2010-09-11 21:00 | 이 병헌